« 2005年6月5日 - 2005年6月11日 | トップページ | 2005年6月19日 - 2005年6月25日 »

2005年6月12日 - 2005年6月18日の記事

「サイドウエイ」

Screen 05-10

05/03/22
「サイドウエイ」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「なぜR-15?見て納得。邦題は『人生にも寄り道』の方がいいと思うが。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回東西落語研鑽会

Stage 05-09

05/03/20
第12回東西落語研鑽会
よみうりホール
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★★

○入船亭 扇遊 「片棒」
◎笑福亭 鶴瓶 「青木先生」
○柳家 小三治 「小言念仏」
(お仲入り)
寿獅子
△桂 春団治 「野崎参り」
◎林家 こぶ平 「一文笛」

 なかなかチケットの取れないこの落語会。何とかチケットを取り,2階席へ。
 この日の落語会は,ネタ出しなし。そのせいか,鶴瓶は,のびのびと「青木先生」を演じました。
 小三治師匠は,小さんと小三治,正蔵の関係を話していきながら混乱していく。それもまた狙い。

 そして,いよいよこぶ平最後の高座。定席末廣亭に続き,ホール落語でもこぶ平の最後を見取ることが出来ました。
 まずは,小三治師匠の思い出を語ります。真打昇進の試験を受けた際,唯一,昇進を認めたのが小三治師匠だとか。こぶちゃんは,実力で上を勝ち取るのではなく,肩書きが彼を作っていくと言うのを,いち早く見抜いたのだろう。
 というのも,彼の落語は,決して完成されたものではなく,まだまだ発展途上。得意の人情噺は聞いていて面白いが,でも,まだ聞いたことないけれども花魁の出てくる噺こぶちゃん,どう演じるのだろうか?小朝師匠のような艶っぽさがないだけに非常に心配。
 それでも,今回,正蔵を継がせたのは,おそらく,肖像の名前が彼を落語家として大成させるのではないか,と周囲が感じたのだろう。勿論,彼の落語は,上達してきた。私はこの東西落語研鑽会くらいしか,聞いていないが,「宗論」を聞いたときなんぞは,ひどく落胆したものだ。それでも,彼のがんばりにより,ここまでやってきた。そして,この後の伸びしろを期待した上での,正蔵襲名なのでしょう。

 こぶ平最後のネタは「一文笛」。
 人情噺として,しっかりと演じきって,こぶ平最後の落語を終えました。

 九代目林家正蔵に一言。
 もし,このブログを読むことがあったら,私からはこの言葉を贈りたい。
「林家正蔵の看板は重すぎます。だから,あまり生真面目に考えず,のんびりゆったりと構えましょう。
 現役時代,いろいろと避難中傷をしてくれる人もいるでしょう。
 でも,最後の最後,九代目が亡くなって,ファンの一人でも『九代目の芸は良かった』と言ってくれる人がいたら,正蔵さん,あなたの勝ちです。それまで,我慢しなければいけないのがちと辛い。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日(木)名酒の殿堂 その1

05260003
 私がよく顔を出す日本酒の試飲会,名酒の殿堂
 5月は,3回も実施しました。そのうちの1回に参加したので,その日本酒をご紹介。
 この日は,川鶴酒造がお見えになりました。
 蔵元さんを囲んでの会でした。

1 川鶴 斗瓶囲い出品酒 生(大吟醸)
 まずは,出品酒。これは,500ml入りの小さな小瓶でした。
 でも,売値はものすごく高い。値段を聞いてビックリ。
05260002

2 川鶴 大辛口 無濾過 生(本醸造)
 2本目は,大辛口。大辛口と言っても,そんなに辛口ではない。
 辛口は何度も飲んだことがありますが,一人娘のように,その酒だけを飲んでいると辛くて辛くて口の中が,ひりひりするような日本酒もあります。
 でも,このお酒はそんなことなかったなぁ。ま,もっとも食事しながら,飲んでいたから大丈夫だったのかなあ?

05260001

3 川鶴 あらばしり 無濾過 生(吟醸)

 あらばしり,無濾過と言っても,トロットロッと言う感じではないなぁ。
 どちらかと言うとすっきり味。
 飲んでも,いやみのない味で美味しいです。

05260004

4 讃岐地酒上等酒 琴弾正宗(普通酒)
 今日ご紹介するお酒の中での一番のお薦めは,このお酒でしょう。
 普通酒でありながら,この味。値段も一升瓶で2,000円でお釣が来ると言うお買い得感!!
 このお酒,地元にしか置いていないらしく,なかなか見つけられません。
 もし,見つけたら買っても大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みも近い! 翔太のお薦め あれこれ

さてと,6月も半ばの15日。
これからのお薦めを,東京かわら版の情報や映画などまとめてピックアップ!


公開中 映画「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」@テアトルタイムズスクエア,ワーナーマイカル市川妙典ほか
公開中 映画「エレニの旅」@ユーロスペース
~19日(日)映画「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」@amcイクスピアリ16
~20日(月)国立演芸場 6月中席 神田京子,鶴光,ローカル岡,昔昔亭桃太郎(神田京子は日曜休演)
17日(金)立川流広小路寄席@お江戸上野広小路亭 立川志の吉
17日(金)東京落語会@イイノホール 古今亭菊之丞「金明竹」
18日(土)朝日名人会@有楽町朝日ホール 立川志の輔「小間物屋政談」
18日(土)三平堂落語会@ねぎし三平堂 三遊亭白鳥「奇蹟の上手投げ」
18日(土)~映画「バットマン・ビギンズ」公開
18日(土)駅からハイキング「水元公園菖蒲まつりと葛飾柴又めぐり」@金町駅
19日(日)志の輔独演会@松戸市民会館 立川志の輔
20日(月)映画「スカイ・キャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」@電力館

21日(火)~30日(木) 新宿末廣亭 6月下席 <昼の部>春風亭小朝,林家いっ平,三遊亭白鳥,林家正蔵,(主任)柳家花禄
<夜の部>小沢昭一,(主任)柳家小三治
21日(火)桂歌蔵真打披露興行@お江戸日本橋亭 桂歌蔵,桂歌丸
21日(火)志の輔落語 21世紀は21日@新宿安田生命ホール 立川志の輔,松元ヒロ
21日(火)つくしたい 文左衛門withわか馬@なかの芸能小劇場 小柳つくし
24日(金)下丸子らくご倶楽部@大田区民プラザ(小) 立川志らく,柳家花禄
25日(土)~7月1日(金)映画「スーパーサイズ・ミー」@早稲田松竹
25日(土)国立名人会@国立演芸場 古今亭志ん輔「火焔太鼓」
25日(土)はじめての講談二部・二ツ目(中級編)@お江戸両国亭 神田京子「心中奈良屋」
25日(土)~29日(水)浅草東洋館 6月下席 寒空はだか
25日(土)映画「樹の海」@シネ・アミューズ
25日(土)J2 第18節 横浜FC VS コンサドーレ札幌@日産スタジアム
25日(土)駅からハイキング「隅田川の橋めぐり 第4回(新橋~越中島)」@新橋駅

26日(日)花形演芸会スペシャル授賞式の会@国立演芸場 柳家喬太郎,林家二楽
27日(月)映画「キャットウーマン」@電力館
27日(月)立川志の吉独宴会!その二十三@Studio FOUR 立川志の吉
27日(月)28日(火)昇太ムードデラックス春風亭昇太独演会@本多劇場 春風亭昇太
29日(水)~映画「宇宙戦争」公開
29日(水)落語協会特選会 新・落語21「温"古"知新編」@池袋演芸場 柳家権太楼
30日(木)落語研究会(第444回)@国立小劇場 林家ぼたん「金魚の芸者」,柳家権太楼「質屋庫」,春風亭昇太「そば清」,林家正蔵「景清」

 7月以降もまとめていきましょうか。

7月1日(金)志らく百席@横浜にぎわい座 立川志らく「二十四孝」「化物使い」「佃祭」ほか
7月2日(土)映画「亀は意外と速く泳ぐ」@テアトル新宿
7月2日(土)映画「映画 日本国憲法」@ユーロスペース
7月2日(土)J1 第13節 FC東京 VS セレッソ大阪@味の素スタジアム
7月2日(土)・3日(日)本間しげる LIVE at ROCK STUDIO 2005夏の新作@ロックスタジオ
7月3日(日)落語教育委員会@なかの芸能小劇場 柳家喜多八,三遊亭歌武蔵,柳家喬太郎
7月4日(月)映画「誰も知らない」@電力館
7月4日(月)繭から2@しもきた空間リバティ 立川志の吉,神田京子
7月5日(火)しびっく七夕寄席「立川志の輔独演会」@文京シビックホール

7月6日(水)J1 第14節 川崎フロンターレ VS FC東京@等々力陸上競技場
7月8日(金)二つ目昇進京子派手な会@なかの芸能小劇場 神田京子
7月9日(土)~映画「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」公開
7月9日(土)ダメじゃん小出の会@(高田馬場)そらま ダメじゃん小出
7月9日(土)J1 第15節 FC東京 VS 東京ヴェルディ1969@味の素スタジアム
7月9日(土)J2 第20節 横浜FC VS サガン鳥栖@三ツ沢球技場

7月11日(月)映画「珈琲時光」@電力館
7月11日(月)志らくのピン@千代田区立内幸町ホール 立川志らく「ちりとてちん」「蒟蒻問答」「お直し」
7月11日(月)~20日(水)国立演芸場 7月中席 立川笑志,林家彦いち
7月14日(木)アメリカンフットボールJAPAN-USA BOWL@東京ドーム

7月16日(土)~18日(月)大銀座落語祭2005@銀座各所

7月21日(木)弾き語りライブ@四谷コタン 太田スセリ
7月23日(土) 第314回 花形演芸会@国立演芸場 だるま食堂

 ここまで並べると壮観です。でも,必ずしも全部行くとは限らないのであしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルコ+サードステージプロデュース公演「お父さんの恋」

03140001

Stage 05-08

05/03/14
「お父さんの恋」
PARCO劇場
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★★★

 「ほんの5cmの幸せ」
 今回の作品を書いた脚本家,中谷まゆみが,自分の脚本をそう表していた気がします。
 今回の作品も,やはり,ほんお5cmの幸せが描かれています。
 作品の登場人物は,どこか心に傷を抱えている。
 その傷と時にはかばい合い,時には塩を塗り合い,生きていく。
 ホントにあんたら家族なのかよ!なんて,厳しいことを言うときもある。
 それでも皆一所懸命生きている。
 暖かい気持ちにさせてくれる作品。佳作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】今週のスポーツ

 最後に,今週のスポーツの中から注目をピックアップ。

13日(月)まさに今,社会人フットボールXリーグのパールボウルとの決勝が行われています。
 この後,速報がお伝えできるかな?無理な場合は,来週の【MondaySports】で。

14日(火)から,プロ野球セ・パ交流戦の最後の対戦カード3連戦が始まります。
 好調千葉ロッテは,神宮でヤクルトと対戦します。巨人は東北楽天と対戦。せめて巨人はここで勝っておかないと。

 サッカーは,A代表・ユース・J2と盛りだくさん。
ユースがワールドユースで対戦するのは,15日(水)にベナン,18日(土)にオーストラリア。初戦に惜敗しているだけになんとしても勝ち残りたい。
A代表は,15日(水)にコンフェデ杯,予選リーグでメキシコと対戦。
18日(土)はJ2のみ開催。好調の鳥栖は,湘南とアウエイで対戦。

 最近ご無沙汰の,NBA。実はファイナルをしていたのね。12日・14日・16日とスパーズとピストンズでファイナルが行われてます。

 今週もスポーツ盛りだくさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】Sports@nifty:千葉、大宮、C大阪が進出=前年王者F東京、鹿島は敗退-ナビスコ杯サッカー(時事通信)

リンク: @nifty:Sports@nifty:千葉、大宮、C大阪が進出=前年王者F東京、鹿島は敗退-ナビスコ杯サッカー(時事通信).

 この日,出先で試合の模様をインターネットでチェック。
 知人とチェックしていて,前半終了時点でFC東京(2-0)千葉。
 「2-0で前半終了というのは,危ないんだよ。勝っている方が気をちょっと抜くと,すぐ逆転されるんだよ。」と私。
 その後,千葉ファンの知人が「逆転っ逆転!」と喜ぶ。
 散々千葉ファンに自慢されたあげく試合終了。

 昨年の優勝チーム,FC東京は,予選リーグで敗退。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:今秋に欧州遠征を計画=サッカー日本代表(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:今秋に欧州遠征を計画=サッカー日本代表(時事通信).

 この後の日本代表の試合日程は,すぐにコンフェデレーションカップがドイツで行われます。
 7月末には,東アジア選手権決勝大会が韓国で。
 で,8月17日には,FIFAワールドカップのアジア地区最終予選の最終戦,イラン戦がホームで行われます。
 まさか,「今まで日本サッカーに貢献した選手を代表に招集しよう。」なんてことにならないでしょうなぁ。
 この試合は,是非とも,あまり試合出場経験のない選手を出して欲しい。GKは土肥,みたいに。
 また,アテネ五輪出場後,A代表になかなか声のかからない,ジェフの阿部とかも呼んで欲しい。3バックは,もう試験的に総取っ替え。本大会で誰がケガしても大丈夫なように。

 そして,引用記事のように秋に欧州遠征。ドイツほか数カ国との対戦を予定しているとのこと。Jリーグとの兼ね合いもあり,うまく日程を組めるかどうか不安もありますが,なんとか欧州遠征,行ってきて欲しいところ。

 そして,12月。本大会予選リーグの組み分けが行われます。
 この頃,ちょっと気になるのはプロ野球の日程。2002年のFIFAワールドカップでは,日本の試合のある日は,プロ野球は試合を行いませんでした。しかし,2006年,ワールドカップの時期は,セ・パ交流戦の時期でもあります。日程をどうやりくりするのか,いくばくかの不安もあります。しかも,ある人が球界(背広組)に復帰しましたし。ある人,言いそうだなぁ。「なんでサッカーのためにプロ野球の日程を変えなければいけないのか!」って。別の意味で興味津々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:サッカー=W杯、アジアのビッグ4が本戦出場を決める(ロイター)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:サッカー=W杯、アジアのビッグ4が本戦出場を決める(ロイター).

 先日の試合で,ワールドカップ本大会出場アジア4.5カ国のうち,4カ国が出場を決めました。残りは,各組3位どうしで試合を行い,勝った方が北中米カリブ海のプレイオフ出場国との試合で決定するという面倒くさい日程になってと記憶しています。

 しかし,出場したことで喜んではいけません。ドイツでの本大会で日本および,アジア各国が活躍し,2010年の南アフリカ大会の出場枠を増やすべく頑張らないと。

 なぜなら,次のアジア予選には強豪国オーストラリアがアジア枠で参加する,と聞いています。
 何でも,オーストラリアの所属するオセアニア連盟は,毎回枠が0.5カ国。せっかく勝ち上がっても,2・3ヶ月開けて別の地区の国とプレイオフで勝たないと本大会に出場できないという厳しさ。しかも,対戦相手は,それまで地区予選で本気モードの試合を何度も戦ってきているので緊張感は高い。一方のオーストラリアは,ブランク開きすぎで緊張感を取り戻すのに一苦労。
 次回,FIFAワールドカップのアジア地区予選には,オーストラリアが入ってくるとなると,それだけで予選突破が大変になるのに,出場枠が減るともっと大変。

 いつまでたっても気の休まることはありません。これだからスポーツを追いかけるのは辞められない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:サッカーW杯北朝鮮戦、視聴率は43・4%(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:サッカーW杯北朝鮮戦、視聴率は43・4%(読売新聞).

 今回の,FIFAワールドカップアジア地区再最終予選,北朝鮮対日本戦の視聴率,良い数字が出ましたねぇ。前回のバーレーン戦も深夜とはいえ,20%を超す視聴率。テレビ朝日はウホウホです。
 この数字,よく覚えておいてください。大晦日の紅白歌合戦が目標とする視聴率ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】NEWS@nifty:主力メンバー欠いても結果、確実に厚くなった選手層(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:主力メンバー欠いても結果、確実に厚くなった選手層(読売新聞).

 先週一週間にあったスポーツニュースから気になる項目をピックアップ,【MondaySports】。
 今週は,サッカー日本代表の特集になりそうです。
 まずは,この話題。読売新聞の記事では,主力メンバーを欠いても結果,という記事ですが,私自身,さほど見劣りしないと思いました。最近の日本代表は,誰が出ても選手個人の能力はさして差がなく,誰が代役を務めてもおかしくないと思います。

 むしろ,ちょっとでも調子を落としたら先発から外される,ベンチ入りから外される,そういった緊張感の中で試合をしています。ですから,今回の試合前,「主力メンバーが出られませんだ大丈夫なんでしょう?」なんてマスメディアが報じていましたが,私は安心してました。何せ,試合を生で見たのは後半の30分間だけですから。

 その代わり,ちょっと気になったのは,「北朝鮮戦,引き分けでもいいや」というマスメディアの論調。イラン対バーレーン戦の結果によりますが,今回の北朝鮮戦下手に負けたりすると,次はイラン戦。予選突破には難しい状況になります。メディアも大騒ぎするだけでなく,冷静に分析して落ち着いた報道をして欲しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の中の乗客は,「社会」なのか?(今週のアクセス解析)

今週:曜日別
対象日: 2005年06月06日(月)~ 2005年06月12日(日)
合計数:388

曜日 アクセス数
月 54 ★★★★★
火 63 ★★★★★ ★
水 47 ★★★★★
木 62 ★★★★★ ★
金 67 ★★★★★ ★★
土 44 ★★★★
日 51 ★★★★★


順位 検索ワード 件数
1 沢田研二 28
2 日本語なるほど塾 8
3 わらだな寄席 7
4 社会学 7
5 歴史 6
6 電車 6
7 大阪エヴェッサ 5
8 NHK日本語なるほど塾 5
9 NHK 4
10 ガメラ4 4
11 ブログ 4
12 田中裕子 4
13 社会学のエッセンス 4
14 神楽坂 4
15 落語 4
16 nhk 3
17 アイランドリーグ 3
18 リービ英雄 3
19 予言の自己成就 3
20 地球博 3
21 小朝 3
22 山田ズーニー 3
23 戸定歴史観 3
24 日本対北朝鮮 3
25 日本橋・藪伊豆総本店 3
26 秋葉原 3
27 視聴率 3
28 身投げ橋 3
29 駅からハイキング 3

 今週も,「沢田研二」さんがトップ。なぜでしょう?
 もしや,ご本人が検索しているとか?
 それと,気になるのが,検索フレーズ(検索ワードの組み合わせ)の結果。

順位 検索ワード 件数
1 電車  社会学 5
2 田中裕子  沢田研二 4
3 予言の自己成就  社会学のエッセンス 3
4 秋葉原  歴史 3

 「電車」と「社会学」の組み合わせって,ひょっとして,大学のレポートかなんかで検索したのでは?
 私の意見では,「電車の乗客」というのは,社会学における「社会」の対象にならないのでは?「社会」というのはある一定の規則・基準に基づいて集まっている人間の集団を指します。ただ電車に乗ると言うだけで,社会学における「社会」になるかなぁ?その論拠の一つとして,乗客は一人一人乗降駅が異なるよね。上野動物園のモノレールの乗客のように,乗降駅が完全に一緒の場合,モノレールの乗客は「社会」として見ることができるかもしれないが,彼らの場合,「モノレールの乗客」の前に「上野動物園の来園者」でひとくくりにできるんじゃないかな?これは,ロープウェイ等の乗客も同じこと。

 詳しいことは,富永健一著「社会学講義」(中公新書)の第一章を参照されたし。
 ま,これで,大学のレポートは書けちゃうかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月5日 - 2005年6月11日 | トップページ | 2005年6月19日 - 2005年6月25日 »