« 先月の目標はダメ,さて今月は? | トップページ | 大学レポート・バブルも終わり…… »

眼鏡を替えた

08040001

 約10年ぶりに眼鏡を更新した。
 上の眼鏡が今までのもの。
 下の眼鏡が今回購入したもの。

 今までは縁無しをかけていたが,今回,流行りの小さいレンズのものにした。
 若干抵抗があった。今までかけていた眼鏡は,かなり大きなレンズ。視界全体が矯正された画像なので,視界良好だった。ただ,大きいレンズなので,この暑い夏になると,額の汗がすぐにレンズにしたたり落ちる,という欠点はあった。
 レンズが小さくなったせいで,視野の端に小さな線が入るようになった。しかし,目の前のことに集中せよ,と考えれば,これはこれで良かった。

 今回,地元の眼鏡店が実施する,半年に一度のセールで購入したため,かなり安くあげることが出来た。そのため,今までの眼鏡もレンズの交換することに成功。それまでの眼鏡は10年レンズを更新しなかったため,もう,すりガラス状態。いくら拭いても,傷で白っぽかった。ホント,ひどすぎ。メンテナンスが悪かったと言えばそれまでだが。

 別に,眼鏡を替えたのには,深い意味はない。太田スセリさんの『ストーカーと呼ばないで』の歌詞,

通勤電車の 同じ車両 幸せな毎日 砂を噛む様な 私の暮らしに 明るい陽が差した スーツ姿に ふちなし眼鏡が 自信に満ちていて あなたを もっと知りたくて 後をつけました お勤めの会社 わかったので 有給とりました 後は自然に あなたのお家が 分かりました

 を知って,「まずい,ふちなし眼鏡だとストーカーされる」と被害妄想が膨らんだわけではない(←当タリ前ダ)。
 ま,この夏のボーナスの使い道を取り立てて考えていないところに,セールの案内が来ただけ,というのが一番の理由かもしれない。

 眼鏡を久々に替えたので,検眼をすることになった。
 まずは,検眼の資格を持たない売り子の女性が私の目を簡単に検査した。
 潜望鏡の接眼部のような機械に顔を着け,中を見る。すると,ぼんやりした中から気球が見えてきた。はっきりと見えた瞬間,目の状況を計測しているようだ。まずは右目。何ら問題なく終了。次いで左目。どうも画像がはっきりしないまま終わる。
 今度は検眼の資格を持った男性の売り子さんとバトンタッチ。今度は,機械も換わる。いすに座り,目の前にいくつものレンズを重ね合わせたような機械が合わせられる。その機械を通して3・4m先の視力測定表を見るようになる。
 まずは,緑と赤の二つの色が半分ずつ左右に分かれた映像。ひょっとして赤緑色覚異常の検査?なんて思いつつ,もどちらの色が強く感じるかを尋ねられる。その後は,レンズを調整しながら,視力測定表の文字や方向を見ていく。

 と,その時,店員が
「あれっ?」
 と言った。

 こういう時って,びびりません(半疑問系)?
 ひょっとして私の視力がめちゃくちゃ悪くなったのか。今までなかった色覚異常や乱視が見つかったとか,それとも実は私の目はだんだんと弱くなりやがて視力が失われていく……,てことでも。
 検眼終了後,店員がぽつりと呟いた。
「視力が二段階良くなっている。」

 えぇっ!?そんなことなんかあるのかぁ?
 別に何にも目に良いことなんかしていないぞ。ブルーベリーも意識して食べていないし,木々の緑を見るようにしてもいないし。なんでぇ~?
 ただ,眼鏡をかけるようになってから一つだけ意識していることがある。視力矯正時も裸眼時も,遠くの小さい時が見えないからって,目を凝らしたり,眉間にしわを寄せたりするようなことは厳に慎むようにした。周りの人が,目を凝らしたり,眉間にしわを寄せたりする姿は,見ていて良いものではなかった。だから,見えない場合は仕方がない。見えなくていいのだと自分に言い聞かせて,無理はしないようにした。それが功を奏したのか?

 「まさか,老眼ではないでしょうね。」恐る恐る聞いてみたが,「そんなことはないでしょ。」と流されてしまった。そして,色覚異常や乱視も全くない,普通の近視ということが判明。安心して眼鏡を作ることが出来ました。

<教訓>
 医師や眼鏡店の検眼者は,「あれ?」と言ってはいけない。

|

« 先月の目標はダメ,さて今月は? | トップページ | 大学レポート・バブルも終わり…… »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡を替えた:

« 先月の目標はダメ,さて今月は? | トップページ | 大学レポート・バブルも終わり…… »