« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »

2005年11月13日 - 2005年11月19日の記事

駅からハイキング「東京まちあるき第4回 歴史薫る皇居周辺に名所を訪ねて」

駅からハイキング「東京まちあるき第4回 歴史薫る皇居周辺に名所を訪ねて」 その2

(東京駅 ~ 丸の内エリア ~ 皇居外苑 ~ 和田蔵噴水公園)
ここまでは,前回でご紹介済み。今日は,「4 神田神保町古書店街」からをご紹介,のはずですが,実は,皇居東御苑を北桔梗門から抜けて,北の丸公園を突っ切って,そのまま「5 靖国神社」に出てしまいました。神田神保町古書店街は,よく歩く街。庭みたいなものなので,省略しても,まぁいいか。とスルーです。

 靖国神社は,現在でも尚,いろいろと問題になっているところ。自分自身,小学生の頃に一度訪れたきり。その頃の記憶はほとんど残っていません。どんなところなんでしょうか?

 大鳥居をくぐると,まず出てくる人は,大村益次郎銅像。何でこんなにデカイんだろうと思うくらい大きな銅像です。で,大村益次郎さんって何した人?もう,そこからして分かっていません。大きな銅像を見上げながら,中へと進む。

 第二鳥居をくぐると,中には桜の木があちこちに。よく見ると「○○連隊寄贈」と札がかかっている。そうか,なるほどぉ。この桜の木は,第二次世界大戦に従軍した兵士たちの寄贈したものなのだ。寄贈した日付はまちまちだが,昭和20年代が多い。しかも,品種はソメイヨシノのようだ……。
 てことは,以前,このPOTでも紹介したが,ソメイヨシノの寿命は50~80年ほど。ソメイヨシノは,種から育てるのではなく,接木していかないと育たない品種。ということは,もうそろそろ,ここの桜は寿命が来るのではないだろうか。一斉に。さらに,寄贈してきた人たちも高齢化。亡くなっていく方も多いはず。となると,ここのソメイヨシノが寿命が来て,桜が咲かなくなる頃,寄贈した人も……。と同時に第二次世界大戦の記憶も薄らいでいく。ソメイヨシノと元兵士が重なり合うようで,非常に辛くなりました。

 靖国神社を後にし,「6 千鳥ヶ淵」へ。千鳥ケ淵戦没者戦没者墓苑へ訪れました。戦没者墓苑もまた,その詳細に付いては全く知らない私。靖国神社参拝問題で,「新たな慰霊施設の設置を」って議論さていますが,何で千鳥ケ淵戦没者墓苑ではいけないの?と思った私。調べると,国が維持管理する「無名戦没者の墓」なんですね。「新たな慰霊施設」とは,性格が異なります。ようやく納得。

 千鳥ケ淵戦没者墓苑は,靖国神社と異なり,多くの常緑樹が茂っています。墓苑の端には,設立当時の写真がありますが,それと現在を見比べると,ぜんぜん違う。かつては植林当初のか細い木ばかりで,スカスカの状態。今では常緑樹が生い茂り,一種の荘厳さを醸し出しています。

 いろいろと書いていたら,こんなになってしまいました。続きは,次回に回しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「東京まちあるき第4回 歴史薫る皇居周辺に名所を訪ねて」

05/09/03
駅からハイキング「東京まちあるき第4回 歴史薫る皇居周辺に名所を訪ねて」

 久しぶりに,駅からハイキングです。8月の都心は暑いし,夏休みだし,ということで,都心での駅からハイキング開催はありません。
 9月に入り,ようやくの都心開催。満を持して参加しました。

 今回のルートはこんな感じ。
東京駅 ~ 丸の内エリア ~ 皇居外苑 ~ 和田蔵噴水公園 ~ 神田神保町古書店街 ~ 靖国神社 ~ 千鳥ヶ淵 ~ 日本水準原点標準 ~ 国会議事堂 ~ 日比谷公園 ~ 有楽町駅

 まずは,東京駅でコースマップを受け取りました。と思ったら,今回から,ちょっとばかり変更がありました。
1 リボンが配られない。
 参加を示すリボンの配布が無くなりました。なぜだか不明。
2 コースマップの裏面に注意事項が印刷されていた。
 いつも,コースマップを見えるように二つ折りにしているのに,コースマップを谷折りにして手渡している。しかも,裏面には注意事項が書いてある。

「楽しいハイキングのための5カ条
一、交通ルールを守りましょう。
一、歩道では横に広がらないで歩きましょう。
一、通行する人の妨げにならないよう注意しましょう。
一、ゴミは持ち帰りましょう。
一、迷惑になるような行為はやめましょう。」

 何でだぁ?ちょっと勘ぐってしまった。
 おそらくは,最近地元の人々とトラブルがあったのだろう。
 正直に言って,このハイキングの参加者のモラルは悪くなってきている。参加者が増えてきているせいか,我が物顔で通っていく人が多い。人様の家に土足で上がり込んで,ゴミを散らかしていくような,そんな感じだ。私が最初に参加した頃,といってもまだ2年前だが,その頃は,ルートの途中でスタッフに会った場合は,
 「お疲れ様。」
 と皆,スタッフに声をかけていた。最近は……皆無だ。他にも愚痴りたいことは山ほどあるが,ま,このブログは口のブログではない。さぁ,スタートしよう。

09030001
 東京駅を出ると真っ直ぐに皇居へ。この道は幅が広い。皇居まで突き当たると言うところに,
「3 和田倉噴水公園」が見えてくる。といっても,特に何もせず,素通り。今日は,ちょっと寄ってみたいところがあるのだ。

 皇居に沿って北上。大手門から,皇居東御苑に入ってみることとした。
 今まで,この皇居東御苑には入ったことが一度もない。どんなところなのか,一度は行ってみたいと思った。
 入園の際に,入園票なるものをもらう。なんでこんなものをもらうのか,最初は分からなかった。この皇居東御苑を出たとき分かった。この皇居東御苑,出入口が複数あるので,全員出たか確認する際に必要なのだ。

 入園すると,左手で大きな声がする。見ると道場だ。剣道の練習をしている。皇宮警察の道場ということだ。
 道場を過ぎると三の丸尚蔵館。天皇を始め,皇室の方々が国へ寄贈したお宝を展示している。展示室はそれほど広くない。16畳くらいだろうか。お宝は数多くあるので定期的に展示内容を替えているとか。

 尚蔵館を出て坂を上るといくつか番所がある。江戸時代,大名の付き添いできた部下たちが待機する場所。位によって番所の位置が異なる。当然,位が高くなると番所の位置も高くなる。

 番所が終わると,今度は様々な種類の木々が植えてある。その一番奥は,都道府県の木が植えてある。都道府県の木が一同に植えてあるのは,国会議事堂内だけと思っていたが,こんな所にもあったのか。知らなかった(都道府県の木が一同に植えてある場所を知っているだけで,私は友人には変人と思われている。)。私の住んでいる県の木を確認し,さらに上っていく。

 突然,皇居東御苑には合わない建物が出てくる。桃華楽堂(とうかがくどう)という。雅楽の演奏会場と言うが……。コメントは控えたい。写真を撮るのを忘れた。宮内庁のホームページにも記載されているが,これは生で見ることをお薦めする。思わず……。

09030003
 皇居東御苑の一番高いところには,天守閣跡がある。上ってみると思ったよりとても小さい。あまりの狭さにビックリ。それでも,昔はこの天守閣から東京湾が見えたとか。今は高層ビルしか見えない。

 天守閣跡の前は,芝生広場。弁当を広げたくなるような広さ。そして,都心の真ん中にしては涼しい。風もある。芝生の緑と周辺のアスファルトの部分とで温度差が生じ,風を発生しているのだろう。ビジネスマンには穴場かも。

 のんびりしていたらだいぶ時間が過ぎてしまった。北桔梗門から出て北の丸公園へ向かった。
この続きは,また次回にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第84回ワイン会

1026000110260002102600031026000410260005


・バサ'04(ルエダの白ワイン)750ml
・ヴィーニャ・デ・アマ'99(ナバーラのカベルネ・ソーヴィニヨン)750ml
・ペガソ 99 (サンマルティンのガルナッチャ)750ml
(日本では4店舗でしか取り扱ってない幻のワイン。標高1000m以上で造るガルナッチャの木が素晴らしい)
・エメエレ(マラガの甘口デザートワイン・白)500ml
・モリノ・リアル(マラガの甘口デザートワイン・白)500ml
(500mlでも高額ですが,素晴らしいデザートワインです。スペイン皇太子の結婚式の晩餐会の公式デザートワインでした。当店のワインアドバイザーはあまり甘いものを飲みませんが,このワインは絶賛してます。)

 実は,この日のワイン,ぜんぜん覚えていません。というのも,この日はほとんどテイスティングに力を入れる暇もなく,必死に皿洗いしてました(苦笑

 なもので,感想はなし,ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛についてのキンゼイ・レポート」

Screen 05-25

05/09/01
「愛についてのキンゼイ・レポート」
AMCイクスピアリ16

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「今までタブーだったものが社会的に認められるようになった。そんな歴史の変化を映画化。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふたりの5つの分かれ路」

Screen 05-24

05/09/01
「ふたりの5つの分かれ路」
シャンテ・シネ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「時間軸を遡る形式のドラマ。離婚から始まって……,結末は悲惨なのにラストシーンは希望に満ちている。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】 プレーオフ来季改正へ

リンク: Yahoo!ニュース - 西日本スポーツ - プレーオフ来季改正へ パ・リーグ理事会.

 やっぱりなぁ。2年間続けて同じ方式を実施すれば,欠点が見えてきます。修正しなければならない点があるでしょう。今回,理事会で話題となっただけ前進と見るべきか。
 いくつか,案が出ているようだが,少しでも論議を深めて欲しい。

 個人的には,前にも述べたが,チーム増・対戦数不完全方式によるプレーオフ正当化が面白いと思うんだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】新規参入の福岡は完敗 バスケのスーパーLが開幕

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - 新規参入の福岡は完敗 バスケのスーパーLが開幕.

 バスケットボールと言うと,bjリーグばかりを取り上げてきた。bjリーグはリーグ設立と言うこともあり,メディア露出が多い。そのためか,スーパーリーグは影が薄い,ような気がする。しかし,実力からいくとbjより上だとか。
 そのなかで,今回注目しているのが,福岡レッドファルコンズ。母体を伴わない新規のチーム。新潟,埼玉がbjリーグへ移ったため,新規にチームを立ち上げたと言う話を聞いた。真偽は定かではない。

 現在の国内バスケットボールは,アジアの壁にぶつかって,なかなか世界へ向かっていくことが出来ない。前回の五輪でも女子は出場したものの男子は出場を逃した。世界の壁をぶち破るためには,普段のリーグの活性化が欠かせない。サッカーの盛り上がりを見ると,実感する。今季は,JBLとbjの2本立て。少しでも活性してくれれば,と思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】びっQりボーナス1億円…高橋尚子

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - びっQりボーナス1億円…高橋尚子、商品価値健在.

 高橋尚子が帰ってきた。アメリカでの合宿を終え,20日の東京国際女子マラソンに出場するためだ。
 今回は,だいぶ体が絞れてきたようだ。シドニー金メダル獲得後の「ふっくら」とは全く違う。アスリートの顔となって戻ってきた。

 今回のレースは小出監督から離れて,最初のフルマラソン。正直どこまで調整しているか不安だ。しかし,30歳を過ぎて,引退の文字もちらついてきた高橋にとって,優勝うんぬんも大事だが,自分の納得できる走りをしたい,という欲求が強いのだろう。マスメディアを始めとして「優勝」・「復活」を期待している向きもあるが,私はどんな形にせよ,彼女が納得した笑顔をするか否かを注目している。

 もし,納得できる走りが出来なかった場合,たとええ優勝しても,彼女の去就に注目してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】東京V,J2でもACLへ

リンク: Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - J2でもACLへ、前々年度枠変更も.

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【MondaySports】。
 まず最初は,サッカー天皇杯。4回戦まで終わり,J1勢が勝ち上がりました。順当勝ち,波乱なし。ただ,ナビスコカップ決勝に勝ち上がった千葉とG大阪は延長戦までもつれこみました。次戦は12月。

 一方,今年元日に優勝した東京V,J2陥落の危機に直面しています。となると,来年,ACLとJ2と二つ掛け持ちになるんですけど大丈夫なんでしょうか。Jリーグ鈴木チェアマンはACLは辞退させるようなことを考えていますが,日本協会川渕キャプテンは出場させるつもり。

 でも,来年J2は愛媛FCが入って13チームの可能性があります。また,ワールドカップ開催のため,5月~7月初旬まで公式戦が中断するはず。となるとですよ,
 J2公式戦 12試合×4クール=48試合。
 ACL    グループリーグ……06試合。
 ACL    決勝トーナメント……06試合。
 天皇杯  3回戦以降…………06試合。
 合計66試合。この試合数を3月~12月,間2ヶ月中断でやるのは相当きついはず。だったら,ACL出場権は返上したほうがいいのでは?と思うのが私の考え。まず,J1に上がることが先決でしょう。

 ACLの出場チームもリーグ1位,2位にすべきとか,ナビスコ優勝チームにすべきとかいろいろ議論が出ているようです。私個人としては,リーグ優勝&天皇杯優勝がベストかなぁ,と思ってます。ただ,前々年度優勝と言うのは,選手層も替わるのでチームにとっても不利の場合もある。今年の東京Vのように。

 ただ,A3チャンピオンシップは,リーグ優勝ではなく,ナビスコの優勝チームにしてあげたほうがいいのでは。ナビスコカップの価値も上がるし,リーグ優勝チームのA3,ACLの掛け持ちはハードすぎ。ま,欲を言えば,A3は,UEFAカップのように,日中韓のリーグ上位数チームでグループリーグ&決勝トーナメント方式にするといいかなぁ,なんて思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「でゅアるふぇ伊セ図.com」って何?

対象日: 2005年11月07日(月)~ 2005年11月13日(日)
合計数:389

曜日 アクセス数
月 203 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
火 162 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
水 8 ★
木 5 ★
金 4 ★
土 6 ★
日 1 ★

 月曜から,一気にアクセス数が増えた。ナンデだろう?リンク元をみると「でゅアるふぇ伊セ図.com」(hp名については意図的に当て字にしました。)なるところからのアクセスが増えたのだ。どんなhpだろうと見てみると,よく分からない。よく分からないものについては,避けるのがいいだろう。そう思って,火曜から,アクセスの際ユーザー名とパスワードを入力しないと開けないようにしました。そしたら,アクセス数が激減。まぁ,ユーザー名とパスワードを知っている人なんて,本の一握りですから。

 しばらく様子を見て,また,オープンにするつもりではいます。


 検索ワードランキング
順位 検索ワード 件数
1 ストーカーと呼ばないで 41
2 太田スセリ 8
3 オオタスセリ 5
4 ストーカー 4
5 ダメじゃん小出 4
6 沢田研二 3

 アクセスの急増と,「ストーカーと呼ばないで」の検索ヒットが微妙に重なるのが気になる。月曜日にとあるラジオ番組で「ストーカーと呼ばないで」を取り上げたらしい。永六輔さんの番組ではない。そのあたりから一気に,アクセスが増えた。よくよく見ると,1位から5位まで関連語で占められている。

 検索フレーズランキング
順位 検索ワード 件数
1 太田スセリ  ストーカー 4
2 太田スセリ  ストーカーと呼ばないで 3

 複数語の検索フレーズランキングでも,「ストーカーと呼ばないで」関連が首位を占めている。
 う~ん,なんでだろう?「でゅアるふぇ伊セ図.com」の仕業か?
 ま,しばらくは,このままで。
 今週もアクセス感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »