« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »

2005年7月17日 - 2005年7月23日の記事

駅からハイキング「隅田川の橋めぐり第2回(上野~馬喰町)」

駅からハイキング
「隅田川の橋めぐり 第2回(上野駅~馬喰町駅)」
ルート:約11km
上野駅~かっぱ橋道具街~桜橋~言問橋~吾妻橋~駒形橋~厩橋~蔵前橋~両国橋~馬喰町駅

・2005年の駅からハイキング,首都圏ハイキングはいくつかの継続ものがあります。その内の一つが今回の隅田川の橋めぐり。非常に興味深いものがあります。それもそのはず。以前,友人たちと隅田川に沿って散歩しようと10人ほどで,この隅田川を散歩したことがあります。浅草橋駅前集合で,そこから延々北上し,千住大橋付近でみんな疲れてきたので,終了。今から15年ほど前の出来事。あとで雑誌「散歩の達人」を読んだら,隅田川を河口から荒川との分岐点まで全て歩くのに丸二日かかるとのこと。それを浅草橋周辺からとはいえ,一日で歩こうとした私も無謀なことをしたものだ。

・その隅田川を,この駅からハイキングでは4回に分けて,歩きます。付近の名所を巡りながら,ですが基本的には隅田川に架かる橋を渡ったり覗いたりします。今回は浅草周辺の橋を中心に。

05210002
・上野駅スタート。いつもの入谷口で受付をすませ,一路東へ。まずは,「1 かっぱ橋道具街」へ。2年ほど前に一度訪れましたが,少し変わりました。食品サンプルの店が増えました。あの蝋で作った食品サンプルです。しかも,一般客向けのお店が増えました。だって,食品サンプルの携帯ストラップやキーホルダーを売っているんだもの。これにはびっくり。

・かっぱ橋道具街の最後当たりに,台東区の生涯学習センターがあります。ここには池波正太郎の書斎を展示していたりしますが,現在立て替え中の樋口一葉の記念館が間借りしています。覗こうかと思いましたが,今年の1月に訪れたばかり。展示品はさほど変わらないようなので入り口のみを確認し,後にしました。

・かっぱ橋道具街を抜けて,どんどん北上。何でこんなに歩くの?早いところ東に向けて桜橋を見せて欲しいものだ,と思ったけれど,実は理由があるのでした。
 その1 この日は三社祭。浅草寺周辺が大混雑するので,避けたという次第・
 その2 千束周辺は,特殊浴場街。参加者にはお子さんもいます。ダンナ衆もいます。教育上の配慮とトラブル防止のため避けたのでしょう。それでも,特殊浴場が三社祭の提灯を掲げていたのには驚きました。昨年の秋,湯島天神周辺を歩いたときのこと。湯島天神でお祭りがありました。付近の住民は提灯を門に掲げていましたが,ラブホテルの玄関にはなし。その一方で修学旅行生や受験生を対象にした一般のホテルの玄関には提灯が堂々と。なぜだろうと考えていたら,「ラブホテル建設反対」という看板が。つまり,この辺りでは,ラブホテル業界と地元住民の間に溝があったのです。その溝を象徴するのが,祭の提灯。なるほど。

05210003
・千束を迂回する形で北上。竜泉に到着。何か見覚えのある街。そうだ一葉記念館だ!1月末に休館し,その後どうなったのか見に行きました。
 跡形もなく,解体され,新一葉記念館の工事の看板が。

05210004
・竜泉からぐるっとまわって,見返り柳へ。思わず撮影してしまいました。私がこの見返り柳の前で見返るようなことはあるのでしょうか?

・ようやっと隅田川へ。今日最初の橋は,「2 桜橋」。隅田川の花火大会の会場でも知られます。X字型の歩行者専用の橋は私の知る限り,隅田川に架かる橋で一番新しい橋(1985年完成)。
 本来なら上から写したかったが,良い撮影場所がなく断念。
05210005


 とりあえず,今日はここまで。続きはまた次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「阿修羅城の瞳」

Screen 05-14

05/05/22
「阿修羅城の瞳」
ワーナーマイカルシネマズ市川妙典
評価は(★10個で満点)
★★★★

一言。
鑑賞者2人。あの出来なら仕方なし。芝居で役者の声が聞こえないと言うのもいいなぁと今さらながら実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第81回ワイン会のお知らせ

 先日,ご紹介しましたワイン会。
 主催者が,ブログで紹介してもいい,という話でしたので次回のご案内をさせていただきます。


第81回ワイン会
日時:2005年7月27日(水)19:00~
会場:フェリア
 JR総武線市川駅北口を出て,大通り(国道14号)を渡る。UFJつばさ証券の前を東京方面へ歩く。市川公民館の前を曲がり,数件目。向かいが主催する酒屋,武蔵屋さん。

会費:5,000円
====================================
テーマ:「スペインのワイン テルモ・ロドリゲス その2」
先月(05年7月)に続きテルモのワインです。リベラ・デル・デュエロでのテルモワインは,01にてヴァルデリスが終了02から、M2(エメドス)が始まりました。
トップワインのマタヤーナのセカンドです。お楽しみ下さい。

━━━━━出品リスト━━━━━
出品リスト:リベラ・デル・デュエロのテルモワイン(ティントフィノ100%)
・ ガズール(2003)
・ ヴァルデリス(2001)
・ M2(エメドス)(2002)
・ マタヤーナ(2001)

その他:ワインに合う食事付き

申込方法:メールで,武蔵屋さんまで直接お申し込みください。
その際,タイトルは「第81回ワイン会申込」としてください。
また,本文では「ブログでの紹介を見て」と一文入れてください。
〆切は,05年7月25日(月)18時まで。
満員の際はお断りする場合があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【off TV】こんなテレビを見てみたい

【off TV】こんなテレビを見てみたい
「毎週水曜日はスポーツ中継」


 テレビを見ていて,こんな番組が見てみたいなぁ,と思うことがしばしばあります。
 で,そのアイデアをそのまま燻らせるより,このブログで書いてみたら,どうなるものか?と思ってお試し企画「こんなテレビを見てみたい」を始めてみました。

 第1回目のアイデアは,
 「毎週水曜日のゴールデンタイム(19:00-22:00)に必ずスポーツ中継をする。」
 毎週水曜日,このテレビ局にあわせれば,スポーツ中継をしている。スポーツドキュメントを放送する。そんな番組作りはどうだろうか?


・なぜ,水曜日なのか?
 プロ野球は,セ・リーグもパ・リーグも基本的には試合があります。セ・リーグは月曜が移動日,パ・リーグは木曜が移動日。ですから,中継カードがない,ということはまずないはず。
 また,Jリーグも,平日開催の場合,水曜実施と言うのが多いです。もし,Jリーグを中継することになっても,影響はないです。サッカーの国際Aマッチも水曜開催と言うのが多いようにも思います。
 中継カードが多ければ,それだけ,バラエティに富んだ番組作りが出来ます。そのためにも水曜にスポーツ中継を番組化する意義はあるかと思います。

・放送時間を19時から22時までとする。
 ちょっと,無茶かもしれないけれど,始めから番組枠を2時間(19時から21時まで)とせず,19時から22時までの3時間にするというのはどうでしょうか?
 野球中継延長のため,30分繰り下げを行うと,後の番組を楽しみしている人に対してダメージが大きい。だったら,当初の予定から3時間の枠を取るというのが得策かと。もし,早めに中継が終わったら,他球場の途中経過を伝えたり,スポーツドキュメント(イメージとして「GetSports」や「zone」みたいな番組)を放送するなどして,スポーツをテーマとした番組を作るのはどうだろうか?

・通年中継できる番組つくりを
 春から秋にかけては,野球・サッカーといったソフトとなりえるスポーツがありますが,冬場(秋から春にかけて)は,ゴールデンタイムに放送できるようなソフトが少ない。そこで,日本リーグ連携機構と協力し合って,冬季のソフトを作り上げていく必要があります。年末は1年の総集編でしのげても,他の時期が辛いよなぁ。女子バレーボール(Vリーグ)あたりが盛り上がってくれると,番組のソフトになるんだけどなぁ。


 難しいかもしれないけれど,どこかの放送局やってくれないかなぁ?毎週水曜日,スペシャル枠を放送している,某赤坂放送局さん。Jリーグの中継権も持っていることだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第13回東西落語研鑽会

Stage 05-14

05/05/10
第13回東西落語研鑽会
よみうりホール
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★★

「寝床」をやらない昇太

桂 梅団治  「黄金の大黒」
柳家 花緑  「ちりとてちん」
桂  文珍   「七度狐」
(お仲入り)
立川志の輔 「はんどたおる」
春風亭昇太 「人生が二度あれば」

前回,第12回に続き,この日もネタ出しなし。
小朝師匠,こちらより正蔵襲名披露興行で忙しいのだろう。
確か,この日も襲名披露で定席を一通り終えた正蔵が,鈴本に戻って10日間,昼の部のトリを務めていたはず。しかも,この日が千秋楽。打ち上げなどがあったはずと邪推。それを裏付けるように,いつもホワイエで駄菓子を売る海老名泰葉さんがいない。

まずは,関西から梅団治さん。「な?」と同意を求めるよっさんが面白い。この噺は本で読んでいた噺。下げは分かるが,人物の使い分けが面白さが際立つ。
続いて花緑師匠。関西での落語会のエピソードで場内を暖めると,「落語会もカーテンコールがあっていい。トリの昇太兄さんが終わったら、みんなで二拍子の拍手をしましょう」と提案。
続いて,文珍師匠が登場。文珍師匠は,「昇太さんは今日,『寝床』をやります。」とネタ出し。お~っと場内から
声があがる。この「お~」はプラスの意味かマイナスの意味か?で,ネタは得意の「七度狐」。

ここまで3人。皆好きなようにのびのびやっています。
いつも,この会は予めネタ出しがされていて,そのネタを上手く自分のものにしようと,落語家さんたちの「研鑚」の成果が見て取れますが,この日は鬼の居ぬ間の何とやら。好きな落語を自分のアレンジで思い切りやっています。こういう落語会もいいなぁ。なんか,「私は落語が好きなんだぁ~。」と口に出さずに表現しています。

仲入り後は,志の輔師匠。出てくるなり
「明治大正のころにおきましては、義太夫というものが盛んでございまして・・・あ、これは“寝床”のまくらでした」
ドッカーン!!
いやはや,好き放題し放題。で,噺は「はんどたおる」。志の輔師匠,オバタリアンの役をやらせると天下一品。こういうはまり役をやるをひとつ持っていると,落語家には強い武器となる。

トリは昇太師匠。出てきただけで盛り上がる盛り上がる。みんなの期待は「寝床」。
しかし,マクラが長い。「タイガー&ドラゴン」,「落語家漁民説」の話で盛り上がる。さぁ,と思ったところでやおら脱ぎだし,SWAのユニフォーム。その後やりだしたネタは,「人生がニ度あれば」。ほぼ日の落語会CDブックスに収録されている噺。


爆笑のうちに終演。幕が下りるとに拍手が徐々に二拍子に。そう,花緑師匠の提案を客席は実践し始めたのです。カーテンコールで,幕が上がり,本日の主演者たちが舞台に集合。皆自分の出番が終わり,ほっと安堵の表情。
こんな落語会初めて見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】共同通信 - 日本勢が3メダル獲得 Wゲームズ第3日

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - 日本勢が3メダル獲得 Wゲームズ第3日.

 ワールドゲームズの話題があまり出ていないので,いろいろと検索したら,ようやくヒットしました!
 少しでも,ワールドゲームズの紹介をしないと。ほら,野球もこのワールドゲームズに出るかもしれないから(嘘

 メダルを取ったうち,岡崎選手(パラシューティング)は,前回の秋田大会の際,ドキュメントで見たことがあります。
 このパラシューティング,競技方法が面白い。選手とカメラマンが組んで1チーム。カメラマンは,選手が上空で演技をしている間撮影を続けます。演技が終了し,着陸したらその撮影したビデオを審査員に見せて判定する,というもの。したがって,演技だけでなく,選手とカメラマンのコンビネーションも大事な種目。今回,岡崎選手は外国人カメラマンと組んでの出場と言うこと。ひょっとしたら,前回と同じコンビかも。呼吸のあった演技と撮影だったんでしょう。

 う~ん,どこかの番組で紹介しないかなぁ>ワールドゲームズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:カズ、横浜FCに移籍へ…日本代表で歴代2位の得点(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:カズ、横浜FCに移籍へ…日本代表で歴代2位の得点(読売新聞).

 衝撃が走った。
 まさか,カズが2部のチームに移籍するとは……。

 しかし,カズにとって1部のチームに在籍して試合に出られないのであれば,2部のチームで試合に出ることを選ぶのは至極自然なことだ。
 神戸はパベル新監督に替わってから,カズをベンチに入れていない。チームの構想外となったそうだ。

 カズとしても,決断が早い。試合に出るために移籍を決める。早く移籍して新天地に慣れたいというのがあるのだろう。後に,この決断が正しかったと言えるようになって欲しい。なにせ,横浜FCには城彰二がいる。カズと城の2トップを一日も早く見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】ツール・ド・フランスレポート:05-第15ステージ

リンク: ツール・ド・フランスレポート:05-第15ステージ.

 第9ステージで,マイヨ・ジョーヌ(総合ランキング首位の選手だけが着ることのできる黄色いジャージ)をフォイクトに渡してしまったランス・アームストロング。3位にまで後退し,差は2分18秒。
 しかし,翌第10ステージではしっかりと奪還。その後第15ステージまで彼はそのジャージを着続けている。

 マイヨ・ジョーヌをフォイクトに譲ったとき,チームのアシスト陣が不調ではないかと騒がれた。しかし,その翌日には修正して名誉挽回するところはチームとしての成熟ぐあいを伺わせる。
 そのご褒美なのだろうか,アシストのヒンカピー選手が第15ステージでステージ優勝を飾った。本来なら,ランスを援護するべきアシスト陣だったが,ランスを含む本隊が逃げ集団に追いつけなかったために,このようなチャンスが巡ってきた。
 ヒンカピー選手も初めての経験だったというステージ優勝。感激もひとしおだろう。

 チームのエース,ランス・アームストロングは第15ステージ終了時点で2位に2分46秒の差を付けて首位。
 この戦いは,24日まで続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】レッズランド仮オープン、サッカー場5面

リンク: レッズランド仮オープン、サッカー場5面 - nikkansports.com > サッカーニュース.

 浦和レッズが総合スポーツクラブへ,また一歩,歩を進めた。
 今までのサッカーチームだけではなく,多くのスポーツができるための施設,レッズランドが去る7月17日,仮オープンした。
 現在は,テニスコートとサッカー場が中心のレッズランドだが,3年後には野球場とラグビー場を造成する。これに合わせて,コーチ陣もバラエティに富んでいる。福田正博氏(サッカー)のほかに平尾誠二氏(ラグビー)・伊達公子(テニス)としっかりしている。将来はこの分野のトップアスリートの所属に「レッズランド」となる日が来るかもしれない。

 このレッズランド,今までのスポーツ施設の誕生の経緯とは逆の見方もできる。
 今まで,大規模なスポーツ施設ができると,その維持管理の費用を行政が支出し,「無駄」という批判を浴びていた。しかし,このレッズランドは,まず最初に浦和レッズという心のよりどころとしてのサッカーチームが誕生した。そのチームに集う人々に向けて,スポーツの場を提供しようとレッズランドが誕生した。日本サッカー協会の川淵キャプテンも仮オープンイベントに参加。喜んでいたようだ。

 こんなクラブがもっとあちこちにできて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】スポーツナビ | J2・リーグ順位表(17日)

リンク: スポーツナビ | ニュース | J2・リーグ順位表(17日).

 J2は全44試合のうち,半分の22試合を消化。
 首位は,京都が独走中。勝ち点54は去年の川崎並みのハイペース。
 一方2位以下は混戦。2位福岡(勝ち点36)から6位甲府(勝ち点30)まで勝ち点6差(=2勝差)。直接対決で順位が変わってしまう。2位争いは最後の最後までもつれそうだ。得点王バレーのいる甲府と失点が京都と並んで最小の札幌あたりが有利か?

 一方,昇格組の草津と徳島は苦しんでいる。やはり,ん2部とはいえJリーグの壁は厚いのか?今季はJのサッカーに馴染むことに専念して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:F東京、堅守・横浜Mから4点(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:F東京、堅守・横浜Mから4点(読売新聞).

 この試合,行ってきました。43,000人を超える観客を迎えての試合。前節では久しぶりの勝利。アウエイなので見ているサポーターが少なかった。この日は,ホームで勝利を,との意識が強かった。

 試合開始直後から,DFラインの意識が強い。何度となく両手を大きく広げて鼓舞する茂庭やジャーンの姿を見かけた。FC東京アドバイザーの石井さん曰く,
「茂庭は相手をなめるとダメなんだ。」
 おそらく,2年連続のJ王者との対戦,彼自身も気合いが入ったのだろう。報道によっては,日本代表を意識した守備をしていた,とも報じられています。

 1点目は前半,CKからの得点。得点は今野。彼はこういうフリーキックの時,ボールが来る場所によくいます。
 2点目は,後半。「ノリカル」こと鈴木規郎の目の覚めるようなフリーキック!彼のキックには定評がある。蹴る前からゴール裏,大盛り上がり。
 3点目も鈴木規郎。そして,4点目が良かった。途中から入った馬場が開いてDFを抜いてGKの位置をよく見てのループ。ペナルティーエリア内であれだけ落ち着いてシュートを打ったところを私は久しく見ていない。FC東京がようやく落ち着いて試合に臨んでいることが分かる得点だった。

 ここ3試合,連続無失点を続けていることも勝因の一つ。この試合,ともすると1失点くらい合ってもおかしくなかった。しかし,DF・GKを中心に守備に集中。それを証明するのがジャーンの守備。今までFC東京陣内へのロングフィードをジャーンが守備する際,一度バウンドさせてから蹴り出したり,ヘディングしたりしてボールを処理していた。
FC東京アドバイザーの石井さん曰く「バウンドさせる悪い癖」なんて酷評されていました。しかし,この試合でバンドさせてから処理するようなことはほとんどなかった。修正できた証拠。

 さて,次節は神戸戦。下位のチームは攻めきれず勝てない,なんてことがありますが,この試合は勝ちましょう。そして勢いを取り戻しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】日刊スポーツ - 巨人戦今季最低6%…日テレGエ~ンド

リンク: Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - 巨人戦今季最低6%…日テレGエ~ンド.

 視聴率伸び悩んでいますねぇ>巨人戦テレビ中継。
 このままいくと,8月下旬には巨人戦の中継がなくなるのではないでしょうか。
 テレビ業界も,早いところ巨人頼みの中継スタイルを変更したらいいのではないか?
 テレビの野球中継については,なんか良いアイデアがあるはず,と思い続けているのでその話を近いうちにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】毎日新聞 - プロ野球 試合途中からの観戦、割引チケットが好評

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - プロ野球 試合途中からの観戦、割引チケットが好評.

 お客さんを呼ぶために各チーム様々な戦略を考えている。
 実は,西武ライオンズも様々なチケットを売り出していた。調べたら10種類程度チケットがあった。バイキングやビールの付いたチケットを始め,各種チケットを販売していたが,なかなかそれがうまく観客増には結びつかなかった。
 今回、試合開始後ある程度時間が経過してからチケットの価格を下げるというのは,いいことだ。試合時間が長くなる傾向にある最近のゲームを逆手に取った戦略だ。二昔前なら,7時半というとかなり試合時間が経過して,この時間から球場に入るような人はいないはずなのだが。

 ちょうどラジオで西武戦を聞いていたら,このチケットの話題が出ていた。広告代理店勤務のサラリーマンにこのチケットについてアナウンサーがコメントを求めた。
 「この手のチケットは一度始めると止めることはできなくなるが大丈夫なのだろうか?」
 と心配していた。

 しかし,まずは球場に客を呼ぶことが大事。各球団の努力に敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】<都市対抗野球>NOMOクラブ、ドーム初出場決める

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - <都市対抗野球>NOMOクラブ、ドーム初出場決める.

 アマチュア野球界にも少しずつ変革が訪れてきた。
 都市対抗野球にNOMOベースボールクラブが初出場を決めたのだ。先日,萩本欽一キントクの茨城ゴールデンゴールズが関東大会で敗れ,都市対抗野球本大会出場を逃したが,その先輩格であるNOMOベースボールクラブは創部3年目にして見事初出場を決めた。

 元々は,MLBで活躍する野茂投手が,地元に恩返しをしようと作った野球チーム。高校や大学を卒業しても野球を続けたい若者に活躍の場を設けたものだった。
 それが,わずか3年で都市対抗野球本大会に出場するまで力を付けたというのは賞賛に値する。野球も学校や職場を母体としたチーム作りからクラブ単位でのチーム作りへ変革を遂げる,良い試金石になってくれれば,と切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【MondaySports】NEWS@nifty:スノーボード女子、成田夢露の父がSAJと協議=用具スポンサー契約問題で(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:スノーボード女子、成田夢露の父がSAJと協議=用具スポンサー契約問題で(時事通信).

 う~ん,何とも解せない。
 用具問題で成田選手が活動できないというが,関連する記事を読んでも,文脈が合わない。用具を変更する→オリンピックに出られない,との間にはいくつもの論理的な明示が必要だ。用具を変更する→用具を誰かしら許可する→選手として活動が継続できる→オリンピックの強化指定選手である→トリノオリンピックに出場する……。

 しかし,インターネットでは,どこかしら情報が抜け落ちている。どうして,今の道具が不具合なのか。どうして新しい道具を選定したのか。道具の変更に際して連盟の許可が必要なのか等々。謎が多すぎる。
 私は,この問題に際し,おそらくはコミュニケーションの不足が原因ではないかと考える。どこかで情報が止まっていただけに,これほどまで問題が大きくなったのではないか。

 正直,成田選手はトリノオリンピックではメダルを狙える位置に着けている(もしかしたら「着けていた」)。しかし,不要な問題が浮上したがために,メダルはおろか予選落ちの可能性も広がってきた。その際の責任はどこが負うのか?スキー連盟か?前の用具スポンサーか?新しい用具スポンサーか?それとも本人なのか?
 もし,本当にメダルを取りたかったら,早期に問題を解決すべきだ。エゴは取り去るべきだ。メダルを逃してから責任を押しつけ合う姿を私は見たくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:日本代表がUSAハワイに逆転勝ち…アメフト(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:日本代表がUSAハワイに逆転勝ち…アメフト(読売新聞).

 見事な逆転劇(だったらしい)。
 見に行けず,非常に悔しい。
 2007年,アメリカンフットボールのワールドカップが,日本で開催される。そのため,日本はワールドカップが開催されない年も日本代表を招集。レベルアップを図ることになった。
 今回の試合もその一環。過去2回ワールドカップ優勝の日本だが,それは本場アメリカが出場しなかったから。アメリカを出場させるためにも,アメリカとの対戦では良い試合をしなければならない。

 アメリカが先制,日本が追いつくもアメリカがフィールドゴールで逃げる,前半はそんな試合運び。
 第3クオーターで逆転するもその直後にアメリカに逆転される。そして第4クオーター。劇的なタッチダウンで日本が勝利!!

 記録を見てみた。TIME OF POSSESSIONでは,日本が19分台に対し,アメリカは28分台。アメリカの優勢に思えた。パスでは,成功率・獲得ヤードで日本はアメリカに優勢なものの,ランや攻撃の総獲得ヤード数では日本が上だった。日本は相手に攻撃させるものの,うまく散らした,感がある。

 とりあえずは,日本はアメリカに勝った。選手層はどうあれ。これでアメリカが本腰を挙げて日本代表と対戦してくれれば,日本代表の強化へつながる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】四国アイランドリーグ……その後

リンク: @nifty:NEWS@nifty:国際交流マッチを準備…四国アイランドリーグ石毛代表(読売新聞).
リンク: @nifty:NEWS@nifty:元オリックス代表井箟氏、四国アイランドリーグ顧問に(読売新聞).
リンク: 香川県のニュース:石毛代表が前半戦を総括-四国IL.
リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 野球:四国アイランドリーグ 「チームごとにカラー」--石毛社長が会見 /徳島.

 四国アイランドリーグが日程の半分を終了。代表の石毛氏が会見を開きました。
 開幕直後は1,500人弱の来場者を記録しましたが,前半戦の平均は1,216人。少し寂しいですが,四国という土地柄を考えると健闘していると思います。ただ,有料入場者が33%というのは,経営面で辛い。もう少し増えてくれると良いんですが。

 その一方で,元オリックス代表の井箟重慶氏を顧問に迎えたり,アジアマッチを開催したりと,次の一歩を画策している点は非常に評価できます。
 ただ,ちょっと残念なのは,知名度が今ひとつと言うこと。特に,四国から離れた関東では。同僚で徳島出身がいますが,話を振ったら
 「何ですか?」
 と逆に聞かれてしまった。

 8月には多くの試合が組まれています。四国出身の方,帰省の際には四国アイランドリーグを観戦に行くのはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:新労使協定に基本合意=2季ぶりシーズン、10月開幕へ-NHL(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:新労使協定に基本合意=2季ぶりシーズン、10月開幕へ-NHL(時事通信).

 一週間のスポーツニュースの中から気になるものをピックアップ,【MondaySports】。
 今週は三連休の最終日。今日も今日とでいくつかのニュースをピックアップ。

 まずは,アイスホッケー,NHL。最近,NHLは人気が低迷。それに拍車をかけるように昨季は試合が行われませんでした。その間,アイスホッケー離れに拍車がかかっていなければいいのですが……。
 選手たちは,まず試合の内容でファンにアピールして欲しい。試合が盛り上がれば,ファンも戻ってくるはず。私も機会があれば,ネットでチェックします(実際に見に行けないのが悲しい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「社会学」はブームなのか?(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年07月11日(月)~ 2005年07月17日(日)
合計数:484

曜日 アクセス数
月 104 ★★★★★ ★★★★★
火 68 ★★★★★ ★★
水 88 ★★★★★ ★★★★
木 79 ★★★★★ ★★★
金 68 ★★★★★ ★★
土 49 ★★★★★
日 28 ★★★

 毎週月曜の【MondaySports】のせいで月曜だけ多いアクセス,その後尻すぼみと言うのが定番となりつつあります。
 実は,もうすぐアクセスが1万の大台になります。200日で1万アクセス。すごいもんです。昔は,私が確認のために見た回数だけアクセス数が増えただけなんですけれど。

 そして,今週は検索ワードがすごいことになっています。
順位 検索ワード 件数
1 社会学 45
2 沢田研二 26
3 ディズニーランド 25
4 予言の自己破壊 9
5 レポート 9
6 日本語なるほど塾 8
7 緊張理論 7
8 NHK 7
9 東西落語 5
10 スティグマ 5
11 マートン 5
12 近代社会の特徴 4
13 日本トップリーグ連携機構 4
14 歴史 4
15 銀座 4
16 社会的資源 4
17 なるほど日本語塾 4
18 ダメじゃん小出 4
19 フェミニズム 3
20 松坂大輔 3
21 からくりミュージアム 3
22 NHK 3
23 山田ズーニー 3
24 2005 3
25 落語 3
26 サッカー 3
27 繭から2 3
28 マザーグース 3
29 逸脱 3
30 わらだな寄席 3
31 平賀源内 3

 首位の「社会学」2位に倍近い差をつけてのアクセス。
 そして,この「社会学」はなぜか,ディズニーランドと結びついています。複数の検索ワードの検索数を見る検索フレーズランキングではこんなことに。

順位 検索ワード 件数
1 ディズニーランド  社会学 22
2 NHK  日本語なるほど塾 3

 首位の「ディズニーランド」&「社会学」。おそらく大学のレポートなんでしょう。
 このレポート作成のためには,岩波新書の『ディズニーランドという聖地』(能登路雅子/著)をまず読むことをお薦め。多少情報が古いのが難点かな。それから定点観測的にニュースを読み込んでいくと,社会学的解析できると思う。
 かつて,私も興味があって,「ディズニー」を社会学的に読み込んだことがありました。しかし,今は興味も薄れ断念。だって,お金かかるんだもん。そのためか,21世紀になってからディズニーのテーマパークには行ったことがありません。

 今週も,ご愛読感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »