トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

2004年12月12日 - 2004年12月18日の記事

今年も残りあとわずか

 ということで,これからの予定を見てみよう。

12月20日(月) 「なにわバタフライ」@PARCO劇場
12月25日(土)天皇杯サッカー準決勝@国立霞ヶ丘競技場

2005年
1月1日(土)天皇杯サッカー決勝@国立霞ヶ丘競技場
1月7日(金)志の輔独演会@銀座ブロッサム中央会館
1月26日(水)東西落語研鑽会@よみうりホール

 天皇杯サッカーは,チケットをまだ買っていないので,行かない(or行けない)おそれもある。浦和が勝ち進んでいるからね。準決勝まで行ったらアウトだな。その場合はあきらめよう。
 今までホール落語は東西落語研鑽会だけだったが,今回,初めて志の輔独演会に行くことにする。と言っても,ダメじゃん小出が出るからだ。
 他には,映画を何本か見ようと思っているが,なかなか時間が空かない。見たい映画が何本も終わってしまう。

 ちなみに,今日18日は,寒空はだかのライブに行きたかったのに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博物館雑感「文学系博物館」

 博物館のネタが出てきたので,最近思うことを。

「文学系博物館の限界」

 文学系の博物館にいくつか行った。3年近く前の世田谷文学館が最初だった。常設展示を見て思ったのは,「ここには,初版本と草稿しかない。」だった。博物館だから,価値のあるものが見たいのだが,初版本と草稿だけだと,「だから何?」と言う感じになってしまう。入館料が安価だから,たいして文句も出ないが,それでも,何か他に方法はないものか?と考えたくなる。

 そうかと思えば,田端文士村記念館の場合,入館料は無料だった。しかし,無料の代わりに,上述「初版本と草稿」の展示のみ。しかも,狭い展示スペース。8畳ほどの広さしかなかったのではないか?

 もう一つ行ったのは,子規庵。ここは完全に行政とは別の独立した財団法人が運営しているらしく,入場料も500円と高め。しかし,行政がタッチをしないのだから仕方がない。ここは,本当に正岡子規が住んでいた子規庵を保存したもの。とはいっても,戦争で焼けてしまったので,今ある子規庵は,すんでいたものと同じ間取りで立て直したもの。雰囲気は良いが,ここの場合は,本当に建物だけ,と言う感じ。

 文学系の博物館の場合,展示そのものには限界がある。「初版本と草稿」,「万年筆と愛用品」。これだけでは,リピーターは来ない。樋口一葉のように,お札の顔になればまだ良いが,そう,何人もお札の顔にはなれない。
 そこで,頑張らなければいけないのが,各種イベント。それも,企画展よりも,講演会や文学散歩といったものが重要となってくる。田端文士村記念館の場合,3~6月,9~12月に文学散歩を実施。前半は記念館内のホールで解説。その後,作品の舞台やゆかりの場所を散歩する,といった企画を実施している。残念ながら,ホームページ上ではアップしていないので,実施については,問い合わせるしかないが。
 世田谷文学館も,同様にイベントを数多く実施している。企画展だけでなく,講演会や見学会などいろいろなものを実施している。ジュニア向けのイベントを開催。若者の文学に対する好奇心を想起するよう躍起になっている。

 文学系の博物館は,ハードの面で限界がある。その分,ソフト面での充実が必要不可欠になってくる。スタッフは弛まぬ努力が必要だが,頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一葉記念館休館

 本日,ラジオを聞いていたら,台東区にある,一葉記念館が,来年1月末を以って一度休館するとのこと。
 今年11月,五千円札の肖像として取り上げられて後,脚光を浴びるようになった。が,なぜ,この時期に?と疑問に思った。
 ラジオのレポートは続く。記念館が手狭になったので,一度休館し,建て直して新たにオープンする、とのこと。それまでの間,台東区立中央図書館で縮小展示する。
 なるほど,そうか。それなら話は分かる。よし,それならば,ちょうど私は,台東区の5施設共通入館券を持っている。これを持って,一葉記念館に行かねば,と思った次第。
 今年行くのは辛いから。年が開けたら早々に行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅からハイキング

 ここのところ、マイブームといえば、落語・演芸と散歩である。
 演芸については、何度もここで紹介している評論家のオススメ芸人をチェック。落語は、六人の会が運営している「東西落語研鑽会」に顔を出している。
 散歩は、嘗て何度か自分でコースを作成し、回ったことがある。しかし,自分で回るとなると情報収集が大変である。あちこちのホームページを見て,面白そうな情報を探し,それを地図上に落としてルートを考える。当日,その日の気分で自分の作ったルートを変更し,あっちこっちと全く違うところを回る。そんなことを繰り返すと1年に1度か2度散歩出来ればいいほうである。

 運動の嫌いな私は,できるだけ散歩したいと思う。ホント,数少ない運動だから。運動のうちにも入らないと言われるかもしれない。ま,でも散歩することにより心身ともにリフレッシュを図れるト言うのは良いこと。
 そこで、あるイベントに目をつけた。鉄道会社が実施するウォーキングイベント。これに参加すれば,ある程度のコース取りは,主催者がやってくれる。私はそのルートを見て,自分なりにアレンジを加えて,寄り道したり近道をしてみたり,様々に味わえる。

 都営地下鉄東京メトロの実施するウォーキングイベントは,年に数回しかなく,その数回も勤務や遊びの都合で参加できなくなることも多い。しかし,JR東日本の実施する「駅からハイキング」は,毎週のようにイベントを実施してくれるので,都合があいやすく,助かっている。

 これまでに6コースほど歩いた。1回のコースが7~10km。9時から11時まで受付をし,15時までにゴールすればOK。コース上にはチェックポイントは全くなく,思い思いのペースで歩けばいい。私は受付でコースマップをもらうと,そのコース周辺で,他に見所はないかと探し,そこまでちょっと足を伸ばすようにしている。コースを離れる分だけ,時間は厳しく,いつも,昼食を取る暇はない。その分,散歩と趣味の博物館見学に費やす。それでも,多少疲れたりするので途中のコンビニでチョコレートを購入。口の中に放り込んでひたすら歩く。歩き終わったら,ようやく食事。その頃には,心地よい疲れが私を包み込んでいる。

 このイベント,今年9月から参加して,月1~2回程度参加している。最初の頃は,へとへとになり,帰りの電車でぐっすり眠ることもあったが,最近は,余力が残るようになった。今年開催分は,12月18日(土)で終了。新年は1月15日(土)の七福神巡りから始まる。私の休みの都合がなかなかつかないが,29日(土)開催の「西洋建築に丸の内・日本橋の発展の歴史を追う」くらいに参加したいと思う。休みがうまく取れればなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメじゃん小出「負け犬の遠吠え」vol.11@千代田区立内幸町ホール

いやぁ、楽しかった、楽しかった。笑った笑った。
前回公演は初日に行き、まだネタが練れていない段階で眉をしかめることもしばしば。しかし、今日は楽日ということもあり、ネタがいい具合に練れていた。
特に秀逸なのは、「天気予報」。彼のオハコらしく、時事ネタを上手く取り入れていた。
次回は来年5月。場所は千代田区内幸町ホール。今度も行かねば。

コントリストは以下のとおり。

1 ナマズ
2 ウチナー
3 弐千円
4 クロちゃん
5 クリスマスプレゼント
6 天気予報
7 企業説明会

評価は(★10個が満点)・・・
★★★★★ ★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はダメじゃん小出

のステージを見に行きます。このブログで、ステージを紹介するのは初めてかな?
POTでは、コンサートやライブ、芝居や落語など舞台の上で発表するもの全般を「Stage」とひとくくりにしています。依って山下達郎のライブも志の輔の落語も、講演会もみな「Stage」ということになります。
今回のダメじゃん小出は、以前ここでも紹介した木村万里さんがラジオで紹介したジャグラー。あまりに面白く、興味を持ちました。それ以来、彼のHPをチェック、可能な限り、見に行くようにしています。
ここで、びっくりしたことがあります。というのは、このダメじゃん小出、私が定期的にチェックしている野毛大道芸にレギュラーで出演しているのです。何とは無しにチェックしている野毛大道芸と人つてに紹介された芸人とがこんなところで繋がるとは思ってもいませんでした。
あちこち回っていると意外なところで繋がるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名酒の殿堂(04/12/16)  その2

041216-16041216-17041216-18041216-19041216-20

 続いて残りの5品をご紹介しましょう。写真左から順に
6 広島県 本州一 (名)梅田酒造場(吟醸)
7 群馬県 誉國光 (有)土田本店(吟醸)
8 和歌山県 高野山般若湯 初桜酒造(株)(純米)
9 群馬県 しぼりたて水芭蕉 永井酒造(株)(特別本醸造)
10 秋田県 高清水新酒初しぼり 秋田酒類製造(株)(本醸造)

6は,米の香りが鼻から通り抜けていきます。
7は,会の後半に飲んだため,香りが開いてしまった。ちょっと鼻につくのがマイナス。
8は,記憶にないなぁ。
9は,ボジョレー・ヌーヴォーを飲んだときの舌の上に広がる小さな気泡の感じ,私はシュワシュワ感と呼んでいます,が広がるので,若い女性にはいいかも。
10は,香りが一気に広がる感じ。

 こちらの5本は,ちょっと香りが広がるのが気になる。まぁ、この日は遅刻したから仕方ないか。

 次回の名酒の殿堂は,来年1月20日(木)。18時から。直接,(株)ハクヨーへ問い合わせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名酒の殿堂(04/12/16)

041216-11041216-12041216-13041216-14041216-15
 それでは,この日出品された日本酒をご紹介しましょう。写真左から順に
1 香川県 川鶴大辛口無濾過 川鶴酒造(株)(本醸造)
2 岡山県 沃田美酒 平喜酒造(株)(純米大吟醸生)
3 岡山県 鯨正宗 平喜酒造(株)(純米吟醸)
4 岡山県 正義櫻霞酒おりがらみ 平喜酒造(株)(大吟醸生)
5 秋田県 長亨 飛良泉本舗(株)(純米)

1は,辛口と詠うものの,さして辛くはなかった。
2は,今回の目玉。高価なものらしく,最初は幹事が一人ずつ注いで回っていた。
3は,懐かしい味。正義櫻特有の柔らかく,優しい味。
4は,3より少し上品な味。
5は・・・・・,飲もうとしたときには,すでに空瓶でした(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041216-1041216-2041216-3041216-4
 このブログで,いつも取り上げている名酒の殿堂
昨日(04/12/16),行ってきました。そこで,提供されたお酒を紹介しましょう。
まずは,利き酒。左の4種類のお酒と,ラベルの無い瓶に入っているお酒とを線で結ぶというもの。
 日本酒は左から
1 雄町 川鶴酒造(株)(純米吟醸)
2 喜平 平喜酒造(株)(本醸造)
3 正義櫻 備前山田錦 平喜酒造(株)(吟醸生原酒)
4 白鹿 淡麗辛口 辰馬本家酒造(株)(普通酒)

感想は
1 しっりした味。このラベルを見て、「雄町」と読めない人がいた。
2 こっちの方が辛口。本醸造だけど,侮れない。
3 正義桜の柔らかさが残っていて嬉しい。
4 うわぁ。ご免なさい。私,苦手です。

 他にも全十本出されました。その話題は、また次回に譲りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日,名酒の殿堂

 本日,都内某所にて名酒の殿堂が開催されます。
 勿論,私も参加予定。いつもは,ただ飲んでヘベレケになるだけですが,ラベルの写真を撮ってこようかと考えてます。今までの「今日飲んだお酒」シリーズの流れで。ま,酔っ払っていなければ,の話ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人の連絡先を

 知ってしまった。それも女性で。自宅の。
 その名は、太田スセリさん。といっても、名前を覚えていない人も多いことだろう。昔、テレビ朝日で放送されていた、『独占女の60分』のレポーターをやっていたタレント。今では、一人コントや舞台などを中心に頑張っている。

 この人を知ったのは最近。木村万里なる、演芸評論家・プロデューサーが、まりしろというホームページを運営している。彼女が薦める芸人は、世間では無名だが、力のある人ばかり。見に行っても外れがない。太田スセリさんの一人コントを11月3日に見に行った(ちょうど、ナビスコカップの決勝の日。そう、FC東京対浦和レッズの激闘を見た後)。見に行ってとても面白かった。見終わった後、アンケートをしっかり記入したら、昨日(15日)、これからの仕事の予定を郵便で送付してくれた。差出人を見たら、普通の住所。オイオイ、自宅の住所かよ。どうしよう。女性タレントの自宅と住所を知っちゃったよ。中見たら、連絡先の電話番号まである・・・。

 このこと、自慢していいのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日天皇杯サッカー5回戦

 本日,サッカー天皇杯5回戦2試合が行われます。
 注目は,浦和レッズと湘南ベルマーレとの対戦。勝ったチームが,私の贔屓にしているFC東京と対戦することになります。レッズが勝ち上がると,今年4回目の対戦。今年の対戦成績は2勝1敗。2勝のうち1勝はナビスコ杯決勝。

#知人やメディアの話によれば,名勝負だったそうで。
#当日,会場で観戦できて幸運でした。

 また,対戦するとなると,もう,因縁の試合になりそう。会場は埼玉スタジアム2002。個人的には湘南に勝ちあがってほしいなぁ。
 そういえば,エメルソンが2試合出場停止。15日の試合と次の公式戦に出場出来ない,とのこと。もし,浦和が勝ち上がった場合,19日のFC東京戦には出られないか・・・。

 ちなみに,19日は仕事のため観戦できず。惜しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041209

 いつも行く酒屋で買った日本酒。
 酒屋曰く「超辛だよ。」と言われ,しまった!超辛は苦手だ!いや、もう遅い。あきらめて飲もう,と半分あきらめの境地で買った酒。
 最初の一口,言われたとおり,超辛。でも,食中に飲む分にはちょうど良い味。でも,食が進むので胴回りが気になる・・・(04/12/09開栓)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041130

 初揚を作った蔵元が,その年最後に作るお酒を「皆造」として,初揚同様300mlで450円(税抜き)で売っている。
 こちらは,初揚に比べ,しっかりとしたコクのある出来。同じ日本酒でもこうも違うというのは結構面白い(04/11/30開栓)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041129

 金沢へ旅行に行った際に買った日本酒。300mlで450円(税抜き)はちょっと高い気もしたが,旅行の勢いで買ってしまった(04/11/29開栓)。
 その年最初に作った日本酒ということで「初揚」(はつあげ)という名前がついている。華やかな香り,軽い飲み口と飲み易さではお勧め。
 旅行の初日,バスの中でラッパ飲みをしていたら,バスガイドに見つかり,「かっこいい。」と言われてしまった(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢で出会った猫

041130_102801.jpg
11月29日から30日迄職場の旅行で金沢に行ってきました。
金沢の街角で出会った猫が可愛かったので、ついパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041118
 今日飲んだお酒と言いながら,以前飲んだお酒の写真ばかり(笑
 所詮は,このブログ,メモですから。携帯で取った画像を保存しているだけです。
 で,このお酒は同僚から,譲ってもらったお酒。何でも,日本酒の「ヌーヴォー」とのこと。11月に搾り出した,日本酒で,ボジョレー・ヌーヴォーを飲んだときに感じた「シュワシュワ」感と同じ舌ざわりを味わいました。
 おいしかったんだけど,ちょっと高かったかな?一升瓶で3,000円弱。貧乏人の私にはちょと高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041115

 今年のボジョレー・ヌーヴォーは,11月18日解禁。その直前に日本酒を開けてしまった(04/11/15開栓)。
 これも味は覚えていないなぁ(爆。あ、そういえば、柔らかい味だったかな?
 ただ,安かったように憶えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041030_2041030_1

 幕末の頃からの製法で作ったと言う日本酒。
 だから,「幕末づくり」。という名前。(04/10/30開栓)
 味は・・・忘れました(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯でもブログに

投稿できると言うので、早速実験。果たして、この記事が表示出来るかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041016 
 まとめてお届けする「今日飲んだお酒」。三本目。
 このお酒は「上喜元」の「翁」。一升瓶で二千円程度というお買い得な商品。
 給料日前の救世主だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

041007

 これは、日本酒の利き酒会「名酒の殿堂」で飲んだ日本酒。
 鍋島の「徴古」という日本酒。瓶で3年寝かしたと書いてあった気がする。
 瓶に寝かせることに何の意味があるのか?とも思ったが、それなりに丸みがでていた。
 いわゆる「古酒」というやつである(04/10/07開栓)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

040910 今日飲んだ日本酒をアップします。
 といっても,まだ,ブログの練習なので,以前飲んだ日本酒です。
まずは「駿州 中屋」(04/09/10開栓)。すっきりとした味だったと記憶している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POTをブログ化するか?

 自分の好奇心の赴くままにいろいろと書いていたPOT・・・"Press Of showTa"。そのPOTの編集作業は,EmNiftyなるソフトを使っていた。
 それは、NiftyがTTY通信という昔ながらのパソコン通信をしていることに対応したソフトである。
 ところが,である。このたび,NiftyがTTY通信をやめるらしい。これまでPOTを発行するに使っていたソフトが使えなくなるのである。
 そこで,考えたのがPOTのブログ化。それまで,POTは,自宅のパソコンでしか書いていなかった。そのため,家でしか執筆ができなくなかった。しかし,仕事で職場にいる時間も長く,なかなか自宅で執筆する時間がもてない。また,仕事場では「電話番のためにいる」ことだけが仕事で他にすることもない,ということもままある(こんなことを書いたら友人に何を言われることか・・・)。じゃ,いっそのことブログにしていろいろな場所で書けるようにしてはどうか,と思った次第。

 実はこの記事,その前段階の練習である。うまくいけばおなぐさみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »