« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »

2005年9月4日 - 2005年9月10日の記事

8月の目標をクリアーしました。

9月も10日。早いところ,8月の目標達成度を確認しないと。

 8月の目標は,

8月:POTを20日更新する。毎年夏場になると、更新が鈍くなります。そこで、今年は8月に20日の更新を目標にします。3日に2日。頑張ればできる。

 でした。
 結果は,ご承知のとおり,無事クリアー。8月も,毎日記事をアップしました。9月8日には,元日以来250日連続ブログ更新を達成。継続は力なり。記事のセンスのない私にとっては,継続だけが売り。先月の「先月の目標はダメ,さて今月は?」では,「ブログに飽きた」とは言ったものの,どうにかこうにか続いています。

 さて,今月の目標は。

9月:誕生月です。誕生日には仕事をしない。休みを取るぞ。

 どうでしょうかねぇ。一応,仕事を入れず,休みにはしてありますが,どうなることやら……。

 あ,そうそう,今月はネクタイ買わないと。「月に1本はネクタイを買おう。」という目標もあったっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街中でトイレ

 を探すことがよくある。
 出歩く機会が多いせいかもしれない。ま,このブログの読者なら,納得していただけるかもしれない。

 街中を歩いていて,トイレを探す際,最初の候補が百貨店やショッピングセンターのトイレ。やはり,こういったところのトイレは清潔だ。用を足していても,気分がいい。
 ところが,百貨店の中,トイレを探すのは一苦労だ。華やかなディスプレイがあちこちにあり,「WC」の案内板は抑え目の表示。探すのが大変。自分の事情が切羽詰ってくると深刻さは増す。

 で,最近コツをつかんだ。いくつかのコツとは……

1 フロア案内をよく見る。
 これが一番。エスカレーターの脇などには必ずフロア案内がある。これを見るのが早い。変に勘を働かせるとろくなものではない。

2 地下よりも上へ上がれ。
 地下の食品売り場は,混雑していることが多い。それなら,上に上がったほうがいい。婦人服売り場の男性トイレは好いている可能性が高い。その反面,男性トイレ自体がない場合があるので要注意。

 そして,最近気付いたことがある。
3 トイレは,階段の側にある。
 考えてみれば当たり前のことだ。しかし,なかなか思いつかなかった。あちこち探し回ってようやく気付いた。
 なぜ,トイレは階段の側にあるのか?
 百貨店は,頻繁にフロアの改修や模様替えを行う。そのため,トイレと言った必要不可欠なもので,かつ,移動が面倒なもの(配管があります)は,可能な限り移動しないようにすることが大事。それで,他に移動しない階段の側に置けば,階段・トイレ周辺を改装しなくて済む。だから,トイレは階段の側にあるのです。百貨店によっては,階段の踊り場にトイレの入口を設けているところもある。なるほど,トイレ・階段の一体化だ。

 この知識,結構使えますよ。トイレを探す。見つけた。しかし,中は満杯。どこへ行こう。そばの階段から上へ上がる。上の階のトイレを見る。満杯。また上へ。この繰り返しで,結構いける。もし,最上階へ行っても満員の場合は,下へ下がれば,また,同様にトイレがある。

 百貨店内でトイレを探す際は,参考に。……無駄な知識だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第82回ワイン会

083100010831000208310003

 回を重ねて第82回。ワイン会の報告です。
 今回はフランスの白ワインの特集です。

 まず最初は,ブルゴーニュのアリゴテ。96,97,98の3本。
 96年の香りは堅い感じ。私の好みではない香りです。
 97年は色に特徴が。もう,見るからに黄色い。
 98年はフルーティーな香り。

 この3本は,私にとってはがぶ飲みワインの部類(汗

0831000408310005

 続いては,ブルゴーニュのシャルドネを2本。

 99年と98年。
 もう,この頃から,ワインの味や香りをチェックすることなど無くなってきました。
 印象に残っているのは,アリゴテに比べて甘い感じがしたと言うこと。

 今頃何ですが,このエチケット,ほとんど同じなんですよね。
 一応,ヴィンテージが分かるように,年号が写るように写真を撮りました。
 なもんで,エチケットが少し,寄っているのです。

0831000608310007


 ラストは,
 サントーヴァンの97年と
 ムルソーの98年。

 少ししかいただけませんでしたが,香りは華やか。
 次回ワイン会は9月の終わり頃。詳細が分かりましたらこのブログにも載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【off TV】第8回 アカデミックな番組「階段教室」

【off TV】こんなテレビを見てみたい
第8回 アカデミックな番組「階段教室」

 昨年秋,ある番組が放送開始。タイトルを見た瞬間,「やられたぁ!」と思った。
 その番組の企画は,私が考えている企画と類似していたからだ。

 「世界一受けたい授業」

 各界の著名人に,授業をしてもらうというもの。スターと直後はよく見ました。
 金田一秀穂・秋山仁・米村でんじろう・齋藤孝……。多くの著名人が,様々な学問をユニークに分かりやすく教えてくれた。
 が,何ヶ月か見ていくうちに思った。
 内容が……,ちょっと物足りない。
 番組開始当初,内容は新書のさわりの部分くらいだったように思う。それも,いいところでオシマイ。勿論,出演している新書の筆者にとっては,実際に本を買って欲しいと思うのが本音。仕方ないとは思うが,そのために番組の内容というか質が下がってしまっては,元も子もない。

 番組自体は面白く,毎週のように録画し,見ていたが,一度録画を忘れたら,それからほとんど見なくなった。別に見られなくても「しまった!」と後悔することもなかった。

 もし,私がこのような番組を作るとしたら,面倒かもしれないが毎週ロケ。それも毎回違う大学の大教室(学生の席が階段状になっている「階段教室」)で行います。
 予め大学の先生と打ち合わせをして,番組の時間内に収まるテーマと内容にしてもらいます。

 番組冒頭では,大学の案内と先生の紹介。そして,今回の番組のテーマを紹介後,先生の授業。およそ40分程度で,その学問の一テーマについて,エッセンスを語ってもらう。もっとも,この時間で全てを語ることは難しい。でも番組を見た人に「あぁ,この学問って面白い」と思っていただき,一人でも多くの人が,「この学問を研究したい」と思えるような番組を作りたいなぁ。

 ただ,一つだけ条件があります。それは,「一発撮り,編集なし」というもの。大学の先生は話すのが下手な人が多く,40分程度の話と言いながら,冗長に90分喋るってこともあるかもしれない。そういう場合は,ぶっつりと後半を切ってしまう。こんなことをすれば,大学側からクレームが来るでしょう。しかし,「時間内に人に理解してもらえるような話をする」というのは教鞭をとる人間にとっては必要不可欠。この番組を通じて,大学の教える側のレベルアップを図るというのも,実は隠れた狙い。

 これから,大学は冬の時代を迎えます。大学の入学者定員数が18歳の年齢人口を上回る日も近い,と聞いています。是非,この「階段教室」という番組を通じて,大学の広報をして欲しいものです。
 どこかのテレビ局,やりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月のお薦め

9月に入り,今月の気になるものをチェックしてみました。
映画・演芸・スポーツいろいろ……。

公開中の映画
「愛についてのキンゼイ・レポート」
「ヴェラ・ドレイク」@銀座テアトルシネマ
「映画 日本国憲法」@ユーロスペース(~9/9)
「輝ける青春」@岩波ホール
「サマータイムマシン・ブルース」
「SHIROH」<映像版>@シネクイント(~9/9)
「チーム★アメリカ/ワールドポリス」
「春の底」@UPLINK X(~9/9)
「ヒトラー/最期の12日間」
「ふたりの5つの分かれ路 」
「メゾン・ド・ヒミコ 」
「運命じゃない人」@ユーロスペース

6日(火)
「第14回東西落語研鑽会」@よみうりホール

6日(火)・7日(水)
「絹10」@しもきた空間リバティ

8日(木)
小ゑん・喜多八試作品@落語協会2F

9日(金)
黒門亭(夜席)"正調タイガー&ドラゴン"@落語協会2F
「厩火事」「明烏」「粗忽長屋」「饅頭こわい」

10日(土)~
「せかいのおわり」@シネ・アミューズ

10日(土)
Xリーグ開幕
オール三菱 vs 富士通 @川崎球場
J1
FC東京 vs 清水 @国立霞ヶ丘競技場
「気軽に志ん輔」(第5回)@お江戸日本橋亭
「柳家権太楼独演会」@横浜にぎわい座
「立川談春独演会 談春四季の会『秋』」@横浜にぎわい座
「居酒屋寄席~秋の会~」@居酒屋ニュー信州
都営・鳥取 ふれあいウォーク@都営浅草線戸越駅スタート&ゴール

10日(土)・11日(日)
「春夏秋冬,そして春」@新文芸坐

11日(日)
Xリーグ
ON-SKY vs 明治安田L.A.
オービック vs 東京ガス @川崎球場
「雲助・志ん橋・喜多八 九識の会」(第18回)@お江戸日本橋亭
「我らの高田"笑"学校~しょの25」@紀伊國屋サザンシアター

12日(月)
Xリーグ
鹿島 vs ルネサス @東京ドーム
「志らくのピンPart3 古典落語編」@千代田区内幸町ホール
「昇太ムードデラックス」@本多劇場

13日(火)
Xリーグ
アサヒビール vs 学生援護会 @東京ドーム
「昇太ムードデラックス」@本多劇場

14日(水)
Xリーグ
日産 vs IBM @東京ドーム

15日(木)
「立川志の吉独宴会! その二十四」@巣鴨庚申塚Studio FOUR

16日(金)
「東京落語会」(第555回)@イイノホール
「有楽町噺小屋」(第3回)@有楽町ニッポン放送3F
「近日真打」(最終回)@末広亭
「太田スセリライブ」@四谷コタン

17日(土)~
「シンデレラマン」
「ルパン」

17日(土)
J1
横浜M vs FC東京 @日産スタジアム
ラグビーTOPリーグ開幕
三平堂落語会(第73回)@ねぎし三平堂

18日(日)
駅からハイキング
小田急電鉄との合同ウォーク 初秋の公園めぐり(恵比寿駅~梅ヶ丘駅)

20日(火)
「立川談春独演会 "立川談春,秋のうだうだ…"」@博品館劇場

20日(火)・21日(水)
絹10@しもきた空間リバティ

21日(水)
「にっかん飛切落語会」(第301夜)@イイノホール
「志の輔落語21世紀は21日」@明治安田生命ホール

23日(金)
Xリーグ
富士通 vs 東京ガス
オービック vs 明治安田L.A.@川崎球場
「下丸子らくご倶楽部」@大田区民プラザ

24日(土)~
「娼婦たち」

24日(土)
Xリーグ
日産 vs ルネサス
鹿島 vs 学生援護会 @川崎球場
J2
横浜C vs 草津 @江戸川陸上競技場
「国立名人会」(第282回)@国立演芸場
「土曜ひる寄席」@市川市文化会館B1

25日(日)
Xリーグ
ON-SKY vs オール三菱
アサヒビール vs IBM @川崎球場
J1
FC東京 vs 大分 @味の素スタジアム
「柳家権太楼 日曜朝のおさらい会」(第44回)@池袋演芸場

28日(水)
「三越落語会」(第257回)@三越劇場

28日(水)~30日(金)
渋谷繁盛亭@セルリアンタワー東急ホテル ボールルーム

29日(木)
「落語協会特選会"落語睦会"」@池袋演芸場
「落語研究会」(第447回)@国立小劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】欽ちゃん、4強成らず NOMOクに惜敗

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 欽ちゃん、4強成らず NOMOクに惜敗.

 都市対抗野球が終わったばかりなのに?と思うかもしれない。私も思った。
 今回の大会は,全国のアマチュア野球チームのうち,クラブチームが出場できる大会。今回の大会にはやばやと茨城ゴールデンゴールズは出場を決めていた。
 全国から32チームが出場。1回戦を15-1と大勝。準々決勝へと勝ち上がっていた。
 準々決勝は,NOMOベースボールクラブ。野茂英雄投手が立ち上げたチーム。アマチュア野球を盛り上げているチームの一つ。

 NOMOベースボールクラブは,先ほど行われた都市対抗野球1回戦で苦杯をなめたチーム。今回の大会は,と意気込んでいたに違いない。

 この試合終了後,負けた茨城ゴールデンゴールズの萩本欽一監督は,

「負けてまた野球に恋しちゃったよ」

 と言っていた。今までのショービジネスのように自分の脚本・演出通りにならないという,スポーツの面白さを知ったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】開幕!NFL

リンク: nikkansports.com > スポーツTOP > NFL > 渡辺史敏の「NFL最前線」.

 NFLネタをもう一本。
 9月8日(アメリカ東部時間),NFL2005シーズンが開幕します。
 私の好きなペイトリオッツと,レイダーズとの試合が開幕戦です。

 4年間で3度の優勝をしたペイトリオッツ,果たして,史上初の3連覇できるか,注目です。
 なぜ,ここまでペイトリオッツが強いのか。

 試合開始前,選手が入場する際,看板選手を一人一人名前を呼んで,フィールドへ入ってくる,ということを全くしないんです。選手入場というと,全ての選手が固まって,鼓舞し合いながら入場してくるのです。選手一人一人がヒーローなのだ,という意識の表れなのか?

 また,サラリーキャップ制のNFL。一人が高額のギャラをもらうと,他の選手はその影響を受けます。ペイトリオッツは,破格なギャラをもらう選手がいないため,昨年の選手が流出しにくい仕組みになっています。

 あ,そうそう。10日からは日本国内の社会人アメリカンフットボール,Xリーグも開幕。
 秋から冬は,フットボールが熱い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】カズ“世界”にNO!クラブ選手権よりJ2

リンク: Yahoo!ニュース - 夕刊フジ - カズ“世界”にNO!クラブ選手権よりJ2.

 この記事,知らなかった。カズにオーストラリア移籍の話題があったとは。
 しかし,今回,丁重に断ったとか。まぁ,オーストラリアに移籍したから,どうのこうのと言うわけにはいかないよね。

 まずは,こうして日本でカズ&城の2トップが見られるというのが嬉しいものです。
 早く見に行かなくっっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】悩めるFC東京のスピードマスター,石川直宏

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - セリエA・トレビゾがFC東京・石川に正式オファー.

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 石川、トレビゾへ申し出断る=F東京に残留-Jリーグ.

 石川直宏選手について,書こう書こうと思っている間に,移籍話が持ち上がっていた。
 イタリアサッカーリーグ・セリエA,トレビゾが獲得を打診。正式なオファーがぎりぎりだった点,FC東京側のチーム事情等により,移籍を断ることとなった。

 移籍期限ぎりぎりの8月29日に獲得を正式表明すると言うのは,選手本人も悩むだろう。また,移籍交渉が失敗したときの別の手段を考えると,ちと辛いものがある。ま,今回の話はセリエAではない。石川直宏だ。

 何で,彼,石川直宏のことを書こうと思ったのか。それは,今季,彼のプレーが,いや,チームのプレースタイルに変化を感じたからだ。
 昨季まで,FC東京はボールを持つと,右へ右へと流れる傾向があった。ボランチから,ためを作って,右の石川もしくは加地へ。右サイドをドリブルで駆け上がっていくうちに,左サイドや真ん中が走り込んで,センタリング。というパターンをよく見かけた。

 東京のゴール裏は右サイドのドリブルでは,二拍子の拍手で,センタリングの前になると「ぅぉおおおおおお~」とまるでコーナーキックの際の応援のような声を上げていた。FC東京にとって,サイドからの切り崩しというのが,持ち味であった。そして,昨季の試合観戦では「何で左サイドから"も"攻めないのか」という疑問を,私は持ち続けていた。

 しかし,今季,右サイドへボールが流れることは減った。ボールは左サイドへ動くようになった。今季,左サイドは,戸田や鈴木規郎などメンバーが替わることが度々あった。だが,ボールは左サイドへと流れていく。
 ときどき,右サイドへボールが流れるときはある。しかし,ボールを持った石川は,何かおかしい。昨季までとはどこかが違うのだ。ボールを取られたり,センタリングやシュートまで持って行けないまま終わることがしばしばある。

 どうしてか?
 理由はいくつかあると思う。一つは,相手チームが研究してくること。昨年はナビスコカップというタイトルを取った。それによって,相手チームから一目置かれるチームとなり,研究が進んだのだろう。「FC東京の右サイドを止めろ」という指示が徹底されれば,石川は潰される。

 他に考えられることは,石川自身が悩んでいる,ということ。昨季までのようにうまくボールをさばけない。相手が研究してくる。では自分はどうしたらいいのだろう?ほんの些細な悩みが,自分のプレースタイルを全て否定してしまう,そんなことにまでなってないか?
 いつもの石川なら,まっすぐに駆け上がっていくのに,少し,臆病になりながらドリブルしていく。どこへ出したらいいのだろう?どこへドリブルしたらいいのだろう?そんなことを考えながら,ボールを持ってしまっては,相手DFに追いつかれてしまう。取られてしまう。

 では,どうしたらいいのか?どうやって昨季のようなスピードマスター石川直宏が復活するのか?

1 ボールを持ったら,考えるな。
 ボールを持ったら,自信を持って突き進んで欲しい。悩んではいけない。悩んで足が止まっては,ボールを取られてしまう。石川の武器はスピード。それを自ら殺してはいけない。

2 ボールを持つ前に考えろ。
 ボールを持ってから,考えるのではなく,ボールを持つ前にプレーの複数の選択肢を考えて欲しい。サイドを駆け抜けるのか?中へ切れ込んでいくのか?大きくサイドチェンジをするのか?相手の動きを見ながら,複数の選択肢が念頭の置けば,ボールを持ってから悩むことはないと思う。

3 練習では,新しい動きを身につけよう。
 試合で,いつも同じ動きをしていれば,相手に読まれてしまう。相手を攪乱させる意味でも,いつもと違う動きが出来れば,と思う。今すぐに新しい動きを実践しては,チームメイトすら攪乱してしまう。今季終盤から来季に向けて,今までとは違った動き(ポジショニングの変更等)を身につけて欲しい。


 石川が,はつらつと動けるような試合運びになれば,チームは浮上するだろう。石川が悩み続けるような試合が続けば,チームは停滞するだろう。FC東京は"石川直宏のチーム"ではない。しかし,彼がチームの善し悪しを計るバロメーターである,そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NFLが立命大と提携 初の日本人選手誕生へ

リンク: Yahoo!ニュース - 京都新聞 - NFLが立命大と提携 初の日本人選手誕生へ.

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【MondaySports】。
 まず,最初にお届けするのは,NFLから。それもNFLプレビューではなく,日本のお話。
 NFLジャパンと立命館大学が提携し,有望な人材を発掘。大学生として学びながら,アメフト選手として英才教育を施し,NFLヨーロッパへ参加させていくというもの。

 NFLは日本をはじめとしたアメリカ国外への普及活動に力を入れており,1989年から日本でプレシーズンマッチを開催。今年も,8月6日に"NFL TOKYO 2005"として,コルツ対ファルコンズの試合が行われた。また,各世代へのNFLの浸透を図るための普及活動も行い,小学生を対象にした,フラッグフットボール大会も行っている。

 アメリカ人選手以外のNFLプレーヤーは数が少なく,全体の1%程度。特に日本人の場合,言葉の壁が大きく,何人もの日本人が挑戦しても,なかなかNFLプレーヤーにはなれなかった。今回,この日本人選手の発掘は,言葉の壁をも考慮にしたもので,日本人初のNFL選手も夢ではないように思える。

 ま,それよりも,まずアメリカンフットボールそのものの普及をはからないと。ルールを知らない人多いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のアクセス解析

対象日: 2005年08月29日(月)~ 2005年09月04日(日)
合計数:308

曜日 アクセス数
月 58 ★★★★★ ★
火 47 ★★★★★
水 51 ★★★★★
木 52 ★★★★★
金 42 ★★★★
土 41 ★★★★
日 17 ★★

順位 検索ワード 件数
1 沢田研二 18
2 駅からハイキング 14
3 太田スセリ 8
4 西口文也 7
5 葛西臨海水族園 6
6 感想文 6
7 夢十夜 6
8 文鳥・夢十夜 5
9 夏目漱石 4
10 成田夢露 4
11 文鳥 3
12 読書感想文 3

 最近,一週間が過ぎていくのが早くなっていくような気がしてなりません。何ででしょう?この前「一週間のアクセス解析」したばかりなのに……。

 今週は,「沢田研二」が首位を奪還しました。先週1位の「葛西臨海水族園」は5位へ後退。ま,夏休みが終わりましたからね。

 で,夏休み終盤の読書感想文向けに書いた【夏休みの宿題】は,残念ながら『文鳥・夢十夜・永日小品』しか書けませんでした。『吾輩は猫である』はまだ全然進んでいません。来年の夏休みシーズンには読書感想文を書けるようにしたいと思います。

 今週もご愛読感謝。来週もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »