« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »

2006年11月5日 - 2006年11月11日の記事

平和祈念展示資料館-戦争体験の労苦を語り継ぐ広場-

Ca330039
 先日の記事,「駅からハイキング『新宿御苑と都会の富士塚を巡る』」で,途中寄り道をした,と書いた。
 その時のことを簡単に。

 先日も書いたが,8月14日放送「東京ウォーキングマップ」のことが頭から離れなかったのだろう。
 新宿新都心にあるいくつかの博物館の中から,私はここに寄ることにした。勿論,決められたルート通りに歩く駅からハイキングに面白みが感じられず,自分なりのアレンジをしたかった,という意味もあるが。

 新宿住友ビル31階には,この展示室しかない。他のテナントは入っていない。
 入館は無料。来館者は私を含めほんの少し。ほとんどが一人での来館。中は,主として恩給欠格者,戦後強制抑留者,満州等からの引揚者,の以上3つのことを中心に展示。
 途中には,ジオラマの展示がしてある。

 ここも第二次世界大戦に関する展示を行っている他の博物館同様,日本は戦争の被害者であることを中心に展示。勿論,戦争で日本の統治権の拡大を示すアジアの地図はあったが,それでおしまい。アジアで何をしたかについてはほとんど記載されていない。

 戦争をした場合,被害者でもあると同時に加害者にもなると言うこと,そこに何にも言い難い空虚感が生じること。その空虚感は,決して癒されることのないことも後世に伝えるべきではないか,そう思う。

 ここには,いやここだけではなく,戦争に関する博物館には折に触れ,訪れ自分を戒める必要がある,さもないと誤った政治判断をしてしまうのではないかと実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「新宿御苑と都会の富士塚を巡る」

06/09/09
駅からハイキング「新宿御苑と都会の富士塚を巡る」
千駄ヶ谷駅 ~ 鳩森八幡神社 ~ 新宿御苑 ~ 花園神社 ~ 四季の路 ~ 西向天神社(~抜弁天) ~ 稲荷鬼王神社 (~新宿十二社熊野神社) ~ 新宿駅

 9月,東京に駅からハイキングが帰ってきた。
 9・10月開催の東京発駅からハイキングには一つの特徴があった。江戸四宿を巡るハイキングなのだ。今回の内藤新宿に始まり,千住・品川・板橋と偶然にも4つ重なった。しかも,その4つ全てに私は参加することが出来た。これはラッキーだった。

 で,今回の新宿編。
 私は,何度か寄り道をしたり,ショートカットをしたりしながら,今回のルートを楽しんだ。
 もう,参加してから大分日が経つので簡単に箇条書きで振り返る。

1 鳩森八幡神社
 千駄ヶ谷駅を発着する駅からハイキングの場合,必ずと言っていいほど立ち寄るポイント。私は今回初めて立ち寄る。富士塚はジャングルジムのようで楽しい。

2 新宿御苑
 今回,駅からハイキングの終了後,Jリーグを見に行く都合,時間を設けることが出来ず入園を諦めた。ここへ来るまでの途中に「野口英世記念館」を見つけたのはグッドな発見。こちらは寄れば良かった。

3 花園神社
 花園神社に寄ることよりも,この脇の新宿ゴールデン街劇場を発見できた方が嬉しかった。今度はこの劇場でライブを見に来よう。

4 四季の路
 新宿ゴールデン街劇場を探すために,実はここは立ち寄らなかった。

5 西向天神社(~6 抜弁天)
 抜弁天は今年(2006年)のお正月,七福神巡りで回ったので省略。

7 稲荷鬼王神社
 ここも立ち寄ったことがあるので省略したかったが,水琴窟があるので寄ることに。
 しかし,風流の分からぬかつてのお嬢様たちがジャバジャバと水をかけるので,水琴窟に耳を傾けると「ガチャガチャ」と騒音が聞こえるだけ。ちょっと憤慨。


(8 新宿十二社熊野神社)
 ここには寄らず,新宿高層ビル群の中の「平和祈念展示資料館」に寄ることに。

で,ゴールは新宿駅サザンテラス口。

 こうして振り返ると,今年8/14放送,東京ウォーキングマップ(新宿ゴールデン街,稲荷鬼王神社,平和祈念展示資料館)のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第96回ワイン会

Ca330135Ca330136Ca330137Ca330138

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 先月行われた,ワイン会のワインのご紹介を……,と思いましたが,この日は大盛り上がり大会で私が家路に着いたのは日付が変わってから。
 なものですから,ワインのエチケットだけでご勘弁を。ここに出たワイン以外にも何本か出ていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Hoop!! bj League!!「再チャレンジ支援と言うけれど」

Ca330149
 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 先週,取り上げたbjリーグの開幕2戦目,東京アパッチvs.大阪エヴェッサの試合を見てきました。
 試合の話は,また後日書くとして,思いつくことを一つ。

 今回のbjリーグは,JBLをは一線を画す,別の競技団体だ。新しいリーグ発足をチャンスと考え,プロのバスケットボール選手として挑戦している選手たちだ。
 新しいリーグだから,先行きが不安なことも多い。観客動員にしてもスポンサーにしても,どこまでの支援があるか分からない。それでも,彼らはこのリーグに賭けているのだ。

 そのリーグの選手たちは,ほとんどが若者。彼らの頑張りに,何か応えることはできないだろうか,そう考えた。
 そんなときに思いついたのが,日本政府が最近推し進めている,「再チャレンジ制度」。
 下手に企業就職の支援をするより,若者たちが挑戦するスポーツを応援した方が効果的ではないか。彼ら若者が選手として属するスポーツリーグを正負が税制面で優遇するのはどうか。

・四国アイランドリーグ
・bjリーグ
・BCリーグ
・アマチュア野球(社会人クラブチーム)
 こういった若者が中心のリーグの税制面で優遇をする。また,これらのリーグや属するチームのスポンサーについても,金額に応じて税制面で優遇する(スポンサー料を控除対象にする)。欲を言えば,個人賛助会員についても金額に応じて税制面で優遇するというところまでいきたい。

 若者がスポーツ選手として頑張れる環境作りをすれば,選手たちの競技能力も向上する。世界大会などでも活躍する。五輪で金メダルを取る,なんてことにも結びつかないか。五輪が開催される度に「競技能力の低下」などと声高に言われながらも,効果的な対処法が(今のところ)見つからないのなら,リーグを税制で優遇するようなことはできないだろうか。

 選手がコート上で試合を繰り広げている姿を見ながら,「選手たちのチャレンジ精神を応援するにはどうしたらいいのだろうか。」そんなことを考えて思いついたこと。勿論,欠点もある。「スポーツだけを振興して伝統芸能や学問,技術を後世に引き継ぐために頑張っている若者をどう支援する。」という考えもある。欠点はあるが,議題の一つとして,俎上にあげてくれれば,幸いだと思うけれど,皆さんのご意見は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「水と空の澄む季節/小川町」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,見るようになりました。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておきます。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されましたが,ここでは省略させてもらいます。

 放送日;06/11/05
 サブタイトル「水と空の澄む季節/小川町」
 散歩師(出演者):久芳勝也(絵地図画家)


・スタート 東武東上線 小川町駅
   ↓
・槻川
   ↓
・晴雲酒造を見学 四代目中山健太郎さんの案内
 手作り晴雲を試飲。
   ↓
・割烹旅館 二葉にて食事。
 日本五大名飯の一つ忠七めしをいただく。
   ↓
・紙すきの村
 久保昌太郎 和紙工房 久保晴夫さんと紙すきの体験(要予約)
   ↓
・八宮神社 彫工・石原常八の作
   ↓
・西光寺
   ↓
・大聖寺 重要文化財 六面幢を拝見。ゴール
 住職・早川賢田さんの話を聞く。

・今日のおみやげ
 写経用紙@埼玉伝統工芸館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また,急激アクセス(先週のアクセス解析)

2006年10月30日(月) 067 ★★★★★ ★★
2006年10月31日(火) 097 ★★★★★ ★★★★★
2006年11月01日(水) 077 ★★★★★ ★★★
2006年11月02日(木) 099 ★★★★★ ★★★★★
2006年11月03日(金) 072 ★★★★★ ★★
2006年11月04日(土) 194 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
2006年11月05日(日) 051 ★★★★★

 先週も4日(土)に,急激なアクセス増加があった。
 何で,そんなに急激にアクセスするのか,私には分からない。ひょっとしてニフティの仕様?日によってアクセスカウントがうまくいかないから帳尻合わせ?
 まさか,そんなことはないだろう。


 最近は,あまりブログに関わる時間がなく,非常にきつい。正直,有給休暇取ってブログ管理を仕様かと思っているほど。どうせ,また,有給休暇ゴミ箱に捨ててしまうんだろうな,なんて,思っている今日この頃。
 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ディズニーアート」展

Ca330031
06/09/06
「ディズニーアート」展
東京都現代美術館

 ディズニー映画「眠れる森の美女」の公開に合わせて,行った「動画芸術 ウォルト・ディズニー展」。
 その時の原画等を譲り受けた千葉大学。なぜか,倉庫の中で眠っていたのが昨年発見された。発見された作品を中心にこの度,東京都現代美術館で特別展が開催された。

 私が行ったのは,会期末だが平日。少し運んでいるだろうと思ったが,それは誤り。多くの来館者が詰めかけていた。中をかき分けながらの鑑賞。仕方ない。それでも,客の年齢層が高かったため,静かに鑑賞できた。これが夏休み中だったら,大変なことになっているだろう。

 ナイン・オールドメンと言われるアニメーターの紹介。彼らは有名だが,すっかり忘れていた私。そうだ,そう言えば彼らがいたなぁ。なんて,思いながら鑑賞。しかし,私の知っている彼の名前がない。アブ・アイワークス。小野耕世さんの『ドナルド・ダックの世界像』にも書かれたアブ・アイワークスの名前がない。彼はナイン・オールドメンには選ばれていないんだ。
 後になって読んだ『闇の王子ディズニー』で,アブが一時期ディズニーを離れていたことが判明。なるほど,そうだったのかとあらためて実感。

 しかし,展覧会会場の最後,映像ホールでシリー・シンフォニーシリーズの「スケルトン・ダンス」(邦題「骸骨の踊り」か?)を見たら,最後のクレジットにアブ・アイワークスの名前が。嬉しいやら悲しいやら。

 もう一つの映像ホールでは,ダリとの共同作品「ディスティーノ」が上映されていた。これは,素晴らしい。一見の価値あり。是非,と言いたいが,もうすでにこの展覧会は終了か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】11月6日(月)~12日(日)

 明日(6日)は,正蔵師匠が自宅で落語会を開催!!
 さぁ来週何スル?,

●6日(月)
▲はちくと貝柱の会
@ねぎし三平堂

●7日(火)
・「第534回 三越落語会」
出演:立川志の輔・立川文都・立川談慶・立川談笑・立川笑志
@三越劇場
▲映画「 キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」上映
@新文芸坐

●8日(水)
・「立川談笑独演会 銀座夜話」
出演:立川談笑 ゲストに三遊亭白鳥
@銀座博品館劇場
▲映画「 チョコレート」「ギター弾きの恋」
@新文芸坐

●9日(木)
▲「立川志の輔 独演会」
@町田市民ホール
▲プロ野球「KONAMI CUP アジアシリーズ2006」
@東京ドーム

●10日(金)
・「THE GEESE 単独ライブ『微生物の友』」(~11日(土))
@笹塚ファクトリー

●11日(土)
・「日芸日芸能熟VOL.2 いろもの編」
プロデューサー:高田文夫
出演:昭和のいるこいる,柳家紫文,モロ師岡,神田京子
@日本大学芸術学部中講堂
・「落語教育委員会」
出演:柳家喜多八,三遊亭歌武蔵,柳家喬太郎
@なかのZERO小ホール
▲J1
第30節第1日 15:00 浦和 vs 横浜FM@埼玉
第30節第1日 15:00 千葉 vs 新潟@フクアリ
第30節第1日 15:00 F東京 vs 川崎F@味スタ
▲J2
第48節第1日 14:00 横浜FC vs 東京V@三ツ沢
▲市川土曜ひる寄席
@市川市文化会館 大会議室(ローズルーム)
▲映画「X-MEN ファイナル ディシジョン」「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト」上映開始(~17日(金))
@新文芸坐
▲JFL後期第13節
佐川急便東京SC vs. SC鳥取@西が丘
▲プロ野球マスターズリーグ
東京ドリームス vs. 札幌アンビシャス
@ 横浜スタジアム
▲第12回東京メトロウォーキング
@豊洲駅
▲駅からハイキング「中原街道と福の神を訪ねる川崎市歴史めぐりウォーキング」
@武蔵中原駅
▲第19回新京成沿線健康ハイキング
@高根木戸駅

●12日(日)
・気軽に志ん輔
「うどん屋」「文七元結」
@日本橋亭
▲ラピュタ・アニメーション・フェスティバル開催(~12月9日(土))
@ラピュタ阿佐ヶ谷・ザムザ阿佐ヶ谷
▲Jサテライト
 Aグループ第17日 14:00 川崎F vs 浦和@等々力
▲駅からハイキング「童謡のふる里おおとねとふれあう ふる里散策」
@栗橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »