« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

2006年11月26日 - 2006年12月2日の記事

「日本以外全部沈没」

Screen 06-24

06/10/04
「日本以外全部沈没」
シネセゾン渋谷

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「映画自体は単なるB級作品。ちょっと脚本長いかな?しかし,映画『日本沈没』が公開されたこの年に,この作品を作る精神的・経済的な余裕に拍手を送りたい。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月の目標,その後。11月の目標,その後。

 そう言えば,月の頭にやっていた,恒例「○月の目標,その後」をサボってた。10月の目標,11月の目標,それぞれ達成できたか確認をしよう。

 まずは,10月。

■10月:「駅からハイキングに行く。」
 駅からハイキングの開催数が減ってきました。上手く予定が合うかどうか分からないが,参加しましょう。

 これは,運良く達成できた。土日が仕事の職場なんで駅からハイキングの日程と合わない可能性がある。しかし,10月に限って言えば,うまく調整が出来た。ヨカッタヨカッタ。詳細は,このブログで紹介する予定。

 もひとつ,11月の目標をば。

■11月:「月イチあミュージアムを5本。」
 今回は新規開拓ではなく,再訪でも可としました。博物館美術館の特別展もこの時期多いことですし。文化の秋を堪能しましょう。

 これ,実は達成できなかった。国立科学博物館と東京国立博物館の2館しか回れなかった。残念。
 何でだろう?ひとつの理由として,このブログで目標を確認しなかったからではないか。この記事を作成して初めて「今月の目標はこんなものだったんだぁ」と再確認しているくらいだから。

 さぁ,今年(2006年)最後の目標は

■12月:「休日には仕事をしない。」
 当たり前のことなんだけど,こういう目標を1つ立てなければならないのが悲しいところ。

 果たして,この目標達成できるだろうか?ちぃとばかり不安。

 ま,今年も残りわずか。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立近代美術館・常設展

06/09/29
東京国立近代美術館・常設展

 そう言えば,この日(9/29)は金曜日。国立近代美術館は夜8時まで開館しているはず。あ,そうだ。キュレータートークが6時からあるんだ,と夕闇の中,北の丸公園を東京国立近代美術館へ。特別展をやっているが,常設展へと真っ直ぐに。こちとら,ぐるっとパス2006があるんだい!!
 ところが,である。入館すると「キュレータートークは9月30日」というポスターが。しまった!!日付を間違えた。ま,30日はJリーグがあるから,行けないし。ま,いいかと見学開始。

 今回の収穫。
 上村松園「草紙洗の図」の屏風絵は素晴らしい。夜間開館の時間帯に訪れた今回。北の丸公園は夕闇の中。そして,この屏風絵。見た瞬間,この屏風絵に吸い込まれそうに。夕闇に映える秋の草花がくっきりと表してある。まるでスポットライトをあてた植物園のような構図。つい足を止めて見入ってしまった。

 この屏風絵をしゃがみこんでじっくり見ている3人組。年配のスーツ姿の男性と女子大生が二人。どんな組み合わせなんだと話している内容を聞き耳を立ててしまった。
「この絵のあの綿帽子の部分,何を使って描いているか分かるかい?」と初老の紳士。
女子大生二人「分かりません。」
「あれは絹を使っているんだよ。」
「へぇ。」
 どうも美術関係の学校の先生と学生のご様子。耳をそばだて聞き入ってしまった。

 夜間開館の美術館もいいなぁ,と実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「旧朝香宮のアール・デコ『小客室』新規公開」

Ca330074

06/09/29
「旧朝香宮のアール・デコ『小客室』新規公開」
東京都庭園美術館

 12月なのに,9月の話題。もう,終わってしまったがこの展覧会は面白かった。
 今年,初めて庭園美術館の中に入った際(以前庭園だけは入ったことがある。),建物を見ていいのか,美術品を見て良いのか分からず,キョロキョロして,困惑した。

 今回の展覧会は,3年ぶりに建物そのものを見る企画展。そのため,じっくりと建物を堪能することが出来た。
 この展覧会に際し,可能な限り写真撮影も許可している。私も携帯電話のカメラでパシャっと撮ろうかと思いきや……。どこを撮っていいのか分からない。どこもすばらしい装飾。見入ってしまった。

 今回,ワークシートが配付。装飾の図柄だけを見て,どの場所にあるかを探してみよう,という代物。これが面白い。ワークシートと建物内部を見比べたり,うろうろしたり,館の職員から「あそこにありますよ」と何度助けていただいたか,お恥ずかしい限り。

 この美術館の面白いところ,興味深いところがひとつ。美術館内の監視員(美術品に触ろうとすると「いけませんよ」と声をかける人)というと,女性,それも若い方から中年くらいまで(失礼)の方が多い。私のイメージとしては,「監視員」=「若い女性」という固定観念が出来てしまっている。
 しかし,ここは男性もいるし女性もいる。そして,どの方もみな,熟年と言うかお年を召した方が多いのだ。だからと言って,変な嫌味もないし,目立ちもしない。むしろ,建物の持つイメージとうまく調和しているのだ。

 だから,という訳ではないが,この美術館は館内を回っていても心地いい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

駅からハイキング「旧日光街道・千住宿と荒川ウォーキング」

06/09/23
駅からハイキング「旧日光街道・千住宿と荒川ウォーキング」

北千住駅 ~ 千住宿歴史プチテラス ~ 松尾芭蕉像 ~ 奥の細道矢立初の碑 ~ 対象記念道碑・森鴎外撰文 ~ 千住神社 ~ 勝泉寺 ~ 千住本氷川神社(大黒天) ~ 旧日光街道・千住宿散策 ~ 虹の広場(荒川河原) ~ 荒川河原・歩道出口 ~ 北千住駅

 駅からハイキング「江戸四宿を歩く」第2弾。初めて訪れた北千住。
 今回はまともに事務局の作成したルート通りに歩いた。
 そこそこ楽しめた。

 で,気付いたのが,ここ千住でも松尾芭蕉「奥の細道」をフィーチャーしている。江東区芭蕉記念館の江東区も松尾芭蕉ゆかりの地。今年,ぐるっとパス2006利用で,この記念館に訪問したが,こんなところで繋がっているとは思いも寄らなかった。

Ca330051Ca330052Ca330053Ca330054Ca330055_1Ca330057Ca330058Ca330059Ca330060

 大分時間が経ち,記憶も薄くなっているので,写真のみでご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日,名酒の殿堂

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 10月16日(月)に開催された,名酒の殿堂の出品種をご紹介。

1 上喜元 生もと 純米酒
2 上喜元 金印 狸々
3 上喜元 純米吟醸 雄町50
4 上喜元 純米吟醸 山田錦
5 上喜元 大吟醸 玉苗 中採り
6 上喜元 純米大吟醸 山田錦100%
 以上は,この日のゲスト,蔵元酒田酒造のお酒。

7 辛口 高千代 新潟県 高千代酒造(株)
8 真澄 吟醸 家伝造り 長野県 宮坂醸造(株)
Ca330116Ca330117Ca330118Ca330119Ca330120Ca330121
 この日は,参加者の中にラベルコレクターがいらっしゃったらしく,私が撮影しようとした頃には,あらかたラベルを剥がされてしまった。残念(泣。


 また,この日の利き酒は大きく2問。
 第一問は,上喜元3種類から選ぶ。

I-1 上喜元 特別純米 からくち - A
I-2 上喜元 特別純米 五百万石 - C
I-3 上喜元 特別純米 美山錦100% -B

 第二問は,上喜元2種類と一般に出回っている日本酒との利き酒
II-1 上喜元 大吟醸 平成18年金賞受賞酒 - D
II-2 上喜元 純米吟醸 神力 - A
II-3 越乃寒梅 特別本醸造 - C
II-4 日本盛 -B

 この日は,私,全問正解(IもIIも)。嬉しかったぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Big Wed】From the Pitch,J2-49,神戸・横浜FC,死闘の結果は如何に?!

 11月18日(土),J2第49節が行われた。

・神戸 (1-2) 横浜FC
 首位神戸と2位横浜FCの頂上対決。神戸は柏・横浜FCと上位と2連戦2試合目。前節では柏に敗れたため,是が非でも勝ちたい。しかし,軍配は横浜FCに。この試合得点を決めたのは,神戸・三浦,横浜FC・城,アレモンとチームの顔が決めた格好。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・水戸 (0-1) 札幌
・柏 (2-1) 仙台
・東京V (3-2) 鳥栖
・徳島 (3-1) 草津
・湘南 (0-2) 愛媛

 う~ん,J2残り3節の試合結果は次週以降に。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-48,神戸vs柏直接対決!!

 11月11日(土)12日(日)の両日,J2第48節が行われた。

・横浜FC 1-2 東京V
 雨中決戦。制したのは東京V。神戸と柏が星のつぶし合いをしているところに,おつきあいをしてしまった格好だ。

・神戸 3-4 柏
 1位の神戸と3位の柏の対決。柏が勝ち,勝ち点差を2に縮めた。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・札幌 1-1 愛媛
・山形 3-0 草津
・徳島 1-2 水戸
・鳥栖 2-1 湘南

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-47,東京V,つひに終戦。

10月27日(金)~29日(日),J2第47節が行われた。

・愛媛 (0-0) 神戸
 まずは,最初に試合のあった神戸。スコアレスドローながら勝ち点1をあげる。

・柏 (3-3) 横浜FC
 横浜FCは,前半を1-1の同点で折り返したものの,後半22・24分と相次いで失点。3失点は堅守横浜FCには辛い状況。しかし,この後,アレモンが後半37・39分と得点。同点とする。2点差を引き分けに持ち込んだ横浜FCには自信になっただろう。

・東京V (1-4) 水戸
 東京Vが水戸の守備陣の前に沈黙。4失点で今季終戦を迎えた。最後の最後まで歯車が上手く合わない,そんな感じの今季だったに違いない。
 東京Vの戦績表を見ると,3強(柏・横浜FC・神戸)には勝ち越せず,さらには札幌にまで負け越し。年4回対戦(H&A各2回)するJ2では,絶対に負けない「お客さん」があるとないとでは大違い。3強は2チーム以上「お客さん」(柏(水戸・草津)・横浜FC(仙台・山形・湘南・徳島)・神戸(山形・水戸・愛媛・鳥栖))がいるのに対し,東京Vは1チーム。草津だけ。しかし,草津とは最終戦に対戦するのでその結果如何によっては,「お客さん」なしのシーズンになる可能性も秘めている。
 来季以降は,Jリーグからの補助金も下がり,チーム運営はますます厳しくなる。かつての親会社に見捨てられ,現在もメインスポンサーに見放され(TV中継が深夜の録画放送では……),今後,迷走していくのではと,他人事ながら不安になる。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・仙台 (0-0) 山形
・草津 (0-2) 札幌
・鳥栖 (2-0) 徳島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-46,札幌,神戸に大敗

 10月21日(土)22日(日)の両日,J2第46節が行われた。

・札幌 (1-4) 神戸
 札幌,実は今季,神戸と横浜FCに弱かった。しかも負けるときは大量失点。上位に勝てない……。そこがJ1に上がれない一つの理由かもしれない。

・湘南 (0-1) 横浜FC
 柏が休みの時にしっかりと勝つ。これがプレッシャーとなり,柏に襲いかかる。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・山形 (1-3) 鳥栖
・草津 (2-5) 愛媛
・徳島 (2-2) 東京V
・水戸 (0-0) 仙台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-45,神戸・横浜FCは完封勝利

 10月18日(水),J2第45節が行われた。

・神戸 (1-0) 山形
 神戸が完封勝利。首位に立つ。

・横浜FC (3-0) 札幌
 一方の横浜FCは,得意のカテナチオで無失点。得点も3点を取って2位に。

 その他の試合結果は以下のとおり
・仙台 (1-1) 徳島
・東京V (3-1) 湘南
・愛媛 (3-1) 柏
・鳥栖 (1-0) 水戸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-44,東京V柏に敗れ昇格絶望的。

 10月14日(土),J2第44節が行われた。その前の週には,天皇杯3回戦が行われた。神戸・横浜FCは敗れた。

・柏 (4-1) 東京V
 東京V,4失点で昇格争いから後退。前半だけで3失点は痛い。しかも,柏はディエゴが前半途中で負傷後退。本来なら,ここで試合の流れを引き寄せるべきなのに,逆に交代出場した佐藤由紀彦に決められる……。
 由紀彦,柏にいたのね。忘れてた。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・水戸 (1-2) 神戸
・札幌 (1-1) 山形
・草津 (0-0) 鳥栖
・湘南 (2-4) 徳島
・愛媛 (1-2) 仙台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-43,横浜FC○,柏・神戸●

 気付いたら,J2は全然チェックしていなかった(汗
 簡単におさらい……。
 9月30日(土)10月1日(日)の両日,J2第43節が行われた。

・山形 (2-3) 横浜FC
 2失点するものの3点を取って勝利の横浜FC。

・東京V (5-2) 神戸
 神戸は東京Vに5失点。

・鳥栖 (2-1) 柏
 柏も鳥栖にやられたぁ。
 今年の鳥栖,頑張りますねぇ。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・仙台 (5-2) 草津
・湘南 (1-0) 水戸
・徳島 (0-1) 愛媛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-33,スコアレスドローで浦和の優勝阻止!!

 11月26日(日),J1第33節が行われた。

Stadium 06-25
06/11/26
・F東京 (0-0) 浦和
味の素スタジアム

 スコアレスドローに終わったこの試合。FC東京から見れば,いくつかの点で大事な試合だった。
 まず最初にあげるべきは,目の前での浦和優勝の阻止。誰しも相手チームの優勝するところは見たくない。
 2番目に上げる点は,チームの中での精神的支柱となっている,三浦文丈選手の引退が発表されたこと。それも23日の試合終了後だ。おそらくは,この浦和戦へ向けて起爆剤になれば,と三浦選手自身が思っての,この時期の発表なのだろう。
 3番目は,Jリーグ215試合連続出場を続けているGK土肥を下げ,塩田を先発に持ってきたこと。最近の守備の崩壊の責任を取るような形で土肥を下げた倉又監督。この試合にかける意気込みが伺える。

 その試合への期待に応えるかのように,選手は前半から飛ばしてきた。前線からのチェック,サイドを使った攻撃。浦和が負けない試合をするために,引いていたことも影響しているが,まさにFC東京の意気込みが感じ取れる試合だった。

 しかし,両チームとも点は入らず,0-0のまま引き分けのホイッスルが吹かれた。
 その瞬間,41,528人の観客が入ったスタジアムが一瞬静まりかえった。

「で,浦和の優勝はどうなったの?」

 静まりかえったスタジアムに,この空気が立ちこめていた。試合終了間際まで2-2の同点だった,G大阪vs京都戦。しかし,FC東京戦終了後,G大阪が決勝点を叩き込み,浦和の優勝は持ち越しとなった。

 試合終了後,倉又監督はシーズン最後のホームゲームの挨拶で「浦和の眼前優勝阻止」を言っていた。浦和サポーターからは大ブーイングを受けていた。せめて倉又さん,浦和に「優勝はホームの埼玉スタジアムで決めてね。」と一言言えば浦和サポーターの受けも良かったのに。

 三浦文丈選手の引退セレモニーはちょっと感動した。今後の進路は未定だが,FC東京に貢献したいと言っているようだ。スタッフとして残ってくれると非常に嬉しい。

・G大阪 (3-2) 京都
 終了間際の,マグノアウベス渾身のゴール。まだ優勝は決まらない。
 一方の京都は降格が決定。

・川崎F (3-2) 鹿島
 優勝はなくなった川崎だが,ACL出場権(2位以内)の可能性は残っている。モチベーションは高い。

・大宮 (2-0) C大阪
・名古屋 (2-0) 福岡
 C大阪・福岡とも負け。自動降格2チーム目も最終節まで分からない。

 その他の試合結果は以下のとおり
・横浜FM (0-1) 大分
・甲府 (2-3) 千葉
・磐田 (1-0) 清水
・広島 (2-1) 新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-32,三浦文丈,最後の勇姿?

 11月23日(木),J1第32節が行われた。

Stadium 06-24
06/11/23
・F東京 (1-2) 横浜FM
味の素スタジアム

 難なくPKで先取点を取ったものの,その後の動きのチグハグなFC東京。途中出場の奥に同点ゴールを許す。そう言えば,昨年も奥に点を取られたような気がするなぁ。
 昔の堅守は今いずこ>FC東京。
 それでも,この試合の三浦文丈のプレーは気合い入っていたなぁ。


・清水 (4-3) 川崎F
・浦和 (3-0) 甲府
 川崎Fが負け,浦和が勝ったことで,川崎Fの優勝の可能性はなくなった。

・福岡 (1-1) G大阪
 G大阪は同点で首の皮一枚。

・京都 (1-3) 磐田
・C大阪 (1-1) 名古屋
 C大阪は退場者を出した名古屋に勝ちきれず,大事な勝ち点を落とした。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・千葉 (0-1) 広島
・大分 (1-2) 大宮
・鹿島 (5-1) 新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-31,FC東京戦よりも優勝争い,降格争いに注目が!!

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。

 いよいよ佳境に入った,Jリーグ。

 11月18日(土)19日(日)の両日,J1第31節が行われた。
・磐田 (4-1) F東京
 鬼門のヤマハスタジアムで,FC東京はやはり勝てなかった。1点を返すのがやっと。

・名古屋 (1-0) 浦和
・川崎F (2-1) 福岡
・G大阪 (1-0) 千葉
 浦和が負け,川崎F,G大阪が勝ったので,優勝争いは混沌としてきた。23日の第32節で浦和の優勝が決まらないことが判明。となると26日の第33節vsFC東京戦?嫌な予感がしてきた。

・広島 (1-0) 京都
・新潟 (2-2) C大阪
 降格組も苦しい戦い。最後まで目が離せない状況が続く。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・大宮 (0-3) 鹿島
・横浜FM (2-3) 清水
・甲府 (2-0) 大分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「やんちゃ大人の自分印/上野」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,毎週(のように)見るようになった。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておく。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。

 放送日;06/11/26
 サブタイトル「やんちゃ大人の自分印/上野」
 散歩師(出演者):菊池仁志(エッセイスト,イラストレーター)

・スタート 上野駅
   ↓
・諸官省払下品 松崎商店
 松崎一男さん
   ↓
・合羽橋到着。
   ↓
・ブランディング
 カウボーイが自分の所有する牛に押した焼き印
   ↓
・どぜう飯田屋
 飯田唯之さん
   ↓
・戸張焼印製作所
 戸張 実さん
   ↓
・焼肉 東京苑
 福島重光さん
 ここで,焼き印を楽しみながら焼き肉を堪能。で,ゴール。

・今日のおみやげ
 警視庁の捕縄@松崎商店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「港町はじめて物語/横浜」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,毎週(のように)見るようになった。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておく。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。

 放送日;06/11/19
 サブタイトル「港町はじめて物語/横浜」
 散歩師(出演者):町田忍(庶民文化研究家)『昭和レトロ博物館』(角川書店)の著者。

・スタート 馬車道駅
 馬車道駅は,横浜銀行旧本店跡に出来た駅。
   ↓
・日本写真の開祖の地
 1862年,写真師の草分け,下岡蓮枝が,日本で初めて写真館を開業した。
   ↓
・日本で最初のガス灯
 1872年(明治5年)馬車道,本町通などに初めて設置,点灯された。
   ↓
・アイスクリーム発祥の地
 1869年(明治2年)町田房造が馬車道に初めて「あいすくりん」を売り出した。
   ↓
・近代街路樹発祥の地
 1867年(慶応3年)馬車道の各商店が競って柳と松を連随したのが先駆け。
   ↓
・イセザキモールを歩く。
   ↓
・横浜松坂屋(1934年竣工)
 夏目漱石の義弟,鈴木禎次氏が設計した,アール・デコ建築の傑作
   ↓
・へびや(黒田救命堂)
 二代目店主 黒田太朗さん コブラ粉末を試す。
   ↓
・日本大通りで新聞少年の像を発見。
 (上野公園にもあると町田さん言ってたけど,どの辺にあるのだろう?)
   ↓
・電信創業の地
 1869年(明治2年)横浜灯明台役所と横浜裁判所の間で,日本初の電信が行われた。
   ↓
・外国郵便創業の地
 1875年(明治8年),ここ旧横浜郵便局で初めて外国郵便の業務が開始された。
   ↓
・消防救急発祥の地
 1933年(昭和8年),日本で初めて山下町消防署に救急車が配置運用された。
   ↓
・横浜中華街
   ↓
・日本国新聞発祥の地
 1864年(元治元年),ジョセフ・ヒコが「新聞誌」を創刊,翌年「海外新聞」と改題,定期刊行して外国事情を伝えた。
   ↓
・西洋歯科医学発祥の地
 1881年(明治14年),W.イーストレーキ博士が初めて歯科診療所を開設した。
   ↓
・石川町 → 山手トンネル 元町通りと歩いて
   ↓
・魔女とハーブの店 グリーンサム飯島都陽子さんと再開。
   ↓
・クリーニング発祥の地
 1859年(安政6年),青木屋忠七・両沢喜次郎が横浜クリーニング業を始めた。
   ↓
・山下公園
   ↓
・西洋理髪発祥の地
 「断髪令」(明治4年)に先駆け,明治2年,横浜に日本初の「西洋理髪店」が開店。

 で,港でゴール。


・今日のおみやげ
 キッチンウィッチ@グリーンサム

あぁ,この日は字幕が多いこと多いこと(笑い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相田みつを美術館

06/09/20
相田みつを美術館

 ぐるっとパス2006を使って,もう1ヶ所回った。
 「相田みつを美術館」。
 よくラジオのCMで聞くが,一度も行ったことがない。今回,初めて訪問。

 よくある,「相田みつを」語録よりも,普通の書にびっくり。般若心経を写経したものの説明には思わず笑いが。
 どんな文章かは,皆さん会場でご確認を。

 この後,本当に家路に……つかず,イクスピアリで一杯引っ掛けて帰りましたとさ。
 長い一日だったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「国宝 風神雷神図屏風 -宗達・光琳・抱一 琳派芸術の継承と創造-」

06/09/20
「国宝 風神雷神図屏風 -宗達・光琳・抱一 琳派芸術の継承と創造-」
出光美術館

 あちこち博物館を歩き回った,9月20日。先日の記事,「ベルギー王立美術館」展,東京国立博物館常設展,「国宝 風神雷神図屏風 -宗達・光琳・抱一 琳派芸術の継承と創造-」と都合三つ目。もうここまで来るとちょっと疲労が出てきた。
 それでも,この日に回らないとチャンスがないとばかりに回る回る。

 出光美術館は平日なのに大変な混み具合。
 それでも,宗達・光琳・抱一の三人の「風神雷神屏風」が並んでいる姿は,圧巻。なるほどなるほど,と見入ってしまった。

 その他,琳派の作品もあったが,そこまで見る気力はなかった。

 心地良い疲れの中,帰路につく。
 その前にもう1ヶ所,寄っていくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2006年11月20日(月) 75 ★★★★★ ★★★
2006年11月21日(火) 95 ★★★★★ ★★★★★
2006年11月22日(水) 79 ★★★★★ ★★★
2006年11月23日(木) 69 ★★★★★ ★★
2006年11月24日(金) 49 ★★★★★ 
2006年11月25日(土) 70 ★★★★★ ★★
2006年11月26日(日) 62 ★★★★★ ★

 一週間の早さに驚きながら毎日過ごす私。
 で,先週のアクセス。数は落ち着いたが,先週アクセスの記事トップ3に,ちとばかりびっくり。

1 [POT]Press Of showTa: トップページ 32アクセス
2 [POT]Press Of showTa: 月イチあミュージアム 35アクセス
3 [POT]Press Of showTa: 【Monthly翔太】2006年12月 23アクセス

 25日(土)にアップしたばかりの記事「【Monthly翔太】2006年12月」が単独3位。面白いものだ。それでも,この記事は作成に時間がかかる代物。あちこちのサイトを見ながら作るので,アクセスが多いというのは,苦労の甲斐があったということ。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁断の甘い実,東京国立博物館パスポートを購入

06/09/20
東京国立博物館

 この日,私は生まれて初めて博物館の年間パスポートを購入した。

 以前の記事にも書いたが,私は博物館年間パスポート反対派である。
 博物館が客を囲い込みするような策をとるのは良くない。博物館は,複数の館で情報や所蔵品を共有しながら運営していくのが良策であって,自分の博物館だけに客を呼ぶようなスタイルは慎むべきだと,今でも思っている。だから,ぐるっとパス2006はいい案だと思って,一年に2冊も購入することとなってしまった。

 その私がなぜ,東京国立博物館のパスポートを買うことになったのか。それには理由が二つある。
 一つ目は,東京国立博物館での特別展の回数である。
 東京国立博物館では年数回,特別展が行われている。たいていはテレビ局や新聞社の主催で行われている。自分の購読している新聞社から特別展の招待券がもらえればいいのだが,必ずしももらえるとは限らない。購読していない新聞社等の主催の場合は自腹で券を買わなければいけない。

 東京国立博物館では,季節ごとに特別展が行われている(気がする)。年4回程度。1会の特別展料金が1,500円ほど。1年で6,000円かかるかもしれない。だったら,パスポートを購入すれば,年6回まで特別展は無料。しかも常設展は無制限で無料。ならば,得だと購入することにした。
(ちなみに,東京だけでなく,京都・奈良・九州も無料で入館可能。)

 もうひとつの理由は,年間パスポートの値上げ。
 この10月(2006年)からパスポートの値段が,一般3,000円から4,000円に値上がりした。1,000円程度,と言うかもしれないが,やはり影響力が大きい。いっそのこと早めに購入してしまえ!!と勢いで購入してしまった。

 購入後,2ヶ月ほど経つが,このパスポート,結構活用している。購入した日にまず入館。その後も上野の博物館めぐりで時間があれば寄るようにしている。

 月に1回程度展示物の替わる国宝室は,本館の見どころ。この日の国宝展示室には,法眼円伊筆「一遍上人伝絵巻 巻第七」が展示してあった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【来週何スル?】11月27日(月)~12月3日(日)

 あっという間に新しい一週間が始まるのか……。
 ブログの記事作成が追いつかない……。

●27日(月)
・企画展「65億人のサバイバル ― 先端科学と、生きていく。」開催中(~2月5日(月))
@日本科学未来館

●28日(火)
・「ねこマジ誕生日イベント des-je-pas」
@吉祥寺MANDALA
・「立川志の吉 独宴会 その38」
@Studio FOUR
・「絹13練り笑い06年 王手!」(29日(水)・12月13日(水)・14日(木))
出演:
11/28.火 モロ師岡,柳家紫文,だるま食堂,サンプリアン(故林広志台本),ナギプロパーティー,THE GEESE
11/29.水 ダメじゃん小出,バカリズム,山本光洋,サンプリアン(故林広志台本),ナギプロパーティー,THE GEESE
12/13.水 U字工事,すわ親治,中村まり子,サンプリアン(故林広志台本),ナギプロパーティー。THE GEESE
12/14.木 春風亭栄助,ナオユキ,ヨージ,オオタスセリ,松元ヒロ,サンプリアン(故林広志台本),ナギプロパーティー
@しもきた空間リバティ
・「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」開催中(~2月18日(日))
@国立科学博物館
・Museum X'mas in 国立西洋美術館(~1月8日(日))
・「ベルギー王立美術館展」@国立西洋美術館(~12月10日(日))
・「伊東豊雄 建築|新しいリアル」開催中(~12月24日(日))@東京オペラシティアートギャラリー
・「大竹伸朗 全景 1955-2006」開催中(~12月24日(日))@東京都現代美術館
・企画展 「荒木経惟 -東京人生-」開催中(~12月24日(日))@江戸東京博物館

●29日(水)

●30日(木)
・「春風昇太のオレスタイル」
@紀伊國屋サザンシアター
・「柳家喬太郎CD「の・ようなうた」発売記念ライブGo Luck Records Presents 「大人の,,,歌,そろえました」
出演:喬太郎,寒空はだか,ねこマジ
@吉祥寺スターパインズ・カフェ
・「第461回落語研究会」
出演:古今亭菊朗,三遊亭好太郎,立川志の輔,柳家喜多八,入船亭扇遊
@国立劇場 小劇場
・鈴本30日会柳家権太楼独演会
@鈴本演芸場

●1日(金)
・東京・千葉映画サービスデー
◆銀座の映画館のスタンプカード,あと2本見ると1本無料となるので,銀座で映画を見ようと画策中。
・「春風昇太のオレスタイル」
@紀伊國屋サザンシアター
 チケットは売り切れてると思います,ハイ。
・第30回全国地域リーグ決勝大会・決勝トーナメント
 @大分スポーツ公園
 これ,サッカーの大会です。これに優勝すると,JFLに自動昇格だそうです。
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「小獣館の動物」
・「写真の現在3」展講演会「自作について(仮題)」@東京国立近代美術館
・ ミュージアムトーク「荒木経惟『東京人生』」@江戸東京博物館

●2日(土)
・「好きだ、」「初恋」公開(~8日(金))@早稲田松竹
・「間宮兄弟」「ハチミツとクローバー」公開(~8日(金))@新文芸坐
・bjリーグ 東京 vs. 大分@有明コロシアム(~3日(日))
◆これは,3日の試合に行く予定。
・Xリーグ Final6 ON-SKY vs オービック@横浜スタジアム
・アジアリーグアイスホッケー 西武 vs ハルラ@東伏見(~3日(日))
・J1
第34節第1日 14:00 浦和 vs G大阪 埼玉
第34節第1日 14:00 千葉 vs 横浜FM フクアリ
・J2
第52節第1日 14:00 横浜FC vs 愛媛 三ツ沢
第52節第1日 14:00 湘南 vs 柏 平塚
 さぁ,この日に全てが決まるJリーグ。優勝か,降格か,昇格か,入れ替え戦か……。
・ラグビーTOPリーグ
セコムラガッツ vs クボタスピアーズ
 リコーブラックラムズ vs 東芝ブレイブルーパス
@秩父宮
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫の多様性を探る」「展示と研究のはなし」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「草原の動物たち」
・「揺らぐ近代」展公開討論会「日本画と洋画のはざまに、なにがあったか」
@東京国立近代美術館
・「夢・化学-21」土曜実験教室@科学技術館
・科学ライブショー「ユニバース」@科学技術館

●3日(日)
・JFL後期第17節 佐川急便東京SC vs FC刈谷@駒沢
・プロ野球マスターズリーグ 東京ドリームス VS 福岡ドンタクズ
@東京ドーム
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「魚たちの食事の進化」「人類の進化を考える-シャベル型切歯の謎-」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「日本にすむ動物たち」「動物たちの食べるもの」
・ガイドスタッフによるハイライト・ツアー@東京国立近代美術館

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »