« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005年10月16日 - 2005年10月22日の記事

エプソン品川アクアスタジアム

05/07/19
エプソン品川アクアスタジアム

 エプソン品川アクアスタジアムができたというので,行って来ました。
 ここへ行く前に疑問だったのが,
 「サンシャイン国際水族館があるのに,なんで,似たようなものをこんな近場に作るのだろう?」

 行って来て,よく分かりました(=想像できました)。
 多くの魚たちが,サンシャイン国際水族館と重なっているのです。まぁ,民間の水族館の場合,どうしても珍しいもの・見た目の印象が強いものを置きたがります。そのため,サンシャイン国際水族館とエプソン品川アクアスタジアムの種類が重なりやすい,というのはあります。

 しかしなぁ,飼育の難しいマンボウまで飼うとは。ひょっとしてサンシャイン国際水族館から持ってきたのでは,とよく観察してみたが,ヒレがきれいだ。サンシャイン国際水族館のマンボウは,ヒレのあちこちが傷ついていた気がする。

 で,他もいろいろと見てきた。で,考えました。
 ひょっとして,このエプソン品川アクアスタジアムは,サンシャイン国際水族館の後継では?と。
 サンシャイン国際水族館は1980年代初めにオープン。ビルの10階と地上から高いところにある。ビルの高層部分に大量の水を保管すると言うことは建物の構造上,非常に辛い。漏水してもいけないし,交換する水を運ぶのにも一苦労。しかも,かなりの年月が経っている。そこで,エプソンアクアスタジアムを開業させ,今まで飼育している魚介類を移転させる。また,サンシャイン国際水族館のスペースは建物ごと改装し,別の形態で営業させる。別に他の形態は,水族館でなくてもいい。レストラン街にしたって,オフィスにしたって,なんだっていい。また,いっそのこと建物全体を改修することだってOK。
 このアイデア,ダメですかぁ?

 中での見学は,よほどのことがなければ1時間ほどで見終わってしまいます。その後の予定に時間が空いた私は,ちと時間つぶしに苦労しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アート・オブ・スター・ウォーズ展」第2会場

05/07/19
「アート・オブ・スター・ウォーズ展」第2会場
@東京国際フォーラム

 先日,紹介した,「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」。この映画を見終わった後,東京国際フォーラムで行われていた,「アート・オブ・スター・ウォーズ展」に行って来ました。
 やはり,映画の後でよかったぁ。模型を見ながら,「あぁ,これ,さっき映画で見たぁ。」なんて思ってました。

 場所は,東京国際フォーラム,ホールAの1階部分。ホールAは入場後,会談やエスカレーターで2階客席部分に上がります。あまり使用されない1階部分を仕切って,展示会場にしたようです。
 が,これが狭い。まぁ,狭いのは分かりますが,わざわざ,この東京国際フォーラムのホール部分を使わなくともいいのに。ここには,展示場部分もあるでしょ。なぜ,そこを使わない。思わず心の中で突っ込んでしまった。

 この突っ込みは,やがて,怒りとなることは,まだ思わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第84回ワイン会のお知らせ

----------------------------------------
第84回ワイン会のお知らせ
日時:2005年10月26日(水)19:00~
会場:フェリア
JR総武線市川駅北口を出て,大通り(国道14号)を渡る。三菱UFJ証券の前を東京方面へ歩く。市川公民館の前を曲がり,数件目(2階はライブハウス「りぶる」。)。向かいが主催する酒屋,武蔵屋酒舗さん。
会費:5,000円
----------------------------------------
テーマ:テルモ・ロドリゲス  
 なんと!!11月30日(水)19:00にテルモの来店が決まりました。
 で、今回もテルモ特集です。テルモの来店を機会に「テルモ・ロドリゲス ワイン・ファン クラブ」(入会金・会費無料)を発足させます。詳しいお知らせは、また別にお送りします。また、興味のある方は、その前にでも連絡下さい。テルモが来日するまでに、より多くの皆様に、テルモ・ワインの魅力を知っていただきたく思います。そして実際にテルモに会って下さい。なかなか生産者に会う機会はありません。その上、その生産者が素晴らしい人と言うのは、とても幸運なことだと思います。

出品リスト------------------------------
テルモ・ロドリゲス
・バサ'04(ルエダの白ワイン)750ml
・エメエレ(マラガの甘口デザートワイン・白)500ml
・モリノ・リアル(マラガの甘口デザートワイン・白)500ml
(500mlでも高額ですが,素晴らしいデザートワインです。スペイン皇太子の結婚式の晩餐会の公式デザートワインでした。当店のワインアドバイザーはあまり甘いものを飲みませんが,このワインは絶賛してます。)
・ヴィーニャ・デ・アマ'99(ナバーラのカベルネ・ソーヴィニヨン)750ml
・ペガソ 99 (サンマルティンのガルナッチャ)750ml
(日本では4店舗でしか取り扱ってない幻のワイン。標高1000m以上で造るガルナッチャの木が素晴らしい)
その他 ワインに合う食事付き 皆様のご参加をお待ちしております。
申込方法:メールで, 武蔵屋酒舗さん まで直接お申し込みください。
その際,メールのタイトルは「第84回ワイン会申込」としてください。
また,本文では「ブログでの紹介を見て」と一文入れてください。
〆切は,05年10月24日(月)18時まで。
満員の際はお断りする場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」

Screen 05-20

05/07/19
「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★
一行批評
「ようやく完結,スター・ウォーズ・サーガ。長編小説を読みきったような達成感。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Jリーグ1 第17節

Stadium 05-15

05/07/17
Jリーグ1 第17節
FC東京(4-0)横浜Fマリノス
味の素スタジアム

まぁ,備忘のための記録です。
この日の試合,久しぶりのホームでの勝利。大騒ぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】プロ野球,「大事なのは球団残すこと」

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 「大事なのは球団残すこと」=株取得問題で、古田会長.

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 村上氏のアイデアを批判=阪神球団持ち株会社設立に巨人・渡辺会長.

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「球団はファンのもの」阪神・星野SD.

 ここへ来て,プロ野球界再編の話題が持ち上がってきた。「球界再編2005」というべきか。
 昨年は,「プロ野球は赤字体質だから,球団合併により球団の数を減らそう。」という点から論戦が始まった。プロ野球チーム経営にあたり,市場はもうこれ以上広がらない。現在あるパイを今の球団では分けられない。したがって,そのパイを食べる球団を減らそう,というのが背景にあった。

 今回は,話が少し違うような感じがする。球団の親会社の価値が低い(=株価が安い)ので,株を買い,親会社の価値をあげようよ。という親会社の経営の話が先立った。そしたら,球団の話題が後から付いてきた。そんな感じだ。
 通称村上ファンドが阪神電鉄の株を買ったのもTBSの株を買ったのも,阪神電鉄,TBSの現在の価値が低いから株を買い,企業の価値を高めたところで,株を売却しよう(もしくは高配当を期待しよう)というもの。楽天がTBSを買ったのも,元は業務提携の話から。たまたま他のメディアに比べ株価が安いから株を買い,業務提携を強く推し進めていこう。という意志の表れ。昨年とは話が違う。

 しかし,マスメディアの反応は少し違う。まるで蜂の巣をつついたかのように,興味本位でかき立てる。「横浜,USENへ売却へ」,「横浜楽天合併」,「ライブドアが広島を」……。
 スキャンダルに仕立て上げているのは,実はマスメディア。そこを注視して今後の動きを見ていきたい。

 プロ野球改革について一言。
 今のプロ野球は,新しいチームが加入できないような高いハードルがあります。これは去年も出た話。横浜は,今季約15億円の赤字だという。この数字,J1大分トリニータの1年間の予算と1億円違い,bjリーグ新規参入チームの年間予算5年分と金額がでかい。こんな大きな事業になり手は少ない。

 だったら,一球団当たりの予算を減らし,その分球団を増やすというのはダメなのだろうか?球団を増やすと言うことは,今までレギュラーに入れなかった選手がチームのレギュラーになる。その分質の低下が囁かれるかもしれない。しかし,その一方で試合開催箇所が増えるので底辺は広がり,結果的に野球人口増から質の上昇を見込めるのではないだろうか?サッカーもJリーグが地道に選手人口を増やした(底辺を広げた)から,今の日本代表のように,選手層の厚いチームが出来るのだと思う。球団の経営者が,本当に設けたいのなら,最後の最後に笑いたいのなら,私は裾野を広げることをお薦めしたい。
 そのためには,まず,今の球団12を残すことが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】<パ優勝決定戦>首都圏テレビ中継なし 各局に抗議相次ぐ

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <パ優勝決定戦>首都圏テレビ中継なし 各局に抗議相次ぐ.

 なんということだ。
 今年もパシフィック・リーグのプレーオフは,地上は放送局にないがしろにされてしまった。
 たしかに,この時期は,TV局の改編期,特番の時期にあたり,どのチームがプレーオフに出場できるか微妙だった。今年も,ホークス,マリーンズの両チームの同率1位の可能性が残されていたし,3位争いもライオンズ,バファローズ,ファイターズの3チームがしのぎを削っていた。

 そのため,主催ゲームの取り扱い等の問題により,どの放送局が中継するか最後まで分からなかったのだろう。

 それにしてもひどい。
 プレーオフ第1ステージは,第1戦の1試合のみの放送。それも録画中継。何よりもひどかったのは,その中継局がJリーグオールスター中継と重なったこと。
 そのJオールスターも,通常放送している番組を中止にせず,通常番組の終了後,曜日ごとのスペシャル枠(14時~)で放送した。この時点で1時間遅れの放送。さらに,Jオールスター終了後に第1ステージ第1戦の放送。でも,その頃には,試合自体終盤に差し掛かっていた。興醒めもいいところ。

 たしかに改編期にプレーオフを実施するのは,中継する放送局側としては編成上辛い。その対策としては,パシフィックリーグの放映権は,リーグが管理し,○月○日の試合は,何処の放送局,という設定にすべきだ。そうすれば,編成側は,対戦カードがどうなろうと自局の中継日のみ,放送枠を空ければいいのだ。NPB全体で放映権を一括管理すれば理想的だが,そうはなかなかうまくいかない。まずは,パシフィック・リーグだけでも放映権の取り扱いを変更すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】東京V降格なら2位代替出場へ…ACL

リンク: Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - 東京V降格なら2位代替出場へ…アジアCL.

 Jリーグの話題です。
 アジアチャンピオンズリーグって,J1のチームじゃないと出られないんだぁ。まぁ,そうだよな。ACLの予選リーグとナビスコ杯の予選リーグが大体同じ時期に実施され,同一日にJ2が開催されていたものな。
 また,来年はJ2が13チームになる可能性を残しています(愛媛FC)。よって,J2の日程はさらに厳しくなりそうです。そのことを考えると,やはり東京Vは降格したらACLは物理的に不可能と言わざるを得ません。

 ちょっと気になるのが,2001年以降Jリーグ残り10試合で,下位2チームのうち,降格しなかったのは2001年のエジムンドが加入した時の東京Vだけだとか。東京VがACLに出場できない確率はかなり高くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】里谷 個人資格でトリノ挑戦

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 里谷 個人資格でトリノ挑戦.

 すっかり秋めいた今日この頃,少しずつ,ウインタースポーツの話題が出てきます。
 今回は,里谷多英選手の話題。六本木で泥酔してお騒がせした彼女,今回は個人資格でワールドカップに参戦。五輪代表へ目指します。
 SAJ,JOCそれぞれの強化指定を辞退し,自分を追い込んでの参戦。ここで結果を出して正々堂々と胸を張ってオリンピックに出場して欲しいです。それ以外に付いては特にコメントしようがなかったり。
 ちょっと疑問なのは,里谷選手を脅かすような選手がいたら,今回のような強化指定辞退したかなぁ,てこと。もし,複数の選手で限られた代表枠を争うようなことになった場合,里谷選手,強化指定を辞退しなかったかもしれない。例え強化指定を得られなくても,五輪代表になれるほどの実力がある,代表になれる計算があるから,辞退したのかもしれない。ま,邪推邪推。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【MondaySports】 野茂巨人入り!?G球場で自主トレ

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 野茂巨人入り!?G球場で自主トレ.

 ま,別にどうでもいいことなんですけれどね。とりあえず,紹介はしておこうかな。
 野茂英雄が国内で見られるなら嬉しいけれど,セントラル・リーグじゃねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】大阪ドーム 特定調停の継続を断念 会社更生法申請へ

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 大阪ドーム 特定調停の継続を断念 会社更生法申請へ.

 スポーツネタではないですが,気になるので紹介します。
 オリックス・バファローズの本拠地の一つである大阪ドームが事実上経営破たんしました。
 このスタジアムは,野球は勿論ですがコンサートでも使えるように天井の天板を可動式にしています。しかし,ライブの際の”タテ乗り”の振動が,地震のように付近の住宅等へ広がり,住民から苦情が絶えません。そのため,ライブ会場としての貸し出しにも制約がかかってしまいました。

 大阪ドームには一度訪れたことがあります。98年8月。近鉄バファローズ(当時)と西武ライオンズとの対戦。2試合観戦しました。「ムダにでかいなぁ」という印象がありました。また,一塁線・三塁線の側の客席が可動式のため,ファールグランドの一部が客席の影で,主審から見えません。ちょっと閉口しました。「これは野球を知らない人が作ったものだな。」

 先ほど紹介したドームの振動といい,ファールグランドが客席に隠れることといい,モノを作る場合,そのモノの使い勝手を考えた作りであることが大事です。大阪ドームは,使い勝手を考えないモノと批判を浴びることでしょう。そのモノを再建させることは容易ではないはず。一体どうなるのか,ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【MondaySports】四国IL 高知地元で初V

リンク: 高知新聞ニュース■四国IL 高知地元で初V 2位徳島下す■.

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【MondaySports】。
 ここのところ,NPBとJリーグの話題ばかりのこのコーナー,まず最初は,四国アイランドリーグの話題から。
 日本で初めての独立リーグ。その開幕年を優勝で飾ったのは高知ファイティングドッグス。アマチュアから独立リーグへと野球の場所を移した選手たち。いきなりの年間90試合と言う長丁場を,戦い抜くのは大変だったでしょう。その中で,46勝30敗(15日現在),2位と7.5ゲーム差をつけての優勝はまさにダントツの優勝。

 と思いたいのですが,気になるのが,このリーグ,引き分けが多いのです。27試合も引き分けがあるのです。リーグ全体の15%を占めるというのはどうも……。
 この原因はおそらく,四国アイランドリーグがリーグ戦だからでしょう。今まで選手たちの経験してきたアマチュア野球は,トーナメント戦が中心でした。そのため,「負けたら終わり」。後がないのです。その選手たちが初めて経験するリーグ戦。彼らは「負けても明日がある」ことを経験しながら,どこかで気を抜くことを憶えたのではないでしょうか。
 選手たちにとっても,この四国アイランドリーグはチャンスの場でもあるが,「このチャンスを逃したら後がない」場のはず。その意味では「活躍しなければ終わり」。一球一球が勝負のはずなんだけれどなぁ。

 引き分けが多いことについては,高知ファイティングドッグスの藤城監督も言っています。

「オレが決めて勝つ」という強い気持ち、姿勢が足りません。技術的な自信がないことも影響しているのでしょう。だったらシーズン終了後も練習あるのみ。アイランドリーグで活躍するためだけの練習なら必要ありません。NPBへ行くための練習が必要なんです。

 四国アイランドリーグは始まったばかり。来季はより一層盛り上がることを期待してます。
 そして,四国アイランドリーグを盛り上げようとご助力いただいた皆さん,ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を鍛える言葉,ストーカーと呼ばないで,オオタスセリ,鳴き声,夏目漱石,文鳥の鳴き声,東京ウォーキングマップ,立川談志……

対象日: 2005年10月10日(月)~ 2005年10月16日(日)
合計数:297

曜日 アクセス数
月 79 ★★★★★ ★★★
火 48 ★★★★★
水 48 ★★★★★
木 27 ★★★
金 34 ★★★
土 49 ★★★★★
日 12 ★


順位 検索ワード 件数
1 沢田研二 14
2 bjリーグ 5
3 心を鍛える言葉 5
4 ストーカーと呼ばないで 5
5 オオタスセリ 4
6 鳴き声 4
7 夏目漱石 4
8 文鳥の鳴き声 3
9 東京ウォーキングマップ 3
10 立川談志 3
11 芸人 3
12 落語 3

 毎週日曜日は,一週間のアクセス数と検索ワードを拾っています。
 一体私のブログにどのような検索語で検索してくるのか,毎回非常に気になります。

 今週は,「太田スセリ」(オオタスセリ)さんの「ストーカーと呼ばないで」が4位と5位にランクイン。やはり,永六輔さんの番組の影響が大きいのか。

 「心を鍛える言葉」は,白石豊さんが「NHK日本語なるほど塾」2004年12月に取り上げたテーマ。いまだにこの関連語で検索してくるというのはビックリ。それだけに反響が大きかったのでしょう。現在発売している同番組のテキストには,白石さんの連載もあります。

 意外だったのは,「文鳥の鳴き声」。私が書いた「夏目漱石」の『文鳥』の感想文の文言を検索しているのか。これには驚いています。拙い感想文なのに。来年の夏になるとまた検索でのヒット数が多いのではと密かに期待。

 「東京ウォーキングマップ」は早朝の15分の番組としては落ち着いた作り。あの程度の時間で十分。1日のロケだからあれ以上長い番組は冗長としてしまいます。これからも続いて欲しい番組。以前どなたかのブログで,「東京ウォーキングマップ」の内容をメモとしてアップしてくれた人がいたかと思います。まだやっていただけているのかな?

 「立川談志」師匠は,おそらくTBSラジオで始まった新番組の影響かな?まだ初回しか聞いていないので,私自身感想を書けない状況です。
 そういえば,もうそろそろナイターオフの番組が揃う頃。何か面白い番組はないかなぁ。
 今週もアクセス感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »