« 絹8 kinu.8 solo-performance-catalogue | トップページ | 次の一歩に向けて(NEWS@nifty:浦和が3連勝=Jリーグナビスコ杯(時事通信)) »

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第11回

第11章 社会の中の権力

戦後日本はめざましい経済発展
  ↑
  ↓
その一方で,政治的には世界でリーダーシップが発揮できず。

これには理由があるのでは?
日本の社会の仕組みそのものに問題?=「日本見直し論」

K.v.ウォルフレン『日本/権力構造の謎』において,
日本の権力は「姿を見せない権力」であるとして作用。
  ↑
  ↓
「姿を見せる権力」

・強制力としての権力を可能にする2大要因
「物理的暴力」と「正当性」

権力の三分類(M.ウェーバー)
「伝統的支配」「カリスマ的支配」「合法的支配」


日本の意志決定方法「稟議制」下から上へ。
・稟議制は権力の行為主体や責任の所在を曖昧にする。
西洋諸国の意志決定方法「トップダウン」上から下へ

|

« 絹8 kinu.8 solo-performance-catalogue | トップページ | 次の一歩に向けて(NEWS@nifty:浦和が3連勝=Jリーグナビスコ杯(時事通信)) »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第11回:

« 絹8 kinu.8 solo-performance-catalogue | トップページ | 次の一歩に向けて(NEWS@nifty:浦和が3連勝=Jリーグナビスコ杯(時事通信)) »