« KOKAMI@network vol.5「ハルシオン・デイズ~もうひとつのトランス」 | トップページ | 交通博物館にリクシャーが!! »

交通博物館

 交通博物館が,埼玉県さいたま市へ移転することが発表されました。私がこの情報を知った時には,2005年5月末閉館。2007年度中にさいたま市で新規オープンということでした。
 昔,親に連れられて何度か行った交通博物館がなくなるのは寂しい限り。せめて,最後の思い出に,とばかりに時間が空いた日に行って来ました。

 この日は平日だから空いているのでは,と思いきや,就学前の子どもとその母親たちで賑やかにぎやか。
 館の外には,初代東海道新幹線と蒸気機関車の先頭部分がお出迎え。新旧鉄道の顔が玄関脇にあるというだけで,心がウキウキしてきます。

 中に入ると,何台かの蒸気機関車が実物のまま私たちを迎えてくれます。

 さまざまな鉄道の仕組み(信号と線路,車両の部品等)を紹介してくれるのですが,ちょっと古い。それでも子供たちは無邪気に遊んでいます。
 人気がないけれど,御料車が特別展示してあるのは貴重です。昔の型なので狭い狭い。私なんかは頭がぶつかるのではないかと思うくらい低い車両。

 1階は鉄道中心の展示。2階以降はその他の交通機関の展示。
 HOゲージのパノラマは,壮観。運良くその日最後の運転を見ることが出来た。さまざまな車両模型がパノラマ上を動く姿に子供たちは大興奮。その姿を見て,子供の頃の自分を思い出しました。
 日曜日に訪問し,大混雑の中,人垣の合間から立ち見で模型を見た記憶が。何が何だか分からないままパノラマが明るくなったり暗くなったりしていく。改めて見ると,パノラマ上で始発電車が出発する朝から,終電が運転を終える晩までの一日を上演していたんですね。納得,納得。
 パノラマの動く姿を見ながら,ちょっと懐かしい,センチメンタルな気持ちに駆られました。


 2階は,船舶・自動車・オートバイの展示。自動車・オートバイは一度展示物の模様替えをしたのだろうか,一見すると新しく感じる。逆に船舶の展示は古くて古くて,見るに耐えない。ショーケースの中に展示物があるのに,その中にも綿ぼこりがたまっている……。船舶は青函連絡船関係の展示が中心。旧国鉄が絡んでいるためか?

 3階は航空の歴史。代々木公園を飛んだ飛行機とヘリコプターの実物が展示してある。飛行機の翼に天井からの雨漏りの痕が痛々しい。何とかしてあげたい,その気持ちがさいた市への移転となったのか。航空関連の展示も古く,寂しい限り。未来の交通も1970年代に考えられた「未来像」であって,現代の交通についてではないのが悲しい。

 ただ,その3階に面白い展示コーナーを見つけました。
 それについては,長くなるので,別の項をたてましょう。

 (04/06/16)

|

« KOKAMI@network vol.5「ハルシオン・デイズ~もうひとつのトランス」 | トップページ | 交通博物館にリクシャーが!! »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通博物館:

» 交通博物館が閉まっちゃうの? [O-HASHI畑。~Pride of Edogawa]
何気なく吊り広告に目をやったら…正直、かなりショック。。。べつにオレは「電車男」ってワケじゃないんだけど、ここってかなり思い出深い場所なんだよね。閉館するまでに見納めに行かないと!! ※23:05追記 ホームページをのぞいてみると・・・ 交通博物館閉館のお知らせ  現在、東京・神田にございます交通博物館は、2006年(平成18)5月14日(日)を最終営業日として閉館させていただきます。長い間皆様にご愛顧いただきましたこと、心より御礼申し上げます。 * * * * * * * * * * * ... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 02:07

« KOKAMI@network vol.5「ハルシオン・デイズ~もうひとつのトランス」 | トップページ | 交通博物館にリクシャーが!! »