« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »

2005年5月1日 - 2005年5月7日の記事

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第8回

第8章 規範と制度

(例)リクルートルック
  クリスマスの過ごし方
     ↓
社会現象には規則性がある。


社会制度 →(規範)→ 制度
ミクロな人の行動も規範を通じてマクロな社会を動かしていく。
つまり,規範は社会を解くカギである。

規範には二つの側面がある。
・約束事としての側面(人が人為的に設定)
 ≠ 法則(人間の作為によって変わることはない)
・のぞましさとしての側面

規範の作用 ≒ サンクションの行使(奨励と禁止,正負のサンクション)

規範の3タイプ
・慣習:「約束事としての側面」が強い。
・道徳:「のぞましさとしての側面」が強い。
・法:両方の側面を持つ。

規範を社会の各領域へと具体化 → 制度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連敗街道まっしぐら(4月の目標,その後)

4月:「芸人」を見に行く。ちょっと曖昧な表現なのは、いろいろとあるから。4月は野毛大道芸の時期です。是非見に行きたいのですが、休みの都合がつくかどうか不明。そこで、野毛大道芸以外にも、木村万里さんの仕掛ける新しいステージ「繭(mayu)」の第1弾が4月に行われます。また、すわ親治さんの舞台も4月だったはず。寄席の定席もあります。どれでもいい、どれか一つ、誰か一人の"芸"を見に行きたい。  これは,もうクリア済み。4日に「繭から」,7日に「すわ親治ひとりコメディ」。もう2本も見てしまった。

 もう一つ,目標を立てるか。やはり,積読だな。
「4月は5冊本を読む。」
 すでにもう,2冊読んでますからね。もう3冊くらい読まなきゃ。

 これが,4月の目標でした。やっぱり,積読はダメでした。ここのところ,読書量は減るばかり。これから暑くなってくると読書量が減るので何とかリカバーしたかった(汗

 さて,5月の目標ですが,

5月:大学のゼミの先生の墓参りに行きたい。ゼミの先生の命日は4月なのですが、ゴールデンウィーク中に集まろうと言うことなので、5月中に行きたい。ここ数年、行ってないもので。

 これ,もうダメです。5月7日に墓参りに行くと決めたようですが,私は仕事のため欠席。5月の目標は飾れず。

 で,もう一つ決めました。
5月の目標 その2
 「柏市立砂川美術工芸館に行く。」
 ここ,5月いっぱいで閉館の予定。閉館が分かったら,さっさと行くのが私。でも,なかなか行けていない。今月こそは行かないと。閉館してしまう。

 ここしばらく,目標を立てても上手くいかない。目標は達成するためにあるのか,立てるためにあるのか分からなくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱線事故もボウリングも根っこは同じ(@nifty:NEWS@nifty:事故当日にボウリング大会=車掌区の43人-JR西日本社長、相次ぐ失態陳謝(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:事故当日にボウリング大会=車掌区の43人-JR西日本社長、相次ぐ失態陳謝(時事通信).

 JR西日本の社員がボウリング大会をしていた問題で,マスコミは一斉に怒りをあらわにしています。私自身は少しも驚かない。むしろ,そうか,そう言うものだよな,と納得してしまった。

 というのも,脱線事故を引き起こした運転士も,ボウリング大会に参加した社員も,もっと言えば,事故を起こした車両に乗っていた通勤途中の社員やその上司も,思考する過程が皆同じなのだ。
 彼らは,最初に立てられた予定通りに動くことを何よりもまず最初にクリアーしなければいけないように会社で叩き込まれたのだ。そのため,途中で状況が変わっても,変化に対応できない人間になってしまったのだ。

 事故を起こした運転士は,ダイヤグラムの遂行に全身全霊を傾け,そのためスピードを出しすぎて事故を起こした。
 ボウリング大会に参加した社員は,当初予定されていたボウリング大会の実施すべく,事故が起こってもボウリング大会を強行した。
 事故車両に乗っていた運転士もその上司も,予定されていた出勤時刻に間に合うことだけを守るべく,出勤するように指示をしていた。

 みな,同じなのだ。
 これと似たようなことは,生活の中でもあること。ただ,それが小さなことなので誰も気づかないだけ。よくあるでしょ,何でこんなことするんだろう,と思って古い人に尋ねたら,
「昔からこういう風にやるものだ。」
 と,何の根拠もなく説明するの。
 あれと同じようなものよ。何もびっくりすることではない。勿論,批判に値する行動ではあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球体育博物館

 2月19日。
 駅からハイキングを途中でリタイヤ。帰りの電車で英気を養い,なぜか寄り道,礫川浮世絵美術館へ行きました(この話は,1日付の記事に載せました)。
 そのまま帰ろうかと思ったけれど,東京ドームの脇を歩いていて気が付いた。そうだ,野球体育博物館へ行こう。まだ,西武ライオンズのファンクラブの有効期限が残っている。よし,行こう。
 って,こんだけのパワーがあるのなら,当初の駅からハイキング,歩けよ。とツッコミがくることでしょう。今振り返れば,私もそう思います。でも,あの本降りの雨の中,何が楽しくて歩くんだ,と思ったのも事実。やはりお散歩は晴れの日があう。

 で,野球体育博物館へ。入ってまず目に入ったのがショーケース内のお土産展示。折れたバットを再利用して作られた箸,「かっとばし」。なかなかいけてます。

 展示スペースには,プロ野球各球団のユニフォームが展示されています。
02190005
 まずは,西武のユニフォーム。去年までは頻繁に球場に通ってましたから。それに,今回入場に際し,ファンクラブの会員証を見せると50円引きになりましたから(と言いつつ2005年の継続手続はせず)。

 隣を見ると,今はなき球団のユニが。で思わずパチリ。
02190003
近鉄バファローズのユニフォーム。
なんか,「バファローズ」が残っても,球団が泣くなるというのは嫌なものです。
ちょっとおセンチになりながらパチリ。

 もう一つ
02190004
 オリックスブルーウェーブのユニフォーム。
 これだけしか写真をとらずに帰ってきました。帰宅後数日してから,「あ,そうだ!!福岡ダイエーホークスのユニフォーム撮影するの忘れた!!」
 所詮,プロ野球への思いはこんなものです,私。

 中を回って懐かしい展示を見ました。野球がアメリカからやってきた頃のグラブ等。アマチュア野球の展示など。よく見ても分からないものもいくつか。
 大画面のシアターでは2004年のプロ野球オールスターゲームのダイジェストを放映。新庄のホームスチールを見そびれた私は食い入るように見る。実況は板信一郎さん。おぉ,「サタデイ・ライオンズ」&「サンデイ・ライオンズ」で声を聞かない(私がこの番組を聞いていない方が当たっている)と思ったら,こんなところに。思わず耳もそばだてる。新庄のスチールは中継スタッフも気付かなかったのか,ワンテンポずれた絵。それでも面白い。

 野球の殿堂では,正岡子規を探す。何せ,子規庵を訪れたとき,「そういえば,正岡子規って『野球』という言葉を初めて使った人ではないか?」と思い出させた人ですから。特別表彰ということで他の人々とは別の場所に展示。それでも殿堂入りするのはすごいこと。
 一回りしたら,心地よい疲れが見をまとう。今度こそ,まっすぐ帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥沼の6連敗(NEWS@nifty:首位・鹿島がF東京に快勝、神戸は6連敗(読売新聞))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:首位・鹿島がF東京に快勝、神戸は6連敗(読売新聞).

 気合は入っているのだけれど,空回りしている感は否めない。
 試合前から,サポーターたちが応援していたのだが,それが逆にプレッシャーになったのかな?

 何よりも負傷者が多すぎる。31人中9人ケガ。これじゃぁ,サテライトなんか試合できるのかな?

 試合後,FC東京のフロント,「人事」の可能性を示唆。8日の大宮戦が剣が峰。大丈夫かな?
 サポーターたちは,チームの状況を把握しているらしく,下を見ず上を向いた応援をしている。涙が出るくらい嬉しい。

 だったら,フロントよ。監督を解任するのではなく,選手レンタルしてこいよ。これだけ選手が足りないんだから。昔,佐藤由紀彦が負傷したとき,石川直宏をレンタルしてきたじゃない。監督挿げ替えても,今のチームじゃ勝ち上がれないよ。選手が足りないんだもん。「人事」と言ったって,別の考えもあるじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第7回

第7章 ジェンダー

 社会的に作られた性差
 =「ジェンダー」という
ジェンダーの4分類
1 性別認知
 他者の性別を認知
2 性役割
 らしさの役割と性分業
3 性愛役割
 事柄に関する役割
4 性分業
 性別を用いた経済上・生活上の分業


 「フェミニズム」
 =性差に関して社会的公正を追求する思想
第1波フェミニズム(19世紀末から20世紀初頭にかけて);選挙権の獲得
第2波フェミニズム(1960年代後半から1970年代にかけて);女性解放運動
 1 職場での不平等を改善する方向
 2 女性のアイデンティティを模索する方向
  の2つが第2波フェミニズムでは行われた。


●私的コメント
 この章,途中まではある程度まとまって書いてあったが,後半,ぼやけた感があるのは現在でも論争が行われているためか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合前の練習何だけど

試合前の練習何だけど

気合い入りまくりのサポーター。
空気は良いです。ブーイングするより、応援するのが、サポーターの役割。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買いましたよ,東京かわら版

 5月の演芸会はなぜか華やか。
 雑誌「東京かわら版」も特別価格400円。流石にちょっと厚い。
で,中を見ると,なるほど例月より演芸会が多い気もする。

 というわけで,【無責任・お薦め演芸】5月編

定席から
・上野鈴本演芸場は上席(昼)
 九代目林家正蔵が襲名披露を終え,鈴本に凱旋。いつもより料金高いが,襲名披露を見逃した方は是非。
・浅草演芸ホールは中席(昼)
 九代目の襲名披露の次は,三遊亭遊史郎と桂歌蔵の真打披露興行。桂歌蔵は先日,国立演芸場の桂歌丸を見たときに見ました。基本に忠実というかしっかりとした,折り詰めに入った弁当という感じ。見ていて安心できます。ちょっとチェックしておいたほうがいいかも。
・新宿末広亭は上席(夜)
 上述浅草演芸ホールの真打披露興行と同様に,末広亭でも行われます。
・池袋演芸場は上席(夜),ただし5日までと下席(昼)
 池袋の夜の部の主任は桃太郎さんですよ。これは必見。下席は菊乃丞。ご存知同郷の好で一押し。

落語会からは
・4日(祝)「芸暦60年!東京コミックショウの爆笑演芸会@横浜にぎわい座,13:00
 松元ヒロも出ます。
・5日(祝)黒門亭ゴールデンウィーク特別番組"こどもの日特集"@黒門亭,12:30
 子供を題材にした落語の特集。こういった特集を組んだ落語会も面白い。
・7日(土)恒例・大演芸祭り(第16回)"漫才競演"@国立演芸場,13:00
・10日(火)東西落語研鑽会(第13回)@よみうりホール,18:30
 完売御礼,東西落語研鑽会。チケットはゲットしました。
・10日(火)新・落語21"らくごちゃん"@プーク人形劇場,18:50
 こちらは新作らくごの競演。つくしさんも出ます。
・10日(火)志らく百席(第6回)@横浜にぎわい座,19:00
 志らくが古典を百席かけるというプロジェクト。
・11日(水)両国寄席"新作TOB"@お江戸両国亭,19:00
 川柳つくしさん,連投。
・12日(木)講談新宿亭(昼)@新宿永谷ホール,13:00
 神田京子さん,二ツ目はいつお披露目?
・12日(木)鳥越落語会(第25回)@浅草橋区民会館,19:00
 喜多八師匠以外にも柳家喬太郎師匠が出演。開場への問い合わせは厳禁。
・13日(金)東京落語会@イイノホール,18:00
 会員制なので席は若干しかありません。
・14日(土)黒門町本牧亭講談定席@日本料理本牧亭,13:00
 あ,神田京子さん二ツ目昇進興行だ。
・14日(土)朝日名人会(第51回)"青風編"@有楽町朝日ホール,14:00
 歌武蔵・山陽・花禄・喬太郎・彦いち。全て見逃せない。
・18日(水)立川談春独演会@築地ブディストホール,19:00
 生きたい人は早めにチケットを。当日券なしの場合あり。
・19日(木)ぎんざ雅寿亭(第52会)@銀座ガスホール,18:30
 小円朝襲名披露を兼ねています。円楽師匠出演。
・21日(土)談笑・談春二人会@国立演芸場13:00
 今年度から,立川流も国立演芸場で高座をかけるとか。これがそうかな?
・23日(月)寄席山藤亭@紀伊国屋ホール,18:30
 談志師匠出演。
・31日(火)新宿末広亭余一会(昼)(夜)@末広亭
 六人の会主催の余一会。昼の部の主任は志の輔。夜の部の主任は円楽。こんな落語会見たことない。でも,もう少し人数減らして,各々じっくり聞きたい。


 大銀座落語祭のうち,究極の落語会は3月21日発売だったとか。私は人事がどうなるか分からず,買うのを控えていたんだっけ。そういえば,ねぎし事務所からDM来ていたっけ。もう忘れてる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

事故から学ぶことがある。事故報道に言いたいことがある。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:脱線事故1週間、JR西社員ら200人が現場で黙とう(読売新聞).


 尼崎線事故から1週間が経った。
 事故の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げるとともに,亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

 で,ちょっと気になることが。事故の後の報道では,JR西日本の経営体制に問題があるというのが多かった。実際,報道で見る限りは非常に厳しい管理体制の元,社員たちは働いているようだ。
 今回,事故の原因の一つとして,「90秒の遅延」というのがある。列車が90秒遅れたために運転士がスピードを出したがために事故を引き起こした……。

 これに対し,コメンテーターと名乗る人々が「90秒くらい遅れたっていいじゃないか。」なんて言っている。オイオイ。そんなことを言っていいのか?
 確かに90秒の遅延を取り戻すために,急ぎすぎ,そのため事故を起こしては何もならない。でも,「遅れること」,「遅刻すること」を安易に良しとするような,誤解を生みそうな発言は,慎んだ方がいいように思う。ほんの少しの遅れのために,社会的地位や生命を失うことはままある。遅刻を繰り返せば,信用は落ちる。
 「遅刻すること」は"いけないこと"である。ということは,この世の中で生きていく中での一つの大事な前提なのである。このことだけは,勘違いしないで欲しい。

 今回の事故に当たっては,90秒の遅延を取り戻すために,かなりの無理をしなければいけないきついダイヤグラムの編成に問題があるのではないだろうか?関西は私鉄とJRが競合している路線が多いため,かなり厳しいダイヤグラムを作成していないか?もうすこし余裕のあるダイヤグラムの編成はできないだろうか?簡単に言えば,駅間の所要時間を余裕のあるダイヤグラムにすれば,遅れを取り戻すために無理をしなくても良かったはずなのに。


 それと,もう一つ。提案がある。
 このような事故を起こさないために,私たち乗客がやらなければいけないこと,実践したらいいことってないだろうか,考えながら,電車を利用してみた。
・ひとつは,時間に余裕をもって鉄道を利用すること。
 ここの乗り換えは1分あるから,走れば乗り換えに間に合うよ,などと言って無理な乗り換えをせずに,1本早い電車に乗って,余裕のある乗り換えしませんか?もし,無理な乗り換えに間に合わないからと言って,駅員や車掌さん,ましては運転士に文句を言わない。その文句が運転士さんが焦り,規定の速度以上の速度で走行することになるから。
・駆け込み乗車,無理な乗車を止めませんか?
 駆け込み乗車をしたり,満員なのに無理に乗り込んで,ドアが閉まらず,列車が発車しないケースよく見ます。これって,電車の遅延の原因になります。遅延が生ずれば,その遅延を取り戻すべく,電車は無理にスピードをアップします。つまり,今回の事故の原因と同じような状況に陥ります。

 いずれにしても,心に余裕のない行動が事故を引き起こすことを痛切に感じた今回の事故。他山の石としないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駅からハイキング」の個人HP作っている人いませんか?(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年04月25日(月)~ 2005年05月01日(日)
合計数:391

●曜日別アクセス数
曜日 アクセス数
月 44 ★★★★
火 74 ★★★★★★★
水 57 ★★★★★★
木 54 ★★★★★
金 56 ★★★★★★
土 64 ★★★★★★
日 42 ★★★★

●検索ワードランキング
順位 検索ワード 件数
1 駅からハイキング 9
2 歴史 7
3 大銀座落語祭2005 6
4 大銀座落語祭2005 6
5 ダメじゃん小出 5
6 上野駅 5
7 両替 5
8 弥生時代の由来 5
9 手塚治虫マガジン 5
10 2005 4
11 コレゾ日本橋 4
12 バックナンバー 4
13 ビル 4
14 一葉記念館 4
15 元アナウンサー 4
16 大銀座落語際 4
17 江戸橋 4
18 社会学のエッセンス 4
19 2005年 3
20 なるほど日本語塾 3
21 アメリカンフットボール 3
22 インターネットに繋がらない 3
23 サザエさんの絵 3
24 予言 3
25 小ゑん・喜多八試作品 3
26 感想 3
27 映画 3
28 東京スタヂアム 3
29 東京メトロ沿線だより 3
30 落語 3
31 野毛大道芸 3
32 野球 3
33 鈴木おさむ 3

検索フレーズランキング
順位 検索ワード 件数
1 上野駅  両替 3

 今週もご高覧ありがとうございます。
 週単位で検索フレーズランキングにランクイン(同一週に3件以上)というのは初めてのような気がします。
 「上野駅」と「両替」の組み合わせは,昔あった上野駅の両替所の話でしょうか。まだ,覚えている人がいて嬉しいです。って私は何歳なんだろう。
 検索ワードでは「駅からハイキング」がトップ。私もこの検索ワードで何度となくHPの検索をしてみるのですが,なかなか,これは!というHPにあたらない。また,あったとしても数年前のHPで,現在はその更新がなかったりする。これをご覧の皆様で,「駅からハイキング」に参加される方,どしどしコメントやトラックバックを。それで,このブログの一つの大きな柱となれば嬉しい限り。でも,その前に2月の駅からハイキングなんか書いていないで最新の情報載せなきゃね。

 ここ数週間続いている,「大銀座落語祭」。正式情報が消えていった感じですね。ひょとして5月の東西落語研鑽会で優先予約とかするのかなぁ?

 「コレゾ日本橋」がヒットしているのには笑った。ネタなのに。やっぱり「コレド日本橋」より「コレゾ日本橋」のほうが面白いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちゃ,痛すぎる(NEWS@nifty:F東京の鈴木規とルーカスが負傷=Jリーグ(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:F東京の鈴木規とルーカスが負傷=Jリーグ(時事通信)
 ただでさえ,負傷者続きなのに,また怪我人かぁ。
 これはちょっと痛すぎるぅ。

 鈴木規郎は,慣れないサイドバックをやったせいか?あまり練習風景などををチェックしていないため詳しいことが分からない。
 この次の鹿島戦。4日にあるが果たして大丈夫か?不安だけが大きく膨らんでいく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礫川浮世絵美術館

 先日の月イチあミュージアムで,駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク」を途中でリタイヤしたと書きました。雨が降ってきて,あきらめたって。
 その後電車に乗って帰宅しようかと思っていたら,電車に乗っている間に体力が回復してきました(笑)。まだ時刻も早い。これはどっかへ寄り道しようと急に思いました。
 鞄の中をあさると,いろいろと招待券が。で,出てきたのが礫川浮世絵美術館の無料招待券。目黒から水道橋まで行って,博物館へ。
 この日(2/19),東京ドームでは「世界らん展」が初日を迎えました。お客さんは皆東京ドームへ。私はその間を抜けて,礫川浮世絵美術館に。
 ここは,松井さんという歯医者さんが館長を務める美術館。毎月展示を替えていくのだから,その意気込みはすごい。いろいろと見ては見るものの,私には浮世絵の下地がないものだから,見てもよく分からない。せいぜい分かるのが春画。まだまだ勉強不足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »