« 季節野菜のバーニャカウダ・2006秋 | トップページ | 【Monthly翔太】2006年11月 »

「ポップアート1960's-2000's」展

Ca330028

06/09/01
「ポップアート1960's-2000's」展
損保ジャパン東郷青児美術館

 11月になろうというのに,9月の博物館訪問記。少し,リキを入れて書かないとダメかな。
 今年の夏は,肩の凝らない展覧会が多かった気がします。「若冲展」も私のような美術館巡り初心者にも分かりやすいタッチの絵画でした。また,今後紹介していきますが,「ディズニーアート展」@東京都現代美術館や「安彦良和展」@八王子市夢美術館というところは,サブ・カルチャーと見られてもおかしくない。
 ちょっと前なら見下されるような分野(失礼!)の作品が「○○展」などと言ってクローズアップされるのは,やはり美術館の収益という視点に立てば,客を呼びやすい,と言うことになるのだろうか。

 コマーシャリズムやサブ・カルチャーと共に発展したポップ・アート。見ていて非常に楽しかったです。
 Let's Enjoy TOKYOのサイトを印刷し,持参したらシャープペンシルをいただいた。ラッキー。
 ブックレットは,大人版が500円。子ども版が300円。子ども版のほうが面白く,そちらを購入。

|

« 季節野菜のバーニャカウダ・2006秋 | トップページ | 【Monthly翔太】2006年11月 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポップアート1960's-2000's」展:

» ポップアート1960’s→2000’s [おおた葉一郎 の しょーと・しょーと・えっせい]
今週、美術館ネタが連発してしまうが、シャガールの「アニヴェルセルの謎」に首を突っ込んでしまって4回物になってしまったことによる。夏も終わり、多くの美術館や博物館もオータムシーズンで展示換えの季節となり、損保ジャパン東郷青児美術館で行われている「ポップアー....... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 13:03

» ポップアート1960's-2000's [てっしーずのおでかけ日記]
ポップアート1960's-2000's 損保ジャパン東郷青児美術館 2006年7月8日(土)〜9月3日(日) この展覧会では、60年代のビッグネームから、ピーター・ハリー、キース・ヘリングら80年代の個性派を経て、ヴィック・ムニーズ、マリーナ・カポス、デイヴィッド・ラシャペルなど注目される若手を集め、アメリカでポップアートの精神を受けつぐ作家たちをご紹介します。 いつもながらの終わってしまった展示です。 60年代からのポ�... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 10:27

« 季節野菜のバーニャカウダ・2006秋 | トップページ | 【Monthly翔太】2006年11月 »