« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »

2004年12月19日 - 2004年12月25日の記事

今年を振り返る[Stadium編・3月]

 3月になると,ようやくJリーグやプロ野球が開幕します。
 今年は最初からFC東京の年間シートを購入したので,FC東京ホームゲームは全試合観戦を目指しました。


Stadium 04-05
04/03/13
Jリーグ 1stステージ第1節
FC東京(1-0)アルビレックス新潟
@味の素スタジアム
 開幕戦不敗記録を更新しました。アルビレックス新潟サポーターの応援はとても良かった。
 ゲーム前の"You'll Never Walk Alone."をFC東京サポが歌ったとき,アルビのサポーターは,自分たちのチームのタオルマフラーを掲げてくれた。競技場全体が自分たちのチームのタオルマフラーで染まった光景は涙ものでした。

Stadium 04-06
04/03/27
Jリーグ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節
FC東京(1-2)鹿島アントラーズ
@味の素スタジアム
 あの,感動のナビスコカップ優勝への第一歩はここから始まった。初戦のGKは,ルーキー塩田。前半は,コーチングがうまくいかず,冷や冷やしていたが,だんだん良くなっていった。最初の試合で1失点は上々。また,この試合で失点したことで,この後の試合に向けて修正できた。

 3月は,年度末もあってこの2試合のみ。それでも,全試合観戦へ向けて好発進。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEWS@nifty:アマラオが群馬FCに=JFL(時事通信)

@nifty:NEWS@nifty:アマラオが群馬FCに=JFL(時事通信)
 ちと,ニュースを検索していたら,こんな記事が。
 Jリーグの選手で結構有名だったりする選手が,トップチームを解雇された後,すぐに引退する,というニュースをよく耳にします。
 私としては,出来る限り辞めずに,頑張って欲しいと言うのが本音。プライドがあるから,J2はいやだ,とかJFLは嫌だ,という選手もいます。それはそれで正論だと思います。
 でも,トップを経験し,酸いも甘いも知り尽くした選手が,下のリーグで自分の経験を若い選手や,上のリーグを目指すチームに伝えていくことは,組織全体を大きくしていく上で大きな意味を持つのではないかな?特に,群馬FCホリコシは,J2入りを目指していましたが,なかなか勝ちきれず,辛い思いをしたことでしょう。後少し頑張れば,上位に食い込める,そんな辛いときに,アマラオのリーダーシップが,群馬FCホリコシを引っ張っていくことでしょう。彼の頑張りを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年を振り返る[Stadium編・2月]

 といっても,2月のStadiumはないのよね。

 この時期は,もっぱら映画や芝居を見に行ってます。
 で,スポーツ観戦の楽しみを最近知ってきたので,今度,別のスポーツ観戦に行こうか,思案中です。

 候補は,

1 バスケットボール(スーパーリーグ・日本リーグ)
 テレビ朝日系「Get Sports」「NANDA!?」でおなじみの佐古選手アイシン・シーホークスでも追いかけようかと思ったら,なかなか東京では試合がないのよね。ちと残念。
 2005年からbjリーグが始まるので,これは今度顔でも出そうかな?


2 アイスホッケー
 日本スポーツ界では一足先にアジアリーグを開設した,アイスホッケー。氷上の格闘技とも言われ,冬季オリンピックでは人気種目の一つになる。これは,日常的に見に行かなくっちゃ。とも思ったけれど,東伏見や新横浜は遠いな。

3 バレーボール
 これって,女性ファンが多いから,男がひとりで見に行くのもねぇ・・・。

4 ハンドボール
 これ,マイナーすぎるかな?

 でも,体育館内で行うスポーツって,案外秋から春にかけてシーズンがあるものなのね。今回,あちこち検索してみて知りました。
 日本って,かつて,プロ野球やゴルフなどの影響が強かったためか,春から秋にかけてシーズンが行われるものという固定観念がありました。現に,この固定観念の影響か(秋~春シーズンのオフの夏休みにお客さんを稼ぎたい,という思惑もある),サッカーのJリーグは,春開催秋終了,というスケジュールになってます。

 春開催秋終了のスポーツも,秋開催春終了のスポーツもみな同様な盛り上がりをしてくれると,私のようなスポーツ何でも好き人間にはありがたい気もする。
 そんな日本になって欲しい。今年のプロ野球のようなゴタゴタは,ごめんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年を振り返る[Stadium編・1月]

 今年もあちこち回ってきました。年末にかけて振り返ってみましょう
 まずは,今年のスポーツから。
 スポーツは,このPOTでは,全て"Stadium"というカテゴリーに入れています。野球もサッカーもアメフトも,バレーボールもバスケットボールも,皆"Stadium"。
 「何で体育館でやるのに"Stadium"なの?」
という突っ込みはナシね。


Stadium 04-01
04/01/01
サッカー天皇杯決勝
セレッソ大阪(0-1)ジュビロ磐田
@国立霞ヶ丘競技場
 ジュビロ磐田,この頃は王者の貫禄ありましたねぇ。今は・・・。


Stadium 04-02
04/01/02
プロ野球マスターズリーグ
東京ドリームス(4-6)福岡ドンタクズ
@東京ドーム
 ここ最近,1月2日は,東京ドームでプロ野球マスターズリーグが開催されます。お正月,これと言って面白くないテレビ番組をだらだら見てるより,三が日スポーツ観戦する方がはるかに楽しいです。ただ,スポーツ観戦ばかりして,他の楽しみに費やす時間がない,という辛さもありますが。


Stadium 04-03
アメリカンフットボール ライス・ボウル
立命館パンサーズ(28-16)オンワードスカイラークス
@東京ドーム
 ここ最近の社会人チームの体たらくには閉口してしまいます。TBSアナウンサーの有馬さんは,この試合を見て,
「大学時代にやったアメフトをもう一度やろう。社会人チームとして日本一を目指そう」
と決意したそうです。


Stadium 04-04
04/01/05
プロ野球マスターズリーグ
東京ドリームス(10-0)大阪ロマンズ
@東京ドーム
 東京ドリームス,完勝です。
 この4本で,1月分のStadiumは終わり。この後しばらくシーズンオフに入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041223_195701

 この時期なので,ワインを開けました。先日の名酒の殿堂あたりから鼻がきかず,せっかく酒を飲んでも,その味の半分も分からない状態です。
 このワインも,味は,青々とした野草の感じがしますが,香りについては全く分からない状態。残念。

 蛇足;この酒を購入した際の店主の説明。
Cuvee No4 Rouge(キュベ ニュメロ キャトル ルージュ)
品種;シラー32%,カベルネ・ソーヴィニヨン32%,メルロー32%,ヴィオニエ4%
産地;VP deCotes de thonge(ド コート ド トング)
生産者;Condmeine L'eveque

 ランドック・ルーションのコストパフォーマンスの良いワイン。力強いアタックときれの良さ。白ぶどうのヴィオニエの4%が効いて,独特な味わいを醸し出している。
お勧め料理;肉料理全般

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041221_202501041221_191101041221_185801

 昨日,職場の忘年会だった。飲み放題で飲むことができたのが写真の3種。どれも本醸造で,飲み口はまぁまぁ。料理をじゃましない程度。


 このお酒の中で、黒龍がある。この黒龍で思い出が一つ。
 私がよく日本酒を買いに行く酒屋での出来事。ここの酒屋の店主,日本酒について語らせたら,なかなか終わらない。この日も1本の日本酒を買いに行っただけなのに,ながながと話し込んでしまった。
 そんなとき,私と同じ世代の男女が来店してきた。何かお酒を探している様子。店内に入った瞬間から酒のラベルを確認している。しかも,慣れていない素振りから,初めてのお客らしい。それまで,私と親しそうに喋っていた店主,急にむすっとしてその客を観察している。

 しばらくして,男性が「すいません,黒龍ありますか?」と問いかけてきた。
 「すいません,うち,黒龍置いていないんです。」と店主。
 カップルはあきらめた様子で店を後にした。
 店を完全に出たのを確認した店主,私に向かって,にやっと笑いながら「黒龍なんて,2・3年遅れているよな。」。
 それから,今の日本酒の流行りについて、とくとくとレクチャーを受けてしまった・・・。

 一本の日本酒を買うために1時間かかってしまった。
 帰宅すると家族が,「こんなに遅くまで残業?」と気遣ってくれた。何か申し訳ない気がした。「たかが日本酒」のためにそんなに心配してくれて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色、いろいろ

041221_205001

 年末になり、街中も様々な色に包まれてきた。
 つい、数年前まで12月の色といえば、緑と赤だった。もみの木の緑と、サンタの衣装の赤、この二色が並ぶだけで十分だった。
 それが今年、街中が青くなっているのだ。何でも青色のLEDが大量生産出来る状況になったこと、今までの緑と赤のコンビネーションに飽きた人々が青色LEDに飛び付いたことが、流行に拍車をかけたらしい。
 青色のイルミネーションは綺麗だがどことなく、寒いイメージがあり、私にはイマイチの印象だ。暖冬ならまだしも、寒波が襲ってきたときには、不評を買うことだろう(写真は,柏丸井のライトアップ)。

 電車の吊り広告にも季節感を感じるようになった。
 週間新潮は、新年号特有の金色が使われていた。週間現代や週間ポストあたりも直に金色を多用した車内吊り広告が現れることだろう。
 もう一つは、ピンク。女性ファッション誌を中心に使われている。先日まで茶系統の文字が踊っていたと思っていたら、もう、冬を通り越して、春の装い。中でも究極は、雑誌名から「PINKY」。これには、ちとビックリ。夏以降もピンク一色で頑張るのか、と思ったら、女の子のライフ・スタイルが、「PINKY」=「かわいい」、と言うことか。


 あなたはどの色に包まれて、この冬を過ごしますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MDステレオが壊れた・・・。

 といっても,何ヶ月か前から調子が悪かった。
 留守録したラジオ番組を聞こうと,MDを再生させても,ウンともスンとも言わない。リモコンでそこここ押していると,やがて,再生できるようになった。
 最初のうち,それで,我慢していたんだけれど,昨日,日曜の「山下達郎サンディ・ソング・ブック」を聴こうかと再生したところ,いつも通りウンともスンとも言わない。しばらくあちこち動かしていたら,MDの内容が消去されてしまった・・・。
 もう,何も言えませんでした。「年忘れ夫婦放談」が聞けない・・・。ショックはでかい。

 使っているMDステレオは,今では珍しい,カセット再生機能つき。このステレオを廃棄するわけにもいかず,年明けには修理に出さねば。持込の修理かぁ。年明けの休みに秋葉原かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさか「なにわバタフライ」

 を見に行けるとは思ってもいませんでした。
 三谷幸喜絡みの芝居は人気があり、また、特定の製作集団と提携している様子もない。よって、なかなか、確実なチケットルートを確保できない、というのが現状。
 今回、運よく、チケットをゲットしました。それも、月曜。私の休みの日。
 これは行くしかないでしょう。今年後半は、芝居の回数が、激減。今年納めの芝居が三谷。うまく納まれば、これ幸い。


      *   *   *


 いやぁ,面白かった。一人芝居,というと,昔,野田秀樹が大竹しのぶの一人芝居を演出したのを思い出した。確か,それは見に行けず,テレビで見た気がする。
 テレビとは比べることは出来ないが,今回の芝居,三谷さんの色を残した形の一人芝居だったと思う。
 ただ,芝居の最後の最後,演出で「?」と一瞬思ったところもありましたが,それはプレビュー公演ということでご愛嬌。

評価は(★10個が満点)
★★★★★ ★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041219-1

 今日飲んだお酒,といいつつ,実は昨日(04/12/18)開栓したワイン。
 香りは,葡萄を煮詰めたような,濃い香り。でも,味は軽やか。ネロ・ダ・ボラに似た味わい。

 今我が家にある酒はこれでおしまい。早く次の酒を買わねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ま,負けた・・・

 天皇杯サッカー準々決勝,浦和レッズ対FC東京,浦和が2-1で勝利しました。
 FC東京の今季がこの敗戦を持って終了しました。

 J's goalのサイトでチェックしてたけれど,悔しいなぁ。今季は4度対戦した,因縁の対戦。
 ここで浦和を破れば,決勝までの道も見えてきたのに・・・。

 そして,これで大変になってきたのがこの後のチケット。一斉に買いに行くだろうなぁ>浦和サポ。私も今夜,決勝のチケットを確保に行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »