« 中国国宝展@東京国立博物館 | トップページ | 駅からハイキング「東京百景ウォーク第6回大人の散歩道赤坂四ツ谷を歩く」 »

名酒の殿堂(05/03/17) その3

 今回の名酒の殿堂,生酒が多かったので,いつものペースで飲むと結構酔っ払います。
 私の杯は,たまたま他のものより一回り小さめだったので,全ての種類を少しずつ飲むことが出来ました。
 おかげで,ベロンベロンに酔っ払うこともなく,楽しむことが出来ました。
 ま,会の前半は,瓶の写真をとることと味見をすることで忙殺されてしまうんですけどね。
03170007
7 新潟県 越乃景虎(本醸造) 諸橋酒造(株)
 あ,これ,社長の説明聞きそびれた(汗
 でも,あまりこのお酒は印象なかったなぁ。
 メモも取っていなかったし。
 それだけの酒ということかなぁ?


03170008
8 秋田県 天の戸(特別本醸造) 浅舞酒造(株)
 この辺に来ると,あまり社長の説明を聞いていないなぁ(笑
 話を聞いているそぶりをしながら,目は「アレは飲んだ.アレは写真をとっていない。」とチェックに夢中。
 このお酒は,本醸造のせいか,味に多少門のあるような感じがした。吟醸酒のように舌の上を丸く柔らかに通り過ぎていくのではなく,少し,舌の上をひっかくというか,すり足をしていくというか,何かしら残していく,という感じです。


03170009
9 富山県 銀盤 藩州(大吟醸生) 銀盤酒造(株)
 ラベルの地に「50」の文字。おそらくは,精米が50%であることを誇示しているのでしょう。
 大吟醸とは言うものの,値段も抑え目。味も抑え目。リーズナブル,という感じでしょうが,この味も8と同じようにやや,門のある味わいでした。

 と,今回のお酒は全部で9種類。いつもより種類は少なめですが,一升瓶が3本程度あり,また生酒も多くボリューム感たっぷり。

 あ,そうそう。「利き酒」があった。それは,また明日にでも。

|

« 中国国宝展@東京国立博物館 | トップページ | 駅からハイキング「東京百景ウォーク第6回大人の散歩道赤坂四ツ谷を歩く」 »

Fcuisine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名酒の殿堂(05/03/17) その3:

» 天の戸 美稲 生 [福島人の自転車ツーリング 車 日本酒]
日本酒に 浅舞酒造株式会社 天の戸 に 美稲 生 を追加。 [続きを読む]

受信: 2005年4月24日 (日) 15:50

« 中国国宝展@東京国立博物館 | トップページ | 駅からハイキング「東京百景ウォーク第6回大人の散歩道赤坂四ツ谷を歩く」 »