« 「花とアリス」 | トップページ | 「きょうのできごと」 »

BOOK・OFF

 今日,性懲りもなく,本屋に行って本を買ってしまいました。まだ,積読の本が大量にあるというのに。
 でも,お金がないため,表題のブックオフに行ってきました。先日の「新書マップ」を参考に,新書でも買おうかとあちこち探すが新書のコーナーがない!!
 ようやっと探し当てたら,移動式の書架に,小説(カッパノベルス等)と一緒になっていた。それも移動式書架一つに収まるだけのほんのわずかな量。私は唖然としてしまいました。何で,ここにはこんなに新書が少ないんだ。

 で,考えた仮説が一つ。
 それは,こういった古本屋というのは,自宅から近い店に自分の本を持って行くもの。特に,ブックオフのようなチェーン店の場合,神保町の本屋のようの得意不徳の分野はなく,どこの店も同じように取り扱うはず。
 ということは,店の品揃えは,近所の住民がどのような本を読んでいるかが反映されるのでは。だから,このブックオフの場合,漫画や文庫の占める割合が高いのでは?

 このアイデアをもう少し煮詰めていくと,欲しい本がある場合,いくべきブックオフも地域を考えた方が効果的かも。私の場合,ノンフィクションや学術書(の中でも入門書中心)や新書・文庫が多いので,都心のサラリーマンの立ち寄りやすい場所や,中央線沿線の独自の文化を持つところ南下の店がいいかも。今度,散歩の最中にブックオフを見つけたら覗いてみようっと。

|

« 「花とアリス」 | トップページ | 「きょうのできごと」 »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BOOK・OFF:

« 「花とアリス」 | トップページ | 「きょうのできごと」 »