« 江東区深川江戸資料館 | トップページ | 今日飲んだお酒 »

【off TV】第11回 大河ドラマ企画・手塚治虫の近現代三部作

【off TV】こんなテレビを見てみたい
第11回 大河ドラマ企画・手塚治虫の近現代三部作

 えぇ,NHKの大河ドラマの話です。別に,今の受信料とは関係ないです。ただ,こんな大河ドラマを見てみたいなぁと思っただけ。
 昔,大河ドラマでは,「近現代三部作」として,3年間明治維新以降を扱った作品を放送しました。
 その流れをもう一度再現してみたらどうだろう。それも,三部作全て手塚作品にして。というのも,手塚作品を読んで,この作品面白いなぁ。これ,大河ドラマにしたら面白いだろうなぁ。そう思うことがしばしば。で,今回,こんなテレビが見てみたいと言ってみました。

 でも,あまり手塚作品知らないんだよなぁ。その中から最初に考えた三部作はこの3作品。

『陽だまりの樹』
『アドルフに告ぐ』
『奇子』

 『奇子』は読んだことがないのに,最初選びました。でも,先日古本屋で第1巻の第1話を読んで,これは大河ドラマには向かないなぁ,と実感。ちょっとおどろおどろしい。
 『奇子』をやめて,『シュマリ』入れてみたらどうかな?と考えたりもしました。ただ,どちらも単行本ではそれほど長編ではないので,1年間持たすのは難しそう。でも手塚治虫の漫画を原作にして,大河ドラマ作って欲しいなぁ。そしたら,受信料収入増えると思うけれど。

|

« 江東区深川江戸資料館 | トップページ | 今日飲んだお酒 »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【off TV】第11回 大河ドラマ企画・手塚治虫の近現代三部作:

« 江東区深川江戸資料館 | トップページ | 今日飲んだお酒 »