« 葛西臨海水族園 | トップページ | まぁ,何というか複雑な気持ち。(今週のアクセス解析) »

名酒の殿堂(05/03/17) その2

 3月17日(木)に行われた,「名酒の殿堂」。今回は,その続きをご紹介します。
 先月は,この名酒の殿堂を一回お休みし,この名酒の殿堂の常連さんが蔵本見学会を主催。みなさん,そちらに参加しました(私は都合により欠席)。
 久方ぶりのこの会ということもあり,かなり長く懇談されていました。よほど,何かたまったものがあるのでしょう。ひとつ,嬉しいことは,仕事の愚痴をこぼすということがほとんどない,ということ。それよりも,ここに出ているお酒の話がしたくてたまらんのでしょう。みな,日本酒の話ばかりしてました。(株)ハクヨーの社長の仰る「酒をつまみに酒を飲む」というのがよく分かります。

03170004
4 長野県 夜明け前 しずく採り(純米吟醸生) (株)小野酒造店
 絞りきらずに,袋からしずくがたれてくるのをじっと待って取る製法。
 よぉく見ると若干のにごりがあります。このにごり。なかなか沈殿せず,満遍なく一升瓶全体に広がっています。まぁ,飲み会の席。あっちに持っていかれこっちに持っていかれと攪拌されているせいかもしれませんが。
 結構贅沢です。この製法によると,同じ袋でも最初のほうと最後のほうで味が変わってくることがあります。ですから蔵本さんや銘柄によっては,袋採りの何本目のかを記している場合もあります。


03170005
5 秋田県 まんさくの花 麹's(純米) 日の丸醸造(株)
 すべて,麹だけで作ったというお酒。
 写真を見ても分かるとおり,小洒落た瓶で販売してます。ご丁寧に箱にまで詰め込んで。
 見るからに女性をターゲットにしている,そんな感じです。
 最初,蜂蜜の香りがしました。味も柔らかく甘い感じ。
 物珍しさからか,一番最初に空瓶になりました。


03170006
6 新潟県 上善如水(純米) 白瀧酒造(株)
 ご存知,上善如水。
 ここの出している,純米酒。あまり見慣れぬパッケージ。
 飲んでみると,「上善如水」の印象とちょっと違う。かといって,純米酒の味ともちょっと違う。
 正直,話のネタにはいいかもしれないが,それ以上にはならない。
 今回も,参加者が一通り,口をつけた後,もう一杯と杯は進まないようで,最後まで残っていました。


 もう少し残っていますが,また次回に持ち越しとしますか。

|

« 葛西臨海水族園 | トップページ | まぁ,何というか複雑な気持ち。(今週のアクセス解析) »

Fcuisine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名酒の殿堂(05/03/17) その2:

« 葛西臨海水族園 | トップページ | まぁ,何というか複雑な気持ち。(今週のアクセス解析) »