« 「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」 | トップページ | 【来週何スル?】2月12日(月)~17日(日) »

志の輔らくご in PARCO 2007

Ca330027_1
Stage 07-02

07/01/15
志の輔らくご in PARCO 2007 其の弐
PARCO劇場

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

番組
「七福神」
「歓喜の歌」

(お仲入り)

「徂徠豆腐 」

一行(には収まらない)批評
「自分の世界を作りきっている志の輔師匠。軽めの『七福神』で客の心を掴む。あの手のネタは若者のお笑いでよくあるが,"よくある"ネタを自分のものにしているのが嬉しい。
 続いて,お目当ての『歓喜の歌』。志の輔らくごでありながら,その実,松竹喜劇。どこぞの噂で,志の輔らくごが映画化されると聞いたが(TBSテレビ『情熱大陸』?(典拠の記憶はあやふや)),私がプロデューサーなら,これか,『メルシーひな祭り』を選ぶ。
 三席目の『徂徠豆腐』は初見。

 この日,私の左側には,かつて女学生だった二人連れ。
 『この劇場ねぇ,一番前の列の座席番号がX,Y,Zなのよ。おかしいわねぇ。』と話している。
 『いや,座席を外したりできるようにしてるんですよ』と説明しようかと思ったが,疲れそうなのでやめた。
 私の右側には,"先生"と呼ばれる中年男性と二十代後半と思しき女性3人が来ていた。"先生"が取ったらしい,今回のチケット。女性陣は,落語自体が初めてのようだ。
 私の隣に座った女性。最初は,背が座席についていたが,徐々に前へとのめりこんでいく。『落語を聞いて,背が離れる』という場面を初めて見た。『歓喜の歌』,サゲが終わった後の仕掛けが始まった際には『あ~っ」と歓声を上げていた。新鮮な驚き,大事にして欲しいもの。」

 この日見かけた有名人(敬称略);永六輔,矢崎泰久,Mr.マリック,堀井憲一郎,立川談志

|

« 「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」 | トップページ | 【来週何スル?】2月12日(月)~17日(日) »

Stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志の輔らくご in PARCO 2007:

« 「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」 | トップページ | 【来週何スル?】2月12日(月)~17日(日) »