« 今日飲んだお酒 | トップページ | 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 »

安彦良和原画展@八王子市夢美術館

Ca330030Ca330029
06/09/03
安彦良和原画展
八王子市夢美術館

 もう,すでに終わってしまった展覧会のレポ(汗
 ホント,少し考えないといけないな。

 安彦良和さんは,私が中学生・高校生の頃によく作品を見た。「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム),「クラッシャー・ジョウ」等々。
 その安彦さんの作品を見ることが出来ると言うので,遠路はるばる八王子まで行ってきた。
 京王八王子駅から,トボトボと歩く。

 夢美術館は,ビルの2階。市立の美術館というこで,さして広くない。世田谷美術館も特別区の美術館だが,あそこの美術館は特別だ。普通,市町村立美術館と言うと,この夢美術館程度の大きさだろう。
 中に入ると,もう,安彦良和ワールド。彼の作品が所狭しと並んでいる。詰め込みすぎたせいか,作品同士の間隔が狭い。でも,ガンダムシリーズ等,シリーズごとの作品が並ぶわけだから,特に問題はなし。

 ガンダムシリーズの作品やアニメの作品を手がけたと言うのは知っているが,コミック(漫画)となると,私にとっては未知の世界。こんな作品を描いているんだ,「ヘェ,ヘェ,ヘェ,ヘェ,ヘェ。」と頭の中でボタンが押される。中には,このマンが読みたいなぁ,と思ったのもいくつか。

 一通り,鑑賞。その中で面白かったのは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」への取り組み方。
 安彦さんも,ガンダムについては「もう,いい。」という考えの持ち主。
 確か製作総指揮の富野さんも,似たような考え方の持ち主だった気がする。ガンダムがヒットすることによって,自分の手から作品が離れていくことを冨野さんは実感したようだ。(NHK「トップランナー」でのインタビュー。但し記憶。)
 安彦さんも,ガンダムのヒットで,「もう,いい。」とは思ったが,自分自身で決着をつけるため,コミック版の執筆(「THE ORIGIN 」)を決心した,というような説明を見た。

 自分で描きながら,自分のものでなくなった,という考え方が興味深かった。

 それにしても,八王子は遠い。

|

« 今日飲んだお酒 | トップページ | 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安彦良和原画展@八王子市夢美術館:

« 今日飲んだお酒 | トップページ | 「光の魔術師インゴ・マウラー」展 »