« 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 | トップページ | また,急激アクセス(先週のアクセス解析) »

「ディズニーアート」展

Ca330031
06/09/06
「ディズニーアート」展
東京都現代美術館

 ディズニー映画「眠れる森の美女」の公開に合わせて,行った「動画芸術 ウォルト・ディズニー展」。
 その時の原画等を譲り受けた千葉大学。なぜか,倉庫の中で眠っていたのが昨年発見された。発見された作品を中心にこの度,東京都現代美術館で特別展が開催された。

 私が行ったのは,会期末だが平日。少し運んでいるだろうと思ったが,それは誤り。多くの来館者が詰めかけていた。中をかき分けながらの鑑賞。仕方ない。それでも,客の年齢層が高かったため,静かに鑑賞できた。これが夏休み中だったら,大変なことになっているだろう。

 ナイン・オールドメンと言われるアニメーターの紹介。彼らは有名だが,すっかり忘れていた私。そうだ,そう言えば彼らがいたなぁ。なんて,思いながら鑑賞。しかし,私の知っている彼の名前がない。アブ・アイワークス。小野耕世さんの『ドナルド・ダックの世界像』にも書かれたアブ・アイワークスの名前がない。彼はナイン・オールドメンには選ばれていないんだ。
 後になって読んだ『闇の王子ディズニー』で,アブが一時期ディズニーを離れていたことが判明。なるほど,そうだったのかとあらためて実感。

 しかし,展覧会会場の最後,映像ホールでシリー・シンフォニーシリーズの「スケルトン・ダンス」(邦題「骸骨の踊り」か?)を見たら,最後のクレジットにアブ・アイワークスの名前が。嬉しいやら悲しいやら。

 もう一つの映像ホールでは,ダリとの共同作品「ディスティーノ」が上映されていた。これは,素晴らしい。一見の価値あり。是非,と言いたいが,もうすでにこの展覧会は終了か……。

|

« 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 | トップページ | また,急激アクセス(先週のアクセス解析) »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ディズニーアート」展:

« 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 | トップページ | また,急激アクセス(先週のアクセス解析) »