« なかなか更新進まず(泣 | トップページ | 「ターミナル」 »

台東区下町風俗史料館

 一葉記念館を出た後,のらりくらりと散歩しました。
 頭の中ではこの辺を歩いているのだろう,とは思っていても,なかなか上手くは歩けない。
 この辺は南に吉原がございます。あまり下手に歩いて,呼びかけられようものなら,と変な風に歩いたせいでちょっと遠回りしてしまいました。
 ようやくの思いで,上野駅に到着。少し遅い昼を食べながら,さてどうしよう。

 バックの中をあさると5施設「共通入館券」。下町風俗史料館に入れるではないか。

 不忍池のそばにある,同館へ。運良く「特別展 エノケンと浅草の笑い」展が開催中。ラッキーと入館する。
 台東区の歴史系博物館と言いながら,土器は全くなし。ひたすら古きよき時代の下町へ私たちを誘う。
 1階の商店では,浮世絵の摺り師が実演。その他,長屋の実物大模型があり,このあたりはかつて訪問したときのとおり。
 2階に上がると特別展。貴重なポスターやパンフレットが飾ってある。片隅には「喜劇人ニュース」なる会報が。「日本喜劇人協会」の会報誌らしい。エノケンこと榎本健一さんが会長を務めたご縁で今回の展示。見るといろいろな人が載っている。「新規入会 永六輔」なんて書いてある。おまけに住所まで載せてる。時代ですねぇ。

 久しぶりの下町風俗史料館。やっていることは以前と同じ。でもそれがいい。特別展のせいか,破損したせいか,風呂屋の番台がなかったのは残念だ。
(05/01/09)

|

« なかなか更新進まず(泣 | トップページ | 「ターミナル」 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台東区下町風俗史料館:

« なかなか更新進まず(泣 | トップページ | 「ターミナル」 »