« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005年12月25日 - 2005年12月31日の記事

すわ親治ひとりコメディ「自分でもわからない」

Stage 05-31

05/10/22
すわ親治ひとりコメディ「自分でもわからない」
千代田区立内幸町ホール

1 ひとりぼっち(1)
2 犬
3 友人の夢
4 ひとりぼっち(2)
5 ひとりぼっち(3)
6 ひぐらし日記
7 三線
8 ギターコーナー
9 マフィア

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

一行批評
「木村万里さん紹介の芸人の中で,一番万人受けする芸人。私もたっぷり楽しめました。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」ほか

10200001
 招待券をもらったので行って来ました「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」。

05/10/20
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
森アーツセンターギャラリー

 展望台,東京シティビューの内側部分を利用して作られた森アーツセンターギャラリー。日本初公開「レスター手稿」を見てきました。このレスター手稿,ビル・ゲイツさんの持ち物なんですねぇ。知らなかった。
 展示の前半は,レスター手稿の内容を簡単に説明した展示。後半がレスター手稿そのもの。手稿を傷めないように,照度を落とした照明。それゆえに幻想的な展示。私も手稿が欲しくなりました。

05/10/20
「都市の模型展」
森未来研究所

 森アーツセンターギャラリーの下のフロアは森未来研究所。東京の街並みを模型で表現しています。こちらも面白い。町好き・東京好きにはたまらない展示。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

12230001

 私の知人友人が,
「お酒を扱う記事はいつなのか?」とか,
「お酒を扱う記事しか読まない。」と
 言っているので,【MondaySports】の「毎週気になるスポーツニュースをピックアップ」のように,何かしらキャッチフレーズを考えなければいけないなぁ。

 とりあえず,毎週木曜に,お酒に関する記事を載せています。ということは,キャッチフレーズは,
「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)とでもしましょうか。

 今回紹介する日本酒は,岩手県,菊の司酒造さんの日本酒。
 酒屋の店長曰く
「これ,お薦めだよ。」。

 見れば,「荒ばしり」で,このお値段(お値段は店長の意向もありナイショ。)。コスト・パフォ-マンスもいいし。味も私好みのしっかりした味。でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「静かな海,凛とした家並み/大磯」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。この日は,4時15分からのイレギュラー放送。
 何年か前から,見るようになった。今回,気になる街を取り上げていたので備忘録代わりに,ここに残しておきます。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館の問い合わせ電話番号が表示されましたが,ここでは省略させてもらいます。

 放送日;05/12/25
 サブタイトル「静かな海,凛とした家並み/大磯」
 散歩師(出演者):志村直愛(建築史家)

・スタート
 東海道線大磯駅
 大磯は,明治時代の別荘地で江戸時代の宿場町。二つの時代の建築が渾然一体となっているところが魅力。
   ↓
・旧ドゥゼアン(フランス料理店)
 かつて,山口勝蔵氏の別邸だった。建築は明治期の終わり
   ↓
・三井守之助別邸跡
 昭和2年の建築の家があったが,現在は住宅地。
   ↓
・地福寺
 島崎藤村と,その妻静子夫人の墓がある。
 谷口吉郎氏設計。
   ↓
・豊田たばこ店
 昭和元年建築
 木造2階建,看板建築
   ↓
・宮代幾三邸
 ブリ漁のための望楼がある
   ↓
・日本基督教団大磯協会
 百合の花のステンドグラスが魅力的
   ↓
・鴫立庵
 西行法師ゆかりの地
 鴫立沢には文政時代の橋が架かっている
   ↓
・西湘バイパス
   ↓
・旧島崎藤村邸
 取材日は休館日
   ↓
・滄浪閣(旧伊藤博文氏別邸,現大磯プリンスホテル別館
 明治30年建築だが関東大震災で倒壊。現在のは大正14,5年頃に新たに建てたもの
   ↓
・ゴール
 昭ヶ先海岸

・今日のおみやげ
 西行まんじゅう@新杵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「空中庭園」

Screen 05-29

05/10/20
「空中庭園」
ユーロスペース

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★★

一行(に収まらない)批評
「監督が麻薬所持で逮捕された。この作品を上映するか否かで対応は,映画館ごとに分かれた。
 私は,作品に関する情報をほとんど収集せず,ただ,ミニシアター回数券が残っていたので,行ったようなもの。
 しかし,この作品,意外にと言っては失礼だが佳作。★8個は今年見た映画の中では最多タイ。
 この映画を見終わって思い浮かんだこと。『この映画を上映中止にした映画館も立派。そして,この映画を眠らせずに公開した映画も立派。』。」

| | コメント (2) | トラックバック (3)

Jリーグ1 第27節

Stadium 05-23

05/10/15
Jリーグ1 第27節
FC東京(2-2)サンフレッチェ広島
味の素スタジアム

 阿部吉朗を交代させるかと思ったけれど,我慢して使いつづける監督。この期待に応えゴールを決める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】大失態!採点ミスで織田V取り消し,高橋がトリノへ

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 大失態!採点ミスで織田V取り消し、高橋がトリノへ.

 連盟がポカをやらかしてしまった。
 織田の演技の採点を間違えたのだ。織田の採点を訂正すると,織田の得点が高橋の得点を下回り,順位が逆転。高橋が1位,織田が2という結果になった。

 この採点に際し,かなり多くの批判があった。私もひどいことだとは思う。
 が,これには,ある事情がある……らしい,としかいえないが。
 別に,私がここで嘘をばらまくわけではない。事実から想像することだ。あくまで「想像」の域を超えないが。

 要は「スケート連盟にお金がない」のだ。

 今回,採点のコンピューターソフトを購入したが,国際スケート連盟のソフトは高額なため,表記が英語のため,買えなかったという。
 表記が英語……,審判は世界各国から呼ぶことがあるので(冬季五輪の審判って「国旗」の表示あったよね),むしろ,国内で使用するソフトも英語表記の方が使いやすいのでは?
 むしろ,ポイントは,高額なソフトだ。

 というのも,グランプリファイナルから全日本選手権へ2週連続の大会だ。両方出場する選手にとってはきつい。体を癒す暇(いとま)もない。それでも,強行スケジュールを強いたのは,リンクのためだ。
 今回,,グランプリファイナルも全日本選手権も,会場は代々木第一体育館。集客能力のある東京での開催,キャパシティ十分な会場等の理由からだろう。この意図は分かる。
 二週連続大会開催としたのは,グランプリファイナルで使用したリンクを解体せずにそのまま利用したのではなかろうか。そうすれば,一度作ったリンクをそのまま利用すれば,解体費用がかからない分だけコストも安くすむ。主催者側の思惑として「2大会を安く運営できる」ことに重きを置いたのではないだろうか。選手の体調よりも大会の運営コストに負けた,そんな感じがしてならない。
 もし,トリノオリンピックでメダルを狙うのならば,もう少し,余裕のある大会スケジュールを組むとは思うのだが,それは私の思いこみだろうか。

 そこまで運営費用を削減しようとしているのに,国際スケート連盟の作った高価なソフトを買う余裕があるのだろうか。答えは"No"。スケート連盟について詳しくなくとも十分に想像がつく。

 確かに,今回の採点ミスはひどい。ならば,
 「この銭で,国際スケート連盟の採点ソフト買ってやれ!!」とばかりに,1億円ポンッと渡すような輩がいてもいいのだが。これも私の空想に過ぎないか。


 もうひとつ,ジャンプの採点の際の申し合わせ事項の不徹底という,ミスについても一言。
 まだ,導入してから間もない採点方法。いきなりパーフェクトにやれ,というのもひどくないか。もう少し,大きな気持ちで見守ってあげないか。どうしても,というのなら
 「それなら,(文句を言う)お前がテクニカル・スペシャリスト(TS)やれよ」
 と言いたい。
 これも私がジャンプの区別(ルーツやトゥーループ)がつかないからのひがみか……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【MondaySports】石崎氏vsラモス氏 因縁がJ2へ

リンク: Yahoo!ニュース - デイリースポーツ - 石崎氏vsラモス氏 因縁がJ2へ.

 J2がにわかに慌ただしくなった。
 J2に降格した,柏と東京V,ともに,コーチだったものが別のチームの監督になる。
 柏のヘッドコーチ,ラモス氏が東京Vへ行く。一方の東京Vのヘッドコーチ,石崎氏が柏へ行く。それぞれ事情があるようだが,因縁も感じる。
 ラモス氏の熱血指導が実を結ぶのか。チームの再建に定評のある石崎氏が抜けるのか。来季のJ2が今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】ジャパンXボウル オービックシーガルズ、3年ぶり優勝

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - ジャパンXボウル オービックシーガルズ、3年ぶり優勝.

 鉄壁の守備を誇る松下電工が,後半,いきなり崩れた。
 前半の松下電工は,レギュラーシーズンのまま,しっかりした守備だった。オービックもかつて,守備のチームとして名をはせた。1Q,互いに1stダウンがとれない。ボールは中央付近を行ったり来たり。しかし,2Qになり,動き出す。まずは,松下電工がFGで3点。その後,2TDで得点を16点まで積み上げる。ここで前半終了。1試合平均3失点の松下電工にとってはセイフティ・リード。もう,これで試合が決まったように思えた。

 しかし,後半に入って,オービックがFGで3点入れると,松下電工のパントへのタックルが功を奏し,有利の地点からの攻撃。取りこぼすことなく,TDで7点。この時点で,オービック10-16松下電工という状況。しかし,流れはオービックに向かって来つつあった。ハーフタイムで何か指示があったのだろうか,前半と後半のオービックの攻撃は見違えるようだった。

 そして,4Q。ランでロングゲインを繰り返したオービック,QB龍村からWR水口へのパスが決まり,ついに同点。その後FGで逆転。残り時間は1分45秒。オービック側の応援席は大盛り上がり。総立ち。最後にディフェンスからだめ押しのTDでオービック25-16松下電工の大逆転劇。

 今回の試合,ハーフタイムでの修正をはかったオービックの勝利でしょう。この結果,オービックと学生チャンピオン法政大学が1月3日のライスボウルで対戦することになりました。勿論,チケットはゲット済み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】Jリーグ ブンデスリーガと業務提携

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - Jリーグ ブンデスリーガと業務提携.

 Jリーグがブンデスリーガと業務提携することが判明した。
 が,業務提携するといっても,何を提携するかが分からない。まぁ,これからの話なんですけれど。

 可能性がある反面,活用しなかったら何にもならない。ちょっと気にはなる記事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】反則ポイント,最少はF東京

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 反則ポイント、最少はF東京=Jリーグ.

 以前,このブログで,「FC東京はフェアプレー賞を受賞するか?」という話題をご紹介した。
 20日。Jリーグ・アウォーズをチェック。しかし,フェアプレー賞については,該当なし
 FC東京はフェアプレー賞を受賞できませんでした,やっぱり。警告40回ではダメでしたか……。

 しかし,個人賞でFC東京から茂庭選手が選出。リーグ戦で一回も警告を受けなかったとか。これはすごい。
 以前,小野の記事で「ケガの多い選手は名選手か?」と書いたが,「警告・退場の多い選手は名選手か?」とも言えるような気がしてきた。

 無駄な警告はない方がいい。元気なのに試合に出られないというのは,ちょっと情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】スワローズ・ライオンズが球団名に地名をつける

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - 渋谷、新宿、港区を“ヤクルトタウン”.

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 「所沢ライオンズ」誕生へ.


 一週間の気になるスポーツ・ニュースをピックアップ,【MondaySports】。
 まず最初は,プロ野球の話題から。ヤクルトと西武,相次いでチーム名に地名を入れる話題が出てきました。「地域密着」を掲げていくのでしょう。今まで企業色ばかりが前面に出てきたプロ野球に変化が現れてきました。

 ヤクルトは,すでに球団内で「東京ヤクルトスワローズ」として名乗ることを進めている。将来的には,「東京スワローズ」にしてくれるといいかなぁ。
 一方,西武は,所沢市議会が「所沢ライオンズ」とするように働きかける,という段階。これから,さらに球団内での検討,そしてプロ野球機構での承認,とちょっと手間がかかります。

 「所沢ライオンズ」とするには異存はないが,疑問が一つ。プロ野球のフランチャイズは,都道府県単位。ほかの球団も「千葉」ロッテマリーンズ,「北海道」日本ハムファイターズ,「福岡」ソフトバンクホークス,と都道府県を冠につけるのが主流。「所沢」を冠にするには勇気がいる気もします。でも「埼玉ライオンズ」はちょっとやだなぁ。

 あ,そうそう。「横浜」ベイスターズは,「横浜」市だった……。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

今週のアクセス解析

対象日: 2005年12月19日(月)~ 2005年12月25日(日)
合計数:304

曜日 アクセス数
月 85 ★★★★★ ★★★★
火 56 ★★★★★ ★
水 40 ★★★★
木 31 ★★★
金 46 ★★★★★
土 32 ★★★
日 14 ★


順位 検索ワード 件数
1 予言の自己破壊 4
2 経営状況 4
3 マートン 3
4 しくみ 3
5 NHK 3
6 オオタスセリ 3

 まぁ,こんなもんでしょ。世の中,ハッピーホリディ。私のブログを読む人なんか少ないでしょ。
 そんな中,読んでいただいた方,感謝です。
 「予言の自己破壊」や「マートン」といった社会学のレポートを書いている人,頑張って。
 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »