« 【Feria】第88回ワイン会のワイン その2 | トップページ | 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」東京大学総合研究博物館 »

駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」日本サッカーミュージアム

06/02/11
駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」
御茶ノ水駅 ~ 湯島聖堂 ~ 神田明神 ~ (おり紙会館 ~ 湯島天満宮 ~ 神田明神 ~ 旧岩崎庭園) ~ 東京大学 ~ 弥生美術館・竹久夢二美術館) ~ 根津神社 ~ 光源寺(駒込大観音) ~ 白山神社 ~ 樋口一葉旧居跡 ~ (文京ふるさと歴史館 ~ 水道歴史館) ~ 水道橋駅

 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」を紹介する2回目です。
 今回の駅からハイキング,もう2・3回に分けてのレポになるかな?それだけ,残しておきたいメモ(その大半が訪問しそびれたという後悔)が多いからです。

02110008

 おりがみ会館を過ぎてしばらく。信号があります。「サッカーミュージアム入口」。すでに信号の名前にまでなっている。これはすごい。日本サッカーミュージアムは2002年のワールドカップ終了後に作られた博物館。まだ2,3年しか経っていない。それなのに,信号の名前になる,通りの名前になる,周囲への影響力の大きさが伺えます。

 日本サッカーミュージアムは,JFAハウスの1階から地下2階までのスペースを利用。地下2階のみが有料フロアで,地下1階と地上1階は無料となっている。
 地上1階の目玉はなんと言ってもヴァーチャルスタジアム。ハイビジョンよりも横長の映像で日本サッカーの映像が堪能できる。これは見ていてびっくりした。このヴァーチャルスタジアム,映像を鑑賞するだけでなく,日本サッカー協会の記者会見場としての機能も持っています。よって,日によっては入場が制限される日もあります。HPでよくチェックしてから,訪問してください。

 この地上1階だけ見れば良かった。それだけでなく,下まで全て見ようと思ったのが悪かった。時間を取られた,取られた。この後,私は1時間以上もこの日本サッカーミュージアムに居座ってしまった。

 地下1階は,ショップと地下2階への入口。地下2階は有料スペース。入館料を払って中へ。
 思わずお土産をもらってしまった。世界クラブ選手権トヨタカップジャパン2005のTOTOバッグ。思わずラッキー,と思ったが,余ったんだね,きっと。

 地下2階は,2002年のワールドカップの資料や,日本サッカーの歴史などが展示してある。これといって普通の展示。だが,2002年W杯時の「ロッカールーム」の再現には笑った。
02110009
 基本コンセプトは,選手のユニフォームを展示するスペースなのだが,トルシエのうるさいしゃべり声がテープで流され,この写真のような,等身大のトルシエのボードには受けてしまった。思わず写真に。ひょっとしたら,この展示内,撮影禁止なのか,とビクビクしていたら,ほとんど撮影は自由だった。だったら,もっと写真を撮れば良かった。

 他にも,W杯のエピソードの説明ボードや,W杯観戦に来た記者や選手,サポーターたちのメッセージには心が洗われた。お金がかかった大会だが,それを補う(には足りないかもしれないが)思い出を人々に残したことは間違いない。

 もう少し覗いていたいが,時間がない。次へ行かなくては。
 さぁ,「4 湯島天満宮」「5 旧岩崎邸庭園」はパスして,次へ行こう。
 以前,神田明神内の神田明神斎館資料室は見学したことがあるが,湯島聖堂の宝物館は「また今度にすればいいや。」といつも見学せずにスルーをしていたところ。今回こそは!とも思ったが,今回も途中行きたい博物館が目白押しなので,「また今度にすればいいや。」とスルー。一体いつになったら見学できるのか。

 この続きは,また,次回。

|

« 【Feria】第88回ワイン会のワイン その2 | トップページ | 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」東京大学総合研究博物館 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」日本サッカーミュージアム:

« 【Feria】第88回ワイン会のワイン その2 | トップページ | 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」東京大学総合研究博物館 »