« Best of Stage 2006 | トップページ | キネマ旬報ベスト・テン2006 »

Best of Screen 2006

 2006年,この年も多くの映画を見てきた。
 本数こそ,30本と2005年と同じ数字。しかし,何となく「見逃したぁ」という悔しさが残る年だった。
 ハリウッド物の「カリブの海賊」,「Xメン」も見逃したし,単館物も何本も見逃した。その辺の後悔から,「悔しさ」が残るのだろう。その点では,2005年よりも作品の質(少なくとも「見たくなるようにさせる度」)は上がっているかもしれない。
 その一方で,肩透かしもくらったりする。面白そうと楽しんでいったら,あらまぁ,そんな作り,とがっかりすることもしばしば。あまり意気込まない方が良いかもしれない。

 そんな中,2006年,一番★が多かった作品は,以下の作品。この作品に自動的に"Best of Screen 2006"とすることに決めた。

 「シムソンズ」

 単純なスポ根。普通の映画だ。しかし,冬季五輪が終わって間もなく,記憶が新しいときに見に行ったためか,涙腺がゆるんでしまった。映画を見るのもタイミングだ,ということを実感した作品。

 今年もいろんな映画を見に行きたい。そのように思っている。願わくば,映画を見るチャンスを増やすため,ロードショーばかり上映せずに企画上映,ムーブオーバーの機会を増やして欲しい>シネコン様。

 ちょうど,明日は水曜日。【Big Wed】。Best of Stadium 2006は,【Big Wed】内で発表することにしよう。

|

« Best of Stage 2006 | トップページ | キネマ旬報ベスト・テン2006 »

Screen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Best of Screen 2006:

« Best of Stage 2006 | トップページ | キネマ旬報ベスト・テン2006 »