« ポーランド・日本国交回復50周年記念 アンジェイ・ワイダ絵コンテ展「ワイダ芸術の舞台裏」 | トップページ | 【来週何スル?】6月25日(月)~7月1日(日) »

「joyの家族社会学」 第8回

 マドンナと女性の自立

 Post Madonna = イメージの商品化 = Unisex & Bisex から Spiritual へ
 消耗品イメージの拡大再生産(マッチョ:ディマジオ,権力:JFK)
 イメージの消費 = コミュニオン:Communion = 聖餐式 イニシエーション:一体化
 "ワタシモマドンナ" = 教祖マドンナ(開放のイメージ空間)
 スピリチュアルはオウム的(性から聖的エクスタシーへ)
 ??? 土台にある階級性・エリート性

設問(1)あなたの中のユニ・セックス性?
  (2)あなたの中のバイ・セックス性?
  (3)マドンナへの共感?
  (4)マドンナへの違和感?
  (5)ポスト・マドンナ?

(1)フェミニスト運動と家族の原点
 空間的社会主義者:19世紀初頭 フーリエ 女性運動 1880年以降 使用
 訳語:女性拡張論,女性解放論,女性差別,抑圧からの解放をめざす思想と行動を広くフェミニズム
 第1波:参政権獲得,社会主義女性運動,ブルーストッキング,青鞜派
 第2波:作られた女らしさ拒否,反結婚,家族解体,性の積極的肯定など
  1960年代 女性解放運動,世界的な影響:ウイミンズ・リブ
  1964年 ベティー・フリーダン「女性の神秘」
      Betty Fridam:The Feminine Mistique,NY,Dell
      Barbara S.Deckard,The Women's Movemet
      Political,Socioeconomic,and Psychological Issues,NY
      Harper & Row 1983 Ch 12

 5つの派
 [1]社会主義派フェミニスト(正統派)
  マルキシズム理論:女性解放は階級闘争によってのみ可能
  科学的社会主義(エンゲルス)実現では解放できない:闘争 for
  女性就労以外に,教育,雇用における平等,家事,育児の社会化
 [2]過激派フェミニスト(ラディカル)
  理論的には成熟段階:女性抑圧の原因 not only 経済的要因
  生物学的に規定された,伝統的な生殖,育児の役割からの解放
  バイオテクノロジーの発掘,性,育児,生活のコミューン化(社会革命)
 [3]穏健派フェミニスト(自由主義)
  上記二者とは異なる:現体制の中で平等獲得
  人はすべて平等(自由主義的イデオロギー)
  女性の自立,女性の意識革命(社会的体制打破より)
 [4]マルクス主義フェミニズム([1]+[4]の止揚)
  階級支配と家父長制という相対的に自立した原理が葛藤,妥協
  しながら女性抑圧形成:ジュリエット・ミッチェル
 [5]エコロジカル・フェミニズム(エコ・フェミ)
  エコロジー主義+フェミニズム結合 フランソア・ドォボンヌ提唱
  女性性:自然性に近似 女性性を積極的に復権 現代社会救済
  女性性:生理的,歴史的,象徴的,心理的に「自然」に近い
     出産する身体あり,育児,家事自然性に近い
     自然=女性 等値 シェリー・オートナー女性人類学
  男性性:自然支配,収奪(男性支配 ファロクラシー)
     ポスト構造主義(世界的文化状況と通底)

 共通項:家族は女性の抑圧機関=過激派は家族制度そのものを否定
    制度としてのモノガミー(一夫一婦)を否定
    他二者は,伝統的な家族の家父長的性格を否定
    家族は存続できるか? 1960年代後半
    開放的なコミューン形成における自己実現 下火 1970年代
    社会変革から個人変革へ変化
    Friedom: Second Stage フェミニスト運動第2期へ 穏健化
 家族とは何か? 原点回帰の機会提供

(2)歴史人口学:アナール学派,ケンブリッジ・スクール
  庶民の文化資料を分析し,日常の生活世界を明らかに
  フィリップ・アリエス「アンシャン・レジーム期の子供と家族生活」
  Centuries of Childhood:A Social History of Family Life
  Phlippe Aries,Vintage Books,NY,1962
  日記,手紙,文学作品等の文献,版画,肖像,風景画,彫刻なども分析
  中世から近世への家族生活復元
  サラン・ブーコック:"Turning Point"
  [1]子供=労働力
  [2]子供=天使
  [3]子供=悪魔
  バッハオーフェン 母権社会論(神話分析),古代社会復元,原始父権論否定
  核家族:産業革命以前 支配的な家族形態
  工業化説否定=大家族(拡大家族)-小家族(核家族)へ:
   子供の時代は,近世以後,19世紀:家族と職場の分離開始
  家族はブルジョア階級のみ存在:無産階級=母子ともに労働力=家族分離・喪失
  1845年 エンゲルス イギリス労働者階級
  1848年 マルクス共産党宣言
  「完全に発達した家族は,ブルジョア階級のみに存在し,プロレタリア階級は家族の喪失を強いられる。」

色あせたフェミニズム論:家父長家族,男尊女卑,マッチョ・マンの最後
津田梅子(津田塾大学の祖)=キャリア・ウーマン vs 下田歌子(華族女学校初代校長)=内助の功
リエ(やつれ顔・神経性胃炎) vs 景子(満面の笑顔・子供は自然に任せます)


   *   *   *


 5月25日のレジュメと6月1日のそれとが微妙に一致しているため,合体した。
 多少矛盾があるかもしれないがそれはご容赦。
 来週,再来週は休講。

|

« ポーランド・日本国交回復50周年記念 アンジェイ・ワイダ絵コンテ展「ワイダ芸術の舞台裏」 | トップページ | 【来週何スル?】6月25日(月)~7月1日(日) »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「joyの家族社会学」 第8回:

« ポーランド・日本国交回復50周年記念 アンジェイ・ワイダ絵コンテ展「ワイダ芸術の舞台裏」 | トップページ | 【来週何スル?】6月25日(月)~7月1日(日) »