« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の記事

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第6回

第6章 予言の自己成就

R.マートン「予言の自己成就」を提唱。
予言が誤っていても,人々が真実と決めれば,実現される。
 ↑
 ↓
一方,「予言の自己破壊」というものもある。
両者とも,社会的世界にのみ見られるものである。

・なぜ,この相反する二つの定理が存在するのか?
人は, 認識 → 行為 → 認識の循環を行っている;「フィードバック」
「フィードバック」はを分類すると
 ○ポジティブ・フィードバックか?ネガティブ・フィードバックか?
 ○自己イメージを導くフィードバックか?環境イメージを導くフィードバックか?
 の二つの分類から,2×2=4つに分類される。
 そして,このうち,「自己のイメージを導く」「ポジティブ・フィードバック」が「予言の自己成就」を導く。

 社会的世界は,フィードバックが働いている。
  ↓
 人間の認識能力には限界があり,「意図せざる結果」を招くこともある。

「予言の自己成就」の3つの特徴
1 自己のイメージを導くポジティブ・フィードバック
2 意図せざる結果
3 虚偽の真実への移行

「予言の自己成就」は,誤った予言が実現されることを,
「予言の自己破壊」は,正しい予言でも破壊されることを,
それぞれ解いている。両者とも実は紙一重のことなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「駅開業120周年記念ウォーク第1回(目黒駅)」

 今日は,2月19日(土)に実施された「駅からハイキング」をご紹介します。
 この日は,あいにくの天気。いつ雨が降ってもおかしくないくらいの天気。私はとりあえず参加して,行けるところまで行ってみよう,と参加しました。何しろ,駅からハイキングはポイント制で,参加回数によってプレゼントがもらえたりします。私は土日は不定期の休みで,うまく参加できないと言うこともあります。したがって,参加できるときは参加して,ポイントを稼がなくてはいけません。

 駅開業120周年記念ウォークと題された今回のルート。品川駅から大崎駅,戸越銀座を回って,目黒駅までのコース。
 まずは,「1 品川駅創業記念碑」。これは駅前にあります。今回はチェックをせずに先へと進みました。何せ,雨が降る前にどこまで行けるか,が今回の目標。流せるところは流していきます。
 品川駅から南下して,海側に出ると「2 旧東海道」へ出ます。味のある商店街の所々に,旧東海道を示す案内が。
 京浜急行新馬場駅を渡り,西へ。大崎駅付近の百反通りを通ります。実はこの辺は以前通ったことのある道。駅からハイキングに参加する前,JR東日本は駅からオリエンテーリングなるものを実施していました。そのときにこの付近を散策したことがあります。
 で,気を抜いたのがいけなかった。途中,道を間違えた。道を間違えると面白いのは他の参加者も後からついてくるので,結構多人数で間違えました。ざっと数えたら35人ほどの集団で間違えてしまいました。でも,みな「道が入り組んでいるので仕方がない」と寛容に応えてくれました。ま,自分たちもろくに地図を見ずについてきたのも悪いんだし。
 ただ,偶然,道を間違えたところに「トット基金」という看板の建物がありました。これはひょっとして?そう。あの黒柳徹子さんが「窓際のトットちゃん」の印税で作った基金。その事務所の前を偶然通りかかったのです。道を間違えてもただではすまさない。いいものを発見しました。

 「3 戸越銀座」に来たら,買いたいものがありました。その名も「戸越銀座ソース」。戸越銀座商店街のお肉屋さん限定で販売しているらしいのです。その戸越銀座。かなり長い商店街です。最後の方で買えばいいや,なんて思いながら戸越銀座を歩いていたら,いつの間にか商店街が終わり,肉屋もない。あぁ,しまったぁ。あの肉屋で買えば良かったぁ,なんて後悔していると,雨がポツリポツリ。買いに戻るのを諦め,次回の宿題に。

 雨が少しずつ強くなり,東急西小山駅まで来たところで本降り。もう,諦めよう,とここでリタイヤ。東急目黒線に乗って目黒駅へ。途中で帰る奴なんていないよな,などと思ったら,電車の中で今回のルートマップを広げている初老の紳士を発見。やはり,途中リタイヤもいるんだ。
 目黒線終点の目黒駅到着。ちょうどこの駅が駅からハイキングのゴール。私ちゃっかりとゴールの手続きしちゃいました。

05/02/19実施
総歩行距離約13km(私は7km程度でリタイヤ)。
品川駅~品川駅開業碑~旧東海道~戸越銀座
(~すずめのお宿緑地公園~清水池公園~目黒不動尊瀧泉寺~目黒駅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けたぁ,負けた。また負けたNEWS@nifty:サポーター乱闘事件で厳戒態勢、柏が快勝(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:サポーター乱闘事件で厳戒態勢、柏が快勝(読売新聞).

 昨日(28日),味の素スタジアムにて観戦。
 また,負けました。4連敗。

 FC東京アドバイザー石井さん曰く,「試合開始直後の入り方はいい。」
 しかし,その後がダメ.。
 失点した頃から足が止まり,単調な攻撃。ボールを持った選手へのフォローもなく,パスが来るのを待つだけ。
 選手交代もリズムを大きく転換することができるような選手がいないから,リズムを変えられない。

 選手が頑張っているのは分かる。でも,それだけじゃぁダメなんだ。思い切った頭の切り替えをして欲しい。そして貪欲に,ボールに食らいついて欲しい。

 次回ホームゲームは,5月4日(水)。相手は首位を走る鹿島。鹿島を倒せば,大きな自信にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は「渋谷で映画」の日ですよ。

 今日,28日(木)は渋谷・恵比寿・新宿(テアトルタイムズスクエアのみ)・下北沢・下高井戸の映画館では映画が,1,000円で見られます。東京都の映画館組合(渋谷支部)の企画だそうです。
 だから,こんな中途半端な映画館設定になったんですね。たしかにテアトルタイムズスクエアは渋谷区だし。

 日付もシブヤに合わせて「4・28」。うまいなぁ。
 しかも翌日から始まる「ゴールデンウィーク」。名付け親は映画業界だとか。その前日に映画を1,000円で見せるというのは,なかなか上手い発想です。今後も続けて欲しい企画です。

 さぁ,今日,私はどの映画館に出没していることやら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第5回

第5章 正常と異常

正常な行為
 ↑
この区別は,文化や時代によって
異なる相対的なもの
 ↓
異常な行為


正常な行為であっても,状況や時代によっては,逸脱行為へ変わるものもある。


メアリ・ダグラス(英)
世界を理解する際に最初に行うのは分類。

この分類の中にあるものは「正常」,ないものは「異常」と解される。

私たちの生活(社会)は規範を遵守すること
前提としている。
 ↓
違反や逸脱が存在する;逸脱論や社会問題の社会学(社会病理の社会学)へと広がる。
・統制理論;規範意識の欠如や,文化的コントロールの不足が,規則を破る逸脱行為を生む。
・緊張理論;規則を強化するほど,現実との間を拡大し,緊張を生む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑「ストーカーと呼ばないで」

 先日の「土曜ワイドラジオTOKYO」,太田スセリさんがゲスト,とのこと。
 この日は仕事でしたが,エアチェック(懐かしいぃ,「エアチェック」!!)しておきました。

 聞いてみたら……爆笑。
 昨年11月にコントを見に行ったとき,まだ練習し始めたばかりだと言ってたけれど,ここまでになっているとは。
 演奏は,全然ダメだけれど,歌詞はもう,すごいです。笑っちゃいました。

ストーカーと呼ばないで あなたが 好きなだけ

ストーカーと呼ばないで あなたを 見てるだけ

 このサビの部分は,頭の中から離れないですもの。寒空はだかの「東京タワーの歌」並の面白さ。これは,5月下旬のライブ見に行かなければダメだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無事、直りました。

無事、直りました。

今日、午後、浅草の犬印鞄製作所で修理してもらいました。
材料費420円。ちなみに交通費片道380円(笑)
15分ほどで修理完了。時間が余ったのでヨシカミでハヤシライスを食す。その後、隅田川を北上、言問団子で団子購入。今、向島百花園でリフレッシュ中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬印鞄製作所の

犬印鞄製作所の

鞄を愛用してます。
帆布を使って鞄を作る会社です。京都にも似たような会社があります。こちらの会社は浅草にあります。
価格が京都のものより安価な点、修理する場合も材料費と送料だけで対応してくれる点が気に入ってます。
先日、肩かけ用のベルトが破損しました。直さなくてはと思ってますが、今日、浅草の直営店に持って行けるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

えぇ!?平均65アクセス!?

対象日: 2005年04月18日(月)~ 2005年04月24日(日)
合計数:458
今週

曜日 アクセス数
月  79 ★★★★★★★★
火  69 ★★★★★★★
水  66 ★★★★★★
木  82 ★★★★★★★★
金  63 ★★★★★★
土  57 ★★★★★★
日  42 ★★★★
 ここ最近,平均アクセス数が増えています。
 このままいくと,週平均100も夢ではないかな?
 友人にこの話をしたら,「真鍋かおりさんのブログを抜いてください。」ときた。それは難しいだろう。

 アクセスキーワードも多岐にわたる。

対象日: 2005年04月18日(月)~ 2005年04月24日(日)
合計数:351

順位 検索ワード 件数
1   野毛大道芸 10
2   大銀座落語祭2005 6
3   大銀座落語祭2005 6
4   女性車掌 6
5   歴史 5
6   社会学のエッセンス 5
7   イージーオーダー 4
8   ダメじゃん小出 4
9   弥生時代の由来 4
10  日本橋 4
11  本 4
12  2005 3
13  2005年 3
14  なるほど日本語塾 3
15  アメリカンフットボール 3
16  プログラム 3
17  ホテル・ド・ミクニ 3
18  ホーンテッドマンション 3
19  予言 3
20  地図 3
21  大銀座落語祭 3
22  大銀座落語際 3
23      3
24  東西落語研鑽会 3
25  樋口一葉 3
26  死刑道具 3
27  芸能人 3
28  落語 3
29  長谷川町子美術館 3
 大銀座落語祭関係のキーワードは合計すると,18。ダントツです。
 その他も野毛大道芸から死刑道具まで,私の好奇心の分だけいろいろアクセスしてきてくれます。感謝です。
そして,「社会学のエッセンス」がアクセスに顔を出してきます。ゼミ発表のネタで引っかかったな,大学生よ。これを見ただけで満足するなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

04130001
 (05/04/13開栓)
 一段仕込みのお酒。
 すっきりとして飲み口がいい。冷蔵庫,5度で保存してください,との指示ですが,その温度で飲んだら,もう水のよう。夏場に水代わりで飲んだら,一気に行っちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第4回

第4章 ドラマトゥルギー

外見や人に対するイメージから,あの人はこうするだろう

人が"生活"というドラマのなかで役割を演じる
=「ドラマトゥルギー」という。

印象管理
「人は他者を観客とし,その視線を意識しつつ自分の外見や行動を規制することによって,自分についての情報をコントロールし,他者に呈示している。」
印象管理には3種類ある。
1 社会の常識的な構成員としてのイメージを維持
2 個人的な人柄のイメージを維持
3 役割に対するイメージを維持

役割期待
「個人が役割どおりの行動をとるということ」

「役割距離」
「(役割を)念頭におきながらイメージに否定的なことをしたり,距離をとったりすることによって,別の印象を作り出す」

本人の呈示したい自己の印象

正反対の場合がある
……自己呈示が困難に。

役割イメージ

役割理論は,社会と個人をつなぐものと考えられていた。
しかし,ドラマトゥルギーは,社会があって個人があると言う考えを放棄した。
個人が社会のなかで演技をしていくことにより社会の秩序を形成するものだ,という考え方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きてぇ~(NEWS@nifty:横浜、野毛大道芸始まる(共同通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:横浜、野毛大道芸始まる(共同通信).

 今年も野毛大道芸の季節がやってきました。
 見慣れた芸人,初めて名前を見る芸人,いろいろいます。

 今年は仕事のせいで見に行けない(泣
 知人が横浜に行くというので,野毛大道芸は是非見て来い,強く強く推しておきました。

それにつけても,ダメじゃん小出は見たかった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

新宿末廣亭2月上席・昼席

Stage 05-05

05/02/09
新宿末廣亭2月上席
13:15~
@新宿末廣亭
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

鉄平
錦平 「権助提灯」
二楽 紙切り
喜多八 「代書屋」
一朝 「蛙茶番」
ペペ桜井 漫談
こぶ平 「ぞろぞろ」

(仲入り)

勢朝
元九郎
歌武蔵 「支度部屋外伝」
いっ平 「紀州」
勝丸 太神楽
小朝 「三枚起請」

 こぶ平・いっ平・小朝揃い踏み。こぶ平は末廣亭最後。
 テレビの取材が来てました。一番後ろの立ち見エリアに固定のテレビカメラ。それ以外に客席を移す8mmビデオカメラ。私,ひょっとしたらテレビに映るのでは?と思ったら,3月26日(土)放送のテレビ番組にこのときの模様が写ってました。私も一瞬だけ。ほんの一瞬。
 こぶ平は,末廣亭と言わず,定席では最後の出演でした。そのため,客も大入り。平日というのに満員でした。
 私自身もこの上席は,こぶ平・いっ平・小朝の三兄弟が一堂に会するというので,全員そろう日を確認して行きました。行って良かった。おかげで,なんか,得した感じ。
 三兄弟以外にも,喜多八師匠,歌武蔵師匠は,この日の夜,落語教育委員会に出演予定。その二人をここで見ることができるというのはちょっと贅沢。落語教育委員会に行けない分,ここで満足しました。

 末廣亭は,昔の寄席情緒を残した粋な建物。桟敷席は斜めになっているが,「右肩上がり」意味しているらしい。また,機会があれば覗いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Ray」

Screen 05-09

05/02/01
「Ray」
@TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
伝説の歌手の伝記映画。主演はレイそっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第3回

第3章 スティグマ

自分が思っている,自分の社会的なアイデンティティ
     ↑
この差を「スティグマ」と言う。
……ここから人々の苦しみが始まり,社会学的な分析が行われる。
     ↓
他者から見た社会的なアイデンティティ

レイベリング=社会的な決めつけ
 本当にレイベリングの通り,人に変化が起こる
 (予言の自己成就)
○自己   ←←  ●他者

スティグマ=自己と他者の差
 人が必ずしも他者の期待に添って行動するとは限らないことを含意した概念
=自己の働き(受け止める人)に目を向けた
○自己   ←→  ●他者

●私的コメント
サマリーにもあるとおり,この章では「スティグマ」と「レイベリング」の違いに説明を費やした章。この違いを様々な例を挙げて,実感することが肝要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに日本でW杯(NEWS@nifty:川崎で07年W杯アメフット=IFAF理事会(時事通信))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:川崎で07年W杯アメフット=IFAF理事会(時事通信).

 といってもアメリカンフットボールの話ですが。
 ラグビーのワールドカップ開催が実現する前に,アメフトですか。
 でも,参加国数少なそうだし,アメリカも参加するかどうか不安だし。
 イマイチ盛り上がりに欠けそう。
 でも,アメリカンフットボールの世界では朗報でしょ。少しでも,これで日本のアメフト界も盛り上がれば,それはそれでOK。
 もし,何だったら,毎回日本で開催すればどうだろうか?サッカーのトヨタカップみたいに。
 今回は,立候補国が日本だけだと言うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりダメだったか(NEWS@nifty:女子バスケ日本代表、ガードの藪内ら12人発表(読売新聞))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:女子バスケ日本代表、ガードの藪内ら12人発表(読売新聞).
 やはり,萩原さん,女子バスケ日本代表の監督,固持したんですか。
 自信がない,というように聞いていますが,若いんだから多少は失敗しても挫折しても良かったのに。
 むしろ,この次,代表監督の話が舞い込み,それを受け入れ,失敗したときの方が怖いなぁ。

 でも,暫定監督なんてちょっとひどい。バスケ監督は層が薄いのか。ちょっと勘ぐりたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オペラ座の怪人」

Screen 05-08

05/02/01
「オペラ座の怪人」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「ムーラン・ルージュ」「シカゴ」に続き真打登場。迫力あるも新鮮味なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング「西洋建築に丸の内・日本橋の発展の歴史を追う」

 好奇心の赴くままに,博物館や美術館を徘徊する,月イチあミュージアム。 2005年最初は「駅からハイキング」です。1月29日に行われました,「西洋建築に丸の内・日本橋の発展の歴史を追う」をお届けします。
 今回は,東京駅・有楽町駅・新日本橋駅付近の歴史のある建物を鑑賞する,というテーマがあるようです。各チェックポイントのほかに,歴史ある建物の位置とその建築年が地図に記載されていました。

050129_100601
 そこで,今回は,建築物の写真を中心にお届けしてまいります。
 まず最初は,スタート地点の東京駅の側にある「1 丸の内オアゾ」。

 この建物は,2004年,旧国鉄跡地に建てられた,最新の商業地域。

 確か,丸善がここに入っているはずだが,スタートして間もないということ,丸善に入ると数時間出てこないくらい魅力がありそうなので,今回はキャンセル。このままスルーしました。

050129_101001
 続いて,順番が逆になりますが,スタート地点の東京駅。

 東京駅は1914年に建造されました。昔は3階建てだったそうですが,戦災で被災。2階建てに改修されたそうです。丸の内の北口南口のドームは趣があっていいものです。 この後私は,通常のコース(皇居脇の道)を通らずに,丸ビルの脇を通っていきます。この通りは,有名ブランドの直営店がひしめく通りになってきました。一昔前なら,サラリーマンの闊歩する街だったのに,今はOLさん向けの通りになってしまいました。

050129_103001  さて,「2 日比谷公園」に入ります。 ここは何度となく訪れたことがあるのですが,旧日比谷公園事務所の存在は初めて知りました。 これは,1910年建築。 まるで,アルプスの山小屋の雰囲気。 さすがに老朽化が激しいため,中に入ることはできません。 残念。

050129_103301  噴水広場から,日比谷公会堂・市政会館を望みます。

 後ろのビルが目立つため,公会堂がよく写っていません。

 こちらも,別の意味で残念。

 ここから,また,私はルートを外れます。

 というのも,チケットぴあで5月の東西落語研鑽会のチケットを購入するため。

 文化放送ちけっとぽーとで何とかゲット。

 最近,この落語会,チケット取るのが非常に難しくなりました。 優先で取らないと取れないですよね。

050129_105201  銀座西6の交差点脇には,電通銀座ビルがあります。

 このビルも1934年建築と結構古いです。こんなところにこんなものがあるとは。つゆ知らず。

 ここから,銀座界隈を散歩。まだ,午前中。しかも,6~8丁目は土日はあまり賑やかでないせいか,静まりかえっています。

 050129_105401

 そんな中,ひとつの新名所の前を通りました。

 交詢社ビル。1929年建築。

 かつて,慶応大学卒業生の社交場として,慶応大学卒業生(およびその紹介者)しか入れないこのビルが改築。下の階は一般の方でも入れるようになりました。

 かつての面影はあまりないですが,入り口付近はかろうじて,空気を残した、とのこと。

050129_110601  歌舞伎座(1924年建築)と和光(1932年)のビルは,普段見慣れているので写真撮影は見送り,次なるビルへ。

 越後屋(1931年建築)は,呉服屋。

 普段,前を通ってはいるが,なかなか気づかなかった。

 1931年建築と聞いてびっくり。見上げると……,なるほどそう言われればそうだ。趣がある。でも,建築当時からこの高さなのかなぁ?和光もこのくらいの高さだから,そうかなぁ?

050129_111101  このまま中央通りをまっすぐ通って,日本橋へ向かいます。

 その前に,寄り道を。警察博物館は,京橋三丁目にある警察の博物館。そういえば,以前,消防博物館に行かなかったっけ?

 中は,警察の歴史や殉職警察官の紹介等をしています。

 1階入口には「おまわりさん なりきり体験」と題して小学生までを対象にした警察官の制服を置いています。一般向けはありません。それはコスプレですから。

 殉職警察官の紹介では,あさま山荘事件で殉職された警察官が紹介されていました。ここ最近,あさま山荘事件を振り返る報道や映画が多かったので興味深く見入ってしまいました。

050129_114902  その隣,といってもいいかもしれないくらいの近さに,PILOTが運営する万年筆を中心とした筆記具の博物館,Pen Station Museum & Cafeがありました。

 これは,私も初めて知る博物館。私のデータにも残っていない。

 入場料は無料だ。早速入ってみることに。

 中は,博物館の基本,筆記具の歴史とその仕組みを紹介。実物を100倍くらいに大きくしたシャープペンシルの模型では,なぜシャープペンシルの芯が出るのかを教えてくれます。

 もう一つの目玉は,漆塗りの万年筆の展示。漆塗りに詳しくない私は見ていて,ぽか~ん。この日は偶然,漆塗りの職人さんがどうやって万年筆の漆塗りを作ったか,説明していましたが,私には分かりませんでした。

050129_113501  でも,あの細い円筒形の万年筆,漆塗りは面倒そうですよね。少なくても私には不可能。

 Pen Station Museum & Cafeを出て,通りの反対側を見ると,明治屋。

 1933年の建築。

 いつも思うのですが,明治屋のローマ字表記は「MEIDI-YA」。つい「メイディヤ」と心の中で発音しちゃいます。

 050129_121001 明治屋を通り過ぎるとすぐ,高島屋。

 明治屋と同じく1933年建築。

 ここは,よく使わせてもらいました。最近,ちょっとご無沙汰ですが,スーツを作るときはここでイージーオーダー。先日,久しぶりに作りに行きました。最近,年を取ると体型が変わるんですよね。お腹辺り気にして行ったけれど,

「ウエストは大丈夫ですね。」

050129_121301  と言われました。大丈夫ってどういうことよ。ま,一安心。

高島屋を過ぎると,「3 コレド日本橋」。第2チェックポイントから第3チェックポイントまで間隔開きすぎ。5kmも歩かされた。

 ここは2004年に旧日本橋東急跡地に建てられた新しいスポット。まだ中を見ていないのでどういうものかは知りませんが,いろんなテナントが入っているようです。名前,「コレド日本橋」は「CORE(コア)」と「EDO(エド)」の合成語だけど,いっそのこと「コレゾ日本橋」にすると受けたかも。

050129_121901  でも,こういうネタ,大阪風だよな。大阪には「日本橋(にっぽんばし)」があるからその場所に「コレゾ日本橋(にっぽんばし)」を作れば受けるかも。

コレド日本橋の裏はたいめいけん。今更,こんなことに気づきながら,江戸橋南交差点の三菱倉庫をパチリ。

 1930年建築。

050129_122301  こんな趣のあるビルが何気なく残っているのが日本橋。

 そのビルのそばには,野村證券ビル。

 1930年建築。

 このころから雲行きが怪しくなる。早くゴールに着かなければ。

050129_122301001  と,焦りながらも,「4 日本橋」はパチリと撮影。

 何たって,この日本橋にかけられてある銅像の類。日本橋がかけられて(1603年)から400年を記念して,銅像を建築当時にものへと造り直したはず。しかし,当時の写真や図面が残っていなかったため,あちこちを探して,この日本橋の写真を探したと聞いたことがあります。

050129_124601  なかなかいい具合に写真が集まらず,苦労したとのこと。考えてみれば,前から写真は撮りますが後ろ姿はなかなか写真を撮らない。まして,橋の場合,裏に回れば,川に落ちますから,写真は撮れない。よって,この銅像の復元は相当の苦労があったはず。

 日本橋を過ぎ,三越の前を通れば,次は三井本館。

 1929年建築。

050129_125101  雨がポツリポツリと降ってきた。

 次のチェックポイント,「5 貨幣博物館」は以前,訪れたことがあるので,看板だけ写真を撮る。

 写真だけ撮ったら,リュックから傘を取り出し,もう,ゴールまで急ぎ足。

貨幣博物館の隣には,「6 日本銀行本店」がある。

050129_125201  どうせ,中にも入れないことだし,紋の前で写真を撮る。

 しかし,報道番組などで,日本銀行の写真をうえから撮るというのがあるが,どこから撮っているのだろう?と疑問に思うことがある。

 よく,考えてみたら,隣の貨幣博物館の屋上から撮っているのではないかという結論に達した。日本銀行の「コ」の字の形と貨幣博物館の関係から,達した結論。これなら,日本銀行に入ることなく,撮影できる。

 日本銀行,中で撮影するのはなかなか厳しそうなイメージがありますから。

 さぁ,後はゴールを目指すだけ。

 日本橋は,もう少し寄り道したっかたけれど,雨には勝てない私。

 早々に切り上げて帰ってきました。

(05/01/29)

東京駅

~丸の内オアゾ

~日比谷公園

~コレド日本橋

~日本橋

~貨幣博物館

~日本銀行本店

~新日本橋駅

(約3時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えぇ,もう4月も半分過ぎたの?!

 ちょっと,月日が経つのが早すぎだなぁ。
 もう,ブログの更新が間に合わない感じ。【無責任】シリーズの映画紹介,演芸紹介がままならないので,この4月半ばから5月にかけての予定の中に,無理矢理入れちゃいましょう。
 だから,これから紹介するのは,私は見に行くかもしれないし,行くかもしれない。行くかどうかは本人にお問い合わせを。また,お薦めのものも紹介しているつもりです。是非,お立ち寄りを。

21日(木)名酒の殿堂@ハクヨー
 もう,定員に達したので締め切ったとのこと。
21日(木)神楽坂毘沙門寄席@神楽坂 毘沙門ホール
 立川志らく出演の寄席。
22日(金)「君こそつくしだ!」@なかの芸能小劇場
 新作落語からウクレレまで。川柳つくしのソロライブ。
23日(土)・24日(日)アースディフェスティバル@代々木
 なつかしや。私がリクシャーデビューしたイベント。今でも続いています。
23日(土)・24日(日)野毛大道芸@野毛地区ほか
 今年も出ます,ダメじゃん小出・シエスタほか。
24日(日)国立名人会@国立演芸場
 喜多八師匠「代書屋」はお薦め。
25日(月)紀伊国屋寄席
 「笑点」でおなじみ小遊三師匠は「粗忽の釘」
26日(火)小ゑん・喜多八試作品@黒門亭
 喜多八師匠2席。
26日(火)JAL名人会@深川江戸資料館
 飛行機は落ちなくてもここの落語はきちんと落ちて欲しい。彦いち師匠登場。
28日(木)渋谷・恵比寿・新宿(テアトルタイムズスクエアのみ)・下北沢・下高井戸の映画館,1,000円で見られるとか。先週木曜発売のぴあに載ってました。

  ゴールデンウィークのお薦め映画は
「アラキメンタリ」@ライズX
「恋の風景」@ユーロスペース
「さよなら、さよならハリウッド」@恵比寿ガーデンシネマ
「コーヒー&シガレッツ」@シネセゾン渋谷
拡大系では
「阿修羅城の瞳」
「海を飛ぶ夢」
「真夜中の弥次さん喜多さん」
「アビエイター」
 こんな所かな?

28日(木)Jリーグ FC東京VS柏レイソル@味の素スタジアム
 これは行かなくては。

 そして,5月へ突入
1日(日)~10日(火)5月上席昼席@上野鈴本演芸場
 林家正蔵師匠,襲名披露興行を終えて鈴本に戻ってきます。小朝・いっ平と兄弟三人そろって昼席登場。料金は特別3,000円。
2日(月)桃太郎・昇太二人会@国立演芸場
 1日(日)~10日(火)の国立演芸場は日替わり。この日は落語芸術協会の出し物。この二人は強烈です。
4日(水)Jリーグ FC東京VS鹿島アントラーズ@味の素スタジアム
 ゴールデンウィークはサッカーも熱い。
7日(土)駅からハイキング「隅田川の橋めぐり 第1回」
 北千住から三河島まで歩きます。
8日(日)Jリーグ FC東京VS大宮アルディージャ@味の素スタジアム
 大宮,J2にいたときは贔屓にしていたけれど,J1に上がったら容赦しません。
10日(火)東西落語研鑽会@よみうりホール
 東西落語研鑽会,今回もなぜだかネタ出しなし。

 う~ん,これ以外にもお薦めはいっぱいあります。行きたいけれど暇がない……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のアクセスから

対象日: 2005年04月11日(月)~ 2005年04月17日(日)
合計数:271

順位 検索ワード           件数
1   ダメじゃん小出         10
2   弥生時代の由来          8
3   大銀座落語祭2005    6
4                        5
5                        4
6   歴史                    4
7   NHK外国語講座           3
8   巨人                    3
9   東京メトロ              3
10   神田明神資料館          3
11   要約                    3

合計数:280
日 アクセス数
月  54 ★★★★★
火  22 ★★
水  39 ★★★★
木  36 ★★★★
金  46 ★★★★★
土  54 ★★★★★
日  29 ★★★

 今週は,一日平均40アクセス。
 ちょうどいいですね,このくらいが。でも,いろいろと書きためていくと,思ってもいないキーワードで検索していただけるようです。
 メモ代わりのこのブログが,何かのお役に立てばこれ幸い。
 今週1位のキーワード,「ダメじゃん小出」は16日の土曜ワイドラジオTOKYOに出演した影響か,週末,やたらアクセスが多い。
 ヤフーの検索は,本人ホームページに次ぐ2番目にありました。
 ちょっと恥ずかしい気もするが,5月のステージには見に行って,レポを書く予定。どうかお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第2回

第2章 アイデンティティ

エリクソンは,「人はその人格的成長の中で,青年期に自我の機器感を迎え,いままでの自分の役割やあり方を再統合しなければならなくなる」と言っている。

青年期は,生き方の模索,過剰な自意識,反省や葛藤,不満が生じやすい。
 ↓
この経験から「自分」であることの確かな感覚を得る。

また,青年期は「人格の発生過程のうえでも,社会生活上の役割選択のうえでも,自己の確立(=アイデンティティ)を養成される最大の機会」である。


エリクソンは,アイデンティティとは
・自己の時間的連続性
・不変性
を前提としながら,さらに
・社会的認知による居心地のよさ
・人の発達過程のなかで達成される
この2つの要素が加わる,と言っている。

「アイデンティティの確立」に必要なものは
1 維持するためには周囲から受け入れられることが必要。
2 社会の一般的な期待が影響。

現代社会においては,その場その場によって複数の役割を求められる。

自己のアイデンティティの喪失……現代社会の課題
(役割以外に自己の一貫性が必要)


●私的コメント
第1章とうってかわって,読みやすい章だった。やはり書き手が代わるとこうも変わるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連敗。

水曜の名古屋戦に引き続き、連敗。
今回、前半、緊張感をもってやっていたのに、個々の能力で差が出た感があります。
後半、1点先制されても、まだ勝てる気がしました。しかし、時間が経つにつれ、FC東京の攻めの形が悪くなっていきました。2点目が入ってからは、大分わるくなりました。
DFに怪我人が多く、どうなるかと心配しましたが、増島がいい仕事してました。戦力として十分使えます。
また、仕切り直し、気持ちを入れ換えなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一進一退

一進一退

一進一退

(この投稿は携帯電話からの投稿です。)
ハーフタイム。 スコアレスだが、面白い試合。
互いに緊張感を持って試合してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳戒体制

厳戒体制

(この投稿は携帯電話からの投稿です。)
今日は味の素スタジアムで浦和レッズ戦。
飛田給駅からスタジアムへ行く道すがら、何人もの警察官に遭遇。
首位争いを演じるFC東京、いまだ今季勝利をあげていない浦和レッズ。昨年のナビスコ杯決勝で死闘を演じた両チーム。私は秘かに「武蔵野ダービー」と読んで、己のプライドをかけた試合と思っています。
この両者の戦いは、以前の鹿島と磐田とのライバル関係を超えた、名勝負になることを望んでいます。
が、警察官が治安に乗り出すのはなぁ。変なところで海外の後追いでは……。

キックオフまで、あと少し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新社会人登場

(この投稿は携帯電話からの投稿です。)
4月に入り、半月が過ぎた。 あちこちに、新社会人が登場してきた。昨日、銀行に行ったら、新入社員らしき若い行員がベテラン行員の脇で、仕事を教わっていた。初々しい仕事ぶりを見て、微笑ましく思った。
この時期、新社会人を見つけては、初心に帰って、自分を引き締めようと、努力している。そうしないと慢心してしまいそうな自分が己を支配する気がする。
ただでさえ、態度がでかいと、よく言われるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

04050001

(05/04/02開栓)
 だいぶ前のお酒ですけれど。
 このお酒,濃い濃い。
 生酒あって,この濃さは辛い。毎晩ロックで飲んでました。ロックで飲むとちょうどいい味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11回東西落語研鑽会

Stage 05-04

05/01/26
第11回東西落語研鑽会
@よみうりホール
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

○林家彦いち 「反対俥」
○春風亭小朝 「竹の水仙」
△笑福亭仁鶴 「不動坊」
(仲入り)
○桂三枝 「背なで老いてる唐獅子牡丹」
◎立川談春 「鼠穴」

 今回の東西落語研鑽会,終わって最初に頭の中に浮かんだ言葉は,
「全ては,この男から始まった。」
 という一言。

 この男,とは,この日のトリ,立川談春師匠。彼が第1回東西落語研鑽会の最初に高座に上がった落語家。最初にこの落語会に上がったとき,「この落語会のトリを捕ろう」ということを目標にしてきたそうです。その彼が,この日,トリを取ったものだから,「この先どうしよう」と困ってました。

 また,この日は,落語会の終演予定が20時50分。しかし,談春師匠,高座に上がったのは20時45分。それでも,しっかりと鼠穴を熱演。彼が「この広い江戸の空の下」と言うだけで,目の前に江戸の町並みが見えるようでした。ちょうど,今回,席が2回の後ろから2列目。眼前には,高座とともに1階席も広がります。その1階席が江戸の下町,長屋と見まごうほどの談春師匠の話術。彼は侮れません。

 彦いち師匠,最初っから飛ばしてくれました。小朝師匠は珍しく花魁ネタではなく,左甚五郎ネタ。仁鶴師匠どうしたのでしょうか,イマイチでした。三枝師匠爆笑の連続。個性がぶつかり合う,研鑽会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第1回

 まずは,第1部 行為の分析から。
 ここでは,自己と他者の二者間系を探ることを念頭に置いている。なぜなら,二者間の関係性が社会学の出発点と考えているからだ。

 第1章 意味と相互主観性

言葉」の出現により,人間は
・コミュニケーションがスムーズに進むようになった。
・言葉の持つ意味により多様な解釈をするようになった。
 →人により"異なる理解"をするようになった。
 (例:「情けは人のためならず。」)

"異なる理解"とは,個人的なものなのか?
→他社との関係性の中で発生していく。
→意味の対立が,社会紛争へ発展していくこともある。
……"異なる理解"の解明が対立を解くカギになる。

物事を見ていく中で,固定化した見方,固定観念が生じる。
=「ステレオタイプ化した見方」
=物事を解くヒントにも障害にもなる。

人間は事物を理解する際,
・客観的な認知
・主観的な意味付け
 の両方を含んだ見方をする。

「意味付けは,言葉や発言内容,行為,集団,社会の全てに関係してくる」
=「意味とは,事物・事象が何であるかを確認する際に作用」
 ↓
「この意味に基づいて慣習が成立し,行為役割として定型化されてい」く。
=「日常生活における慣習的行為もしくは役割行為ともいわれる。」

※え?役割って何?================================
「人に与えられたカテゴリーもしくは行為の特性」
 ↓
「生活のほとんどは,慣習的行為もしくは役割行為からなっており,このことが集団や社会の安定性を生み出している。」
==================================================
(閑話休題)

「人間の行為や社会的世界の根幹には意味が存在する。」
→意味には,「明確さ」=客観的な認知,「新たな解釈による多義性」がある。
「意味が複数の人間により共有されており,私と他者のとの間に個人をこえた共通のものが生じる」
=「相互主観性
 「意味と相互主観性は,」
・「社会や文化を解読する出発点」
・「私と他者が共感し,共振しあう世界を作り出す武器」
 である。

●私的コメント
・章内のそれぞれの文章(項内の文章)は,まとまっているが,項毎の関係性が疎いように感じる。いきなり,項の最初に「これまで述べてきたように意味は,(以下略)」と書かれても"意味"とは○○である,と言う説明無いまま論じられては読む方が躊躇してしまう。
 読者が社会学の初心者であることをよく考えて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴本演芸場1月下席(昼席)

Stage 05-03

05/01/24
鈴本演芸場1月下席(昼席)
@鈴本演芸場
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

開口一番 仙花 「子褒め」
つくし
とし松 曲独楽
小ゑん
伯楽
アサダ二世 奇術
正朝
川柳 「歌は世につれ」
仙三郎社中 大神楽曲芸
志ん輔 「小言幸兵衛」
(仲入り)
のいるこいる 漫才
喜多八
正楽 紙切り
志ん五 「素人義太夫」

 初めての寄席。入場すると,前列は団体客らしい一行。あとはまばらな客席。私は,開口一番の後半から全てを見るという気合いの入れよう。というのも,川柳つくしを見てみたかったから。彼女は川柳川柳の唯一の弟子という噂。それよりも気を引くのが,彼女が私と同じ出身と言うこと。地元出身の落語家は,一昨年真打ちになった古今亭菊之丞とつくしの二人くらいしか知らない。そのためか,二人は応援してみたいという気にもなっている。

 落語や演芸を見るようになってから,頭の隅にあるのが「芸人を育てる」ということ。その世界の第一人者だけを見るという手もある。しかし,それだけでは,この業界,栄えていかない。どこかで次代のスターを育てていかなければならないと思っています。そのため,私は落語や演芸を見るようになってから,若手芸人の成長を追いかけてみよう,と思った次第。今のところ目を付けているのが,この川柳つくし。後はまりしろで木村万里さんが薦める「繭から」の二人。ま,他にも見つけられればいいのだが。

閑話休題

 で,見ていくとそれぞれ面白い。ただ,まだ知らないネタばかりでなかなかネタをメモできない。今回も分かったのは,3本くらい。う~ん,勉強不足。
 この中で小ゑんさん,良かったなぁ。模様替えの話だったんだけれど。また,アサダ二世さん,いいキャラクターしています。川柳川柳師匠,本当は主任(=トリ)なんだけれど,のどの調子が悪いとかで,イマイチの出来。志ん輔師匠は,かつてNHK教育で子供向けの番組に出演。じっくりと「小言幸兵衛」を聞かせる。あまりのハイペースについて行けず,実は,喜多八師匠のところで寝ちゃいました。最後の志ん五師匠は,ひょうひょうとした顔で「素人義太夫」をやってのけ,代理主任無事終了。帰る頃には,客席が8割埋まっている。どうした!今日は平日だぞ。落語ブームって本当に来ているのか?

 これだけ聞いて3,000円しないというのはいいものです。また来たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは行かなきゃダメでしょう(NEWS@nifty:三遊亭円楽27年ぶり高座へ…新宿末広亭に出演(夕刊フジ))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:三遊亭円楽27年ぶり高座へ…新宿末広亭に出演(夕刊フジ).
 あの円楽師匠が末廣亭の高座に上がるという。
 以前,東西落語研鑽会で「浜野矩随」を見たことがあります。いやぁ,良かった。しっかりとした話しぶり。滑舌の良さ。客が聞いていて情景がきちんと想像できるような話しぶり。
 この度,余一会で出演するそうで,これは行かなきゃダメでしょう。今,来月の勤務割振の検討中。早速この余一会,予定に組み入れなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったぁ!ジュビロに勝ったぁ!!(NEWS@nifty:F東京、5年ぶり磐田戦勝利(読売新聞))

リンク: @nifty:NEWS@nifty:F東京、5年ぶり磐田戦勝利(読売新聞).
 見に行ってきましたこの試合。
 なかなか攻めきれず,辛い試合。逆に磐田に攻め込まれたりと,見ていて胃がキリキリするような試合。
 しかし,後半40分に勝ち越しのゴール。もう,感動ものでした。
 そして,試合終了。もう,選手は大喜び。DFなんか,抱き合っちゃって。振り返れば,私がFC東京を追いかけるようになってから,生で勝利を見るのは初めて。というか,ジュビロと公式戦で勝利するのは,これで2回目。初勝利は2000年というくらい。もう,ジュビロ戦は負けと諦めてかかっちゃう気もしてました。しかし,この日は苦しいながらも何とか勝利。
 優勝するときは,神懸かり的な勝利をする,と言う話をよく聞きます。もしかしたら,この試合が,後で振り返って,「この試合の勝ちが大きかった。」と言う日が来るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またあのスキャンダルか……(今週のアクセス解析)

対象日: 2005年04月04日(月)~ 2005年04月10日(日)
合計数:457

曜日 アクセス数
月   53 ★★★★★
火   129★★★★★ ★★★★★ ★★★
水   101★★★★★ ★★★★★
木   64 ★★★★★ ★
金   33 ★★★
土   38 ★★★★
日   39 ★★★★

順位 検索ワード    件数
1              118
2 アメフト         10
3 ダメじゃん小出     9
4 大銀座落語祭2005  9
5 プロフィール       7
6 林家正蔵        7
7              6
8 手塚治虫マガジン   6
9 オンワード        5
10              5
11 河原          5
12 すわ親治       4
13 バックナンバー    4
14 ラジオショッピング  4
15 大銀座落語祭2005 4
16 東西落語研鑽会    4
17 4月           4
18 2005年         3
19 オンワードスカイラークス 3
20 スキャンダル       3
21 ランニングシアターダッシュ 3
22 女性車掌          3
23 東京スタヂアム      3
24 落語            3

 先週あたりからいろいろな検索語でこのブログを見ていただいているようです。
 しかし,あの事件関連のニュースが上がったら,一気にこのブログのアクセスも増えた。
 しかし,みな,スキャンダルが好きですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦争のはじめかた」

Screen 05-07

05/01/19
「戦争のはじめかた」
@シネカノン有楽町
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「9.11の前日に映画祭で上映され,何度も公開延期に。ブラックな笑いに満ちあふれている。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ネバーランド」

Screen 05-06

05/01/17
「ネバーランド」
@TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「小品だが,クオリティは高い。でもアカデミー賞は無理でしょ。」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

そういえば,3月の目標って……

 どうなったんだっけ?

 (と,あれこれ整理してみる。)

 そうか,3月の目標は
「Jリーグ開幕戦を観戦する。」
「3月は3冊本を読もう。」

の二つかぁ。Jリーグ開幕戦は無事見に行くことが出来ました。開幕戦のノートも10冊近く集まりました(2冊もらった年もあるので)。
しかし,3冊の本は読めませんでした。実際は読んだ本はゼロ。
4月に入り,既に2冊読みましたが。

 さてさて,今月の目標は,
4月:「芸人」を見に行く。ちょっと曖昧な表現なのは、いろいろとあるから。4月は野毛大道芸の時期です。是非見に行きたいのですが、休みの都合がつくかどうか不明。そこで、野毛大道芸以外にも、木村万里さんの仕掛ける新しいステージ「繭(mayu)」の第1弾が4月に行われます。また、すわ親治さんの舞台も4月だったはず。寄席の定席もあります。どれでもいい、どれか一つ、誰か一人の"芸"を見に行きたい。
 これは,もうクリア済み。4日に「繭から」,7日に「すわ親治ひとりコメディ」。もう2本も見てしまった。

 もう一つ,目標を立てるか。やはり,積読だな。
「4月は5冊本を読む。」
 すでにもう,2冊読んでますからね。もう3冊くらい読まなきゃ。

 後,こんな目標も立ててましたね。

6 月に1本はネクタイを買おう。最近、ネクタイを買わないせいで昔のネクタイがぼろぼろになってきた。更新せねば。

 1月はバーゲンで1本ゲット。
 2月は買いに行ったが,お高いので断念(バレンタインデー関連で高いのよね)。
 3月は通販で8本ゲット。

 ということは,9月分まで買ったということになるのかな(笑
 とりあえずは,春夏物のバーゲンまでは買いに行かないつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「そういえば,献血していないなぁ。」NEWS@nifty:輸血用血液不足のおそれ、献血求める緊急アピール(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:輸血用血液不足のおそれ、献血求める緊急アピール(読売新聞).

 献血かぁ。そういえば,最近していないなぁ。
 別に,基準に引っかかるような旅行はしていないので,献血しようと思えばできるのだが,どうも,億劫になってしまった。
 仕事が休みのときにでも時間を見つけて行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【新企画】『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む 第0回

【送料無料】社会学のエッセンス新版

【送料無料】社会学のエッセンス新版
価格:1,995円(税込、送料別)

 本日から,短期集中連載で,新企画を始めます。
題して,
「翔太だって社会学~『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を読む」

 私は大学で社会学部にいました。
 社会学部で何を学んだかというと,特にないです(笑
 ただ,世の中のどの事象も研究の対象になる,社会学の対象になる,ということは分かりました。大地震直後の人間の心理だとか,インターネットを利用する人間の動きであるとか。ま,こんなものまで社会学の対象になるのか?と驚くこともありましたが。
 そのときの名残からか,私は社会学の入門書を読むのが好きです。日常生活の事象を例にとりながら,社会学の理論を紹介してくれます。これが結構面白い。

 先日,たまたまBOOK・OFFで『社会学のエッセンス (有斐閣アルマ)』を買いました。105円で。で,読んでいたんだけれど,この本,各章毎のまとめ作ったら面白くないか?いや,「NHKなるほど日本語塾」の時みたいに本のメモを取ると頭の中に入りやすいんだよね。記憶に残るし。
 また,ブログに載せることにより,このメモからトラックバックしたりコメントをもらったりして,論が展開していく可能性もあります。インターネット,ブログを用いて勉強ができたりする。

 * * *

 それともう一つ,全く逆の側面もあったりする。
 よく,私のブログに本の名前と「要約」という2つのキーワードで検索してくる輩(やから)がいる。時期から考えて,レポートの提出時期だから,インターネットで手早く情報を仕入れてレポートを作っちゃおう,なんて甘えた考えの人間がいるのかもしれない。そういった人たちには,今回の企画は,思ってもみないプレゼントになる,はずだ。
 しかし,彼ら(彼女たち)に言いたい。
「このブログのメモがあっているとは限らないぞ。」
 また,
「ここにアップされたということは,ここがスタート地点。これをそのまま書いてレポートやゼミの発表をしても0点。このメモに肉付けすることにより,自分の発表として成り立つのです。」
 とも言っておこう。

 それに,ゼミの教授たちも見ているかもしれないし。

 * * *

 さて,今回取り上げる本は,有斐閣から出版されている,社会学を教養科目として学ぶ大学生向けに書かれた本。この本を読む学生は社会学部以外の学生が多いかもしれない。
 社会学で学ぶキータームを16個ピックアップ。社会学のエッセンスとして集めたもの。1996年の著なのでちょっと古いかなぁ。でも,大学の先生って,古臭い本を平気で使っている人もいるからね。ま,いいか。

 「はじめに」では,こんなことを記しています。
 社会学とは
 心理学
 文化人類学
 国際関係論
  と並んで人間科学の一つ。

 じゃぁ,「社会学」って何?
 「世の中に起こる現象全てについて知的好奇心をもって探究」
=「現象を科学的に説明しようとする学問」
=「社会に制度が生成されるメカニズムは何か?」を考える学問
 と書いてありました。なんか前述の私の話に似ているなぁ。


   《主な目次》は以下のとおり。(「=(イコール)」(以下はその章の執筆者))

第1部 行為の分析
 1 意味と相互主観性=友枝敏雄
 2 アイデンティティ=坂本佳鶴恵
 3 スティグマ=坂本佳鶴恵
 4 ドラマトゥルギー=坂本佳鶴恵
 5 正常と異常=竹沢尚一郎
 6 予言の自己成就=正村俊之
第2部 秩序の解説
 7 ジェンダー=坂本佳鶴恵
 8 規範と制度=友枝敏雄
 9 構造と機能=友枝敏雄
 10 コミュニケーションの自己準拠=正村俊之
 11 社会のなかの権力=正村俊之
 12 イデオロギー=正村俊之
第3部 社会の構想
 13 共同体=竹沢尚一郎
 14 国家と市民社会=友枝敏雄
 15 ノモス・カオス・コスモス=竹沢尚一郎
 16 ユートピアと想像力=竹沢尚一郎

 さて,次回は第1章「意味と相互主観性」を読んで行くことにしましょうか。

 * * *

 余談だが,私の買った本にはラインマーカーが引かれていたが,私が思うに本筋から離れたところに引いてあったような。「例えば」で始まる文はそれほど大事だとは思わないけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソメイヨシノも団塊の世代NEWS@nifty:ソメイヨシノが衰退の危機、名所の7割で“症状”(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ソメイヨシノが衰退の危機、名所の7割で“症状”(読売新聞).

 ソメイヨシノも,団塊の世代と同じように,戦後一斉に植樹され,今,保母同時に衰退している,とのこと。これから,また,全国一斉に植樹を行えば,また,60年ぐらい経つと皆衰退していく……,の繰り返し。

 ま,今,国も地方自治体もお金に困っているから,数年から十年くらいに時間をかけての植樹になることでしょう。
 そうすれば,次の衰退時期は,ばらけるのかな?

 でも,このネタ,去年か一昨年前に,TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO」で,ラッキィ池田がレポートしてたぞ。私,そのとき初めて,ソメイヨシノの種を植えても桜の木にはならないことを知りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「スーパーサイズ・ミー」

Screen 05-05

05/01/16
「スーパーサイズ・ミー」
@ワーナーマイカルシネマズ市川妙典
評価(★10出満点)
★★★★★ ★★

一行批評
「体当たり取材の面白さ。現代アメリカを痛烈に批判」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

野田地図(NODA MAP)第10回公演「走れ メルス!」

Stage 05-02

05/01/12
野田地図(NODA MAP)第10回公演「走れ メルス!」
シアターコクーン
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「納得のエクスプレス型演劇。想像するに初演は衝撃だったろうなぁ。」

 上演前の会場には,昔懐かし70年代・80年代男性アイドルの歌が流れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カンフー・ハッスル」

Screen 05-04

05/01/11
「カンフー・ハッスル」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★)
★★★★★ ★

一行批評
「『ありえねぇーっ。』のコピーは正しい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ターミナル」

Screen 05-03

05/01/11
「ターミナル」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
評価(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「空港舞台の人間模様。設定が面白い。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台東区下町風俗史料館

 一葉記念館を出た後,のらりくらりと散歩しました。
 頭の中ではこの辺を歩いているのだろう,とは思っていても,なかなか上手くは歩けない。
 この辺は南に吉原がございます。あまり下手に歩いて,呼びかけられようものなら,と変な風に歩いたせいでちょっと遠回りしてしまいました。
 ようやくの思いで,上野駅に到着。少し遅い昼を食べながら,さてどうしよう。

 バックの中をあさると5施設「共通入館券」。下町風俗史料館に入れるではないか。

 不忍池のそばにある,同館へ。運良く「特別展 エノケンと浅草の笑い」展が開催中。ラッキーと入館する。
 台東区の歴史系博物館と言いながら,土器は全くなし。ひたすら古きよき時代の下町へ私たちを誘う。
 1階の商店では,浮世絵の摺り師が実演。その他,長屋の実物大模型があり,このあたりはかつて訪問したときのとおり。
 2階に上がると特別展。貴重なポスターやパンフレットが飾ってある。片隅には「喜劇人ニュース」なる会報が。「日本喜劇人協会」の会報誌らしい。エノケンこと榎本健一さんが会長を務めたご縁で今回の展示。見るといろいろな人が載っている。「新規入会 永六輔」なんて書いてある。おまけに住所まで載せてる。時代ですねぇ。

 久しぶりの下町風俗史料館。やっていることは以前と同じ。でもそれがいい。特別展のせいか,破損したせいか,風呂屋の番台がなかったのは残念だ。
(05/01/09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか更新進まず(泣

対象日: 2005年03月28日(月)~ 2005年04月03日(日)
合計数:195

曜日 アクセス数
月   26 ★★★
火   23 ★★
水   21 ★★
木   23 ★★
金   27 ★★★
土   35 ★★★★
日   40 ★★★★

 今週は,多忙を極め,なかなか更新が進みませんでした。
 それでもなお,いろいろな方がお立ち寄りいただき感謝感激。

 これから,しばらく更新に支障を来すことがあるかもしれません。そのときはご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK外国語講座,新シリーズ始まる

 明日(4月4日)から,NHKのラジオとテレビの語学講座が新スタートします。
 昨年か一昨年頃に一新したばかりの英語講座なのに,今回改編しています。昨年度までの区切り方が評判悪かったのでしょう。私も使い勝手が良くないとは思ってましたけれど。
 以前,私は,NHKラジオ講座「英会話」や同「中国語講座」を聞いてました。最近は全く聞いていません。中国語講座は私の好みの先生でなかったし,英語講座は使い勝手がよくなさそう,という理由から。今回は何か聞こうかとも思いましたが,仕事がこの4月から私の負担が増えるため,見送りました。通勤時間に,ちょうど「シニアのためのものしり英語塾」というラジオ語学講座がスタート予定。聞いてみようかな?とも思ってます。特に予習復習の必要がなさそうなので。


 ここで,皆さんにご紹介したい話があります。
 この話は,今を去る今年半世紀前,ちょうどこの時期,NHKの広報番組でNHKの語学講座を続けるコツを話していました。その話をなぜだか今でも覚えていて,かつて私が語学講座で勉強していたときに実践したことです。この方法を実践したおかげで「挫折」感を味合うことなく,語学の勉強をすることができました。さて,その方法とは?

 まず,書店で希望する語学講座のテキストを1冊買います。で,その講座を見たり聞いたりしながら勉強します。
 テキストはたいてい1ヶ月分です。1ヶ月勉強して,そのテキストを使い終わる頃,自分がどれだけ勉強したか振り返り,と同時に次の月も勉強できるか自問自答します。もし,「次も行ける」となったら,テキストを買いに行きましょう。もし,これはダメだ,と思ったら,すっぱり諦めましょう。テキストは買いません。
 次の語学講座スタートの時期を待てばいいのです。基礎英語1・2は学校英語に基づいているので1年間の講座ですが他の講座はほとんど半年間単位。4月スタートの勉強でくじけたら,次回10月にまた始めればいいのです。その間,私なんかさっぱり語学のことは頭から忘れることにしています。

 私はこの方法で中国語講座を7回か8回ほど続けました。7回目というと毎回続けて3年半。途中,トライしなかったときもあるので足かけ5年ほどかけて,勉強しました。この方法のいいところは,

1 基礎を何回も練習する。
 中国語講座の場合,最初は発音。また,講座の最初は基礎をじっくり時間をかけて行うので,勉強するには好都合。基礎は大事です。

2 1ヶ月毎に反省できる。
 1ヶ月毎に自分がどれだけ勉強したか,よく月勉強できるか反省するので,どこで躓いたかが分かります。私の場合,ちょっと講座をためると雪だるま式に増えていく,ということにあるようです。だから,できるだけ毎日聞くようにしています。また,最初のうちは簡単なことをほんの少ししかやらないので,ついつい,頑張って,完璧を目指そうとする感があります。そのため,徐々にテキストが難しくなっていくと,分量が増え,完璧にすることができなくなり,そのまま諦める,というパターンもあったり。

3 気楽にできる。
 ダメだったらさっぱり諦めればいい。別に私の場合,趣味でやっているわけですから,ダメと感じたら止めればいいのです。趣味なんですから気楽に始め,気楽に止めればいいのです。肩肘張らずにのんびりと。


 この方法,前述しましたが,NHKの広報番組で当時のプロデューサーが言った台詞。よくまぁ,こんなこと覚えているもんだ。「気楽に始め,気楽に止めればいい」という考え方が,当時小学生という「勉強はしなければいけない」立場の人間にとって,目から鱗が落ちる台詞でした。だから今でも覚えているのでしょう。

 でも,この方法を実践するとなると「テキストの年間購読」ってしない方がいいんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一葉記念館

 今年最初の「月イチあミュージアム」は,一葉記念館へ。
 この,一葉記念館,平成17年1月31日から平成18年11月初旬まで改築のため休館する,とのこと。
 先日,書道博物館に行った際,台東区の5施設「共通入館券」を購入したため,使えなくなる前に,とばかりに慌てていってきました。
 一葉記念館へは,日暮里から(錦糸町行き)都営バスが出ています。一般的に「日暮里からバス」という標記になっていますが,我が家からは錦糸町駅が近く,都営バスはどれだけ乗っても200円。んじゃぁってんで,錦糸町からこのバスに乗り込みました。

 しっかし,これが長い。錦糸町から押上,浅草を通って最寄バス停へ。約40分。私は特に他に予定もなかったため,焦らなかったけれど,ちょっと時間がかかるよな。これじゃぁ,日暮里からバスというのもよく分かる。

050109_131301
 そこから,一葉記念館へ行くが,これがちょっと道に迷う。国際通りから奥に入り,碁盤の目上の中を歩いていくと見つかる。そんな感じ。記念館自体も2階建てと小さく,外観も一般の住居と見まごう雰囲気を醸し出しています。そのためか,見つけた時はちょっとビックリ。事前にホームページ上で写真を確認したからいいものの,確認しないで言ったらまず迷う。

 中は,1階は受付と会議室、トイレと売店。展示は2階。
 樋口一葉は,生涯で二十数回転居を繰り返しました。旧居跡で有名な文京区菊坂にも住んでいました。また,ここ台東区谷下龍泉寺町にも住んでいました。この下龍泉寺町は,一葉が金物屋を開いていました。このときの経験が,後に作品を生み出す元になるということ。
 そうか,だから,一葉ゆかりの地が文京区と台東区のふたつあるのか。新五千円札が発行されるとき,文京区と台東区が「一葉ゆかりの地」ということを売り出していました。どっちが「真のゆかりの地」かという論争ではなかったけれど,お互いに切磋琢磨して自分たちの町を宣伝していました。私は何でそんなに頑張るのかと思ったら,なるほど。方や有名な旧居跡や終焉の地を持っている区。方や,人生で大きな転機となった商売を始めた土地。それなりに自分たちが「ゆかりの地」だ,という気概があるのでしょう。両方を見学してよく分かりました。


 また,樋口一葉を語る上で大事な人がいます。半井桃水さん。彼女の小説の師であり,恋に落ちた男性。読み方だけ覚えておくといいかもしれません。私がこの一葉記念館に行った際,老夫婦が読めずに困っていました。私が「"なからいとうすい"さんですよ。」と読み方を教えたとき,私の鼻は一瞬1cm高くなりました(笑

 見学時間は1時間もあれば十分でしょう。
 あ,そうそう。この記念館,休館中は台東区生涯学習センターの一角に間借りして展示を続けています。リニューアルオープンが待ちきれない方はそちらで我慢を。
(05/01/09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカンフットボール選手権 第58回ライスボウル

 正月スポーツ三連戦,最後は,アメリカンフットボール。
 そして,1月2日・3日と東京ドーム観戦が続きます。

Stadium 05-03
05/01/03
アメリカンフットボール選手権 第58回ライスボウル
@東京ドーム
立命館大学パンサーズ(7-26)松下電工インパルス

ここ最近,負けが続いている社会人チーム。
今年は面目約如。ようやく勝った。
というよりも,立命館が自滅した感が強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志の輔独演会

 Stageの2005年第1回目は,ぬわんと,落語。
 去年(2004年)からの落語マイブームが続いています。
 さて,その内容とは……。

Stage 05-01

05/01/07
志の輔独演会
@銀座ブロッサム(中央会館)
評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★


△立川めんそーれ 「つる」
△立川志の輔 「猫の皿」
(仲入り)
○ダメじゃん小出 ジャグリング
○立川談志 小話をいくつか
◎立川志の輔 「妾馬」
 立川談志 家元総見

 この会は,オフィスほたるいかの製作ではなく,東京音響の製作だったかな?
 まずはめんそーれがご機嫌を伺うが,つい眠くなる。めんそーれは志の輔の四番弟子だとか。腕はまだまだ。
 ついで,座が暖まる間もなく,志の輔の登場。志の輔初心者が多いせいか,みな「何をやるんだろう?」という目で彼を見ている。「21世紀は21日」とは空気が違う。志の輔自身も,まだ,場の空気をつかみきれないまま,ネタを披露。
 しかし,滑る。うまくいかないままサゲまで。どうした!志の輔師匠!というところでお仲入り。

 仲入り後のダメじゃん小出,まだ空気が掴めない。彼はそのへんを慣れているが,そのままやり過ごすことに慣れていて,空気を暖められない。あれ?というまに終わってしまった。

 その後,空気が変わったのは家元 立川談志師匠が登場してから。ジーパン姿での登場。何本かジョークを飛ばすと,ググッと空気が温まる。興奮冷めやらぬ間に,談志師匠志の輔へバトンタッチ。この辺の頃合の見計らいが上手いい。自分の会ではないのであまり表へ出ない。

 そのいい雰囲気の中,志の輔師匠が高座へ。
 マクラは,大銀座落語祭2004の時と同じ。しかし,前半とは全く違った空気。そのまま一気に「妾馬」(もしくは「八五郎出世せず」)を演じる。前半は少し改訂したらしいが,そんなことを微塵も感じさせない。
 そのまま終演かと思いきや,幕が下りない。"?"と思ったところへ談志師匠が登場。
「最盛期の小朝より(今の)志の輔が面白い」とのお墨付き。
でも自分の弟子だからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »