« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »

2005年6月19日 - 2005年6月25日の記事

Jリーグ ディビジョン1 第4節

04100001

Stadium 05-06

05/04/10
Jリーグ ディビジョン1 第4節
FC東京(1-0)ジュビロ磐田
味の素スタジアム

「アジアの日本の恥ジュビロに俺達がトドメを」という横断幕を,FC東京側の客席に向かって見せていました。
そのかいがあったかどうか,何とかジュビロに勝ちました!!
でも,なんか昔の思い出……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すわ親治ひとりコメディ「むしろそれが怖い」

Stage 05-11

05/04/07
すわ親治ひとりコメディ「むしろそれが怖い」
千代田区立内幸町ホール
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

プログラム
『告白』作:すわ親治
ごあいさつ
『童話』作:故林広志
『白装束』作:すわ親治
『兄の代わり』作:故林広志
『アイデアレンタル会社』作:すわ親治
ギターパート
『出番前』作:故林広志


子ども用Tシャツネタはずるいと思う。
大の大人が子供用のTシャツを一所懸命になって着る様は誰が見ても笑うよ。
それを小ネタにするところなんぞ,もう,ダメ。すわ親治ワールドにどっぷりつかってしまいました。

実は,このStage,見る予定がなかったんだけれど,急遽見に行くことに決定。木村万里さんに無理を言って席を取ってもらいました。って書くとかっこいいけれど,実はぴあで取ろうとしたら取り扱い終了のため取れず。で,木村万里さん宛メールを送って,前売料金でチケットをゲットした。セコい,私。

でも見に行って正解でした。どの作品もよく練れていましたし。特に最後の『出番前』は白眉の出来。長編ながらもじっくり魅せるのは彼の力量がなせる技。

それに,仕事は忙しく煮詰まっていましたので,良い気分転換に。これだから止められない。

次回は秋から冬にかけて。残念ながら千代田区立内幸町ホールは取れず別会場に。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日(木)名酒の殿堂 その2

05260005


 先日に引き続き,5月26日(木)に行われました,名酒の殿堂のラインナップをご紹介。
 今回ご紹介する日本酒も,全て川鶴酒造様の日本酒
 まず,最初は

 5 川鶴 雄町60(特別純米)

 このお酒と,次にご紹介する


05260006


 6 川鶴 雄町50(純米吟醸)

 とは,精米率が10%違うだけなんです。
 しかし,この精米率10%の差が大きかった。
 どこがどう違うって………

 もう忘れちゃいました(汗


05260007


 続いてご紹介するのは,

 7 川鶴 山田錦50 生(純米吟醸)

 こちらは,精米率50%のお酒ですが,お米が山田錦。
 こちらは,山田錦特有の味で柔らかい舌触り。
 美味しいです。


05260008


 続いてご紹介する日本酒は,

 8 川鶴 うすにごり 生(純米吟醸)

 "うすにごり"となっていましたが,それほどにごりが気にならない。
 だから"うすにごり"と言うのだけれど。
 そのため,最初は,「7 山田錦50 生」と間違えてしまいました。
 どうもいかんなぁ。

05260009


 本日,最後にご紹介するのは,

 9 川鶴 秘蔵酒 1996ビンテージ(純米吟醸)

 古酒です。
 でも,まだ,老酒のような香り・味までは至っていません。
 この手の珍しいお酒,この名酒の殿堂では結構すぐになくなるのに,今日は,残っていました。

 さて,次回は,川鶴さん以外の日本酒をご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繭から1

04040002

Stage 05-10


05/04/04
「繭から1」
しもきた空間リバティ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

メニュー

二人で,立ちばなし

 ★

神田京子/新作講談
立川志の吉/新作落語

 ★

一人5minutesワールド
神田京子<支離滅裂>
立川志の吉<ごくごく>

 ★

神田京子/古典講談
立川志の吉/古典落語

二人で,お別れのごあいさつ

「いろんな意味でハラハラドキドキ」
このStageを見終わって最初に頭の中に浮かんだ言葉。
でも,まさにこのStageはこの言葉で表せると言っても過言ではない。

このStage,実は飲み会の勢いで決まった企画らしい。しかし,その企画を実現させた演芸の先生(永六輔さんが彼女をこう呼んでいるが,私も同意)もすごい。だって,この二人,「繭から1」の時点では前座神田京子と二つ目立川志の吉ですよ。その二人だけでやるなんて,ちょっとバクチに近いものあり。

でも,この二人,力(ちから)ありますよ。
神田京子さん。当時は前座(2005年6月二つ目昇進)。それでもあれだけ人を引き寄せる華,というか力があるなんてビックリ。流石NHKラジオ第一放送でレギュラーを持っているだけあり。
立川志の吉さん。ひょうひょうとしながらも,落語をきっちりと聞かせるなんてなかなかです。この日の古典落語は「紙入れ」。おどおどとした弟子の表情がよく似合う。得意のキャラクターを持っていると,そのキャラクターを中心に芸が広がりますから。

で,この「繭から」。第2弾が7月4日(月)に開催されます。
場所はしもきた空間リバティ。

私ですか,それは行きますよ。勿論。これで2,000円はお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ1 ヤマザキナビスコ・カップ予選リーグ第2節

Stadium 05-05

05/03/26
Jリーグ1 ヤマザキナビスコ・カップ予選リーグ第2節
FC東京(0-0)大分
味の素スタジアム

 感想は,試合直後の記事に書いたので,ここでは,記録だけにとどめておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】nikkansports.com > スポーツカレンダー

リンク: nikkansports.com > スポーツカレンダー.

 今週のスポーツ,まずはサッカー日本代表のコンフェデレーションズカップの予選リーグ。どこまでいけるかがポイント。たとえ負けても,マジの試合はこの後はワールドカップ本番までない。吸収できるものは何でも吸収しよう。

 プロ野球は,交流戦が終わり,リーグ戦が復帰。交流戦の盛り上がりをどこまで持ってこれるか。

 全英オープンテニス,ウィンブルドンが始まります。日本人選手というと女性選手の活躍ばかりが目につきます,と思ったら,今回は女性選手のみが出場。男性の私としてはちょっと悲しい。

 JリーグはJ2のみが開催されます。週末のカードで気になるのは,京都と甲府の対戦。京都は独走状態の首位でありますが,首位攻防。ここで甲府としては少しでも勝ち点の差を縮めたい。

 JFLも週末には開催されます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:“先駆者”の偉業、野茂200勝…逆境の中で真価(夕刊フジ)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:“先駆者”の偉業、野茂200勝…逆境の中で真価(夕刊フジ).

 野茂,やりましたねぇ。名球会入りです。本人はまだ名球会入りについては明言は避けています。
「別にシーズン終了後に回答でも良いでしょう。」ということを言っています。

 彼については,昔(01年9月30日)に二宮清純氏が電力館フォーラムで講演した際,触れていました。
 実はそのときの話が大変興味深かったので,メモを取りさらにそのメモを元に内容を文章にしましたのが手元にありますので,ここに挙げておきます(所属チーム等は当時のまま)。
 また,著作権の関係もあるので,念のため,引用形式にしておきます。読み辛くても我慢してください。

 野茂は、メジャーリーガーとして成功した最初の日本人ではないでしょうか。 もちろん、最初の日本人メジャーリーガーは村上雅則さんですが、彼ほど成功はしていませんでした。奪三振王も取りました。

 彼のすごいところは、あのトルネード投法を中学生の頃から始めていたと言うことです。そして、多くの指導者が野茂の投法を矯正しなかった。そこが彼にとって幸運だったのでしょう。
 彼の投げる球は、金属バットにうまく当たってしまえば、遠くに飛んでしまいます。そのため、金属バットでも当たらないようなフォークを身につけたのです。

 そのフォークを武器に彼は海を渡りました。メジャーリーガーは野茂の大きく落ちるフォークに手も足も出ませんでした。今まで見たことのないような落ち方をするのですから。しかし、その彼の武器も時間が経つうちに打たれるようになりました。
 それは、フォークという球種は、ボールが回転しないため、打者がボールの縫い目が見えるのだそうです。そのため彼が投げる球の縫い目が見える場合はフォークだと確信し、バットを振らなくなったそうです。

 あの短い距離をボールがほんの数秒間行き交う。そのボールの縫い目が見えるかどうか瞬時に判断する、メジャーリーガーの瞬間視の良さ、判断力の速さには頭が下がります。

 そして、野茂は壁に当たります。先発する度に打たれるのですから。何とかしよう、彼は考えました。そして、こう考えました。「縫い目が見える」=「フォークだと分かってしまう」のなら、縫い目が見えないフォークを投げれ
ばいい。それはつまり、ボールが回転するフォークを投げればいいのだ、と。

 野茂は練習し、回転するフォークを習得します。そして、見事に復活を果たします。私はその話をマリナーズの佐々木投手にしたことがあります。
「佐々木さん、野茂は回転するフォークを投げてるけど、佐々木さんはどうなの?」
 その後の佐々木投手の返事に私は唖然としました。
佐々木「えぇ?野茂さんも(回転するフォークを)投げているの?」

 佐々木は、既に回転するフォークを身につけていたのです。彼らメジャーリーガーの飽くなき向上心には頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】asahi.com:「セ・パ交流戦成功」と10球団が評価 本社アンケート?-?スポーツ

リンク: asahi.com:「セ・パ交流戦成功」と10球団が評価 本社アンケート・スポーツ

 ちょっと前の朝日新聞6月11日付朝刊の記事(14・15面,13版,東京)。
 15面には,オリックス宮内オーナーと巨人滝鼻オーナー,それぞれのインタビュー記事が。この二人,奇しくもこのGW,NHKのプロ野球特番で討論した二人。
 方や宮内オーナーは,球界をJリーグやNFLのようにリーグ全体で共存共栄を図ろうとしている論客。方や滝鼻オーナーは,ソフトバンク孫オーナーとともに完全自由競争を貫く。

 私自身は,宮内派。自由競争の場合,固定されたチームだけが優勝し,国内リーグがつまらなくなる。ヨーロッパのサッカーチームのように,それぞれの経営規模に基づいたステージ(UEFAチャンピオンズリーグや国内リーグ等,チームの実力の応じた目標がある)が存在すれば,自由競争で上へ上へと向かうことができる。
 しかし,野球の場合,国内リーグしか現存しない。そのため,経営規模に基づいたステージがない。真のワールドチャンピオンを決めようとMLBに提案しているらしいが,うまくいっていない。

 むしろ,宮内オーナーのようにリーグ全体で共存共栄を図り,国内リーグのチーム戦力の均等化を図った方が得策では?毎年どのチームも優勝の可能性がある。国内リーグが盛り上がる。
 その上で,野球のワールドカップを実施を提言していく。こちらの方がむしろ現実的だと思う。

 まだプロ野球改革は始まったばかり。これからに期待する。


<蛇足>
 来年,2006年はプロ野球の交流戦の時期とサッカーのFIFAワールドカップの日程が重なりそうだ。
 スポーツ好きにとってはちょっともったいない気がする。
 そこで,GW直後から5月いっぱいまでを,交流戦の前半戦とする。FIFAワールドカップの時期は,日本戦や決勝トーナメントの日程を外した上で,それぞれセ・パ両リーグ戦を実施。FIFAワールドカップ終了後,交流戦後半戦を行っては?そのため,オールスターは7月末か8月初旬にずれても仕方なし。一考を>NPB。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:レオン監督、2カ月で退任=迷走神戸、後任はパベル氏-Jリーグ(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:レオン監督、2カ月で退任=迷走神戸、後任はパベル氏-Jリーグ(時事通信).

 一体,神戸のフロントは何を考えているのか?
 わずか2ヶ月で何が変えられるというのか?

 勿論,負け続ければ2部降格という,厳しい現実が待っている。しかし,チームがしっかりとした基礎を持たない限り,そのチームは常勝チームとはなり得ない。
 常勝チームとなるためには,ユースやサテライトなどとの連携により組織全体を強化することが必要だ。
 神戸は,そのことを理解しているのか?

 2部降格を避けるためだけに,補強を繰り返してはいないか?目先のことだけを考えて行動をしていないか?
 フロントの猛省を期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:パウエルが男子100メートルで9秒77の世界新=陸上(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:パウエルが男子100メートルで9秒77の世界新=陸上(時事通信).

 今年の世界陸上,来年のオリンピックを前に大きな記録が出ました。
 100m,9秒77の世界新記録。
 ビックリしました。この選手,まだ陸上競技を始めて数年しか経っていないとか。
 しっかりとした,スポーツ科学を身につけたらどこまで速くなるのか?楽しみです。

 パウエル,覚えておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:パールボウル、オービックが3度目の優勝(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:パールボウル、オービックが3度目の優勝(読売新聞).

06130001

 一週間のスポーツから,気になるニュースをピックアップ,MondaySports。
 まずは,先週の月曜に行われたアメフト社会人リーグ,パールボウルの決勝から。

 この試合,かつてTBSアナ有馬選手がアサヒビール・シルバースターの先発QB。しかし,攻撃に入るものの,パスの受け手が見つからずスクランブルを連発。オフェンス・ラインのザルが目立ちました。
 一方のオービック・シーガルズはしっかりとしたディフェンス。4thのパントもしっかりとディフェンスが入れるように滞空時間の長いパント。あれでは,パント・リターナーは動けません。

 オービック・シーガルズの完勝で終わったパールボウル。パールボウルで優勝したチームは,秋に勝てないというジンクスがありますが,果たして今年はどうなるか?

 秋季リーグ(Xリーグ)は9月10日開幕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまで続く?「沢田研二」ブーム(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年06月13日(月)~ 2005年06月19日(日)
合計数:394

曜日 アクセス数
月 80 ★★★★★ ★★★
火 49 ★★★★★
水 53 ★★★★★
木 55 ★★★★★ ★
金 45 ★★★★★
土 63 ★★★★★ ★
日 49 ★★★★★


今週:検索ワードランキング( 3件以上のみ)
対象日: 2005年06月13日(月)~ 2005年06月19日(日)
合計数:385

順位 検索ワード 件数
1 沢田研二 40
2 社会学 9
3 インターネットに繋がらない 8
4 駅からハイキング 8
5 パールボウル 6
6 落語 5
7 インターネット 4
8 繋がらない 4
9 東西落語研鑽会 4
10 ラジオ番組 3
11 レポート 3
12 コレゾ日本橋 3
13 熊本 3
14 印象管理 3
15 塾 3
16 サザエさん 3
17 シベリヤ超特急5 3
18 サッカー 3
19 クセジュ 3

 今週も「沢田研二」さん,トップです。
 なぜでしょう?
 未だに分からない。
 あと,久しぶりに「シベリヤ超特急」もランクイン。
 「コレゾ日本橋」は先日,職場でも話題に出ました。
 職場でもこのブログのネタを話しました。でも,職場ではブログやっているの内緒にしているんだよなぁ。気づかれたらどうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »