« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年2月6日 - 2005年2月12日 »

2005年1月30日 - 2005年2月5日の記事

大銀座落語祭2004「SF小町」

Screen 04-31
04/07/19
大銀座落語祭2004「SF小町」
ヤマハホール
評価(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「立川志らく監督。新作上映予定が急遽差替。残念。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK日本語なるほど塾05年2月号

 NHK日本語なるほど塾2月号が読み終わりました(2月1冊目)。日本語なるほど塾に関しての検索して下さる方もいるので,12月号に引き続き,テキストを読んで私なりのメモを残します。なお,今回は1か月分まとめておきます。

 2月号のテーマ「本当はおもしろい文法のはなし」
 ゲスト:森山卓郎

第1回「そうだったのか!歌のことば」
第2回「文学を文法で味わう」
第3回「文法上手はお願い上手」
第4回「あなたも『文法』してみませんか?」


第1回「そうだったのか!歌のことば」
・学校教育の「文法」には拒否感を持っている人が多い。
・しかし,文法という見方から作品を見ると楽しいことがある。
例:竹内まりや作詞「駅」(著作権の都合上,前文は省略)で,
「私だけ(?)愛してた」の(?)の部分に歌詞はない。しかし,「私だけ(を)愛してた」なのか「私だけ(が)愛してた」なのかによって,歌詞の持つイメージが大きく異なる。
 他にも,歌詞の中で,恋人をどう呼ぶかにより,距離感が分かる(「あの人」「彼」「あなた」等)。
他の例:「アンパンマン」のテーマ曲,「酒と泪と男と女」「旅愁」等など。 


第2回「文学を文法で味わう」
・第1回に続き,作品を文法で味わう。
・俳句で,格助詞が「へ」なのか「に」なのかで味わい方が違う例
「ちるさくら海あをければ海ちる  高屋窓秋『高屋窓秋全句集』」
・連用形を多用することで,「連続感」を持つことができる。例:萩原朔太郎「竹」(作品は省略)
 しかし,連用形が続くことは,不安定感を残すので,冒険にもなる。
・他にも逆接の接続詞を使わずに,逆説を表す例(金子みすヾ「わたしと小鳥とすずと」)や接続助詞「ても」を使って孤独感を醸し出す例など挙げる。
・文学作品を「文法」という視点から呼んでみると作者の思いを垣間見ることができる。


第3回「文法上手はお願い上手」
・お願いをする表現(お金を100円借りる)を習得する,という例から,文法を上手に使い分けてみましょう。
 (文頭の「〇」はいい例,「×」はあまりよくない例)
〇:突然に依頼する場合は否定疑問を用いる。
×:お金を貸す側を主語に,さらに動詞に可能表現を使う。
〇:「でしょう」という表現は聞き手に答えを強要しない。「お金を貸していただけませんでしょうか。」
×:接続詞「従って」
〇:接続詞「つきましては」

第4回「あなたも『文法』してみませんか?」
・子供は大人の会話を聞きながら,正しい文法を自然に憶えていく。
例:「大きい本」を「大きい本」と正しく認知する。
第一段階:単純なまねの段階
 「アンパンマン本」「プーさん本」等,名詞を修飾する場合,名詞の前に「の」をつけるのでは?と考え,「大きい本」と表現する。
第二段階:きまりの発見
しかし,大人が「大きい本」と表現しないことに気付く。
第三段階:きまりの修正
そこで,「大きい本」と表現するようになる。
 このような例は,外国人が日本語を学ぶ場合,日本人が外国語を学ぶ場合にも見られる。
・しかし,ことばが思い通りにはなせるということと,「しっかり使える」ということの間には開きがある。いくつかの調査からもその特徴は顕著である。
・普段使っていることばを,立ち止まり「文法」を意識してみることでことばの世界が広がる。


 他に,NHK日本語なるほど塾04年12月号についての記事もあるよん。
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その1
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その2
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その3
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

02030001

 (05/02/03)
 サッポロビールのイエローテイル・シリーズのひとつ。
 今回はシラーズ。独特の木の実のような香りがあり,なかなか。はたして,この香りが長続きするのかなぁ。昔大手スーパーのワインを飲んだら,あっという間に香りが飛んじゃったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大銀座落語祭2004「ガメラ4真実」

Screen 04-30
04/07/19
大銀座落語祭2004「ガメラ4真実」
ヤマハホール
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「大銀座落語祭の一環。手の込んだ作りに感服。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

02020001

 今日紹介するお酒も発泡酒。見たことのない発泡酒なので飲んでみました。
 味は……普通。他のものとさして変わらない。

 よく見るとこれは輸入酒。原産は「コリア」の文字。普通韓国なら「大韓民国」と書くのでは?なんて思いながら,実は,大韓民国でないもう一つのコリアの品物?

 (05/02/02開栓)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月の目標……その後,のその後

 1月の目標が達成できたか?2月になったので振り返ってみましょう。

・本を5冊読もう。夜の長いこの時期にたっぷり読書しましょう。
・一葉記念館に行こう。台東区立一葉記念館が1月をもって一時休館との噂。これを機会に行かねば。

 1月13日の時点で4冊読破。残り1冊,何とか読み終えることができました。その5冊目とは何か。正解は……。

1 「現代人のための中学理科 新しい科学の教科書II」
 でした。結構読み応えのある本。でも,今の職場だとなかなか理系の本を読むということはないです。こういう本くらい読まないと。

 さて,2月の目標は……。
2月:「駅からハイキング」に参加。
 2月はスポーツ観戦もシーズンオフ、映画も正月興行一段落するので、これを機会にあちこち回ってこようと思います。
 この目標,19日と26日に「駅からハイキング」に参加する予定なので,何とかクリアできるのではないでしょうか?

 あと,もう一つくらい目標たてようかなぁ。一年の目標「積読を何とかする。」との兼ね合いもあるし,今,読書モードになっているところから,

「本を4冊読もう。」

 5冊はちょっと辛いから,4冊にしよう。でも,今度はちょっと骨のある本でも読んでみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リディック」

Screen 04-29
04/07/15
「リディック」
amcイクスピアリ16
評価(★10個で満点)
★★★

一行批評
「ダメ。ごめんなさい。勘弁してください。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

050127_200301

 「今日飲んだお酒」と言いつつ,先月飲んだお酒のUP(汗
 昨年(2004年)秋,サッポロビールが一所懸命宣伝していたワイン。どんなものかと量販店で買い求めました。
 味は,普通。軽く飲めるのでデイリーもの,って感じかな?私はあまり杯が進まなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スパイダーマン2」

Screen 04-28
04/07/12
「スパイダーマン2」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「ヒーローの素顔・内面に迫る作品。」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

江戸東京博物館「平賀源内展」

 今週の「月イチあミュージアム」は,ちょうど1年前,江戸東京博物館で開催された「平賀源内展」を紹介します。
 って,ほとんど記憶にないんですけどね。

 博物館に行くと,いろいろ展示があります。全てを吸収しようなんて思ったら,1時間ほどで頭がパンクしてしまいます。ですから,大雑把に内容を押さえたら,一つだけ,何か一つだけ,土産話になるようなものを吸収したらそれでおしまい,と自分に言い聞かせることにしてます。

 今回の,「平賀源内展」で押さえたこと。
 「平賀源内は,日本の"レオナルド・ダ・ビンチ"だ。」ということ。
 展示では,彼の様々な才能をいくつかに分けて紹介してます。
1 非常の人,平賀源内
2 エンジニア,平賀源内
3 博物学者,平賀源内
4 アーチスト,平賀源内
5 文士,平賀源内
 の5つ。エンジニアがいちばん有名かな?エレキテルの発見で。他にも彼の様々な才能を垣間見てきました。
 その才能を一番表しているのが,今回の横尾忠則作成の展覧会ポスターではないでしょうか。ポスターの画ひとつひとつに番号が付してあり,平賀源内との結びつきを示されています。面白そうです。現在残っているホームページではその説明がよく分からないのが残念。

 (04/01/16訪問)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カレンダー・ガールズ」

Screen 04-27
04/07/01
「カレンダー・ガールズ」
シャンテ・シネ1
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「珍しくブームの後の当事者を描く作品。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK日本語なるほど塾12月号・その4

2004年12月のテーマ「心を鍛える言葉」白石豊

第4回 「自己を見つめる言葉」

・集中力を高めるには,座禅が効果的だ。禅の思想は,メンタルトレーニングに有用だ。
・集中力の秘訣は「莫妄想(まくもうぞう)」(=「妄想すること莫かれ」)
・前のことや後のことを考えず,今この瞬間に集中することが肝要。

 12月のテキストを改めて読み返し,自分に引っかかった部分をメモしてみました。このメモが要点を付いているかどうか不安だが,何かしらの役に立てば幸い。

 以下の記事も参照のこと。
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その1
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その2
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その3
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK日本語なるほど塾12月号・その3

2004年12月のテーマ「心を鍛える言葉」白石豊

第3回 「こうすれば伸びる!トレーニングの言葉」

・「コーチ」に似た言葉で「教育(Education)」というものがある。これは「引き出す」が語源。教育の本質は,能力を「引き出す」ことである。
・「コーチ」は聞くことが大事である。失敗した際,原因がどこにあるかをアスリートに尋ねることにより,本人が改善点を自発的に見つけ出す。
・集中力を高めることで,上達は早くなる。ティモシー・ガルウェイの提唱する「インナーゲーム」というスポーツ自然上達法は,集中力を高めることに重点を置いた方法である。
・ガルウェイによれば,人間の心には自我と自己の二つが存在する。自己は自然に上達する能力を持っているが自我がそれを阻害する。自我を抑制すれば,上達は早くなる。

 以下の記事も参照のこと。
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その1
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その2
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK日本語なるほど塾12月号・その2

12月のテーマ「心を鍛える言葉」白石豊

第2回 「言葉こそが力を引き出す」

・ポジティブな一言で,アスリートの心境は変化する。今回はその事例研究。

 日本女子バスケットボール選手萩原美紀子さんの例
・ネガティブな声かけをされ,精神的に萎縮してしまった。
・メンタルトレーニングを受けた。まず最初に自分を客観視すること。
・次に自己指示の確認書を作成し,毎日何度も読んだ。
・これにより,セルフイメージがポジティブに変化。最終的に五輪アジア予選で活躍できた。

・自信を持つということは,「できる気がする」ということ。
 セルフイメージが大きくなれば,自信の大きさにつながり,成績にも反映される。
・常日頃のポジティブな声かけが成功に導く。

以下の記事も参照のこと。
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その1
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その3
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK日本語なるほど塾04年12月号・その1

 先日の検索フレーズで,「NHK日本語なるほど塾」と「12」のふたつをAND検索している方がいらっしゃいました。
 私自身,この番組(というよりテキスト)は好きで,創刊号から読んでいます。

 せっかく,「NHK日本語なるほど塾」と「12」のフレーズで検索していただいた方がいらっしゃったので,その方のためにテキストを読んで私なりのメモを残したいと思います。(本文そのまま残すわけにもいかないし,番組のHPには要約書いてあるので,私のオリジナル性を出さないとね。)

2004年12月のテーマ「心を鍛える言葉」白石豊

第1回 「『頑張れ』だけで頑張れますか?」

・「頑張れ」は,明治時代富国強兵製作の元,作られた言葉。
・「頑張れ」は,19世紀まで全く使われなかったが,20世紀に入って頻繁に使われるようになった流行語。
・「頑張れ」は,「ガンバ」と変化し今や世界共通語だが,英語やドイツ語に「頑張れ」に相当する言葉がないからである。
・現代のアスリートはスポーツを「頑張る」より「楽しむ」ようになった。
・現代人は「頑張れ」に精神的抵抗を感じるようになった。
・では,何が大事か?ヒントは仏教の四摂法(ししょうほう)の中にある。
「布施(ふせ)」:相手にものをあげること
「愛語(あいご)」:優しい言葉を使う
「利行(りぎょう)」:利益を与える
「同時(どうじ)」:同じような身分や境遇になる
・「愛語」により,「頑張れ」以外に優しい言葉をかけると,本人の意欲を高めることができる。

 第2回以降は,以下を参照。

NHK日本語なるほど塾04年12月号・その2
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その3
NHK日本語なるほど塾04年12月号・その4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【無責任・行くあてないのに楽しみ演芸(その他編・2月下旬)】

 さて,続きまして,2月下旬の演芸を「無責任に」紹介しましょう。

21日(月)志の輔落語21世紀は21日@新宿・明治安田生命ホール
 ご贔屓落語家志の輔さんの月例落語会。チケット取りたいなぁ。取れないなぁ。
25日(金)26日(土)赤坂青山寄席@麻布区民センター
 古今亭志ん輔さんが,シェイクスピアの作品を翻案して落語をかけます。どうなることやら。
26日(土)朝日名人会@有楽町朝日ホール
 東京かわら版2月号「寺脇研の脇目の熟読」にも書いてあった,ホール落語新御三家の一つ。
26日(土)末広深夜寄席@新宿末廣亭
27日(日)鈴本早朝寄席@鈴本演芸場
 土曜夜の寄席で落語をした後,翌朝早くから寄席に出る。つくしさん・あし歌さん,大丈夫だろうか。
28日(月)紀伊国屋寄席@紀伊國屋ホール
 第482回を迎える老舗ホール落語。

 落語って定席以外こんなに毎日のようにやっているなんて気づかなかったなぁ。東京かわら版見てよく分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

Screen 04-26
04/06/28
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「ヒロイン役のエマ・ワトソン,一作毎に艶やかに。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の検索ワードから

 一日平均30アクセス,誠に感謝です。
 アクセスしていただく時間がまちまちで,私自身ちょっとビックリしています。夜中の2時3時にアクセスしていただいている方,夜更けのアクセス,お疲れ様です。お体大事にしてくださいませ。

 さて,今週(2005年01月24日(月)~ 2005年01月29日(土))の検索ワードから,どんな言葉から検索していただいたのか覗いてみましょう。

順位 検索ワード         件数
1   女はみんな生きている   5
2   落語ブーム          3

 先週に引き続き,「女はみんな生きている」で検索している方,多いです。また,「落語ブーム」,私以外にも感じている方いるのですねぇ。

 気になったのが,2005年01月29日(土)の検索フレーズ。

順位   検索ワード          件数
1   「日本語なるほど塾」「12」    1

 日本語なるほど塾12月号で検索されたのでしょうか?すいませんねぇ。「日本語なるほど塾」の内容について,もうすこし細かく載せておけば良かったですかね。ちょっと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【無責任・行くあてないのに楽しみ演芸(その他編・2月中旬)】

 先日に引き続き,2月のお楽しみ演芸のうち,定席でない会,2月中旬編をお送りします。

12日(土)立川談志家元の独壇場第5弾@新宿厚生年金会館
 ご存じ立川談志の独演会。今回もファンをうならせる会になるのかな?でも,\5,000は高い。
13日(日)本牧亭講談定席@本牧亭
 本牧亭は現在講談の定席だったと聞いています。ここに神田山陽が出演。久しぶりの首都圏公演では?
14日(月)両国寄席"新作ビーナス"@お江戸両国亭
 ここには川柳つくしさんが出演。彼女は私と出身地が一緒。それだけで,親近感がわきます。
16日(水)丸の内落語会@丸ビル1F 丸の内カフェイーズ
 春風亭昇太師匠の落語が聞けて\1,000は安い!
19日(土)立川談春立川志らく二人会@亀有リリオホール
 こちらは談春と志らくの会。17時~19時。終わった後一杯引っかけられるいい時間。
19日(土)三平堂落語会@ねぎし三平堂
 海老名家3階のねぎし三平堂で月一回行われる落語会。3・4月は正蔵襲名披露のためお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Jam films2」

Screen 04-25
04/06/16
「Jam films2」
渋谷シネ・ラ・セット
評価(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「玉石混交ショートフィルム4本立て。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年2月6日 - 2005年2月12日 »