« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の記事

Jリーグ設立○○周年記念映画「幻の得点王」

 ふと,こんなネタを思いついた。
 Jリーグ設立○○周年記念映画「幻の得点王」

 いや,今年のカンヌ映画祭で,サッカー関連の映画の上映が多かったという話を聞いたので,だったら,Jリーグも作ったらどうか,思いついたもの。

 内容は全くのフィクション。J開幕年にいたとされる幻の得点王を主人公にしたもの。

……その内容とは。
 Jリーグが開幕したのは1993年。それまで,日本のプロスポーツと言えば,野球・大相撲・ゴルフ。こういったスポーツ中継が週末やゴールデンタイムを中心にテレビなどで放送されていました。
 日本初のプロサッカーリーグ,Jリーグが産声を上げたときも,開幕戦こそはそこそこ客が入っていましたが,その後,だんだん客数は減って行きました。

 ある日のJリーグの試合。裏方さんの会話
係員A「おい,今日の試合,お客はどのくらいいる?」
係員B「まずいぞ,ピッチの方が人が多い。」

 別の日の試合会場。試合前半が終わった頃に,係員がやおら立ち上がり,観客席へ。会場をぐるっと見渡しながら,観客数を数える。控え室に戻り,
係員A「今日の客数,78人だろう。」
係員B「惜しい!(もぎった)チケットの枚数,79枚だ。一人,トイレに行ったまま戻ってこないんだ。」

 そんな寂しい限りのJリーグ。実は,面白い記録が残っています。

 ○○ △△(この映画の主人公)
 試合出場時間数(今季)90分。
 得点 15点。

 当時の試合は,全10チームが4回戦総当たりのリーグ戦を行っていました。したがって,全36試合。総試合時間は,3,240分。延長戦はありませんでした。しかし,この主人公は,一年間にピッチに上がったのがたったの90分。しかし,得点は15点。なんと言うことでしょう。
 彼は出場する全試合が,途中出場。しかも,後半40分過ぎというのがほとんど。そして,彼は出場した全試合で得点を取っています。

 なぜ,彼がこれだけ点が取れたのか,これだけ勝負強かったのか,当時,日本のマスコミはほとんど彼にスポットライトを当てることはありませんでした。
 しかし,Jリーグがここまで成功を収めた影には,彼のような歴史の中には埋もれてしまったが,実はとても優れた選手たちが,ひたむきにボールを追いかけていく姿があったからです。選手たちがボールを追いかけていく姿に,子どもたちは惹かれ,自らボールを蹴るようになっていきます。そして,現在のサッカー界の繁栄があるのです。

 今回,彼について調べてみましたが,その素性については,謎に包まれた部分が非常に多いのです。それでも,いろいろ取材した結果,ほんの少しですが,彼のサッカーに寄せる思いというのが分かりました。今日は,彼の話を少ししてみるとしますか……。
 (ここから本編が始まる、)

 と,ここまで考えて挫折。
 勿論,Jリーグが開幕した年は大ブームがおきましたので,観客数が少ないというのは,ウソ。また,この映画の主人公のような幻の得点王がいたこともウソ。でも,どうせ作るんだったら,架空の人物の伝記物のような荒唐無稽な作品,作って欲しいなぁ。
 設定からして無理があります。なぜ,主人公が後半の残り5分しか出場しないのか。これだけの優秀な能力があるのなら,先発起用があるはずのなので,その辺のごまかし方が大変。また,主人公をどのチームの選手にするかも考えないとね。ま,細かいことは本当に映画化が決まってから考えればいいんですけれど。

 このアイデア,どこぞの映画製作に使ってもらえませんかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】サポーターと柏が青空討論

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - スポーツ報知.

 Jリーグネタをもう一つ。
 柏レイソルは,先日,ゴール裏サポーターが事件を起こしたため,サポーターの応援が手探り状態だったのを記憶しています。そして,何とかしてこれからの柏レイソルをクリーンなイメージにしていこうと躍起になっていた,そんな話を聞いていました。
 ところが,今回,またサポーターが騒動を起こした。何でだろう?よく報道の記事を読んでみると,

サポーター約200人が1時間40分にわたってバックスタンドに居座った

 そう。今回の騒動の中心は,バックスタンドで応援しているサポーターなのです。
 でもちょっと気になる。バックスタンドなんだよね,今回の騒動の中心。「バックスタンド」が気になる。

 確かに,チームのふがいない試合に怒りを感じる,それは分かるよ。FC東京もだいぶ長い間勝ち星から見放されたから。
 でもさぁ,そんなにサポーターって偉いの?
 自分でそのチームに出資していて,そのチームが弱いんだったら,あれこれ言えるじゃん。でも,ただ試合のチケットを買うだけで見に行っている客にあれこれ言われたくないよね。しかも社長まで呼びつけちゃって,おかしくないかぁ?
 試合のチケットを買う人はその試合を見るだけの対価としているだけで,チームの運営自体には何も言えないはず。チームに不信感を抱いたなら,次から試合を見に来なければいい。サポーターも辞めればいい。
 本当にチームが好きなら,出資して経営に参画して欲しいなぁ。チームの運営には参画しないで「俺たちサポーターだ!おまえら何とかしろ!」的な発想ではチームは強くならないよ。「俺たちサポーターだ!俺たちには応援するしかできないよ!でも頑張れよ!」といった発想に切り替えていかないと。
 サポーターがチームに対して,愛情の裏返しでいろいろ文句を付けたくなるのは分かる。でも,サポーターというのは残念かな,明日サポーターを辞めることもできる,結構,不安定というか経営者側から見ると不確定要素の強い立場なんだよね。
 一方の経営側から見れば選手も社員も自分たちの生活がかかっている。そのため,責任が強くあるんだよね。何とかして多くの観客に来てもらいたい,そのためには強くならなければいけない,愛されなければいけない,サポーターたちに誠意を尽くさないといけない。だから,経営者側は今回,話し合いの場所を作ったんだ。そこをよく考えて行動して欲しい。本当だったら,チームを強くするために他にいろいろとやらなければいけないこともある。スカウティングをしたり,緊急補強のために他のチームと折衝をしたりしなければならない。その時間を割いて,今回,討論会を開くんだよ。フロントが見るべき方向を変えてまで討論会をするんだよ。このことを肝に銘じて参加してね。

 青空討論では,チーム側にあれこれ文句を言うばかりではなく,自分たちのできることを積極的に発言して欲しい。自分たちのできることを積極的に実践して欲しい。足を引っ張り合うだけでは,チームは強くならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】欽ちゃん球団完敗夢消える/都市対抗予選

リンク: Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - 欽ちゃん球団完敗夢消える/都市対抗予選.

 残念だったなぁ,欽ちゃん。
 私,欽ちゃんのファンなんですよ。昔,「欽ドン」「欽どこ」「週間欽曜日」なんか毎週見てましたよ。
 で,その欽ちゃんが球団を立ち上げた,って聞いたときびっくりしました。欽ちゃん球団が都市対抗に出場したら,是非東京ドームへ見に行こうと思ってました。しかし,今回は残念ながらその望みは絶たれてしまいました。

 しかし,欽ちゃん試合終了後,かなり悔しがっていました。これだけ悔しがっていると,来年に向けてかなり努力しそうです。そう言う意味でも今回の敗退,次への糧になるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】頑張れ!コンサドーレ札幌

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 頑張れコンサド-レ:サッカー 新社長に児玉芳明氏 /北海道.

 コンサドーレ札幌,幹部の児童買春で揺れています。
 札幌はJ2陥落後,低迷を続けています。柳下監督就任してから,足元をしっかり固めて上へと上がろうと地固めを続けているところにこの事件。選手やサポーターたちに悪い影響がなければいいのですが。
 北海道は現在,日本ハムファイターズの頑張りで野球へと目がいきがち。サッカーにも目を向けて欲しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】日本トップリーグ連携機構続報

リンク: JAPAN ICE HOCKEY FEDERATION.

 続報と言うより正式発表をようやく見つけることができました。
 正式名称が違っていたのね。「日本トップリーグ連携機構」が正式名称。「9トップリーグ連携機構」ではなかった。失敗失敗。

さて,肝心の参加リーグは……
 
●アジアリーグアイスホッケー実行委員会 
●Vリーグ機構 
●日本ハンドボール機構 
●バスケットボール日本リーグ機構 
●バスケットボール女子日本リーグ機構 
●ホッケー日本リーグ機構 
●日本ソフトボールリーグ委員会 
●ジャパンラグビートップリーグ 
●日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)  

 以上9リーグ。このリーグの特徴を見ると,「世界の壁にぶち当たっているリーグ」と言えなくもない。最近オリンピックでメダルを取っていない競技だったり,アジア予選突破に苦しんでいる競技だったりと。そして,各リーグ選手層や試合観戦者数の低迷(Lリーグ当たりは増えているか)の伸び悩みで苦労している,そんなリーグたちが手に手を取って攻勢に転じる,そんな風に受け止められます。
 そして,この編成,アメリカンフットボールXリーグ,野球の各団体,Jリーグといったリーグが加入していません。なぜか?あちこちのブログで疑問をぶつけている人がいます。私なりに考えてみました。

1 アメリカンフットボールXリーグ
 アメフト自体マイナーすぎ,という感が否めない。厳しいことを書けばリーグがまともに機能していないというか,トップリーグなのに,リーグ首位のチームと最下位のチームと試合して10TD(10回ゴールを割られると言えばイメージがつくかな)もとられていちゃ,客は来ないよ。
 それでいてワールドカップは2連覇。ただし,本場アメリカは2回とも参加していません。それじゃぁ,勝つわ。
 つまり,リーグ自体は活性化していないが世界大会では優勝。これでは,参加しようとは決断しないよな。

2 野球の各団体
 実は,野球はアマチュアとプロの区別が非常に厳しい。そのため,日本の野球の団体が一つにまとまっていない。日本野球機構,日本野球連盟等々。まずは野球の団体を一つにまとめることが先決でしょう。
 ただ,野球はここ数回,五輪で苦杯をなめている。「五輪で勝つために。」この合い言葉の元,一つにまとまる可能性は秘めている。後は,各団体の利害を乗り越えるだけの決断だけだ。

3 Jリーグ
 実はJリーグは活性化の成功例,各トップリーグの見本,そう言うイメージを私は抱いている。全国にJリーグを目指すチームが増え,それぞれ身の丈にあった経営を目指している。全国にチームが広がれば裾野は広がる。裾野が広がれば,その山は自然と高くなる。だから,世界規模の試合でいい結果を残せるようになる。
 Jリーグが加入せず,Lリーグが加入したというのはここに意味があるのではないだろうか。全ての競技・団体がJリーグのようにうまくいくとは思えない。ここはひとつトップリーグ連携機構に加入して,Lリーグを活性化しよう。川渕さんの考えること。

 さて,リーグが手に手を取った。次は実行に移す番だ。いろいろと考えられるが,一つ考えられるのは別のリーグの試合を同地区(同じ会場では試合は難しい)で開催するというもの。たとえば,東京体育館と秩父宮ラグビー場で同日に試合時間をずらして別のリーグの試合を行う。同日の有効のパスを発売すれば,両方とも見に来てくれるのでは?というアイデアは簡単に思いつく。
 でもさぁ,どうせやるなら,地方でやりませんか?
 というのも国体や高校総体などのために地方は体育施設をあちこちに作っています。しかし,国体終了後,全国規模の大会はあまり多く行われないため,せっかくの施設も県大会の開催止まり。可哀想ではないかな?だったら,トップリーグ連携機構が複数の試合を同じ週末で行うのってどうだろう?土曜日には各リーグが子供相手にスポーツクリニックを行い,事前にPR。翌日曜には試合を行う。昨日教えてくれた選手が翌日にはトップリーグの試合で真剣に戦っている。これなら,競技人口の底辺拡大に役立つのではないでしょうか?

 まだまだ,トップリーグ連携機構は緒に就いたばかり。これからが勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】ようやく勝ちました,FC東京

リンク: 365日 FC東京.

 さてさて,この話題を忘れていました。
 FC東京が久しぶりに勝ちました。でも,勝ったのは大分でのアウエイなのよね。
 当然私は見に行けず。後でHPをチェックしてビックリ。
 でも,シュート数は大分4に対して,東京16。これじゃぁ2点くらい入らないとね。
 ともあれ,これでナビスコカップ予選リーグ勝ち抜けに首の皮一枚つながりました。さぁ,次はホームゲームだ!(でも私は仕事で行けず(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【MondaySports】パールボウル決勝カード決まる

 続いてお送りするのは,アメリカンフットボール,PEARL BOWL社会人アメリカンフットボール第30回パールボウルの話題です。

 この大会は,社会人アメリカンフットボールリーグXリーグのうち,イーストとセントラルの12チーム(オンワードスカイラークスは出場辞退)が参加して行われるトーナメント。Jリーグのナビスコカップのように,まずは4組に分け予選リーグを戦い,各リーグ1位の4チームがトーナメントを行っていきます。
 予選リーグを勝ち残った4チームは,
日産スカイライナーズ
アサヒビールシルバースター
オービック・シーガルズ
鹿島ディアーズ

 この中から,アサヒビールシルバースターとオービックシーガルズがそれぞれ勝ち上がり,6月13日に行われる決勝で対戦します。会場は東京ドーム。19時キックオフです。

 オービック・シーガルズは,かつてリクルートシーガルズと名乗っていましたが,リクルートがクラブ運営から撤退,独立して行う,市民球団として活動を継続しています。その後,オービックがスポンサーとなり,現在のチーム名に。アメフトの市民球団は,どうしても金銭面の理由からか,弱体化しがちですが,このチームは強豪として活躍しています。私自身,こうした市民球団は応援したくなるのですが,いかんせん,このチーム,ゲームで反則が多い。ダーティーなイメージが残ってしまいます。

 一方のアサヒビールシルバースターは,ご存じアサヒビールがスポンサー。このチームには,元TBSアナウンサー有馬さんが所属。QBとして予選リーグにも出場し,タッチダウンパスを記録しています。彼,サウスポーです。別にQBのサウスポーは珍しくはないのですが,目の当たりにすると「あれ?」しちゃいました。

 両チームともここまで相手にタイム・オブ・ポゼッションを渡しながらも,機を見て得点をあげています。果たして,決勝ではどのように戦うのか,楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お試し企画【MondaySports】西武ライオンズ売るの?売らないの?

 お試し企画を考えました。題して【MondaySports】。
 週末に行われたスポーツなどから,気になる話題を拾っていきます。ま,今までFC東京の試合を逐次追いかけていたので,それの拡大版だと思えば……。
 ただ,どれだけ追いかけられるか,どこまでこの企画が通じるかが不安。とりあえず,やるだけやってみます。

 今回取り上げたのは,「西武ライオンズの売却問題」。親会社のゴタゴタで,ライオンズを売却するか否かで,マスコミは動いています。今シーズンから球場と二軍のチーム名の命名権を買ったインボイスが経営の参画に意欲を示しています。

 で,この渦中,西武鉄道の後藤高志・新社長が29日,インボイス西武ドームへ試合を観戦に来ました。あちこちの記事を追いかけていくと,毎日新聞が売却に含みをもたせる書き方,読売新聞・時事通信・共同通信が継続保有に意欲,という書き方。
 同じ日の取材にもかかわらず,マスコミの記事如何によって意味が変わっていくというのは恐ろしいもの。いろいろ読み比べて,判断しなければなりません。その分,私たち情報の受け手の責任は大きくなっていきます。

 ここから私自身の予想です
 インボイスは今後近いうちにライオンズの経営に参画することでしょう。株も数パーセントは保有していくでしょう。でも,チーム名そのものはこのままで。ライオンズの経営が苦しいので集客のための新しいアイデアをインボイスが呈示,それを取り入れつつ,ライオンズが可能な限り独立経営していけるかどうか模索していくのではないでしょうか。
 ライオンズを持っていても西武鉄道に利益なしと見たら,西武鉄道はライオンズを売却。もし,インボイスの経営参画で黒字転換したら,継続保有。そんなシナリオを私は描いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週も閲覧感謝です(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年05月23日(月)~ 2005年05月29日(日)
合計数:440

曜日 アクセス数
月 77 ★★★★★ ★★★
火 78 ★★★★★ ★★★
水 97 ★★★★★ ★★★★★
木 46 ★★★★★
金 62 ★★★★★ ★
土 46 ★★★★★
日 34 ★★★


順位 検索ワード 件数
1 大銀座落語祭2005 27
2 沢田研二 19
3 大銀座落語祭2005 9
4 ダメじゃん小出 8
5 大銀座落語祭 7
6 コレゾ日本橋 6
7 社会学 6
8 なるほど日本語塾 5
9 2005 4
10 ダメじゃん 4
11 ブログ 4
12 公式 4
13 大銀座落語際 4
14 日本語なるほど塾 4
15 負け犬の遠吠え 4
16 ダメじゃん小出 4
17 サザエさん 3
18 ヤマハホール 3
19 下落合タックス 3
20 佐々木信也 3
21 大銀座落語 3
22 広木酒造 3
23 歴史 3

 ここのところ,私のブログ,ウィークデーはアクセス数が多く,週末にアクセス数が減るという傾向にあります。ま,週末は遊びに行ってしまうような人のためのブログのような気もしますから,ある意味合っている,そんな気もします。でも,日曜が34というのは少なすぎだなぁ,なんて思うようになったのは,日頃アクセス数が多いせいでしょうか。

 今週も大銀座落語祭ネタでのヒットが多いです。延べ50。多いです。みんなそんなに気になるのか?と,自分もかすかに気にはなっていますが。

 それと,ダメじゃん小出さん関連も多いです。延べ20。彼はこの週末ライブをやりましたからね。どんな内容だったかは,このブログでご確認を。っていつレポが上がるかは未定です。

 今週も皆様のアクセスに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第13回

第13章 共同体

 まず,共同体の一つの形態である,家族について考察する。

 文化人類学では,家族の普遍的な定義は不可能と結論。
 現在,私たちが目の当たりにしている家族=近代家族
 その特徴は
1 夫婦と子供からなる核家族
2 夫婦間および親子間に親密な情愛が存在
3 この核家族は地域や親戚など,多の社会的領域から分離され,絶対化される傾向があること。

 ↑
では,近代以前の家族はどうか?
「生存」が重要な機能だった。

(日本の場合)
近代に入り,国家のもと統合するため,全ての人間を「国民」として扱った。
→中央集権国家へ
第二次世界大戦後
・家父長制の否定視
・高度経済成長
・「主婦」の誕生

 … … … …

人間集団の2つの分類
・ゲマインシャフト;生まれついて持つ直接的な人間の結びつき
・ゲゼルシャフト;自由な意志により結ばれた契約的な関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血ルームでDVD

 先日,某献血ルームで献血をしてきた。
 昨年9月以来の久々の献血。

 どうも、私の行動と世の中の動きがリンクすることがある。
 映画を見に行くようになったら,1年間の映画館に言った数が増えたり,
 (これはシネコンが増えたせい)
 落語会に行くようになったら,落語ブームの兆しが見えたり,
 (これは六人の会やSWA,テレビドラマのせい)
 今度は,献血に行かなくなったら,輸血や血清洋の血液が不足したり,
 (これは最近の若者の血が薄くなったせい)

 私の動きが世の中の動きを決める?
 そんなことはない。

 で,献血の話。
 最近の献血ルームは居住性が良くなり,成分献血をしている間はテレビやビデオが見られる。
 さらに,最近改修したり,設置された献血ルームなんぞは,ビデオの代わりにDVDが見られたりする。
 それはそれでかまわない。DVDが見られることは嬉しいことだ。

 問題はDVDソフトの長さ(分数)。
 献血している時間は40~50分。その間DVDを見るが,たいていあるのは映画。映画でも,ディズニーやピクサーのように,90分弱ならば,まだかまわないが「タイタニック」なんかあってもどうするんだい?全ては見られないじゃん。あぁ,いいところなのにぃ,というところで,看護師さんがやってきて,

 「お疲れ様でした。十分休憩と水分を取ってくださいね。」

 なんて言われたら,なす術なし。続きを見たい気持ちを抑えつつ,休憩室へトボトボと。


 そこで,提案。
 「献血ルームのDVDは,テレビドラマにしてみたら?」
 いや,先日,献血ルームに行った時は,DVD持参しました(爆
 スタートレックのDVDボックスから一枚を抜き取り,献血ルームで見ました。長さが1時間弱でちょうどいい。スタッフタイトルを飛ばしたためか,1話プラス2話目のオープニングまで見ることが出来ました。で,ちょうどいい時間で,

 「お疲れ様でした。十分休憩と水分を取ってくださいね。」

 おぉ,これはいい。グッドタイミング。
 これからは,献血ルームのDVD,テレビドラマを中心に揃えませんか?>関係者の皆様。
 現在様々なドラマのDVDボックスが発売されています。それを利用したらいかがでしょうか?
 「あそこの献血ルーム,『24』の最新シーズン見られるんだぜい!」とか,
 「おぉっ!ヨン様のドラマ,全部入ってるのよ。」なんてあったら,,献血希望者増えないだろうか?
 続き物のDVDだと,何回かに分けて見るので献血希望者の継続性も保たれたり,一石二鳥では?
 勿論,一話完結物も置いておくことを忘れずに。例えば,「タイガー&ドラゴン」のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9トップリーグ連携機構を設立 (nikkansports.com > スポーツニュース)

リンク: 9トップリーグ連携機構を設立 - nikkansports.com > スポーツニュース.

 以前,新聞を読んでいて,この話題に関する記事を読んだことがあります。
 ラグビートップリーグ,ソフトボール日本リーグ,Vリーグ男子,Vリーグ女子,バスケットスーパーリーグ,バスケットWリーグ,アメフトXリーグの計6団体が調整を図っている……。そんな記事だったかと思います。それに3団体(ハンドボールとアイスホッケー,他なんだろう?グラスホッケー(芝生の上のホッケー)かなぁ?)が加わったのだろうか?
 あまり情報が手元に入ってこないので,何とも言えないが,まずは,競技全体を盛り上げようと各団体がテーブルに着いたところ。こういったところから,競技全体の盛り上がりへと続いていきます。

 ここのところ,スポーツ観戦というと,春から秋へのシーズンにプロ野球,サッカー,ゴルフと言った多くのプロスポーツが偏り,秋から春のシーズンのスポーツに対する盛り上がり方がちょっと欠けていたりします。
 今回の記事に出てくる競技団体の多くは,秋から春がシーズンで行っています。ここは一つ,頑張って欲しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第12回

第12章 イデオロギー


イデオロギーは,18世紀にデステュット・ド・トラシーが提唱。
もともとは,「イデオロギー」=「観念(ideas)」の「学問(idealogic)」というものだった。
   ↓
  変 化
   ↓
「現実から遊離した概念」という否定的な意味が附加された。

現在,「イデオロギー」には2種類の意味がある。
1 「観念や信念の体系」という広義的な意味。
2 「虚偽意識」という狭義的な意味。

「虚偽意識」という狭義的な意味を定着させたのはマルクス主義。
D.ベルが「イデオロギーの終焉」を提唱 ← これ自体がイデオロギーというジレンマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月イチあミュージアム,その後

 たまには,今まで書いてきた情報のフォローをしないと,いつまでも古い情報がそのまままかり通るようになってしまう。
 で,今回,「月イチあミュージアム,その後」と題して,今まで紹介した情報のその後をご紹介。

まずは,
●04年12月18日付の「一葉記念館休館」のその後
 05年5月21日,かつての一葉記念館に行ったら,すでに建物はなし。工事の看板が。
 現在解体工事中。新築は,「平成18年7月31日」完成の予定だから,来年(2006年)度中には,復活するかな?

●05年1月25日付「墨田区縦断記」のその後
 向島百花園では,管理所長さんの公募を行っていました。この05年4月1日付けで所長さんが就任したそうです。
 先日(05年4月25日),に訪問した際,立て看板がいくつか新しくなっていたようです。新所長就任の影響かな?

●05年3月1日付「交通博物館」のその後
 交通博物館の閉館・移転の日程が発表されました。
 2006年春頃閉館 → 2007年秋頃さいたま市へ移転オープン
 とのこと。これから,閉館までの約一年間,閉館イベントを開催していく模様。
 まずは,「さよなら交通博物館 交博シネマ倶楽部」と題して土日を中心に映画を上映予定。

●05年3月4日付「ISOT2004」のその後
 今年(2005年)もISOT2005が開催されます。
 2005年7月7日(木)・8日(金)・9日(土)。
 今回は,国際ブックフェアを同時開催。集客力を高めようと必死です>主催者。
 コクヨ,ライオンが出展しないISOT,どこまで盛り上がるかが焦点。

●05年4月18日付「駅からハイキング『西洋建築に丸の内・日本橋の発展の歴史を追う』」のその後
 この記事で紹介した,日比谷公園管理事務所。現在は老朽化のため,立ち入り禁止となっていますが,この度,大改修をし,結婚式場として再生することが決まった。記事によれば,管理委託を業者に委託し,結婚式場として利用するとのこと。立地の良さから,需要は大きいと見込んでいます,私。でも,きれいに改修して欲しいなぁ。下手な改修をして,原型をとどめないと言うのは,ちと嫌です。

 調べたら,こんなにいっぱいフォローアップがありました。いやはやビックリ。世の中と言うのは変わっていくものですね。痛感。これ以外にも国立科学博物館自然教育園の料金が値上がっていますし(記事で報告済み),いやはや,大変です。これからも気が向いたら,以前の情報のフォローをしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bjリーグ,一歩ずつ前進NEWS@nifty:「大阪エヴェッサ」に改称=バスケットbjリーグ(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「大阪エヴェッサ」に改称=バスケットbjリーグ(時事通信).

 プロ野球や,Jリーグを見に行くようになってから,スポーツのリーグ運営そのものにも興味が湧いてきました。一時期,あちこちのリーグのサイトを覗いてどんなもんなのか,探ったこともあります。
 しかし,残念かな,自分のホームページには,いいことしか書いてありません。それもそのはず。自分の悪口はあまり載せたくないものですから。

 で,最近気になって,ちょくちょくニュースをチェックしているのがバスケットボール。今回,バスケのプロリーグが新設されます。今まであったスーパーリーグから,さいたまと新潟が脱退。新たに6チームでのプロリーグができます。
 今年11月5日に開幕戦が開催されます。見に行けたら行きたいなぁ。

 今回のニュースは,その参加チーム,大阪の名称変更というもの。より地域に根ざした名前になり,嬉しい限り。

 これからの焦点は,チームの選手構成。どれだけの選手がbjリーグに流れるか?スーパーリーグも存続されるので,トップリーグが2つに分裂と言うことになります。選手の流出によりレベルの低下の可能性もあります。
 ただ,スーパーリーグもbjリーグも考えていることは同じ。
「日本のバスケットボールの向上」。
 この点では,お互いの意見は一致を見ています。数年かけてお互いが歩み寄り,将来的に一本化できれば,今の2リーグ制の状態も悪くはないと思います。
 とりあえずは,2・3年後にスーパーリーグ・オールスター対bjリーグ・オールスターのゲームができれば,面白いんじゃないかな?

 秋から冬・春にかけては,プロスポーツがオフになると言うものが多いので,このbjリーグが盛り上がってくれることを望みます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析を解析

対象日: 2005年05月16日(月)~ 2005年05月22日(日)
合計数:454

曜日 アクセス数
月 76 ★★★★★★★★
火 75 ★★★★★★★★
水 62 ★★★★★★
木 64 ★★★★★★
金 79 ★★★★★★★★
土 47 ★★★★★
日 51 ★★★★★


順位 検索ワード 件数
1 大銀座落語祭2005 20
2 大銀座落語祭2005 18
3 日本語なるほど塾 10
4 インターネットに繋がらない 9
5 ダメじゃん小出 9
6 東西落語研鑽会 9
7 落語 7
8 あらすじ 6
9 大銀座落語祭 6
10 白石豊 6
11 2005 5
12 NHK 5
13 NHK日本語なるほど塾 4
14 なるほど日本語塾 4
15 カンコンキンシアター 4
16 日本橋 4
17 猫の皿 4
18 知るを楽しむ 4
19 長谷川町子美術館 4
20 駅からハイキング 4
21 コレゾ 3
22 コレゾ日本橋 3
23 サザエさん 3
24 ダメじゃん 3
25 テキスト 3
26 下落合タックス 3
27 交通博物館 3
28 小出 3
29 尼崎線事故 3
30 東西落語研鑽会 3
31 歴史 3
32 沢田研二 3
33 芸能人 3
34 長谷川町子 3

 今週もご愛読感謝。
 「大銀座落語祭2005」の検索の多さには参った。実際自分でYahoo検索をしたら,「大銀座落語祭2005」だとトップにきてしまった(汗
 早いところ,六人の会,ホームページを更新して欲しいものです。

 他も,演芸や落語の問い合わせが多いですなぁ。だんだんとその手のブログになりつつあるなぁ。

 これからもよろしく,と言うところで今週はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の一歩に向けて(NEWS@nifty:浦和が3連勝=Jリーグナビスコ杯(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:浦和が3連勝=Jリーグナビスコ杯(時事通信).

 先週,当たって砕けてきた,千葉との再戦。勝てる自信はないけれど……。やっぱり負けた。
 先取点を取られると,どうも,FC東京の選手はすぐに下を向く。うつむく。まだ,試合は終わっていないんだ。前を向いて,ガンガン行こうよ。

 どうせ,負けが続いているんだ。開き直っていこうよ。

 次回ホームゲーム,6月4日の柏戦は行けないのがちと悔しい。なんか,こういうときに限って勝ったりするんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第11回

第11章 社会の中の権力

戦後日本はめざましい経済発展
  ↑
  ↓
その一方で,政治的には世界でリーダーシップが発揮できず。

これには理由があるのでは?
日本の社会の仕組みそのものに問題?=「日本見直し論」

K.v.ウォルフレン『日本/権力構造の謎』において,
日本の権力は「姿を見せない権力」であるとして作用。
  ↑
  ↓
「姿を見せる権力」

・強制力としての権力を可能にする2大要因
「物理的暴力」と「正当性」

権力の三分類(M.ウェーバー)
「伝統的支配」「カリスマ的支配」「合法的支配」


日本の意志決定方法「稟議制」下から上へ。
・稟議制は権力の行為主体や責任の所在を曖昧にする。
西洋諸国の意志決定方法「トップダウン」上から下へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絹8 kinu.8 solo-performance-catalogue

Stage 05-07

05/03/08
絹8
しもきた空間リバティ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

 このブログではおなじみ,木村万里さんの仕切るコント集。
 今回も,しもきた空間リバティで20時開演という,通好みの開演時刻。

 この日の出演者は,

1 ENBUゼミ-0503
2 バカリズム
3 THE GEESE &第三期コントアンサンブル
4 ヨージ(モテたい部)
5 だるま食堂
6 高山広

 以上の6名。この中で知っているのは,だるま食堂のみ。それも今から20年ほど前,NTV「お笑いスター誕生」に出ていた彼女たち。
 時間は経過したけれど,彼女たちの笑いは,かなりのもの。この「絹」という名にふさわしい,じわじわくるネタでした。

 トリをつとめた高山広,この人もなかなかいける。家庭用の花火を学校に見立てての一人コント。オチは最初から想像できた。しかし,それでも,彼の演技力がその想像を上回る。もう,最高。

 まるで,反芻する牛のように,帰りの電車でもにやにやしながら帰りました。
 笑いが持続する,今時珍しい,お笑いの時間でした。


 そして,この練りコント集「絹」,第9弾が近日開催。
 先日も紹介したが,しつこいほどにもう一度ご紹介。
 6月1日(水)2日(木)8日(水)9日(木)【絹9】@しもきた空間リバティ
 と計4日の公演。

 出演者は,
 4日間全て出演は
 ジェーン,ヨージ(モテたい部),THE GEESE,ダメじゃん小出,明日図鑑。
 ゲストは日替わり
1日(水)清水宏
2日(木)だるま食堂
8日(水)太田スセリ
9日(木)本間しげる

 さぁ,あなたはいつ行きますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

う~ん,少ないなぁ(NEWS@nifty:簡易HP「ブログ」335万人が開設(読売新聞))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:簡易HP「ブログ」335万人が開設(読売新聞).

 ブログの開設者は,350万人。
 でも,月に1回以上更新したのが95万人。28%にしか満たない。
 この数字,少ないッすよねぇ。

 開設数が幾ら増えても,更新頻度が少なければ,宝の持ち腐れ。
 更新頻度,記事の内容,それらが,ブログの今後を左右する。

 開設数だけなら,負けないよ。
 私はこのブログ以外にも,あと2つ,アドレスは持っている。しかし,記事は全くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これを待っていたんだぁ!(【休講】『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む)

 短期集中連載と言いつつ,毎週水曜と土曜に掲載してきた,「『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む」。
 今回は休講します。

 というのも,気になる記事を見つけたから。
 MITにならえ──国内6大学が講義をネット公開

 私,こういうのを待っていたんです。大学の講義に配布したプリントをネットで公開するというのを。
 担当教授によっては自分のHPに掲載して,欠席した生徒への処置をしている人がいますが,大学全体で行うと言うのはあまりありません。ま,私の興味のある社会学に限って講義ノートのHPがないのかもしれないけれど。

 ま,社会学についてはSOCIUSという野村一夫先生のHPがかなり詳しく出来ているので,学生には,そっちがお薦めかも。

 大学の講義が,講義として成り立っていないものもあります。学生時代,これが大学の講義か?と目を疑いたくなるようなものもたくさん聞きました。講義をネット公開するということをしていけば,必然的に講義の質も上がっていきます。多くの大学が参加して欲しいもの。

 日本 OCW 連絡会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【緊急報告】柏市立砂川美術工芸館【5月22日迄】

05170001

 取り急ぎご報告申し上げます。

 平成17年5月22日(日)をもちまして,柏市立砂川美術工芸館が休館します。
 今回,慌てて行ってきました。
 まさに,ぎりぎりセーフ,という感じ。
 今月の目標でもありますから,柏市立砂川美術工芸館の訪問。
 何とかクリアーできて光栄です。

05170002
 自動車で,乗り付けました。
 場所は国道16号線呼塚交差点そば。
 そうです。ラジオの交通情報でおなじみの渋滞の先頭となる交差点です。
 入口というか,建物そのものは,普通の民家という感じ。
 看板などがなかったら,その辺の豪邸という雰囲気(でも,豪邸自体,そうあちこちにあるものでもないけれど。)。

05170003
 この美術館は,故砂川七郎氏が,芹沢銈介の作品に魅せられ,彼の作品を収集したことに端を発します。
 砂川氏は,そのコレクションを私することなく,美術館として展示しました。それが1981年。
 その後,この館は,1995年4月にやむなく閉館します。しかし,せっかくのコレクション。何とかしようと行政が立ち上がり,柏市の施設として翌96年2月20日「柏市立砂川美術工芸館」として再オープンしました。

 しかし,諸般の事情(こういう場合,たいてい理由はお金)で,平成17年5月23日から平成18年3月31日まで休刊することとなりました。
 う~ん,非常に残念でなりません。

05170005
 最後の特別展は「芹沢銈介の肉筆-素描とした絵を中心に-」。
 特別展示は「孫へのはがき」。
 私のような美術の分からない人間にとっては,特別展示の「孫への手紙」の方が分かりやすい。

 昭和20年代前半から50年代まで,芹沢銈介が孫へあてた葉書の展示。のびのびと描かれた絵と,それに添えられた3人の孫への愛情溢れた文章が何とも言えない。
 ちょうど居合わせたご婦人は,その手紙を見ながら何とも言えない表情をしていた。
 私も見ていて,心が晴れやかになった。

 で,ちょっと面白いことが。
 この手紙,20年代前半は,カタカナと漢字の混じった文。ところが,昭和27年9月を境に,ひらがなと感じの混じった文に変わっていく。ちょうど,教育制度に変化が訪れたのと一致する。
 彼の文章は,カタカナよりひらがなの文の方が味があるのは私だけではないと思う。

 この展示,5月22日(日)まで。是非。お薦めです。

05170004
 帰り際,地蔵(それとも道祖神?)がお見送り。
 あなたに見送られるより,あなたの行く末が不安。

  でも,考えてみれば,私がもう少し頻繁にここに訪れていれば,休館しなかったんだよね。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新書は私の知恵の蔵

新書戦争は乱戦の様相 教養・ロングセラーから短期決戦型へ

 ちょっと前の記事だが,気になったので紹介する。
 ここ数年,新書売場が賑わっているのは知っていたが,ここまですごいことになっているとは露知らず。
 現在,各社がしのぎを削っているが,新書を読んでいると,時たま「こんなのでよく新書にしたなぁ」というのにぶつかることもある。玉石混交。この言葉がピッタリ合う。昔,といっても10年程前までは,新書と言うと本当に教養書の入門編だったんだけどねぇ。今じゃぁ,それなりのレベルの本を探すのに一苦労。本屋で立ち読みして,これ,買わなくていいや,なんて思うこともしばしば。

 また,新書も他の単行本と同様,売上については,短期決戦の様相を呈してきた。先日,吉見俊哉先生の新書をセブンアンドワイで買おうと思ったら,品切れの表示。おいおい,まだ発売してから,そんなに経っていないぞ。そうか,今は元が取れるくらいに印刷したら,ハイ,オシマイなのかなぁ。て,先ほど見たら,増刷してました。いまなら買えます。

 以前,図書館学の先生がこんなことを言っていた。図書館用語で,雑誌のことを「逐次刊行物」といいます。逐次刊行物には定義があります。
・ひとつのタイトルで発行。
・終期を予定しない。
・巻号・年月次を追って逐次刊行される。
 実は,新書と言うのは見方を変えると,逐次刊行物とも取れる,というのです。
「ひとつのタイトルで発行」→「○○社新書」というタイトルで,発行。
「終期を予定しない」→どの新書もいつやめるとは最初から予定していない。
「巻号・年月次を追って逐次刊行」→毎月決まった日に(複数冊)発行される。
 ということで,これからは新書は雑誌の場所において販売しましょう>本屋さん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あぁ,懐かしきJ1-2005開幕戦(FC東京4-0アルビレックス新潟)

Stadium 05-04
05/03/05
Jリーグ1 第1節
FC東京(4-0)アルビレックス新潟
19:00
味の素スタジアム
東京,攻撃力爆発!!石川・今野・ルーカス×2

 なんか,今となっては懐かしい,開幕戦。観衆は昨年よりやや少ない28,450人。それでも,ここ一番になるとこれだけ観客が来るようになったのは嬉しい限り。この辺の数字で推移して欲しい。
 各選手がそれぞれ自分たちの力を出した試合。今野・栗澤・宮沢の中盤は面白かった。去年までのリズムにアクセントを加える栗澤の動き。見ている私も,一瞬と惑う。でも,その戸惑いを相手チームにも与えているのは確か。今後が楽しみ。……だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの予定&お薦め

 5月も半ばを過ぎました。
 ここ最近,15日前後には,これからの予定やお薦めのものを紹介しています。

19日(木)ぎんざ雅寿亭「待ってました!四代目小圓朝誕生!!」@銀座ガスホール
 三遊亭一門が出演。
~20日(月)「エイプリルの七面鳥」@早稲田松竹
 見逃した映画。なかなかいいとは永千絵さんの弁。
~22日(日)春バラと洋館のライトアップ@旧古河庭園
 旧古河庭園は和と洋のミスマッチ。今回は洋がフューチャーされてます。
21日(土)~29日(日)サツキまつり@六義園
 純和風の六義園。サツキがきれい。
21日(土)~31日(火)池袋演芸場下席(昼)
 同郷の菊乃丞が主任。
21日(土)駅からハイキング「隅田川の橋めぐり第2回~上野から馬喰町」
 第1回は参加し逃しました。2回目は是非。
21日(土)FC東京-ジェフユナイテッド市原・千葉@味の素スタジアム
 これはナビスコカップの予選リーグ。残り全勝でないと決勝T進出は難しい。
24日(火)25日(水)「太田スセリの一人コント祭り~その2~」@下落合タックス
 24日「一人コント&二人コントの日」 ゲスト・中村まり子
 25日「一人コント&歌6トークの日」歌のゲスト:永六輔、小林啓子
 これはチケット確保。でも下落合タックスは初めて。
27日(金)28日(土)ダメじゃん小出「負け犬の遠吠え」@内幸町ホール
 これもチケット確保。行くなら千秋楽。
28日(土)駅からハイキング「落語ウォーク~堀之内 中野」
 落語ブームがここまできたか。
~28日(土)「ガイアシンフォニー」上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
 2年に1本の割合で見ているこの映画。
29日(日)「高山広のおキモチ図鑑」@目黒区民センター
 「絹8」で見た,味のある芸人。今回はピンです。
30日(月)立川志の吉独宴会 その22@庚申塚スタジオ・フォー
 こっちは「繭から1」のカタワレ。「繭から」の前からやっている独宴会
31日(火)明日の寄席(昼・夜)@新宿末廣亭
 チケットは取れず(泣
31日(火)第443回落語研究会@国立劇場小劇場
 どうせこれも行けッこない。

6月に入ってもおもしろそうなのは目白押し。

1日(水)東京・千葉映画サービスデー
1日(水)2日(木)8日(水)9日(木)【絹9】@しもきた空間リバティ
 今回は4日間通じて,ダメじゃん小出が出演。1日くらいは行きたい。
4日(土)駅からハイキング「隅田川の橋めぐり第3回~東京から神田」
4日(土)FC東京-柏レイソル@味の素スタジアム
 この日は仕事で行けない。
6日(月)寄席の日@定席各所
 寄席の日は客が多いという噂を聞く。
6日(月)「立川笑志真打挑戦」@紀伊國屋サザンシアター
6日(月)「志らくのピン~シネマ落語編~」@池袋・新文芸坐
 そんな日に立川流は,シネマ落語と真打挑戦。
11日(土)駅からハイキング「東京まちあるき 第3回~池袋」
 池袋界隈に発見はあるかな?
11日(土)「立川談春大独演会」@東京芸術劇場(中ホール)
 チケットソールドアウトなるか?
11日(土)~20日(月)鈴本演芸場中席(夜)
 主任は,SWAの三遊亭白鳥。 
11日(土)~20日(月)国立演芸場中席
 神田京子二ツ目昇進。トリは,桃太郎。

 さぁ,あなたはどこへ行く?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今週も感謝のアクセス解析

今週:曜日別
対象日: 2005年05月09日(月)~ 2005年05月15日(日)
合計数:408

曜日 アクセス数
月 67 ★★★★★★★
火 53 ★★★★★
水 54 ★★★★★
木 72 ★★★★★★★
金 60 ★★★★★★
土 56 ★★★★★★
日 46 ★★★★★

位 検索ワード 件数
1 大銀座落語祭2005 13
2     13
3 2005 10
4 コレゾ日本橋 8
5 大銀座落語祭 8
6 駅からハイキング 8
7 大銀座落語祭2005 4
8 東西落語研鑽会 4
9 芸能人の連絡先 4
10 2005 4
11 ダメじゃん小出 3
12 ブログ 3
13 佐々木信也 3
14 大銀座落語際 3
15 対馬マサカリドリームス 3
16 広木酒造 3
17 東西落語研鑽会 3

 今週もご愛読感謝です。
 今週もやはり,落語ネタが多い。大銀座落語祭2005は,未だアナウンスなし。考えてみれば,31日の余一会@新宿末廣亭までアナウンスはないのでは,なんて勘ぐっています。31日の会を成功させないことには,続きませんからね。

 ダメじゃん小出は久しぶりのランクインかな?今度のライブはチケットゲット済み。勿論千秋楽のチケット。今から楽しみ。

 佐々木信也さん,「知るを楽しむ」の関連で検索してくるのでしょう。この本は興味深く読みました。楽天が負ける度に,この本に出ていた高橋ユニオンズのことを思い出します。

 実は,このブログのネタ,ちょっとマンネリ気味になってきたことに憂いを抱いております。友人に言わせれば,「こんなに多趣味で何を言う」そうです。でもねぇ,もう少しポリシーのある内容にしないとねぇ。

 「『社会学のエッセンス』を読む」の終了後何か企画を考えますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たって砕けた(NEWS@nifty:千葉、4戦ぶり勝利=Jリーグ・千葉-F東京(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:千葉、4戦ぶり勝利=Jリーグ・千葉-F東京(時事通信).

 試合内容を確認していないので,多くは語れないが,やはり当たって砕けたか。市原では28試合連続負け無しとか。やはり,サッカーならホームでは負けないと言うのが一番。

 FC東京は後半の1点で終わってしまったとか。仕方なしか。
 さ,次,次。今週末はナビスコだ。切り替えていこう,と思ったら,また千葉戦か……。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第10回

第10章 コミュニケーションの自己準拠

秩序 ≠ 無秩序

情報による不確実性の減少により保持
高度な秩序は無秩序を取り込みながらも無秩序に陥らない。

「認識」と「行為」:選択的な働き
N.ルーマン「構造と過程という二段階にわたって選択的な働きを行う」

「構造」:
 一度に複数の選択肢を選びつつ,法や法則により一定の水準に減らしている。
「過程」:
 時間の経過と共に選択肢が変化していく。

 複雑な秩序の形成のためには,
1 複数の選択肢を含む構造の確立。
2 状況に応じて適切な選択肢を選ぶメカニズム
 が必要。

 また,複雑な秩序を保つためには,コミュニケーションが必要。
情報 ≠ 「送り手→受け手への伝達」
     受け手の能動的な理解が必要。

N.ルーマン「コミュニケーションの自己準拠」
「コミュニケーションによるコミュニケーション」:
「コミュニケーションを通じてコンテクストが設定され,そのコンテクストのもとでコミュニケーションが行われる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな記事見たら,泣いちゃうよ。

6連敗でも熱い支持 FC東京、観客動員第3位


 朝日新聞(5月14日付東京版)の記事。
 FC東京は,どこか地味なチームだ。加地がA代表に選ばれるまで,A代表とは無縁のチームだった。それが家事が代表に呼ばれるようになり,土肥や,時には石川もA代表に呼ばれるようになった(石川はすっかりご無沙汰だが)。
 FC東京の試合に見に行く(00年ごろ)ようになってから,気付いたのだが,「うちのチームってユースが充実してるじゃん。」。
 ユース代表には結構呼ばれていたのね>代表。知らなかった。

 今回の記事には,ちょっとじ~んときた。何せ,チーム状況は最悪だ。怪我人が多いことは先述した。その中,選手も監督も必死になって頑張っている。その必死さが伝わってくる。だから,ゴール裏もみんなで応援する。そのひたむきさを新聞が取り上げたのだろう。ありがとう,朝日新聞。

 間もなく,試合開始。FC東京の選手・スタッフのみんな,思い切り暴れて来い!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの時,私は見ていた(NEWS@nifty:西口、あと1人で快挙逃す(共同通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:西口、あと1人で快挙逃す(共同通信).

 この試合,帰りの車の中でラジオ観戦(聞いているだけだから「聴戦」か?)してました。
 9回二死までノーヒットノーラン。これで2回目だとか。1回目はロッテ戦(02/08/26)でした。なんか,そんな記憶があるなぁ,と調べてみたら,その試合,見に行ってました。

 そうそう,9回二死、小坂がセンター前ヒット打って記録が達成できなかったんです。今回も最後の最後で打たれました。打たれた瞬間,「やっぱりなぁ,西口だもんなぁ。」と一人,苦笑してしまいました。

 それでも,セ・パ交流戦,しかも全国中継のある巨人戦でこういう大きな仕事をすると盛り上がりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

04270001

 (05/04/27開催)
 飲んだお酒のラベルを展示していく,Fcuisine,「今日飲んだお酒」。
 今回は,4月27日に行われた,ワイン会のワインをご紹介しましょう。
 今回のワイン会のテーマは,南イタリアのワイン。
 「アリアーニコの魅力」と題して4品そろえていただきました。

 まず,1本目はサッソ'00.
 1本目は,会栓当初から華やかな香りがする一品。紫のラベルに犬の絵がかわいい。
 値段もそこそこ。買えない額ではないです。
04270002
 毎月1回行うこのワイン会。先月(3月)はカンパーニャの特集。
 今回はバリカータのワイン。テヌータ・レ・クエルチェとダンジェロという2つのワイナリーのワインを紹介しています。
 2本目は,ダンジェロ '98。
 こちら,1本目と打って変わって開栓当初は香りが閉じこもっている。その後,時間をかけていくとだんだんと花開く。この花開いた後の香りがまたいい。1本目とはまた違った香り。

04270003

 3本目は,ロッソ・デ・コンスタンザ '00。
 テヌータ・レ・クエルチェは,オーナーの趣味として作られたワイナリー。その趣味が講じて高い品質を保ち,現在のようなワイナリーになったとの話。説明はしてくれるのだが,飲んでいる方は,その全ての感性を飲むことにつぎ込んでいて,あまり詳しいことは憶えていない。ここまで来ると,味の違いがあまり分からない。花粉症による鼻詰まりのせいもあろうが。この辺まで来ると,私には手が届きにくい。

04270004

 最後,4本目。
 ヴィーニャ・デッラ・コローナ '00
 これが今回の目玉。オーバー福沢諭吉。もう私には手が出ません。
 でも,おいしかったなぁ。

 このワイン会,毎月最終水曜日にやっています。覗いてみたい方は,コメントをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でもかんでも

 アルファベットにすればいい、と言うものでもないでしょ。
 確か、東京国立博物館が“TM”、東京都現代美術館が“MOT”、国立近代美術館のフィルムセンターが“NFC”、他にも美術館の略称をアルファベットで表記するところがあったように思う。
 確かに、美術と言うのは、取っ付きにくい所はある。その障壁を取り除くために、MOMAに倣い、アルファベット略称を使うと言うのも分からないでもないが、安易すぎないか?もう少し、ネーミングを考えて欲しい。
そういう意味では、国立科学博物館の“かはく”と言うのは分かりやすくて良いと思う。05120001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク第2回(渋谷駅)」 その2

 先日の,駅からハイキング,続きをいきましょう。

 (目黒駅~国立教育自然園~恵比寿ガーデンプレイス)
 ここまでは,書きました。
 恵比寿ガーデンプレイスを出てから,アメリカ橋を渡り,山手線と平行に走る道を北上します。この道すがら,カルピスの本社を発見。門の側には自動販売機。勿論売っているのはカルピス社製品。
 恵比寿南交差点を西へ。駅前通を歩きます。この辺まで来ると洒落た道になってきます。私のようなむさくるしい男は似合わない。無言で歩く。途中空腹感が生じたのでコンビニでお菓子を買い,放り込む。駅からハイキングに参加する際はいつもそう。食べるより歩く。だから,あまり友人を誘いたくない。かわいそうだもの。何も食べずに5時間10km歩くのにつきあわせるの。

02260006
 そうこうしているうちに,代官山交番前交差点。「3 代官山エリア」の入口です。中を探検したい気もするが,今回はパス。そのまままっすぐ,進んできます。
 代官山は,同潤会アパート,見たかったなぁ。今となっては,代官山アドレスになってしまって,その面影はないかもしれないけれど。同潤会の建築は,設計者の愛情が感じられます。なんか,ポリシーと言うか,哲学と言うか。そういう建物がなくなるのは寂しい限り。
 でも,住んでいる人にとってはたまったものじゃないよね。しょっちゅう,雨漏りしたり水が止まったりしたら。百年二百年持つ建物,できないかな?

 と考えながら歩いていくと,今度は,「4 旧山手通り」。
02260007
 お洒落な道です。大使館も都立高校も皆お洒落。あっしは無縁です。

02260008
 旧山手通りをしばらく行くと,「5 西郷山公園」に到着。ここは旧西郷邸だったとか。西郷と言っても隆盛ではなくその弟従道の邸宅。その縁があってか,ここには,桜島の溶岩がありました。

02260009
 西郷山公園を過ぎて,旧山手通りをまっすぐ。松涛2丁目交差点で松涛の住宅街に入ります。確かこの辺,美術館があったよなぁ。どうせ,次は「6 Bunkamura」。頻繁に行くところだし,パスしよう。とルートを大きく離れ,松涛美術館へ。この時は,渋谷区在住・在学・在勤の方々の作品を飾る作品展。無料。美術館全体の雰囲気をつかむのにちょうどいいときでした。
 中に入ると中央に噴水があり,それを取り囲むように展示室があります。静かな雰囲気の中,作品が鑑賞できます。こじんまりとして,とても渋谷とは思えないような時間の進み方。こっちへきて良かったぁ。ま,Bunkamuraへ行く正規ルートもアップリンクXの前を通る,趣のあるルートなんですけれどね。

02260010
 ここから,だんだんルートは渋谷駅の中心部分を回るように進んでいきます。旋回しながら徐々に中心に向かっていく,まるで蚊取り線香のように。クロスタワーホールそばには「7 尾崎豊の碑」。渋谷に尾崎豊の碑があることは知っていたけれど,ここだったのかぁ。知らなかった。
02260011

 246号を渡って「8 金王神社」まで来れば,ゴールはもうすぐ。渋谷駅のゴールは,他の乗客に迷惑のかからない渋谷駅新南口。

 今回,今まで訪問したことのない,自然教育園・松岡美術館・松涛美術館を訪問できたことが収穫。都会にありならもこれだけ静かな場所があるというのは嬉しい限り。賑やかだけが渋谷ではない。大人の渋谷,もう少し増えないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第9回

第9章 構造と機能

人間の行為や社会的な現象 → 規則性 → 構造

(例)
家族:レヴィ=ストロース『親族の基本構造』
 「親族には,女性の交換を中心とする婚姻法則がある。」
  →親族内に秩序

人間関係や社会の動きには規則性がパターンがある。
 →これを社会構造という。
 社会構造とは
(1)人間関係および社会的資源配分の定型化されたパターン
(2)この(1)のパターンを生み出す原理

社会構造を発見する:構造的な理解
  ↑
  ↓
機能的な理解
 構造が社会に対して及ぼす影響がプラスかマイナスかを評価する考え方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク第2回(渋谷駅)」 その1

 05/02/26実施
 駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク 第2回渋谷駅」
ルート
「目黒駅~国立教育自然園~恵比寿ガーデンプレイス~代官山エリア~西郷山公園~Bunkamura~尾崎豊の碑~金王神社~渋谷駅」約9.5km

 本日お届けするのは,このブログではおなじみの駅からハイキング。
 1月から3月にかけて,駅からハイキングにはかなりの回数参加しました。4回くらいかな。えっ?少ない。でも,土日も仕事があり,あまり遠出が出来ない私にとっては多いほうだと思います。それが証拠に4月の新制度発足以降,一度も参加してませんから。Jリーグも始まり,土日の休みはそちらに照準を合わせているため,駅からハイキングにはなかなか参加できません。本当は「隅田川の橋めぐり」全4回,参加したいんだけれどね。どうも無理みたいだ。

02260001
 今回の出発点は,目黒駅。前回の120周年記念ウォークのゴールから出発と洒落込んだらしい。
 まずは,目黒駅から東へ。東京都庭園美術館の前を通り,「1 国立科学博物館附属自然教育園」へ。
 ここは,山手線内では,奇跡的に手付かずの自然が残った場所,と言ってもいいでしょう。あちこち都内の庭園を回っていますが,たいていは武家屋敷や明治のお金持ちの旧屋敷をもらったりした人工的な場所。ここは,全く何もしていない,本当に手付かずの自然。中に入ると,都会の音はほとんど消えます。かすかに車の走行音が聞こえるくらい。本当に静かです。一歩ずつゆっくりと中に足を踏み入れると,様々な植物があります。入口には,今月のみどころをワークシートにして配布しています。これが見学の一助となります。このワークシートがないと,動植物の知識の少ない私にはちょっと辛い。
 あ,そうそう,一つ情報を。2005年4月より入園料が改定。大人300円です。小中学生は無料にするためだそうで。

02260004
 中を一通り回り,自然を堪能したところで,プラチナストリートへ。
 プラチナストリートを途中で折れて,松岡美術館へ。ここは,ルートには入っていませんが,たまたま招待券を持っていたので入ることにしました。
 創立者松岡清次郎は,様々な事業で富を得て,その富で美術品を購入。美術品を私物化するのではなく,多くの人々に見てもらうために,美術館を設立した,とのこと。もともとは,新橋の自社ビル内に作ったのを,旧自宅へと引越し。現在に至る。
 雰囲気いいです。落ち着いた雰囲気の中,ヘンリー・ムーアの彫刻は安らぎます。自然教育園とはまた違った安らぎ。入館料が大人800円というのは高い気もするが,民営だとこの金額はいたしかたなしか。

02260005
 松岡美術館を後にして,住宅街をくぐり抜けるといつの間にか,「2 恵比寿ガーデンプレイス」へ。ここには東京都写真美術館や麦酒博物館があります。しかし,この後の時間がなかなか読めないこともあり,今回見学はキャンセル。
 ま,二つとも以前見学したことあるし。いいか。
 今日はこの辺にしておきましょう。続きはまた次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

04210004
(05/04/21開栓)
ちょっと前に開けた日本酒。
開栓当初は,常温で飲んでいました。ちょっと味がきつめだったのでその後,冷酒で飲んだお酒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満員御礼。鈴本演芸場

05090001

 今日(9日)は,鈴本演芸場へ行ってきました。
 九代目林家正蔵が,襲名披露興行を4つの定席で行い,好評のうちに打ち上げ。
上野鈴本演芸場へ戻り凱旋興行を行っていた。
 襲名披露は,混んでいるだろうと避け,今回の凱旋興行に照準を合わせて来ました。
 さぁ今日は休みだ。行ってこようと鈴本へ。
 入場前に助六寿司を上野松坂屋で購入。これを食べながら落語三昧だ~,なんてね。


05090003

 演芸場の前には,所ジョージさんが正蔵師匠に贈ったのぼりが出ています。
 所さん,確か後ろ幕もデザインしなかったっけ?彼への愛情が垣間見ることができます。
 本日の出演者,小朝兄さん,いっ平の兄弟の他,馬風師匠や木久蔵師匠といった重鎮まで出演する豪華な番組。
 さぁ入ろうかと思ったら


05090002

 えぇ!

 「満員御礼

 札止めになってました。
 残念。今日は諦めてまっすぐ帰ります(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり,ショックなのかなぁ?(眞鍋です…)

リンク: 眞鍋かをりのここだけの話 powered by ココログ: 眞鍋です….

 友人が「頑張って,真鍋かをりさんのブログのアクセス数を抜いてくださいね。」と言ってました。勿論,彼女のブログにはかないっこないのは分かっている。

 でも,今,私と真鍋さんが同じような気持ちになっているのは間違いない。

 乙葉さん,婚約。

 のニュース。相手は,藤井隆さん。あれ?おかしいぞ。
 乙葉さん,理想の男性は「公務員です」って言ってなかったかぁ~。
 その台詞を(半分)信じて,今まで生きてきたのにぃ~。やっぱ私と乙葉さんは無理だったか,って当然かぁ。

 お相手が藤井隆さんで良かったです。どこの馬の骨か分からぬような公務員だったら,マジでブチ切れていただろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下を向くのはまだ早い(NEWS@nifty:大宮、粘って分ける=Jリーグ・F東京-大宮(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:大宮、粘って分ける=Jリーグ・F東京-大宮(時事通信).

 この試合,見に行ってきました。
 入場すると,選手の寄せ書きをもらいました。

 「胸のエンブレムの誇りにかけて

  ファンのみなさまへ
  最後まであきらめない!
  絶対に勝つ!
  全員一丸となって戦う!

  我々は負けない なぜならば,一人ではないから
  暗闇を恐れない 嵐の先には,輝く青空がある」

 この台詞の周りには全選手の背番号と名前が自筆で書いてあります。
 これ見たときは,泣きそうになりましたよ。たった一枚の紙なんですけどね。でも,この紙には,選手一人一人の思いが込められている。それだけでも違います。チーム状態は良くないけれど,選手との一体感は感じられました。

 さて,試合の方は,今までの悪い癖はまだ抜けきっていない。
 一人がボールを持つと前へと気が向かってしまい,ボールへのフォローがつかない。よって,ボールの持ち手の周りに相手選手が取り囲み,ボールを奪われてしまう。
 ボールをもらいに行かない。ボールの受け手が動かないからパスの出し手がない。選択肢が限られるため,簡単に守られてしまう。

 こういった悪い癖がなかなかぬけないから,もしかしたら負けるかもしれない,という不安から抜け出せませんでした。だから,3失点目は,「あ~やっぱり」という気持ちの方が大きかったな。やられるべくしてやられた。あまりショックはなかった。そのためか,選手が倒れ込んでいる姿を見て,「諦めるのはまだ早い!」と心の中で怒鳴ってしまった。

 選手たちは,勝ちゲームを引き分けたと思っている。確かに,3-1から同点にされたのだから,勝ちゲームを引き分けにしてしまったという感じは強い。でもね,試合内容からみれば,ひょっとしたら負けるかもしれないような試合を何とか引き分けに持ち込んだ,と考えるべきだと思う。

 勝ち点1。この6試合勝ち点がひとつも取れなかったことから考えれば,この1は,大事な大事な一歩だよ。
 今度の試合まで一週間ある。それまでじっくり体調を整え,精神を整え,頭の中をリフレッシュして,次の千葉戦に望んで欲しい。千葉は,オシム監督の哲学が浸透しているチーム。なかなか勝たせてはもらえない。でも,もう失うものはないんだ。思いきりいって,あたって砕けてきて欲しい。
 それでも,僕は応援するから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のアクセス解析

対象日: 2005年05月02日(月)~ 2005年05月08日(日)
合計数:293

検索ワードランキング

順位 検索ワード 件数
1  大銀座落語祭2005 12
2  大銀座落語祭2005 11
3  相互主観性 7
4  コレゾ日本橋 6
5  地図 4
6  寄席 4
7  手塚治虫マガジン 4
8  社会学のエッセンス 4
9  駅からハイキング 4
10  ハイキング 3
11  喜多八 3
12  神田明神資料館 3
13  芸能人の連絡先 3
14  試作品 3
15  2005年5月 3

 今週は,大銀座落語祭2005の問い合わせが多い。
1位と2位合わせて,23回はダントツ。それもそのはず。オフィシャルサイトに案内がない分,こちらに来るのは仕方ない。
 もうそろそろ全体像の分かるようなものはないかなぁ>大銀座落語祭2005。

対象日: 2005年05月02日(月)~ 2005年05月08日(日)
合計数:359
曜日 アクセス数
月  46 ★★★★★
火  66 ★★★★★★★
水  57 ★★★★★★
木  45 ★★★★★
金  44 ★★★★
土  52 ★★★★★
日  49 ★★★★★

 ゴールデンウィークと言うこともあり,アクセスはちょっと減ったかな?それでも,アクセス数も1日平均50で落ち着いてきました。
 これからもどうぞご贔屓に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「志の輔落語21世紀は21日」

Stage 05-06

05/02/21
志の輔落語21世紀は21世紀
明治安田生命ホール

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

 なかなかチケットの取れないホール落語の一つ,「志の輔落語21世紀は21日」。今回,運良く2月21日(月)のチケットをゲット。新宿安田生命ホールまで見に行った。

 18時開場,19時開演。なぜこんなに開場から開演まで時間があるのかと思ったら,ロビーゲストがあるのだ。
02210001

 ヴァイオリンとアコーディオンのコンビ。誰だったっけ?名前が思い出せない。きちんとメモを取らねば。反省。
 ジプシーの音楽を髣髴させる,楽しげな演奏。
 19時頃,開口一番は二ツ目,志の八の「出来心」。1月の志の輔落語のめんそーれとはやはり違う。
 志の八が下がって,いよいよ志の輔登場。
 この頃の話といえば,ライブドアのニッポン放送株買収で持ちきり。志の輔師匠もそのネタから始めていった。
 ネタは「三方一両損」。奉行が裁きを下す際のやなオヤジ風な笑顔。面白かったです。

 さぁて,ここで仲入りかな?と思ったら,
 松元ヒロ登場。パントマイムで「今日のニュース」。これが面白い!!松元ヒロさんが,この志のすけ落語のレギュラーであることは知ってましたが,ここまで面白いとは。場内大爆笑。南野法務大臣の真似はもう,そっくり。チラシで,彼のソロライブが告知されていましたが,私が知ったときには,もう売り切れ。その理由が分かります。

 後半,また志の輔師匠登場。やはりライブドア&ニッポン放送&フジテレビの話をしながら,ネタ「三枚起請」へ。このネタ,1月のスペシャルドラマ「タイガー&ドラゴン」で使ったネタだそうで。このとき初めて知りました。「タイガー&ドラゴン」。
 2月9日の末広亭で小朝師匠の「三枚起請」を聞いた私,二人の違いがよく分かりました。やはり,花魁の仕草一つとっても二人は違う。襟元に手を当てて,花魁の雰囲気を醸し出すにしても,小朝師匠は手首をひねるというか,曲げるような形で表し,志の輔師匠は合わせ目をつまむようにして表現する。この辺を見比べるのも落語の面白さ。

 出口では,寄席文字で本日のネタを教えてくれる。こういうの,落語初心者にはありがたいもの。
02210002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第8回

第8章 規範と制度

(例)リクルートルック
  クリスマスの過ごし方
     ↓
社会現象には規則性がある。


社会制度 →(規範)→ 制度
ミクロな人の行動も規範を通じてマクロな社会を動かしていく。
つまり,規範は社会を解くカギである。

規範には二つの側面がある。
・約束事としての側面(人が人為的に設定)
 ≠ 法則(人間の作為によって変わることはない)
・のぞましさとしての側面

規範の作用 ≒ サンクションの行使(奨励と禁止,正負のサンクション)

規範の3タイプ
・慣習:「約束事としての側面」が強い。
・道徳:「のぞましさとしての側面」が強い。
・法:両方の側面を持つ。

規範を社会の各領域へと具体化 → 制度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連敗街道まっしぐら(4月の目標,その後)

4月:「芸人」を見に行く。ちょっと曖昧な表現なのは、いろいろとあるから。4月は野毛大道芸の時期です。是非見に行きたいのですが、休みの都合がつくかどうか不明。そこで、野毛大道芸以外にも、木村万里さんの仕掛ける新しいステージ「繭(mayu)」の第1弾が4月に行われます。また、すわ親治さんの舞台も4月だったはず。寄席の定席もあります。どれでもいい、どれか一つ、誰か一人の"芸"を見に行きたい。  これは,もうクリア済み。4日に「繭から」,7日に「すわ親治ひとりコメディ」。もう2本も見てしまった。

 もう一つ,目標を立てるか。やはり,積読だな。
「4月は5冊本を読む。」
 すでにもう,2冊読んでますからね。もう3冊くらい読まなきゃ。

 これが,4月の目標でした。やっぱり,積読はダメでした。ここのところ,読書量は減るばかり。これから暑くなってくると読書量が減るので何とかリカバーしたかった(汗

 さて,5月の目標ですが,

5月:大学のゼミの先生の墓参りに行きたい。ゼミの先生の命日は4月なのですが、ゴールデンウィーク中に集まろうと言うことなので、5月中に行きたい。ここ数年、行ってないもので。

 これ,もうダメです。5月7日に墓参りに行くと決めたようですが,私は仕事のため欠席。5月の目標は飾れず。

 で,もう一つ決めました。
5月の目標 その2
 「柏市立砂川美術工芸館に行く。」
 ここ,5月いっぱいで閉館の予定。閉館が分かったら,さっさと行くのが私。でも,なかなか行けていない。今月こそは行かないと。閉館してしまう。

 ここしばらく,目標を立てても上手くいかない。目標は達成するためにあるのか,立てるためにあるのか分からなくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱線事故もボウリングも根っこは同じ(@nifty:NEWS@nifty:事故当日にボウリング大会=車掌区の43人-JR西日本社長、相次ぐ失態陳謝(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:事故当日にボウリング大会=車掌区の43人-JR西日本社長、相次ぐ失態陳謝(時事通信).

 JR西日本の社員がボウリング大会をしていた問題で,マスコミは一斉に怒りをあらわにしています。私自身は少しも驚かない。むしろ,そうか,そう言うものだよな,と納得してしまった。

 というのも,脱線事故を引き起こした運転士も,ボウリング大会に参加した社員も,もっと言えば,事故を起こした車両に乗っていた通勤途中の社員やその上司も,思考する過程が皆同じなのだ。
 彼らは,最初に立てられた予定通りに動くことを何よりもまず最初にクリアーしなければいけないように会社で叩き込まれたのだ。そのため,途中で状況が変わっても,変化に対応できない人間になってしまったのだ。

 事故を起こした運転士は,ダイヤグラムの遂行に全身全霊を傾け,そのためスピードを出しすぎて事故を起こした。
 ボウリング大会に参加した社員は,当初予定されていたボウリング大会の実施すべく,事故が起こってもボウリング大会を強行した。
 事故車両に乗っていた運転士もその上司も,予定されていた出勤時刻に間に合うことだけを守るべく,出勤するように指示をしていた。

 みな,同じなのだ。
 これと似たようなことは,生活の中でもあること。ただ,それが小さなことなので誰も気づかないだけ。よくあるでしょ,何でこんなことするんだろう,と思って古い人に尋ねたら,
「昔からこういう風にやるものだ。」
 と,何の根拠もなく説明するの。
 あれと同じようなものよ。何もびっくりすることではない。勿論,批判に値する行動ではあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球体育博物館

 2月19日。
 駅からハイキングを途中でリタイヤ。帰りの電車で英気を養い,なぜか寄り道,礫川浮世絵美術館へ行きました(この話は,1日付の記事に載せました)。
 そのまま帰ろうかと思ったけれど,東京ドームの脇を歩いていて気が付いた。そうだ,野球体育博物館へ行こう。まだ,西武ライオンズのファンクラブの有効期限が残っている。よし,行こう。
 って,こんだけのパワーがあるのなら,当初の駅からハイキング,歩けよ。とツッコミがくることでしょう。今振り返れば,私もそう思います。でも,あの本降りの雨の中,何が楽しくて歩くんだ,と思ったのも事実。やはりお散歩は晴れの日があう。

 で,野球体育博物館へ。入ってまず目に入ったのがショーケース内のお土産展示。折れたバットを再利用して作られた箸,「かっとばし」。なかなかいけてます。

 展示スペースには,プロ野球各球団のユニフォームが展示されています。
02190005
 まずは,西武のユニフォーム。去年までは頻繁に球場に通ってましたから。それに,今回入場に際し,ファンクラブの会員証を見せると50円引きになりましたから(と言いつつ2005年の継続手続はせず)。

 隣を見ると,今はなき球団のユニが。で思わずパチリ。
02190003
近鉄バファローズのユニフォーム。
なんか,「バファローズ」が残っても,球団が泣くなるというのは嫌なものです。
ちょっとおセンチになりながらパチリ。

 もう一つ
02190004
 オリックスブルーウェーブのユニフォーム。
 これだけしか写真をとらずに帰ってきました。帰宅後数日してから,「あ,そうだ!!福岡ダイエーホークスのユニフォーム撮影するの忘れた!!」
 所詮,プロ野球への思いはこんなものです,私。

 中を回って懐かしい展示を見ました。野球がアメリカからやってきた頃のグラブ等。アマチュア野球の展示など。よく見ても分からないものもいくつか。
 大画面のシアターでは2004年のプロ野球オールスターゲームのダイジェストを放映。新庄のホームスチールを見そびれた私は食い入るように見る。実況は板信一郎さん。おぉ,「サタデイ・ライオンズ」&「サンデイ・ライオンズ」で声を聞かない(私がこの番組を聞いていない方が当たっている)と思ったら,こんなところに。思わず耳もそばだてる。新庄のスチールは中継スタッフも気付かなかったのか,ワンテンポずれた絵。それでも面白い。

 野球の殿堂では,正岡子規を探す。何せ,子規庵を訪れたとき,「そういえば,正岡子規って『野球』という言葉を初めて使った人ではないか?」と思い出させた人ですから。特別表彰ということで他の人々とは別の場所に展示。それでも殿堂入りするのはすごいこと。
 一回りしたら,心地よい疲れが見をまとう。今度こそ,まっすぐ帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥沼の6連敗(NEWS@nifty:首位・鹿島がF東京に快勝、神戸は6連敗(読売新聞))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:首位・鹿島がF東京に快勝、神戸は6連敗(読売新聞).

 気合は入っているのだけれど,空回りしている感は否めない。
 試合前から,サポーターたちが応援していたのだが,それが逆にプレッシャーになったのかな?

 何よりも負傷者が多すぎる。31人中9人ケガ。これじゃぁ,サテライトなんか試合できるのかな?

 試合後,FC東京のフロント,「人事」の可能性を示唆。8日の大宮戦が剣が峰。大丈夫かな?
 サポーターたちは,チームの状況を把握しているらしく,下を見ず上を向いた応援をしている。涙が出るくらい嬉しい。

 だったら,フロントよ。監督を解任するのではなく,選手レンタルしてこいよ。これだけ選手が足りないんだから。昔,佐藤由紀彦が負傷したとき,石川直宏をレンタルしてきたじゃない。監督挿げ替えても,今のチームじゃ勝ち上がれないよ。選手が足りないんだもん。「人事」と言ったって,別の考えもあるじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第7回

第7章 ジェンダー

 社会的に作られた性差
 =「ジェンダー」という
ジェンダーの4分類
1 性別認知
 他者の性別を認知
2 性役割
 らしさの役割と性分業
3 性愛役割
 事柄に関する役割
4 性分業
 性別を用いた経済上・生活上の分業


 「フェミニズム」
 =性差に関して社会的公正を追求する思想
第1波フェミニズム(19世紀末から20世紀初頭にかけて);選挙権の獲得
第2波フェミニズム(1960年代後半から1970年代にかけて);女性解放運動
 1 職場での不平等を改善する方向
 2 女性のアイデンティティを模索する方向
  の2つが第2波フェミニズムでは行われた。


●私的コメント
 この章,途中まではある程度まとまって書いてあったが,後半,ぼやけた感があるのは現在でも論争が行われているためか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合前の練習何だけど

試合前の練習何だけど

気合い入りまくりのサポーター。
空気は良いです。ブーイングするより、応援するのが、サポーターの役割。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買いましたよ,東京かわら版

 5月の演芸会はなぜか華やか。
 雑誌「東京かわら版」も特別価格400円。流石にちょっと厚い。
で,中を見ると,なるほど例月より演芸会が多い気もする。

 というわけで,【無責任・お薦め演芸】5月編

定席から
・上野鈴本演芸場は上席(昼)
 九代目林家正蔵が襲名披露を終え,鈴本に凱旋。いつもより料金高いが,襲名披露を見逃した方は是非。
・浅草演芸ホールは中席(昼)
 九代目の襲名披露の次は,三遊亭遊史郎と桂歌蔵の真打披露興行。桂歌蔵は先日,国立演芸場の桂歌丸を見たときに見ました。基本に忠実というかしっかりとした,折り詰めに入った弁当という感じ。見ていて安心できます。ちょっとチェックしておいたほうがいいかも。
・新宿末広亭は上席(夜)
 上述浅草演芸ホールの真打披露興行と同様に,末広亭でも行われます。
・池袋演芸場は上席(夜),ただし5日までと下席(昼)
 池袋の夜の部の主任は桃太郎さんですよ。これは必見。下席は菊乃丞。ご存知同郷の好で一押し。

落語会からは
・4日(祝)「芸暦60年!東京コミックショウの爆笑演芸会@横浜にぎわい座,13:00
 松元ヒロも出ます。
・5日(祝)黒門亭ゴールデンウィーク特別番組"こどもの日特集"@黒門亭,12:30
 子供を題材にした落語の特集。こういった特集を組んだ落語会も面白い。
・7日(土)恒例・大演芸祭り(第16回)"漫才競演"@国立演芸場,13:00
・10日(火)東西落語研鑽会(第13回)@よみうりホール,18:30
 完売御礼,東西落語研鑽会。チケットはゲットしました。
・10日(火)新・落語21"らくごちゃん"@プーク人形劇場,18:50
 こちらは新作らくごの競演。つくしさんも出ます。
・10日(火)志らく百席(第6回)@横浜にぎわい座,19:00
 志らくが古典を百席かけるというプロジェクト。
・11日(水)両国寄席"新作TOB"@お江戸両国亭,19:00
 川柳つくしさん,連投。
・12日(木)講談新宿亭(昼)@新宿永谷ホール,13:00
 神田京子さん,二ツ目はいつお披露目?
・12日(木)鳥越落語会(第25回)@浅草橋区民会館,19:00
 喜多八師匠以外にも柳家喬太郎師匠が出演。開場への問い合わせは厳禁。
・13日(金)東京落語会@イイノホール,18:00
 会員制なので席は若干しかありません。
・14日(土)黒門町本牧亭講談定席@日本料理本牧亭,13:00
 あ,神田京子さん二ツ目昇進興行だ。
・14日(土)朝日名人会(第51回)"青風編"@有楽町朝日ホール,14:00
 歌武蔵・山陽・花禄・喬太郎・彦いち。全て見逃せない。
・18日(水)立川談春独演会@築地ブディストホール,19:00
 生きたい人は早めにチケットを。当日券なしの場合あり。
・19日(木)ぎんざ雅寿亭(第52会)@銀座ガスホール,18:30
 小円朝襲名披露を兼ねています。円楽師匠出演。
・21日(土)談笑・談春二人会@国立演芸場13:00
 今年度から,立川流も国立演芸場で高座をかけるとか。これがそうかな?
・23日(月)寄席山藤亭@紀伊国屋ホール,18:30
 談志師匠出演。
・31日(火)新宿末広亭余一会(昼)(夜)@末広亭
 六人の会主催の余一会。昼の部の主任は志の輔。夜の部の主任は円楽。こんな落語会見たことない。でも,もう少し人数減らして,各々じっくり聞きたい。


 大銀座落語祭のうち,究極の落語会は3月21日発売だったとか。私は人事がどうなるか分からず,買うのを控えていたんだっけ。そういえば,ねぎし事務所からDM来ていたっけ。もう忘れてる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

事故から学ぶことがある。事故報道に言いたいことがある。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:脱線事故1週間、JR西社員ら200人が現場で黙とう(読売新聞).


 尼崎線事故から1週間が経った。
 事故の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げるとともに,亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

 で,ちょっと気になることが。事故の後の報道では,JR西日本の経営体制に問題があるというのが多かった。実際,報道で見る限りは非常に厳しい管理体制の元,社員たちは働いているようだ。
 今回,事故の原因の一つとして,「90秒の遅延」というのがある。列車が90秒遅れたために運転士がスピードを出したがために事故を引き起こした……。

 これに対し,コメンテーターと名乗る人々が「90秒くらい遅れたっていいじゃないか。」なんて言っている。オイオイ。そんなことを言っていいのか?
 確かに90秒の遅延を取り戻すために,急ぎすぎ,そのため事故を起こしては何もならない。でも,「遅れること」,「遅刻すること」を安易に良しとするような,誤解を生みそうな発言は,慎んだ方がいいように思う。ほんの少しの遅れのために,社会的地位や生命を失うことはままある。遅刻を繰り返せば,信用は落ちる。
 「遅刻すること」は"いけないこと"である。ということは,この世の中で生きていく中での一つの大事な前提なのである。このことだけは,勘違いしないで欲しい。

 今回の事故に当たっては,90秒の遅延を取り戻すために,かなりの無理をしなければいけないきついダイヤグラムの編成に問題があるのではないだろうか?関西は私鉄とJRが競合している路線が多いため,かなり厳しいダイヤグラムを作成していないか?もうすこし余裕のあるダイヤグラムの編成はできないだろうか?簡単に言えば,駅間の所要時間を余裕のあるダイヤグラムにすれば,遅れを取り戻すために無理をしなくても良かったはずなのに。


 それと,もう一つ。提案がある。
 このような事故を起こさないために,私たち乗客がやらなければいけないこと,実践したらいいことってないだろうか,考えながら,電車を利用してみた。
・ひとつは,時間に余裕をもって鉄道を利用すること。
 ここの乗り換えは1分あるから,走れば乗り換えに間に合うよ,などと言って無理な乗り換えをせずに,1本早い電車に乗って,余裕のある乗り換えしませんか?もし,無理な乗り換えに間に合わないからと言って,駅員や車掌さん,ましては運転士に文句を言わない。その文句が運転士さんが焦り,規定の速度以上の速度で走行することになるから。
・駆け込み乗車,無理な乗車を止めませんか?
 駆け込み乗車をしたり,満員なのに無理に乗り込んで,ドアが閉まらず,列車が発車しないケースよく見ます。これって,電車の遅延の原因になります。遅延が生ずれば,その遅延を取り戻すべく,電車は無理にスピードをアップします。つまり,今回の事故の原因と同じような状況に陥ります。

 いずれにしても,心に余裕のない行動が事故を引き起こすことを痛切に感じた今回の事故。他山の石としないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駅からハイキング」の個人HP作っている人いませんか?(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年04月25日(月)~ 2005年05月01日(日)
合計数:391

●曜日別アクセス数
曜日 アクセス数
月 44 ★★★★
火 74 ★★★★★★★
水 57 ★★★★★★
木 54 ★★★★★
金 56 ★★★★★★
土 64 ★★★★★★
日 42 ★★★★

●検索ワードランキング
順位 検索ワード 件数
1 駅からハイキング 9
2 歴史 7
3 大銀座落語祭2005 6
4 大銀座落語祭2005 6
5 ダメじゃん小出 5
6 上野駅 5
7 両替 5
8 弥生時代の由来 5
9 手塚治虫マガジン 5
10 2005 4
11 コレゾ日本橋 4
12 バックナンバー 4
13 ビル 4
14 一葉記念館 4
15 元アナウンサー 4
16 大銀座落語際 4
17 江戸橋 4
18 社会学のエッセンス 4
19 2005年 3
20 なるほど日本語塾 3
21 アメリカンフットボール 3
22 インターネットに繋がらない 3
23 サザエさんの絵 3
24 予言 3
25 小ゑん・喜多八試作品 3
26 感想 3
27 映画 3
28 東京スタヂアム 3
29 東京メトロ沿線だより 3
30 落語 3
31 野毛大道芸 3
32 野球 3
33 鈴木おさむ 3

検索フレーズランキング
順位 検索ワード 件数
1 上野駅  両替 3

 今週もご高覧ありがとうございます。
 週単位で検索フレーズランキングにランクイン(同一週に3件以上)というのは初めてのような気がします。
 「上野駅」と「両替」の組み合わせは,昔あった上野駅の両替所の話でしょうか。まだ,覚えている人がいて嬉しいです。って私は何歳なんだろう。
 検索ワードでは「駅からハイキング」がトップ。私もこの検索ワードで何度となくHPの検索をしてみるのですが,なかなか,これは!というHPにあたらない。また,あったとしても数年前のHPで,現在はその更新がなかったりする。これをご覧の皆様で,「駅からハイキング」に参加される方,どしどしコメントやトラックバックを。それで,このブログの一つの大きな柱となれば嬉しい限り。でも,その前に2月の駅からハイキングなんか書いていないで最新の情報載せなきゃね。

 ここ数週間続いている,「大銀座落語祭」。正式情報が消えていった感じですね。ひょとして5月の東西落語研鑽会で優先予約とかするのかなぁ?

 「コレゾ日本橋」がヒットしているのには笑った。ネタなのに。やっぱり「コレド日本橋」より「コレゾ日本橋」のほうが面白いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちゃ,痛すぎる(NEWS@nifty:F東京の鈴木規とルーカスが負傷=Jリーグ(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:F東京の鈴木規とルーカスが負傷=Jリーグ(時事通信)
 ただでさえ,負傷者続きなのに,また怪我人かぁ。
 これはちょっと痛すぎるぅ。

 鈴木規郎は,慣れないサイドバックをやったせいか?あまり練習風景などををチェックしていないため詳しいことが分からない。
 この次の鹿島戦。4日にあるが果たして大丈夫か?不安だけが大きく膨らんでいく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礫川浮世絵美術館

 先日の月イチあミュージアムで,駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク」を途中でリタイヤしたと書きました。雨が降ってきて,あきらめたって。
 その後電車に乗って帰宅しようかと思っていたら,電車に乗っている間に体力が回復してきました(笑)。まだ時刻も早い。これはどっかへ寄り道しようと急に思いました。
 鞄の中をあさると,いろいろと招待券が。で,出てきたのが礫川浮世絵美術館の無料招待券。目黒から水道橋まで行って,博物館へ。
 この日(2/19),東京ドームでは「世界らん展」が初日を迎えました。お客さんは皆東京ドームへ。私はその間を抜けて,礫川浮世絵美術館に。
 ここは,松井さんという歯医者さんが館長を務める美術館。毎月展示を替えていくのだから,その意気込みはすごい。いろいろと見ては見るものの,私には浮世絵の下地がないものだから,見てもよく分からない。せいぜい分かるのが春画。まだまだ勉強不足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »