« 先週のアクセス解析 | トップページ | 東京ウォーキングマップ「新しくてなつかしい原点/浅草」 »

駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」

06/02/11
駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」
御茶ノ水駅 ~ 湯島聖堂 ~ 神田明神 ~ (おり紙会館 ~ 湯島天満宮 ~ 神田明神 ~ 旧岩崎庭園) ~ 東京大学 ~ 弥生美術館・竹久夢二美術館) ~ 根津神社 ~ 光源寺(駒込大観音) ~ 白山神社 ~ 樋口一葉旧居跡 ~ (文京ふるさと歴史館 ~ 水道歴史館) ~ 水道橋駅
約12kmの行程

 今回の行程,非常に見所満載。コースの地図を渡されて,ポイントを見るとそれだけで,13カ所。ポイントには示されていなくても,見所をチェックしたら,もっといっぱいあった。
 例えば,日本サッカーミュージアム。サッカーがこれだけ人気でたのだから,その新しい聖地に行こう。
 それから,東京大学付属総合研究博物館。東京大学に寄るのだから行かなくては。東大は,付属の博物館や植物園には行っても,おおもとの付属総合研究博物館に訪れていない。ある意味面白い。分家は寄っても本家に寄らない,見たいな。
 その辺の博物館をじっくり見てみたい。
 この駅からハイキングは,朝9時から午後3時までの間にゴールしなければならない。最大6時間しか時間がない,にもかかわらず,十幾つもポイントがあったら,見学する時間が足りなくなってしまう。それだけ,今回のルートは見所満載というべきか。でも,見たくても時間が無く見られなかったところが多いというのも悔しいなぁ。

02110001
 御茶ノ水駅を降りると,こんな張り紙が。駅員お手製のかわいいもの。駅の改札口が複数ある場合,こうしていただけると非常に助かる。

 普段は使っていない駅の改札口を利用してのスタートチェック。日立製作所本社側の使われていない改札,知ってます?現在は全く使われていないようです。昔懐かしい有人改札でした。今思えば,写真撮っておけば良かった。反省。

 最初のチェックポイントは, 「1 湯島聖堂」 → 「2 神田明神」 → 「3 おりがみ会館」 → 「4 湯島天満宮」 と,3を除けば,この界隈の散歩の際のゴールデントリオ。

02110002
 まずは,湯島聖堂。でも,ここはかつて見学済みなので,配置図の写真だけ撮ってスルー。

02110004
 で,お次は神田明神。ここもスルー。時間がない。
02110005
 と思ったら,銭形平次の石碑を発見。ついパチリ。
 でも,これで終わり。次行かないと。

0211000702110006
 次なる目的地は,おりがみ会館。ここは初めて。覗いてみよう。と前を通ったら,もう,超満員。中に入れない。ショーウィンドウだけを撮影して,おしまい。

 次なる目的地は,コース上のポイントにはない場所,日本サッカーミュージアムへ行きます。この話は,次回にしましょう。

|

« 先週のアクセス解析 | トップページ | 東京ウォーキングマップ「新しくてなつかしい原点/浅草」 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「御茶ノ水・水道橋 歴史を歩く探訪ツアー」:

« 先週のアクセス解析 | トップページ | 東京ウォーキングマップ「新しくてなつかしい原点/浅草」 »