« 【来週何スル?】12月11日(月)~17日(日) | トップページ | 「ダリ回顧展」@上野の森美術館 »

国立科学博物館・常設展B3F完全制覇

Ca330109

06/10/09
国立科学博物館・常設展

 恩賜動物園・下町風俗資料館と歩き回って,最後はここ,国立科学博物館。
 もう,何度目の訪問だろう。今年だけで5回目だ(笑 それまで何年も訪れていないのに。しかも,ぐるっとパスや招待券ばかり使って,常設展の当日券を購入したのは1度だけ。まぁ,それだけ,ここの展示は面白い,ということだろう。

 で,今回のテーマは

「新館地下3階の展示,完全制覇。」

 ここの展示テーマ,なんか難しいというか,分かり難いというか。それまでの展示が,大きな一本の縦軸に沿って行っていたのが,ここは,ある意味ごった煮という印象がある。

 まずは,「はかる」と言うことの意味から始まる。

 電気と磁石をはかる
 温度をはかる
 熱放射とエネルギー
 光の速さ
 重力

 「はかる」という言葉の意味から,物事の法則性を見いだす,というのは分かる,が,その後の展示は,いきなり
宇宙へ行ってしまう。
 展示は,5枚の大きなプレートを一枚一枚見ていくうちに,宇宙の広がりが分かっていく,作りになっている。太陽系から銀河系,宇宙の果ての話まで広がっていく。

 そのお隣,今度は物質の構成についてのお話。周期表から始まる5枚の大きなプレートは見ていくうちに,研究対象がだんだん小さくなっていく。分子から原子,電子,クォークへ。

 先ほどの研究対象が宇宙へ広がっていくプレートと研究対象がだんだん小さくなるプレートが平行して展示してあることにより,対比させているようだが,別にこの展示が並列して展示する必要はないと思う。
 また,他のフロアの展示に比して,「仮の展示」感がないわけでもない。ひょっとしたら,この展示が本館改修終了後,本館に移るのでは?と思うのは私の邪推。

 この日,三カ所の展示を回って,お腹いっぱいで帰宅。

 あ,そうそう。せっかく新しい展示で冥王星を載せたのに,冥王星が太陽系から除外されてしまった。ちとばかりセンチメンタルになったので写真をパチリ。

|

« 【来週何スル?】12月11日(月)~17日(日) | トップページ | 「ダリ回顧展」@上野の森美術館 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館・常設展B3F完全制覇:

« 【来週何スル?】12月11日(月)~17日(日) | トップページ | 「ダリ回顧展」@上野の森美術館 »