« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »

2006年12月10日 - 2006年12月16日の記事

オオタスセリ新作コント独演会

Ca330142
Stage 06-30

06/10/30
オオタスセリ新作コント独演会
駅前劇場

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

一行(には収まらない)批評
「コントライブ,やはり初日に行くのはギャンブルだな,と思った。多少,間延びした部分があった。
 『明日はもっと短くします。』
 と最後にスセリさんが言ったのは,本人も間延びを自覚して翌日へ向けて修正するためだろう。
 今では,ギター弾きのイメージが強くなったが,2年前までは……。

 2年前のライブ,ひょっとしたら伝説のライブになるかもしれない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨージ単独ライブ

Ca330141
Stage 06-29

06/10/27
ヨージ単独ライブ
しもきた空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★
(今振り返れば,★★★★★ ★★でもいいかもしれない。)

一行(では収まりきらない)批評
「今思い返すと,やはり,かなり面白かった。一つ一つのコントはそうでもないが,幾つも折り重なるというか,編みこまれていき,最後にひとつのストーリーが出来上がる。そんな感じのコント。
 今回の大きな軸となる話は,ヨージさんの祖父の話。祖父の若い頃の出来事,勿論そこには戦争の影もある。
 祖父の人生を,孫のヨージさんの目を通してみていく話は,興味深いもの。
 このまま私も,ヨージワールドへはまって行くのだろうか。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲド戦記」

Screen 06-25

06/10/26
「ゲド戦記」
シネマイクスピアリ

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「何だか見ていて説教くささが鼻についた。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「中山道板橋宿の史跡とふれあうウォーキング」

06/10/21
駅からハイキング「中山道板橋宿の史跡とふれあうウォーキング」
板橋駅 ~ 新撰組近藤勇の墓 ~ 石神井川・俳句の散歩道 ~ 加賀藩下屋敷跡 ~ 西が丘サッカー場 ~ 小豆沢公園 ~ 薬師の泉庭園 ~ 志村一里塚 ~ 縁切榎 ~ 板橋 ~ 板橋駅
約11.4km

 江戸四宿を巡る,10・11月の駅からハイキング(と私が勝手に名付けている)。最終回は板橋の宿。
Ca330123


 まず,最初は,「1 新撰組近藤勇の墓」。
 と言っても駅前にある。ちょうど私がスタート受付をしている頃,ボランティアガイドが説明を始めていた。のんびり聞いていると時間内にゴールできそうもないので,先を急ぐ。


Ca330124Ca330125


 続いての訪問地は「2 石神井川・俳句の散歩道」。
 所々に,俳句の掲示板がある。
 俳句をたしなむ人にとっては,人目につく場所に飾ってもらえるのは嬉しいのでは。


 「3 加賀藩下屋敷跡」は,写真を撮るのを忘れた。
 というか,ここ,加賀公園で,人の往来を考えずに,場所いっぱいに広がって準備運動を始めている,年配者の集団がいた。準備運動は大事だ。特に,年齢を重ねた人は十分準備運動をしないとケガの素。
 しかし,人の往来は考えて欲しい。齢重ねたんだ。非常識な振る舞いは困る。


Ca330126


 石神井川沿いに歩きながら,帝京大学付属病院の脇を抜けて大通りへ。
 大通り沿いにあるのは,「4 西が丘サッカー場」。
 この日は,大学サッカー開催中(有料試合)のため,中を見学することができない。


Ca330127


 「5 小豆沢公園」に到着することはお昼になっていた。参加者は銘々持参した弁当を頬張る。が,問題はその後。どこをどう通っていいか方向感覚が掴めない人が続出。かく言う私も迷ってしまった。


Ca330128

 「6 薬師の泉庭園」は何とか到着。良い雰囲気の庭園だが,この日ばかりはハイキング参加者に占拠されていた。近所の女の子だろうか,父親と一緒に遊びに来たが,
 「今日は人がいっぱいいるから帰ろう。」と退散してしまった。ごめんね,女の子。


Ca330129


 「7 志村一里塚」。先ほどの薬師の泉庭園が,今回のルートの中,一番スタート地点から遠い場所。後は板橋駅へと帰る道。この志村一里塚,大通りを挟んで左右にある。非常に面白い。


Ca330131


 「8 縁切榎」は,以前の板橋での駅からハイキングでも通った場所。以前も写真を撮ったので今回は違うアングルで。
 この縁切榎にちとばかり恐い絵馬が飾ってあった。絵馬の写真を撮ったが,実名が書いてあるので,ここでは控え,名前を伏せて文章を転記する。

 「●○○●と△△▲▲子
  どうか別れさせて下さい。
  よその絵馬に願をかけることを
  お許し下さい。どうしてもどうしても
  別れたいです。自由になりたい  △△▲▲子」

 自分で,別れたいとおもって書いたんだぁ。
 おぉ,恐。

 閑話休題。

 この縁切榎の側には,ガシャポン(ガチャガチャ)があります。「リセットみくじ」というもので,今回試したら,見事大吉。しかし,そのみくじを,この縁切榎に括らないと願はかなわないそうだ。みくじ,持って帰ってきた私の願はかからないのだろうか。


Ca330132
 板橋の商店街をぶらぶらしながら,ゴールを目指す。
 最後のポイントは,「9 板橋」。ここも以前の駅からハイキングで来たことがあるので写真だけ。

 板橋駅に到着し,商店街のプレゼントのタオルをもらう。少ぉし得して帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京シティビュー@六本木ヒルズ

Ca330113

06/10/13
東京シティビュー

 某ラジオ番組の写真展があったので行ってきた。
 会期中,合言葉を言うと,1,500円の入場料が1,000円になるという。
 実はこの制度,ぐるっとパスよりも安い。というわけで行ってきた。

 写真展は,シティビューの端にひっそりと行われていた。ああいった,展望台というのは,客は皆窓に向かって視線が向くのだが,一部の人間は窓に背を向けて,壁際の写真を食い入るように見ていた。これって結構面白い構図である。

 写真展の画像は著作権の問題もあるので,今回は掲載しないが,六本木ヒルズ,眼下の風景をパチリ。
 写真では見にくいが,中央の黄色いU字型の構造物は,ドン・キホーテのアレ。みんな忘れてるでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや,ラ・シブレット@浅草橋

Ca330158

 前回,初めて訪問して感動した,ラ・シブレット。
 1週間も開けずに,また行ってしまった(笑

 やぁ,ここを紹介してくれた友人が足繁く通う訳がよく分かった。

 で,今回は,定番メニュー,ニュージーランド産厚切りサーロインステーキ黒こしょう焼に岩手産生ガキ,エシャロットビネガーをチョイス。
 「すいません,生ガキを召し上がる方はお酒を召し上がる方なんです。」とお酒を勧められた。

 ハイハイ,今日は非番だから昼間っから酒飲んでも大丈夫だよん。と白ワインをチョイス。
Ca330159Ca330160
 皿の脇に置いた赤い物体は,長辺11せんちめーとるのメモ帳。少しでも料理の大きさを知ってもらいたくって。
 こんなにお得なランチを知ってしまったら……。ヤミツキ。

 さぁ,次はいつ行こうかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】「東京×スポーツ応援プロジェクト」始動!

 株式会社ぱどが中心となって,JリーグFC東京,NPB東京ヤクルトスワローズ,bjリーグ東京アパッチの3チームを包括的に宣伝するプロジェクトが発足した。

 2006年夏頃から,FC東京と東京ヤクルトは協力して観客動員増へ向けてのキャンペーンが行われていた。また,東京ヤクルトと東京アパッチが相互に協力してキャンペーンを行っていたので,東京ヤクルトを介して,3チームが合同してキャンペーンを行うようになった形だ。

 これについて,私が驚いているのは,bjリーグ東京アパッチの存在だ。JBLを脱退した新潟・埼玉を中心に作ったbjリーグ。ある意味アウトロー的存在の感もあるが,そのチームを,JリーグやNPBのチームが手を組んでキャンペーンをしようということは非常に評価に値する。
 ともすれば,bjリーグ潰しがあっても,何らおかしくはないが,そのbjリーグに,プロスポーツとしては大きな影響力を持つJリーグとNPBが加わる。東京アパッチにとっては,これ以上ない援護ではないか。

 今後,bjリーグは佳境に入る。東京ヤクルトやFC東京の選手が試合前に挨拶をしたりすれば,少しは有明コロシアムも観客が増えるのではないだろうか。
 FC東京の選手よ,時間があったら顔を出してあげてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!12月13日号,インボイスSEIBUドームからグッドウィルドームへ

・インボイスSEIBUドームの命名権がグッドウィルグループに売却され,来季(2007年シーズン)から,「グッドウィルドーム」となる。

 気になるのは以下の記事。
================
「インボイス西武ドーム」の名前は12月まで

 インボイスは27日、プロ野球西武の本拠地「西武ドーム」と球団二軍の命名権を12月で返還し、2007年3月期連結業績で宣伝広告費1億1,500万円が圧縮されるとの見通しを明らかにした。

 球場の契約は07年3月までだったが、西武側から解除通告を受けたため、3カ月前倒しで契約を打ち切る。

 インボイスによると命名契約は球場が05年4月から07年3月まで、球団二軍が08年3月までだった。しかし今年に入り西武側から「球場命名権の更新はしない」との通告を受けたため、両方の契約を12月末で解除することで合意したという。

 木村育生社長は「米大リーグに挑戦する松坂大輔投手の話題もあり、インボイス球場の宣伝効果は高かった。また取得できる球場などがあれば検討したい」としている。
(夕刊フジ) - 11月28日17時1分更新

================

 なぜ,契約を途中で打ち切るまでして,グッドウィルに変更するのだろうか。そこが分からない。

 実は,(株)インボイスが西武球場の命名権を取得してから,インボイスが西武ライオンズを買収するのでは,という噂が立った。ことある度に木村社長は記者会見でいろいろと離しているが,その言葉に微妙に変化があったように記憶している。
 実際のコメントをまとめていないので,何とも言えないが,西武球場の命名権取得直後は,プロ野球に対して好意的な印象を持つ発言をしていたが,最近は好意的な発言をしていない。その辺にひょっとしたら,何か今回の命名権契約途中解除の遠因があるのではないだろうか。私得意の邪推の域を超えないが。

 グッドウィルドーム。この名前に慣れるまでしばらく時間が必要だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,2010年W杯アジア枠決まる

 2010年開催のFIFAワールドカップ,アジアの本大会出場枠が決まった。
 4.5
 前回大会と同じ。正直驚いた。まさか,前回と同じとは思わなかった。減って当然だと思っていた。ただ,予選方法について,いろいろと取りざたされている。オセアニア予選で勝ちあがった国を最終予選に入れるか否か,多少考えているようだ。

 いずれの予選方式をとるしても,今の日本にとって,簡単にアジア予選を突破できる,という確信はない。予選を突破するためには,普段の国内リーグ戦で選手たちが自己の力をレベルアップすることが大事。国内リーグの盛り上がらない国は本大会への出場も難しい。出場できたとしても,本大会で苦労するだろう。

 少しでも,国内リーグを盛り上げるため,私は来年もJリーグを観戦しようと思う。
 ……って,その前にFC東京のソシオ申し込まなくっちゃ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J入れ替え戦,神戸J1昇格!!

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
・Jリーグ入れ替え戦が,12月6日(水),12月9日(土)に開催された。
第1戦
 神戸 (0-0) 福岡

第2戦
 福岡 (1-1) 神戸

 2戦とも引き分けだが,アウエーゴール2倍の規則の下に,アウエー戦で得点を決めた神戸に軍配が上がった。
 神戸は1年で昇格。一方の福岡は1年で降格となった。

 さすがに,リーグ終盤戦,神戸が勝てなかったので神戸不利かと思った。1年間,チームの戦術にブレがなかったのが功を奏したのか,見事に昇格を勝ち取った。
 神戸の皆さんには,心からおめでとうを言いたい。

 また,福岡の降格は,少し残念だ。西日本のJリーグが盛り上がらないと,日本全体が盛り上がらない。九州のJ1チームが大分だけというのは,何とも寂しい。

 ただ,降格するチームに言えるのは,フロントがしっかりと方向性を決めた上で,必要な監督・コーチを招聘し,選手を集める,と言った作業をする,このことができていないのだ。負けがこむと監督を更迭する,戦術とは関係なしに選手を集めてくる。それでは,チームが一つにまとまることはできない。そのことを肝に銘じた上で,来季は頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繭から7

Ca330111
Stage 06-28

06/10/12
「繭から7」
しもきた空間リバティ

 番組

二人トークのお勉強

 ★

神田京子/新作講談
立川志の吉/新作落語

 ★

神田京子/古典講談
立川志の吉/古典落語

 ★

二人で,お別れのごあいさつ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行(には収まらない)批評
「開演前から,プログラムの訂正。その訂正の案内の方がウケると,志の吉さん,ちょっとご機嫌斜め。二人トークのお題は『アパート』。様々な名前のアパートの写真を撮ってきて,ここで披露。いろんな名前のアパートが出てくるが,私は横綱級のアパート名を知っているため,どんな名前のアパートが出てきても微動だにしない。

 千葉県船橋市には『うれし荘・たのし荘』というアパートがあるのだ。

 この名前のアパートを知ってしまっては,そんじょそこいらのアパート名では,笑いは取れない。

 神田京子さん,新作講談でちょっと滑る。う~ん,おかしいなぁ。どうしたのかなぁ。この不安の素は終演間際に判明する。
 志の吉さん,新作落語では,荒技で押さえつける。

 古典作品を演じている二人は,安心したのかほっとしたのか生き生きしている。
 無事演目を終え,お別れのご挨拶。なんと,神田京子さん,結婚発表!!
 しかも,公演日の前々日に入籍という。これはめでたい。
 なるほど,この慌ただしさのため,新作制作の時間が取れなかったのか。

 終演後お見送りの京子さんに『おめでとう』を言って帰宅。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館 東洋館を中心に

06/10/12
東京国立博物館・常設展

 「ダリ回顧展」に行った日,せっかく東京国立博物館のパスポートを持っているのだからと,立ち寄った。
 仏像展はやっていたが,展示替えの後期を狙うため,見に行かず。また,本館も結構寄っているので避けた。
 秋の庭園開放までは,まだ日がある。
 それでは,と東洋館に立ち寄る。

 本館や平成館などが軒並み新しくなっている中,ここ東洋館の展示は昔の博物館の趣を残している。まぁ,仕方ないか。
 中国の書のコーナーでいくつかの書を見るが,大学生とおぼしき人々がベンチでだら~っとしていたのが印象的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2006年12月04日(月) 087 ★★★★★ ★★★★
2006年12月05日(火) 058 ★★★★★ ★
2006年12月06日(水) 060 ★★★★★ ★
2006年12月07日(木) 091 ★★★★★ ★★★★
2006年12月08日(金) 078 ★★★★★ ★★★
2006年12月09日(土) 133 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2006年12月10日(日) 086 ★★★★★ ★★★★

 ここしばらく,アクセスが増えてきた。
 嬉しい限り。ちょっと頑張ったせいかもしれない。これから年末にかけて記事のアップも頑張らねば。今年の訪問記・体験記を来年に持ち越したくないもので。

 と思い,今後の予定を立ててみた。
 今年(2006年)の訪問記・体験記を全て今年中には紹介しきれない,ことが判明した。とはいうものの,それほど対した量にはならない。一時期の2ヶ月以上の前の記事をのんびりとアップするようなことはないと思う。

 兎にも角にも多くの方がアクセスしてくれ,感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ダリ回顧展」@上野の森美術館

Ca330110

06/10/12
「ダリ回顧展」
上野の森美術館

 ダリ。
 頭の中に残っているのは,「ディズニーアート展」で見た,ディズニーとの共同作品「ディスティーノ」。
 その作品の原型となったダリの作品を見に行ってきた。

 会場内は,平日にもかかわらず,かなり混んでいた。まだ会期も始まったばかりだというのに。
 それでも,客の年齢層が高かったこともあり,落ち着いて見ることができた。

 あのシュールな世界,面白い。それと,ダリが映画製作に携わったというのは知らなかった。
 それにしても,日本人ってダリ,好きだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国立科学博物館・常設展B3F完全制覇

Ca330109

06/10/09
国立科学博物館・常設展

 恩賜動物園・下町風俗資料館と歩き回って,最後はここ,国立科学博物館。
 もう,何度目の訪問だろう。今年だけで5回目だ(笑 それまで何年も訪れていないのに。しかも,ぐるっとパスや招待券ばかり使って,常設展の当日券を購入したのは1度だけ。まぁ,それだけ,ここの展示は面白い,ということだろう。

 で,今回のテーマは

「新館地下3階の展示,完全制覇。」

 ここの展示テーマ,なんか難しいというか,分かり難いというか。それまでの展示が,大きな一本の縦軸に沿って行っていたのが,ここは,ある意味ごった煮という印象がある。

 まずは,「はかる」と言うことの意味から始まる。

 電気と磁石をはかる
 温度をはかる
 熱放射とエネルギー
 光の速さ
 重力

 「はかる」という言葉の意味から,物事の法則性を見いだす,というのは分かる,が,その後の展示は,いきなり
宇宙へ行ってしまう。
 展示は,5枚の大きなプレートを一枚一枚見ていくうちに,宇宙の広がりが分かっていく,作りになっている。太陽系から銀河系,宇宙の果ての話まで広がっていく。

 そのお隣,今度は物質の構成についてのお話。周期表から始まる5枚の大きなプレートは見ていくうちに,研究対象がだんだん小さくなっていく。分子から原子,電子,クォークへ。

 先ほどの研究対象が宇宙へ広がっていくプレートと研究対象がだんだん小さくなるプレートが平行して展示してあることにより,対比させているようだが,別にこの展示が並列して展示する必要はないと思う。
 また,他のフロアの展示に比して,「仮の展示」感がないわけでもない。ひょっとしたら,この展示が本館改修終了後,本館に移るのでは?と思うのは私の邪推。

 この日,三カ所の展示を回って,お腹いっぱいで帰宅。

 あ,そうそう。せっかく新しい展示で冥王星を載せたのに,冥王星が太陽系から除外されてしまった。ちとばかりセンチメンタルになったので写真をパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月11日(月)~17日(日)

 毎年この時期になると,落語「芝浜」が聞きたくなる。そう言えば,歌舞伎座12月の演目に「芝浜革財布」があったなぁ。行こうかな?

●11日(月)

●12日(火)
・プロ野球マスターズリーグ 東京ドリームス VS 大阪ロマンズ
@東京ドーム

●13日(水)
・「お気楽ピープルの素敵すぎるクリスマス」
出演:だるま食堂,オオタスセリ,マルセまゆみ,好田タクト
@横浜関内小ホール

●14日(木)
・「みなと毎月落語会第四回 柳家喬太郎独演会」
@麻布区民センター(六本木駅3番出口より徒歩6分)

●15日(金)
・「モロ噺~かたるシス~6」
出演:モロ師岡 サラリーマン落語「藪入り」 一人コント語り「タクシー」 お楽しみ一人コント
@上野広小路亭
・「山本光洋ソロライブ かかしになるために2」 (~16日(土))
@planB 中野富士見町駅近く
・バカリズム単独ライブ「恐竜時代」(~17日(日))
出演:升野英知 一人コント
@ザムザ阿佐ヶ谷
・キュレーター・トーク(テーマ未定)@東京国立近代美術館
・ミュージアムトーク「村の生活」@江戸東京博物館

●16日(土)
・「立川志ら乃の落語ライブ」
@新宿住友ビル7F 朝日カルチャーセンター
・漫才ライブ「GERA2」
プロデューサー:大友浩
出演:宮田陽・昇,ロケット団,ゲストに前田隣
@お江戸日本橋亭
・「運命じゃない人」「寝ずの番」公開(~22日(金))@早稲田松竹
・bjリーグ 埼玉 vs. 仙台@春日部市総合体育館
・bjリーグ 東京 vs. 高松@有明コロシアム(~17日(日))
・Xリーグ ジャパンXボウル@京セラドーム大阪
 これって,今年は福岡でやる予定でなかったのでは?いつの間にやら京セラドーム大阪開催に変わっていた。
・第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦(Jリーグ入れ替え戦該当チーム)
・ラグビーTOPリーグ
リコーブラックラムズ vs ヤマハ発動機ジュビロ
NECグリーンロケッツ vs サントリーサンゴリアス
@秩父宮
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「カメムシあれこれ」「日本の工学を作った人たちの話」
・「夢・化学-21」土曜実験教室@科学技術館
・科学ライブショー「ユニバース」@科学技術館
▲第65回朝日名人会@有楽町朝日ホール

●17日(日)
・だるま食堂ライブその3本目 「だるまの毛inのげシャーレ」
出演:だるま食堂
@横浜にぎわい座地下のげシャーレ
・埼玉 vs. 仙台@さいたま市記念総合体育館
・第28回全日本女子サッカー選手権大会2回戦
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「模型を作る」「人類の進化を考える-ミイラから何がわかるか-」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »