« 【MondaySports】NEWS@nifty:日本、ブラジルと2―2で引き分け…4強入りならず(読売新聞) | トップページ | Jリーグ1 第6節 »

国立演芸場4月中席(落語芸術協会)

Stage 05-12

05/04/11
国立演芸場4月中席(落語芸術協会)
国立演芸場
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

べん橋 「子ほめ」
宮田陽・昇 漫才
歌蔵 「粗忽の釘」
まねき猫 ものまね
松鯉 「扇の的」
(仲入り)
圓馬 「素人鰻」
夢葉 奇術
柳好 「犬の目」
栄華 俗曲
歌丸 「質屋庫」

二ツ目桂歌蔵なかなかの出来。将来楽しみ。
 歌丸が,国立演芸場に出演すると言うので行って来ました。なかなか落語芸術協会の定席に足を運ぶことがない私。こういう機会は逃さないように。
 歌丸師匠,十日間の興行で5本のネタを2日ずつ行うとか。前もってネタ出し。
 この日は「質屋庫」。
 以前テレビで見たことあるが,さげを忘れてしまったので,思い出し半分で見に行った。

 歌丸師匠,上手いです。ホント。落語鑑賞初心者の私が見てもそう思う。
 結構いい年なのに,定吉を演じるときは本当に子供っぽく演じる。
 また,何度か湯呑みのお茶をすするときがあったけれど,それは必ず質屋の主人の台詞のとき。
 勿論,「そんなの当たり前田のクラッカー」と言われればそれまでだけれど,細かいところまで気遣ってくれるのが嬉しい。
 まぁ,初心者だから,その辺の小さなことに驚くのかもしれないけれど。これがしばらくすると,細かい気遣いもせず,だらだらと湯飲みのお茶をすする落語家を見て「下手だ」と言うようになるのだろうなぁ。

 今回,収穫だったのが桂歌蔵。彼,このときはまだ二ツ目でしたが,なかなかの力量。流石,歌丸の弟子とも言うべきしっかりとした落語を聞かせてくれる。このとき5月に真打に昇進。と聞いて,真打披露興行を見に行こうと心に誓った次第。

|

« 【MondaySports】NEWS@nifty:日本、ブラジルと2―2で引き分け…4強入りならず(読売新聞) | トップページ | Jリーグ1 第6節 »

Stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立演芸場4月中席(落語芸術協会):

« 【MondaySports】NEWS@nifty:日本、ブラジルと2―2で引き分け…4強入りならず(読売新聞) | トップページ | Jリーグ1 第6節 »