« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年8月6日 - 2006年8月12日の記事

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その3

 思いつきで始めた新企画。
 無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!!

 様々な博物館を回ることにより,見たこと,感じたこと,知りえたことが立体的に構築されるのではないか,という単なる思いつき企画。

 すでに,公開は終わったかもしれませんが「ホワイト・プラネット」という映画,この初夏に公開されました。私はギリギリ間に合って,見に行ってきました(そのレポ,まだこのブログで紹介していません(汗。)。
 この「ホワイト・プラネット」は北極圏を撮影したドキュメンタリー映画です。この夏,実は南極等,「極限の世界」を題材にした展覧会が多いのです。
 で,今回は「博物館で巡る極限の世界」と題して,いくつかを紹介しましょう。

1 国立科学博物館 「日本南極観測50周年記念 ふしぎ大陸南極展2006」
 まずは,こちらから。ま,朝日新聞の主催ということで,朝日色が強調されていますが,それさえ目をつむれば,ま,楽しめるでしょう。

2 植村冒険館 「南極『夢』大陸~白い大地への挑戦~」展
 故植村直己さんの偉業を展示している,植村冒険館でも南極に関する展示を行っています。

3 船の科学館
 ここには,南極観測船宗谷が保存・展示されています。

4 日本科学未来館 「特別企画展 もえる森 とける大地『マンモスからの警告』展」
 これは,少し系統が異なりますが,かつてマンモスが住んでいた極寒の地を想像してみるのも面白い。

 南極という土地は,どの国にも属していない(と聞いたことがあります)珍しい土地。その土地に何があるのか,何が住んでいるのか,何が分かるのか,考えてみると面白い。

 ちなみに問題。南極にはいくつかの日本の設営した観測基地があります。その基地の名前,全て言えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その2

 思いつきで始めた新企画。
 無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!!

 様々な博物館を回ることにより,見たこと,感じたこと,知りえたことが立体的に構築されるのではないか,という単なる思いつき企画。

 第2回も,もうすぐ終わる夏休みの特別展,プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 を中心に博物館を拾ってみましょう。

 まず,
1 東京国立博物館プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 。
 ま,ここからスタートするので,この特別展は抑えておきましょう。ただ,平常展でも「親と子のギャラリー プライスコレクション 若冲と江戸絵画-あなたならどう見る? ジャパニーズ・アート-」をやっています。こちらもチェック。
 で,この後どうするか。実は伊藤若冲の絵を特別に展示している美術館があるのです。

2 三の丸尚蔵館
 伊藤若冲のもっとも有名な作品,「動植綵絵」30幅は実は宮内庁が保管しています。この度,その修復が終わり,この春から展示しています。30幅を全5期に分け,展示しています。すでに第4期まで終了し,残す1期のみとなりました。しかし,このこの「動植綵絵」30幅は,まるで写真と見まごうばかりの素晴らしい絵。こちらもチェックしておきたい。

 で,伊藤若冲の絵,どこに特徴があるかというと,花,鳥(特に鶏),昆虫や魚と動物を描くのが上手い。
 ということで,

3 恩賜上野動物園,井の頭自然文化園
 このあたりはどうだろうか。実際の動物を見た上で,若冲の絵と比較する。勿論,自分で動物の絵を描いてみるのもいい。

4 国立科学博物館
 せっかく動物をじっくりと見るのだから,それらの生態を調べてみるのもいい。新館3階では,様々な鳥類の剥製が展示してある。

 若冲の鳥の絵から,鳥を見る,鳥を知る,鳥を描く,という感じで進めていけば,何かできないか。と思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月8日,名酒の殿堂 その4

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)

 さて,今週と来週は,名酒の殿堂のきき酒をご紹介。
 6月8日の名酒の殿堂,きき酒が2問出されました。超難問だったとは当日参加者の弁。
 今週は,まず1問目から。写真を並べても分かりません(笑。

06080010060800110608001206080013

1 亀寿 無ろ過生 16BY(純米吟醸) -D
2 亀寿 無ろ過生 17BY(純米吟醸) -A
3 美郷 無ろ過生 16BY(純米吟醸) -C
4 美郷 無ろ過生 17BY(純米吟醸) -D

 写真見ただけでも分からない。
 香りを嗅いだだけでも分からない。
 飲んだだけでも分からない。

 このきき酒,正解者は1名だけでした(20名ほど参加して)。
 私は全問不正解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】プロ野球,来季日程決まらず。

 プロ野球は8月に入り,盛り上がりを見せている……,と思った。
 が,巨人戦の中継はなくなり(もしくは放送時間短縮),中日が優勝へ向けて着実に勝ち星を拾っている。巨人が交流戦の頃から順位を下げ,再開まで経験したことは,セ・リーグに興味のない私でも知っている。

 一方のパ・リーグは,私の応援する西武と福岡ソフトバンクにプレーオフ・マジックが点灯。レギュラーシーズン1位通過はどちらかという話題と,3位通過は千葉ロッテか北海道日本ハムか,という話題になってきた。

 だが,その一方で,来季の日程が決まらない。というか,試合数自体決まらない。今からそんなんで大丈夫か。ここ最近,9月の終わりには来季の日程が決まるはずなのに,このままで日程発表がずれ込むことになるだろう。

 で,試合数が決まらないのは,来季の交流戦の試合数が決まらないため。セ・リーグ側は来季の試合数を一気に半減の18にしようと提案。当然,パ・リーグは反発。パ側の反発は当然と言えば当然だ。一方のセ側は,巨人戦・阪神戦の試合数増加を目論んでいる。

 でも,疑問に残るのはセ・リーグ側が巨人戦・阪神戦を増やすと儲かるのか?それが知りたい。
 確かにこの両チームの試合数を増やせば観客は増えるだろう。
 しかし,今季を見れば分かるとおり,地上波放送は軒並み減っている。中継権はさほど売れないのだ。今年については,去年波の放映権料で売れているかもしれないが,来季は放映権料,叩かれるに決まっている。「その料金では,ウチとしてもスポンサーがつかないんですよ。もう少し安くなりませんかね。」なんて,テレビ局に値切られたら収入が上がらないのではないか。

 で,また,「やっぱり交流戦の試合数増やしませんか。」なんてセ側言ってきたら,それこそお笑いだ。

 以前にもこのブログで取り上げたが,今季は日程編成の時点で失敗している。
 5月末から6月に交流戦を全てやったのが過ちだ。交流戦をやっても,世の中の耳目はFIFAワールドカップに集まっている。にもかかわらず,同時期に交流戦をぶつけるというのが馬鹿げている。やはり,5月第2週から3週間交流戦その1,8月最終週から交流戦その2とすれば良かったのに。

 で,来季の日程の話。私だったらどうするか。セ側が強硬に交流戦へのやる気がないのなら,交流戦を18試合に半減する。その代わり,永久に交流戦18試合はパの本拠地でのみ行う。
 つまり,セは,交流戦全期間ビジターとする。

 で,どうだ。
 お客さん入らないから交流戦をやりたくない。だったら,セのホームゲームを全て取り上げればいい。これなら,パ側の交流戦ホームゲームの数は減らない。セ側の主張する試合数減も取り入れる。一石二鳥だ。

 ま,自分たちのエゴにしがみついている間に,メディアからはプロ野球は見向きもされなくなるだろう。そうなる前に行動すべきではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Big Wed】Xリーグ,プロ野球マスターズリーグ,bjリーグ来季日程

 春から夏,秋にかけてのスポーツというと,私の場合,プロ野球とJリーグが思い浮かびます。そのことは,このブログでもお分かりかと思います。
 では,秋から冬にかけてのスポーツというと,Xリーグ(社会人アメリカンフットボールリーグ)とプロ野球マスターズリーグ(以下「PBML」)が今までの私の楽しみでした。で,今季の日程が決まりました。

 Xリーグは6月末に日程が発表。9月6日の鹿島vsIBM@東京ドームが開幕戦。その後12月のジャパンXボウルまでレギュラーシーズン,ポストシーズンの試合が続きます。
 個人的には,IBMがどこまでポストシーズン出場の常連チーム(鹿島,オンワードスカイラークス)に対抗できるのかがポイントだと思います。
 一方,残念なニュースも入ってきました。今季限りで日産スカイライナーズの廃部が決まりました。アメフトを巡る環境の厳しさを物語ります。日産にとっては最後のシーズン,悔いのない試合をして欲しいもの。今年は1試合くらい見に行けるかな。

     *     *     *

 さて,話題を換えて次の開幕の話を。
 PBMLの開幕が決まりました。今季は,

2006年マスターズリーグは11月4日土曜日大阪ドームにて開幕!! 第一戦は大阪ロマンズと東京ドリームス。第ニ戦は11月11日土曜日横浜にて、東京ドリームス対札幌アンビシャスの試合となります。

 と公式HPに載っていました。が,これ以外の試合日程は現在不明。私としては予定が立てられず,ちょっと困っている。確か,1月2日の東京ドームはあると思ったが。公式日程が発表されることを待っています。

     *     *     *

 そして,もう一つのお楽しみ,となる予定のbjリーグ。今季が第2季目。果たしてどこまで定着するかがカギ。エクスパンションで,新たに高松と富山が加入。全8チームで行います。対戦カードは多少変則。

仙台、新潟、富山、埼玉の4チーム同士は8回戦総当り、この4チームは東京、大阪、高松、大分とは4回戦総当りとなります。東京、大阪、高松、大分の4チーム同士は8回戦総当り、この4チームは仙台、新潟、富山、埼玉との対戦は4回戦総当りとなります。

 とのこと。
 ざっと見たところ,私の行けそうなのは,
11月04日(土) 東京 vs. 大阪 有明コロシアム
11月05日(日) 東京 vs. 大阪 有明コロシアム
11月25日(土) 東京 vs. 富山 有明コロシアム
11月26日(日) 東京 vs. 富山 有明コロシアム

12月02日(土) 東京 vs. 大分 有明コロシアム
12月03日(日) 東京 vs. 大分 有明コロシアム
12月16日(土) 東京 vs. 高松 有明コロシアム
12月17日(日) 東京 vs. 高松 有明コロシアム

1月13日(土) 東京 vs. 新潟 有明コロシアム
1月14日(日) 東京 vs. 新潟 有明コロシアム
1月20日(土) 東京 vs. 大阪 有明コロシアム
1月21日(日) 東京 vs. 大阪 有明コロシアム

2月17日(土) 東京 vs. 仙台 有明コロシアム
2月18日(日) 東京 vs. 仙台 有明コロシアム

3月03日(土) 東京 vs. 埼玉 有明コロシアム
3月04日(日) 東京 vs. 埼玉 有明コロシアム
3月17日(土) 東京 vs. 大分 有明コロシアム
3月18日(日) 東京 vs. 大分 有明コロシアム
3月24日(土) 東京 vs. 高松 有明コロシアム
3月25日(日) 東京 vs. 高松 有明コロシアム

 こんなところか。でも,3月に6試合,というのは痛いなぁ。見に行けなさそうだ。ま,1試合くらいは行きたいもの。
 でも,bjリーグまで見に行くようになると私のスポーツ観戦1年で休みとなる月はなくなりそうだ(それまでは2月のみがシーズンオフだった。)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Big Wed】From the Pitch,J2-32,どうした東京V。愛媛に大敗

 8月6日(日),J2第32節が行われた。でも,何で日曜なんだろう?A3と重なるから?土曜のほうがお客さん入るのに。

・東京V (1-4) 愛媛
 愛媛が1年で昇格を狙う東京V相手に大量4点を取る圧勝。この勝利が6月24日以来というのだから,愛媛はよほどチーム状態が良くなかったのだろう。にもかかわらず,東京Vが勝てないのはちょっとおかしい。この辺の取りこぼしをすると,2位はおろか3位にも滑り込めないのではないか。

・柏 (2-1) 山形
・横浜FC (3-2) 水戸
 上位2チームは順当勝ち。横浜,夏場にきて失点が多いのが気になるけれど。

・神戸 (1-0) 仙台
 神戸も仙台に勝ったことが大きい。直接上位を叩き潰すことが上位進出への近道。気づけば神戸は3位。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・徳島 (0-0) 札幌
・鳥栖 (0-1) 草津

 さて,J2も日程に追いついたので,順位をチェックしておこう。チーム名の後の数字は勝ち点。J1と同じく勝ち点差を改行で表してみました。

01 柏レイソル 59

02 横浜FC 55
03 ヴィッセル神戸 54

04 ベガルタ仙台 50


05 東京ヴェルディ1969 45

06 コンサドーレ札幌 43

07 モンテディオ山形 41
08 サガン鳥栖 41
09 水戸ホーリーホック 37
10 湘南ベルマーレ 33
11 愛媛FC 27
12 ザスパ草津 25
13 徳島ヴォルティス 21

 5位の東京V,ちょっと離されましたね。得失点差がマイナス4というのも気になります。5位以下得失点差がみなマイナス。ここで実力差が出ている,という気もします。
 柏は安泰。でも気を許すと3位に落ちて入れ替え戦,ということもありえます。十分注意を。3位の神戸,調子が上がってきました。一時期どうなるかと思ったんですけどね。
 この夏場をどう乗り切るかで,昇格が見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-31,波乱のない結果と思うが。

 7月29日(土)にJ2第31節が行われた。

 全体を見渡すと……。なんかなぁ。平凡な結果というか。予想通りの結果というか…。
・草津 (1-1) 柏
 草津がドローに持ち込み貴重な勝ち点1をゲット。柏にとって引き分けはちょっと痛い結果か。

・徳島 (0-2) 横浜FC
 お,横浜FCは順調に勝ち星をあげています。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・札幌 (1-5) 湘南
・仙台 (0-1) 鳥栖
・山形 (1-1) 神戸
・水戸 (1-2) 東京V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-30,仙台勝利で2位浮上。

 さぁ,一気にJ2も行きましょう。7月26日(水)のJ2第30節から。

・柏 (2-1) 徳島
 柏は負けない。首位が最下位に星を星を取りこぼしてはいけない。この辺のしたたかさが,強さか。

・東京V (1-2) 札幌
 一方の三連勝中の東京Vは,札幌に足元をすくわれる。この辺が今年の東京Vの弱さか。

・湘南 (0-3) 仙台
 仙台が湘南に完勝して2位浮上。

・神戸 (2-0) 水戸
 神戸も少しずつ形が出来てきた。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・愛媛 (2-2) 横浜FC
・鳥栖 (1-2) 山形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-16,どこ歯車が噛み合わないFC東京

 7月29日(土)・30日(日)の両日,J1第16節が行われた。
 私にとって,なんか,ようやくJリーグが帰ってきた,そんな感じのする日でした。久しぶりの味の素スタジアムでのFC東京戦。お客さんもくるだろうと,私も早めに出動(笑。


Stadium 06-16
06/07/29
・F東京 (0-2) 広島@味の素スタジアム

「試合終了後,ゴール裏から,「ガーロ辞めろ」コールが起きた。ガーロ解任したい気持ちは分からないワケでもってない。しかし,ガーロの首を切ったところで東京の負けパターンが変わるとは思えない。  東京の負けパターン,相手に先制点を入れられ,バタバタする。点を取ろうと前掛かりになる。  中盤でボールをもつと皆,相手ゴールへと走り,ボールの持ち主を置いてけぼりにする。ボールを出そうとしても,前線は相手DFにぴったりとマークされ,出しようがない。自分と前線の間に一人でも入り,かき回す人が入れば,相手DFも混乱するし,打開が図れる。しかし,いつも同じパターン。これでは点が入らない。  原監督の時も負けパターンは同じだった。同じ轍を踏まないためにも,選手の意識も変えなければいけない,私はそう感じた。  ガーロ監督をクビにするはそれからでもいいだろう。」
 以上は,試合直後の私の感想。何か,ね,歯車がうまく噛み合わない,そんな感じのする試合でした。ちょっと歯車が噛み合えば勝てるんだと思うんだけどね。そこがうまくいかない。  でも,試合後の資料を見ると,FC東京はパスの回数では広島を上回っていますが,パスの出しどころがなく,最終ラインでパス回しているのもカウントされているんだろうなぁ。

 もう,他の試合については何も言いたくない。以下のとおり。
・大宮 (1-0) 京都
・甲府 (1-1) 浦和
・鹿島 (2-0) C大阪
・清水 (2-0) 磐田
・G大阪 (2-2) 福岡
・大分 (1-1) 川崎F
・千葉 (2-3) 名古屋
・横浜FM (2-0) 新潟


 せっかく,日程に追いついたのだから,16節終了後までの順位表を記しておく。(実はこれをやっておかないと,この時点での順位表って後でHPで探してもないんだよね。)
 チーム名の後の数字は勝ち点です。

01 川崎フロンターレ 34
02 浦和レッズ 33
03 ガンバ大阪 33

04 鹿島アントラーズ 31


05 清水エスパルス 28

06 ジェフユナイテッド千葉 26

07 大分トリニータ 24
08 ジュビロ磐田 23
09 大宮アルディージャ 23
10 アルビレックス新潟 23
11 横浜F・マリノス 22
12 FC東京 21
13 ヴァンフォーレ甲府 18
14 名古屋グランパスエイト 17
15 サンフレッチェ広島 16
16 アビスパ福岡 11
17 京都パープルサンガ 11
18 セレッソ大阪 06

 ちょっと,上位について(9位まで)は勝ち点差を改行にしてみました。4強が抜けている感があるもののまだまだ分からない。千葉あたりのスタミナがあれば,これから夏場の試合で差が縮まるのではないだろうか。

 一方のFC東京。もう少し恥ずかしくない試合をしてほしいところ。何が足りないのか,落ち着いて考えれば,光は自ずと見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-15,FC東京はC大阪に快勝。これで波に乗れるのか?

 7月26日(水),J1第15節が行われた。夏場に連戦の各チーム。体力,選手層の厚さが勝負の分かれ道か。

・川崎F (3-2) G大阪
 前節の浦和戦に引き続き上位と対決する川崎。ここが正念場というとろだ。今節ではガンバに勝利。踏みとどまった。ガンバも前半の勢いを後半に失ったのが痛かった。

・浦和 (1-0) 大分
・新潟 (0-1) 鹿島
 浦和・鹿島がこういう試合をきちんと取りこぼさないところがすごい。ホームに強い新潟を退ける鹿島の底力か。

・C大阪 (1-5) F東京
 不調セレッソを相手に勝ち星を広い,上昇への契機としたいこの試合。大量5得点をとって,光明を見出したように感じた。が,ルーカスが警告をもらい,次節出場できないのが痛い。ルーカス不在が吉と出るか凶と出るか?

・京都 (1-2) 千葉
 千葉は監督交代後,ガンバに負けたものの連敗しません。「監督が代わったら弱くなった」と言われたくないのでしょう。地力がついているから,少々のことでも大丈夫なのでしょう。

・磐田 (3-1) 横浜FM
 横浜は重症。このままズルズルといってしまうのか。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・名古屋 (2-0) 大宮
・広島 (1-3) 甲府
・福岡 (1-2) 清水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-14,FC東京主催試合松本で開催(泣

 7月22日(土)・23日(日),J1第14節が行われた。

・F東京 (2-4) 鹿島
 FC東京の主催試合なのに,松本で開催(泣。しかも,ドル箱鹿島戦(大泣。
 私は,行けず,結果だけを後で聞く羽目に。
 まぁ,負けたから「行かなくて良かったかも。」とは思ったかな。
 東京が先取点を取ったもののその後失点しての負け。何かが悪い。何が悪い?分からないままの敗戦。これではいけない。
 石川が復帰したことにより攻撃にテンポが出てきたのは救いか。

・広島 (2-4) 千葉
 千葉は,2失点したが勝ち。最初の失点で目を覚ました格好か。

・川崎F (0-2) 浦和
 今節,最も注目を集めた試合だろう。今季ナビスコ杯を合わせると3回目の対戦。これまでの2回はゴールの奪い合いという形だったが,今回はどうだったか。
 田中達也のラッキーな得点などからすると引き締まったゲームのようにも感じる。川崎が負けたために上位の勝ち点差が縮まった感がある。

・G大阪 (5-1) 名古屋
 ガンバの圧勝。名古屋はリーグ戦10試合連続勝ちがない。

 その他の試合結果は以下のとおり。横浜は負けなかったが得点もない。
・大宮 (3-1) 甲府
・磐田 (3-1) C大阪
・大分 (4-0) 新潟
・横浜FM (0-0) 福岡
・京都 (2-1) 清水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-13,J1再開川崎は好調堅持。

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 といいつつ,古いネタを引っ張り出してます。
 今週は,J1の記録を。

 7月19日(水),J1が再開されました。その前にオールスターゲームがカシマスタジアムで開催されました(7月15日(土))。これで,2002年にFIFAワールドカップが開催されたスタジアムすべてでオールスターゲームが開催されたこととなります。
 でもさぁ,オールスターってやる必要あるのなかなぁ?最近疑問に思うようになってきた。昔は見に行ったことあるけれど。少し,考える時期にはなってきた。

 さて,話を元に戻して,J1再開の第13節。9試合が行われた。

・福岡 (0-0) F東京
 福岡は,監督が川勝さんに交代。その公式戦第1戦。怒涛の攻めを見せたが,引き分け。雨がピッチ状態を悪くしたのかなぁ。
 東京は,ちょっと……。チーム状態が悪くなってきたなぁ。

・鹿島 (2-4) 川崎F
 川崎は鹿島を叩き,首位を堅持

・新潟 (2-1) 浦和
 新潟はやはり,ホームでは強いなぁ。

・清水 (1-0) 横浜FM
 横浜,ここしばらく勝てていません。このままでは岡ちゃん……。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・大宮 (2-1) 磐田
・千葉 (1-2)) 京都
・名古屋 (2-3) 広島
・C大阪 (0-2) 大分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「都会の真ん中で夏を詠む/原宿」

 毎週日曜早朝TBSで放送,東京から日帰り散歩を楽しむ番組「東京ウォーキングマップ」。
 放送内容をメモ代わりにお届けします。
 番組中,いくつかのお店,博物館の問い合わせ電話番号が表示されましたが,ここでは省略させてもらいます。

 放送日;06/08/06
 サブタイトル「都会の真ん中で夏を詠む/原宿」
 散歩師(出演者):武田伸一(俳人・雑誌『海程』編集長)

・神宮前交差点からスタート
 雨が降っている。
   ↓
・表参道ヒルズ 旧同潤会アパート
   ↓
・雨がやむ。

 「蝉の声 音なき溝の流れかな」

   ↓
・裏原宿
   ↓
・妙圓寺 「原宿発祥の地」の碑
 住職 本間慈郷さんに,由来を聞く。
 原宿,竹下,穏田(おんでん)といった地名が「神宮前」に統一された際に,地名がなくなるのが寂しいと碑を建てた。

 「妙圓寺 かしこみ土用の 焙烙灸(ほうろくきゅう)

   ↓
・キラー通り
   ↓
・神宮球場

 「夏防止 神宮球場 素通りす」

 「緑陰や 黄となる公孫樹(いちょう)を 思われず」

   ↓
・青山霊園
   ↓
・六本木ヒルズ ツアーガイド柳川歩さんの案内で
 六本木ヒルズ一周+屋上庭園45分コース
   ↓
・屋上庭園

 「ヒルズとう 屋上庭園 蛙跳ね」

   ↓
・毛利庭園
   ↓
・東京シティービュー

 「地上二百米 土用の街を 歩き果て」

・今日のおみやげ
 ココヤシの葉(民芸品)@神宮ガーデン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その1

 思いつきで始めた新企画。
 無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!!

 いろいろな博物館を回ることにより,見たこと,感じたこと,知りえたことが立体的に構築されるのではないか,という単なる思いつきで始めました。

 まず,最初は,もうすぐ終わりそうな「ルーヴル美術館展」から思いつくネタを考えてみました。
 題して,「人間は神をどのように描いたか。」

1 東京藝術大学 大学美術館「ルーヴル美術館展」
 今回のルーブル美術館展は,古代ギリシアの芸術品を中心にした展覧会です。ギリシア芸術の中心はギリシア神話に出てくる多くの神々たち。その神々たちの物語はとても人間くさく,不倫をしたり,嫉妬をしたり,欲におぼれたり,迷ったりと,「ホント,こいつら神様か?」と言われる神ばかり。

 そんな神々を当時のギリシア人たちはどのように描いたのか,という観点で見てみると面白いのでは?
 とはいうものの,私,この特別展,まだ行ってないんです。

2 東京国立博物館 平常展
 では,ギリシア神話の次は何を見ようかと考えたら,すぐそばの東京国立博物館の平常展にあるじゃないの。「仏教美術」が。国宝室には,虚空蔵菩薩像(こくうぞうぼさつぞう) も8月27日まで展示してあります。
 日本人が仏教を信仰するようになって,どのような描き方をするのか,考えながら見るのはどうでしょうか。
 他に,法隆寺宝物館や東洋館(アジアギャラリー)にも仏教美術があります。東洋館と本館のものを比べるだけでも面白い,と思う。

3 国立西洋美術館 常設展
 ギリシア神話,仏教ときたら,キリスト教なんぞいかがでしょうか。
 国立西洋美術館は松方コレクションが中心の美術館。ルネサンスの頃の宗教画は,ギリシア美術や仏教美術とはまったく違ったテイスト。見比べるのもいいかも。


 あとは,「アフリカ・リミックス」展@森美術館に宗教性のある展示があるかどうか(私,未見なので)…。

 と,以上,神を描く,という観点から美術を見る,ということでいくつかの美術館を紹介しました。これ以外にも美術と神の関係性は深いです。そうそう,松岡美術館にもガンダーラ美術があったなぁ。
 下手に広げるとレポートが書けなくなります。また,ある程度本を読んで基礎知識を頭に入れたり,レポートの方向性を決めないと大変なことになります。
 ま,私が書くわけではないので,どうでもいいですけれど。

 レポートを書く必要がない人は,見たまんま,美術作品に感動してくださいませ。

 さて,次回はどのテーマにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

(月) 58 ★★★★★ ★
(火) 88 ★★★★★ ★★★★
(水) 65 ★★★★★ ★★
(木) 46 ★★★★★
(金) 57 ★★★★★ ★
(土) 63 ★★★★★ ★
(日) 66 ★★★★★ ★★

 先週月曜から,ココログのアクセス解析が大幅に変更となりました。
 まだ,使い勝手が分からず,ちと困っています。

 それでも,これだけアクセスしていただいて感謝感激雨あられ。
 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】8月7日(月)~13日(日)

 今週末からは,企業の人たちもお休みモード。皆さんごゆっくりお休みください。
 私は今週末から悪夢の10日間が始まります……。

●7日(月)
・第22回能楽金春祭り@金春通り

●8日(火)
・「笑志の今夜はにぎわE」@横浜にぎわい座
出演:立川笑志,ゲストに春風亭昇太
・ミュージアム・アドベンチャー@国立科学博物館(~13日(日))

●9日(水)
・「平成噺し座」@東京芸術劇場小ホール2
出演:立川志ら乃,柳家初花,三遊亭王楽,桂吉坊
・プロ野球パシフィックリーグ
 西武 vs オリックス @京セラドーム大阪(~10日(木))
▲なかなか波に乗れないオリックス。同じく波に乗れないが連敗はしない西武。ここで西武は貯金をしたい。
・恩賜上野動物園「真夏の夜の動物園」(~15日(火))

●10日(木)
・金刀比羅宮 縁日@金刀比羅宮

●11日(金)
・西久保八幡神社礼祭~12日(土)@西久保八幡神社
・プロ野球パシフィックリーグ
 西武 vs 東北楽天 @インボイスSEIBUドーム(~13日(日))
▲後半戦開始後一勝しかしていない(5日現在)東北楽天。ここは西武の貯金シリーズか?
・上野鈴本演芸場8月中席(夜)主任:柳家権太楼,柳家さん喬
・浅草演芸ホール8月中席(夜)主任:林家正蔵,いっ平,権太楼出演
・第四次円朝座@谷中全生庵 喬太郎・馬桜出演
・旧芝離宮恩賜庭園「納涼寄席」
・東京国立近代美術館「アーティスト・トーク・丸山直文(画家)」

●12日(土)
・第19回東京湾大華火祭@晴海埠頭
・深川八幡祭り~15日(火)@富岡八幡宮
・映画「アニメはアニメである:夏休みは親子でアニメ映画を!」開催@シネマヴェーラ(~9月1日(金))
 「桃太郎 海の神兵」は必見。
・映画「ユナイテッド93」公開
・映画「狩人と犬,最後の旅」公開
・映画「紙屋悦子の青春」公開
・J1
第17節第1日 19:00 浦和 vs F東京 埼玉
第17節第1日 19:00 川崎F vs 横浜FM 等々力
・J2
第33節第2日 19:00 柏 vs 鳥栖 柏
・王楽の天狗道場@国立演芸場 出演:王楽・花禄・談春
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館「クジラ・イルカのストランディング」「人類の進化を考える-発掘現場からの報告-」
・科学技術館「夏休み特別展『ファーブルと昆虫の世界展」」(~27日(日))
・ブリヂストン美術館土曜講座「『美のみやこ-京橋、日本橋』第5回『骨董誕生-小林秀雄、青山二郎が歩いた町』」

●13日(日)
・「たまの東京フレンドリー寄席」@お江戸日本橋亭
出演:笑福亭たま(古典二席,新作一席),三遊亭王楽
・「談春サンと白鳥サン」@東京芸術劇場中ホール
出演:立川談春,三遊亭白鳥
・Jサテライト
Cグループ第7日 柏 vs 水戸 柏
・JFL後期第06節
 ジェフ・クラブ - 佐川印刷SC@秋津
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館「貝類-どんな貝がいて、どんな生活をしているのか」「葉っぱの化石よもやま話」
・東京国立近代美術館工芸館「『三輪壽雪展』ギャラリートーク」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »