« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »

2005年1月23日 - 2005年1月29日の記事

【無責任・行くあてないのに楽しみ演芸(その他編・2月上旬)】

 先日の定席編に続きまして,各芸人が行う落語会等の中から,見に行きたいものをピックアップ。
 出展は,東京かわら版2月号。

1日(火)志の輔noにぎわい@横浜にぎわい座
 もうチケット完売。でも,先日の独演会に行ってから,ちょっとご贔屓になりました>志の輔さん。
4日(金)立川談春独演会@築地ブディストホール
 これまら26日の東西落語研鑽会を見て感銘を受けた落語家。どういう訳だか二人とも立川流。
5日(土)花形名人会@国立演芸場
 これもチケット完売。花録,談春,テツandトモ……。これだけ見られて\1,500は安い。
5日(土)柳太郎の会@お江戸日本橋亭
 木村万里さんお薦めの神田京子さん出演。
9日(水)落語教育委員会@なかの芸能小劇場
 先着100名,売り切れ必至の公演。はたしてまだチケットあるのやら。
10日(木)東宝名人会"お名残公演"@芸術座
 芸術座がなくなるというので,芸術座にお別れを告げる公演。各協会の会長が集まる。

 こんな感じかな?これ以外にも木村万里さんがお勧めの公演を自らのホームページ"まりしろ"に掲載しているので,それを参考にしてはいかがかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「深呼吸の必要」

Screen 04-24
04/06/14
「深呼吸の必要」
amcイクスピアリ16
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「清涼飲料水のような清々しさが心に残る。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

050126_223203050126_223202050126_223201050126_223101

 1月26日(水)に,ワイン会が行われました。私は,東西落語研鑽会の後,寄ってみました。ワインはあまり残っていないので,エチケットだけ撮影。ワインはほんのちょこっといただきました。でも,味はよく分からん。
 今度買ってみようかと思ったけれど,1本4,000円~5,500円程度だとちょっと手が出にくい。
 何か,ハレの日に飲むとしましょうか。

 ‥‥‥それにしても,こうエチケットを並べてみると,どれがどれだかさっぱり分からん(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の演芸(定席編)

 先日,東西落語研鑽会に行ってきました。
 ロビーでは,毎度海老名泰葉さんが,駄菓子やコロッケパンを売っています。今回は,それ以外にぴあが「落語ワンダーランド」を発売。また,東京かわら版が「東京かわら版」の最新号を販売していました。

 私は,ちょうど東京かわら版を買おうと思っていたので,これ幸いと買い求めました。中を見てみると,非常に情報が濃い。思わず,中をじっくりと読んでしまった。

 で,【無責任・まだ見てないのにお薦め映画】ではないですが,この東京かわら版に基づき、【無責任・行ってもないのにお勧め寄席】をお送りしようと思います。今回は定席編。

・上席(1日(火)~10日(木))のお勧め;新宿末廣亭・昼席
 末廣亭の昼席は,主任が小朝師匠。他は,いっ平・こぶ平と兄弟三人がそろい踏み。他注目している歌武蔵・喜多八が出演。こぶ平がこぶ平でいられるのもあとわずか。必聴。

・中席(11日(祝)~20日(日))のお勧め;永田町・国立演芸場
 国立演芸場中席は,仲入り後は大喜利と称して鹿芝居「芝浜皮財布」を上演。お楽しみに。

・下席(21日(月)~28日(月))のお勧め;上野鈴本演芸場・夜席
 鈴本夜席は,さん生と花録のデュアル落語を上演。どんなことになるのやら。私は花禄が苦手なのでパスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「永遠のモータウン」

Screen 04-23
04/06/01
「永遠のモータウン」
シネ・アミューズ イースト
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「モータウンサウンド万歳!!の108分。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【無責任・まだ見てないのにお薦め映画】1/27

 2月1日は映画サービスデー。私はこの日非番なので,朝から晩まで映画を見倒そうかと思います。
 で,何を見ようかと雑誌「ぴあ」を購入。品定めをしています。

 ここでは,これから見ようと思っている映画を紹介します。
 (実際に見に行くかどうかは不明)

・「オペラ座の怪人」
 舞台ミュージカルの映画化と言えば,「シカゴ」が思いつきます。この作品の出来はどうなんでしょうか_
(1/29~各劇場にて公開)

・「Ray」
 今はなきレイ・チャールズの伝記映画。まず予告編が良かった。
(1/29~各劇場にて公開)

・「またの日の知華」
 一人の役を4人の女優が時代毎に演じていく。「ゆきゆきて神軍」の原一男監督が初めて作る劇映画。
(2/10迄シネマスクエアとうきゅうにて公開中)

・「野田版・鼠小僧」
 シネマ歌舞伎第一弾。歌舞伎を撮影し,映画として上映。歌舞伎を見た人も見なかった人も,是非。
(2/4迄東劇にて公開中)

 ざぁっとみて,こんな感じかな?まだぴあは見慣れない。いろいろと映画を探すのが大変だ。
 何を見るかは,レポートを待て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「キッチン・ストーリー」

Screen 04-22
04/06/01
「キッチン・ストーリー」
Bunkamura ル・シネマ1
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「心温まる男と男のホームドラマfrom北欧。」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NEWS@nifty:米ワースト映画選ぶラジー賞、主演男優賞にブッシュ氏らノミネート(ロイター)

@nifty:NEWS@nifty:米ワースト映画選ぶラジー賞、主演男優賞にブッシュ氏らノミネート(ロイター)

 やはり,アカデミー賞の話をしたら,こちらの話をしないと。
 今回のゴールデンラズベリー賞,「キャットウーマン」が多くの部門にノミネートとのこと。この映画が公開された頃,アメコミヒーロー物の映画が連発され,食傷気味だったのを簿得ています。「デアデビル」が公開されたとき,「何?これ?原作すら知らないよ。」と予告編に突っ込みを入れていた(勿論心の中で)のを思い出しました。
 そして,満を持して,最後にこの映画。ハル・ベリーは「X-MEN」シリーズでも出演しているのに,「キャットウーマン」まで出るなんて,ちょっと節操がないというか,アカデミー賞受賞女優でなんだから,少し,仕事選んでほしいよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEWS@nifty:アカデミー賞候補、「アビエイター」が11部門(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:アカデミー賞候補、「アビエイター」が11部門(読売新聞)

 作品賞候補は,
「アビエイター」
「レイ」
「ミリオンダラー・ベイビー」
「ネバーランド」
「サイドウェイ」
 の5作品。やはり,「ネバーランド」は入ってきたか。個人的には「レイ」が気になるところ。
 他の3本については,映画に関する情報がないので何も言えない。ま,配給会社が「アカデミー賞ノミネート!!」と大々的に宣伝をするのでそれを楽しみにするか……。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「地球交響曲<ガイア・シンフォニー> 第二番」

Screen 04-21
04/05/17
「地球交響曲<ガイア・シンフォニー> 第二番」
ラピュタ阿佐ヶ谷
評価(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「心地よく眠りにつける作品。自然賛歌。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

050124_203201

 先日の「瀧の音」がようやく飲み終わり,たまには趣向を変えてビール(発泡酒)なんぞを。
 いわゆる地ビール。しっかりした味でおいしかった。缶には「冷蔵庫で保存する時はさかさまに」なんて書いてありましたが全く気付かず,そのまんま普通に冷蔵庫で冷やしちゃいました。
 それでもおいしいんだから……また買おうかな?

 (05/01/24開栓)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区縦断記

 毎日毎日映画の紹介,それも一行批評だけだと,私自身も飽きてしまいます。そこで,趣向をかえて,2004年の博物館等の探訪記「月イチあミュージアム」をお送りします。

 「月イチあミュージアム」とは,私が勝手に考えた造語。月に一度は博物館に行こうよ,博物館で楽しもうよ,という考え方を表したもの。これまでに,あちこち博物館に訪問したり,鉄道会社が主催するウォーキングイベントに参加したりしていろいろなものを楽しみました。

 今回は,2004年2月22日(日)に亀戸駅から向島・押上方面まで散歩した話を載せます。
 以前,私の発行したメールマガジンに記載した文章を多少直してお送りします。

  ━  ━  ━  ━  ━  ━  

 やぁ、みなさん、こん※※は。いかがお過ごしでしょうか?翔太です。
 今回の探訪先は、墨田区。亀戸(ここは江東区)から、いろいろと歩き回ります。
 まず最初に訪れたのは、亀戸サンストリート。いつも総武線の車窓から、見ていて一度行ってみたいと思ってました。
 行ってビックリ。日曜の午前中というのににぎやか。子供たちを中心に遊び回ってます。中央の広場では、風船を配ったり、蒸気機関車(タイヤはゴム製)が走り回ったりとちょっとしたお祭り状態。百貨店やスーパーなどの基幹店がないのにここまで賑やかなのには脱帽。


 次に訪れたのは、亀戸天神。

●●●【名    称】亀戸天神社
●●●【所  在  地】東京都江東区亀戸3-6-1
●●●【 電話番号 】(03)3681-0010
●●●【 入場(館)料 】無料
●●●【開場(館)時間】*
●●●【定 休 日】*
●●●【最 寄 駅】JR総武線・東武亀戸線亀戸駅より徒歩15分

 梅には早かったけれど、早生の品種は咲いていました。この時期は空いていたので、良かったです。
 境内奥の神輿庫が11基分あったのには驚いた。


 この後、墨田区に入り、あちこち歩き回ります。どこをどう歩いたのかちょっと覚えていません。歩いていて驚いたのは、コンビニエンスストアにぶつからなかったこと。大通りを避けていたせいもあるかもしれない。その代わり、銭湯が多い。亀戸天神社の裏にもあったな。それから、小さな神社にも神輿庫があり、シャッターには○○一丁目、○○二丁目と丁目ごとの表記。これだけの神輿を維持するのはすごいことです。

 墨田公園までやってきたら「すみだ郷土文化資料館 440m」の文字。これは寄ってみるべし。


●●●【名    称】すみだ郷土文化資料館
●●●【所  在  地】墨田区向島2-3-5
●●●【 電話番号 】03-5619-7033
●●●【 入場(館)料 】大人100円
●●●【開場(館)時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
●●●【定 休 日】毎週月曜および毎月第四火曜、年末年始
●●●【最 寄 駅】都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅
           東武伊勢崎線業平橋駅8分


 墨田区の郷土文化を展示する博物館。早慶レガッタや墨提のジオラマとか見所はそこそこ。墨田区が近代マッチの発祥の地というのは、"へぇ"×6くらい。 3階の特別展示では、企画展「描かれた東京大空襲-絵画に見る戦争の記憶-」が開催されていました(~2004/03/21)。
 戦争を語り継ぐ、と講演会等は良く聞きますが、戦争体験者に絵を描かせるというのは、あまり聞かない。今回、この資料館ではそれをやった。絵の出来不出来というのは、どうでもいい。その絵の持つメッセージの強さに圧倒される。暗闇の中、炎柱が上がる姿を世田谷から見た、という絵に思わず心を引かれた。まさか、「宇宙戦艦ヤマト」で描かれた炎柱が現実にあるとは思いも寄らなかった。

 資料館を出た後、向島へ向かう。「アド街ック天国」で紹介された【言問団子】【長命寺桜もち】【志満ん草餅】【吉備子屋】の店の前を通る。でも、買わなかった(T.T)。いや、買おうと思ったんだ、長命寺の桜もち。でも、6個入り1,200円を持ち歩いての散歩はちょっと辛いと思ってあきらめました。


 ここで、ちょっとした逸話が。
 長命寺の脇、日だまりで猫が寝そべっている。この暖かさ、日だまりの昼寝は気持ちよさそう。思わず「ニャ~」と声をかけた。
 すると、寝ていた猫も「ニャ~」と返事。その後私の元へ駆け寄ってくる。嬉しくなってしゃがんで、身体をなでてあげると、その猫、一所懸命すり寄ってくる。かわいいじゃないか。
 亀戸天神社で出会った猫は、昼寝しているときは完全に仰向けで寝ていたが、声をかけたら、急に戦闘態勢に入っていたぞ。
 しかし、長命寺の猫、すり寄った後、私に後ろ姿をひたすら見せる。見るとメスだ。身体をすり寄せながら「ニャ~」と鳴くと後ろ姿を見せる。後ろ姿を見せたかと思うと、「ニャ~」と鳴きながら身体をすり寄せる。

 ……この猫、発情している。
 私に交尾を求めているのだ(爆)。いくらなんでも、私は交尾の相手になりたくない。そそくさと逃げてきました。

 向島百花園へ行く途中。ふと懐かしい風景に出会った。以前、ここに私の叔父が住んでいたのだ。何度か訪れ、側の交通公園で自転車をこいで遊んだこと思い出した。今では埼玉県に引っ越し、ここには住んでいないが、ちょっと懐かしくなって、付近を散策した。交通公園は今なお健在で、親子連れが遊んでいる姿を見た。しかし、叔父の住んでいた家は確認できない。ただ、交通公園の隣接していた場所が介護施設建設とかで工事をしていた。
 ここで遊んで記憶がかすかながら思い出されたが、今更ながら、この付近の地理を見てびっくりした。ここは、さだまさしの曲「木根川橋」の舞台、白髭神社の側なのだ。いやぁ、驚いた。


 こんなところにも寄りました
●●●【名    称】墨田住宅センター木造建築資料館
●●●【所  在  地】墨田区堤通1-7-16
●●●【 電話番号 】03-3612-7724
●●●【 入場(館)料 】無料
●●●【開場(館)時間】10:00~16:00
●●●【定 休 日】毎週土曜日と毎月第四日曜日以外
●●●【最 寄 駅】東武伊勢崎線東向島駅10分
●●●【関連homepage】墨田区「小さな博物館」の一覧

 ただ、展示ケースに大工道具が飾られているだけなんですよね。でも、普段、仕事しているときに声をかけられたら、説明してくれるのかな?


●●●【名    称】向島百花園
●●●【所  在  地】墨田区東向島3-18-3
●●●【 電話番号 】03-3611-8705
●●●【 入場(館)料 】一般150円
●●●【開場(館)時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
●●●【定 休 日】年末・年始
●●●【最 寄 駅】東武鉄道伊勢崎線「東向島」下車徒歩8分
           京成電鉄押上線「京成曳舟」下車徒歩13分
           都営バス亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車徒歩3分
●●●【関連homepage】東京都公園協会
●●●【関連homepage】東京下町ポタリング(向島百花園を紹介)


 亀戸天神社を訪れたとき気付くべきだった。梅にはまだ早い。
 でも、なかなか落ち着いた雰囲気でOK。
 ここに入った際、まずトイレへ行こうとトイレを探して、トイレに向かった瞬間、花の香りがほのかに鼻をくすぐる。ふと周りを見渡すと、白梅「白加賀」が咲いている。思わず立ち止まってしまった。紅梅では「道知辺」が咲き誇ってました。

 ここで、トリビアの泉をもうひとつ。
 春の七草は皆さん御存知ですね。
 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」
 なんて覚えましたね。
 秋の七草も結構有名だったりします。私も七つ全てを暗唱は出来ませんが、あるというのは知っています。調べると、
 ハギ キキョウ クズ ナデシコ オバナ(ススキのこと) オミナエシ フジバカマ
「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」
   山上憶良(万葉集 巻八)
 なんて歌もあるようで。

 で、ここからが本題。"夏の七草"もあるんですよ。
 「きくきょう 蓮 おみないし しますすき また小車に 剪翁(せんのう)の花」がそれ。

 あれ、おみなえし(おみないし)が秋と重なっているぞ、という突っ込みはナシね。今回、珍しくメモを取ってこないで、後からインターネットで調べたんで、ちょと自信なし。でも、向島百花園では、立札に七草の紹介とそれを選定した文人のが掲げられていました。

 これ見た瞬間、私、心の中で"へぇ"×10回押してました。今度ここに来たらちゃんとメモしておこう。
 どちらかと言えば、この向島百花園は、春来るより夏から秋にかけてくるべき。夏には虫の音を聞く会、秋になれば名月を愛でる夜間開園と叙情たっぷりの園。今回はとりあえず、顔合わせというくらいで。

●●●【名    称】東武博物館
●●●【所  在  地】墨田区東向島4-28-16
●●●【 電話番号 】03-3614-8811
●●●【 入場(館)料 】一般200円
●●●【開場(館)時間】10:00~16:00(入園は16:00まで)
●●●【定 休 日】毎週月曜・年末年始
●●●【最 寄 駅】東武鉄道伊勢崎線「東向島」下車

 この日最後に訪れた場所。中に入った瞬間、蒸気機関車のデモが目の前に。これにはビックリ。
 中は、鉄道の基本的なことを紹介している。
 この博物館の特徴は、
1 シミュレーションが多い。
 電車・バスの運転が出来るシミュレーションが多い。他にも模型を動かせるものがあったりと。結構面白い。σ(^^;)は恥ずかしくて運転できないけれど。
2 線路を下から覗ける。
 ウォッチングプロムナードと称して東向島駅のホーム下から電車の車両が覗けたりします。これは駅の下に造った博物館の特徴でしょう。
3 入館記念定期券がもらえる。
 定期券を発行してもらえ、その定期券でスケルトン自動改札機をくぐれます。私もちゃっかり作ってもらえました。

 ざぁっとこんな感じ。さすがに、書いていて私も疲れました。こんなにも回ってきたのか。でもキロ数にして今回は10kmないんだよね。
 今度はどこに行きましょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロスト・イン・トランスレーション」

Screen 04-20
04/05/14
「ロスト・イン・トランスレーション」
amcイクスピアリ16
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「普段見る東京がここまで美しくなるとは……。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホーンテッド・マンション」

Screen 04-19

04/05/07
「ホーンテッド・マンション」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「映画化のアイデアはいいが物語が中途半端。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の検索ワードから

 ココログを「プラス」に料金変更したら,検索ワードランキングが分かるようになりました。どんな検索語で引っかかるかを見てみました。

まずは,先週の検索ワード。
2005年01月10日(月)~ 2005年01月16日(日)
順位 検索ワード 件数
  1 太田スセリ  3

 おぉ,12月16日付けで「女性芸能人の住所を知ってしまった」とかいうものだ。これが3件も引っかかるとは。やはり彼女について,知りたい方いらっしゃるんだ。太田スセリさん,お勧めですよ。先日もライブしてましたし(私は仕事で行けず)。

さて,今週は……
対象日: 2005年01月17日(月)~ 2005年01月23日(日)
順位 検索ワード         件数
 1  女はみんな生きている   9
 2  デジカメ散歩 ブログ版   3

 「女はみんな生きている」という映画について検索している方,いらっしゃるようです。ここ何日かコンスタントに検索されてました。どんな映画か興味をもたれているのでしょう。
 検索している方に申し上げます。
「『女はみんな生きている』,お勧めですよ。是非,DVD見てくださいねぇ。」

 「デジカメ散歩」「ブログ版」は,ここにもコメントを残していただいた humsum さんのブログのタイトル。検索して下さったのでしょう。わざわざ,コメントまで残していただいて,感謝です。

 今朝,検索ワードランキングを見たら,
対象日: 2005年01月23日(日)
順位 検索ワード         件数
 1  Jリーグ 論文 2004年   2

というのが,あった。ひょっとしたら,大学のレポートで大学生がJリーグ関連の論文掲載のブログを探しているのだろうか? もし,そんな方がいるのなら,申し上げたい。
「ブログ見るより大学の図書館に行ってください。図書館所蔵の論文集をあたった方がはるかにいい論文見つけられるぞ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グッバイ レーニン!」

Screen 04-18
04/04/19
「グッバイ レーニン!」
恵比寿ガーデンシネマ1
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「物語の焦点ボケてたがホームドラマか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »